ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ニンジャスレイヤーのアニメ「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン」、色々発表の件について

『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』は2015年始動! シリーズディレクターは雨宮哲氏、岡崎能士氏の描き下ろしポスタービジュアルも公開! - ファミ通.com
『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』公式サイト|NINJA SLAYER FROM ANIMATION

まあ、PVも公開されてないしまだまだだが。
2015年かあ。まあまだ先と言えばそうか。ロンゲストも終わってるぐらいだろうか。3部自体は継続中だろうが。でも早めに4部に入るのかな?たぶん4部はリアルニンジャ関連の話かなと想像しているが。

アニメエキスポではなんかいつものほんやくチームの与太話っぽいアホなPVが流れて、そのうちYoutubeにも公開されるとか聞いたがまだのようだ。

で、ポスタービジュアル。めんどくせーし転載していいのかどうかわかんねえし画像はまあ冒頭のリンクでも辿ってほしいが、なかなか悪くない。
フジキドやややせ気味?色遣いがシンプルで良い。
ソウカイヤの面々が並んでる絵を見るにきっちり一部をやるらしい。スーサイドもいるあたりご愛嬌。一応ソウカイニンジャだった時期もあるっちゃある形だしな。
一応有志によるキャラ予想みたいなのも発見した。わかりやすいのとそうでないのがある。基本わらいなくデザイン準拠なのかな?

で、監督とか制作陣の発表も。
まあキルラキル組な訳ね。キルラキルはだいぶ好きだったし期待できる。
メインテーマはブンブンサテライツ。私は音楽関係は非常に疎いが、要するにロックらしい。ニンジャスレイヤーはその辺の要素もあるので期待。一応ようつべで検索して聞いたが特に感銘したわけでもない。結構有名らしいが。




これだけの情報で今後について何も言うことはできないが、アメリカロサンゼルスのアニメエキスポでの発表や、英語版サイトに原作、漫画の翻訳など海外市場をまじめに狙っていることは確かのようだ。
しかし、前から言っているようにアメリカ発とかなんとかそういう謳い文句でやってきたツケがここに回ってきた印象もある。実際アメリカ人原作者とかいねー(私は確信している)のに、いまさら嘘っぱちだと、ジョークだといえない雰囲気で、それゆえアメリカ、英語圏での作品解説がややっこしいことになっている。
いまいち海外での反応は聞かないが、さてどうなることやら。実際にアニメが動き出せばまた違うのか?秋には動くアニメPVが発表されるとも聞くが、そこでどうにかなるのか?

ニンジャスレイヤーのメディアミックスはなかなか驚異的だが、こと翻訳、海外展開については不安が大きい。
アニメ化は、少なくとも日本では成功しそうだが……
そういや公式ゲーム化もまだやってなかったね。裏では企画が回ってたりするのだろうか?注視したい。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/07/06(日) 00:12:55|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「二次創作フリー」作品を色々考えてみる | ホーム | ジャンプぐらい自販機で売ってないのかな。第四九回動画紹介回>>

コメント

No title

ドーモ、たていと1=サン、閲覧者です。無言ながらいつも記事読ませていただいています。

昨日例のPV公開されましたね、映像付きだった分いつもよりニューロンへのダメージが深刻でした。

ようやくボンド=サンとモーゼス=サンの姿も見ることができましたが、やっぱり怪しいですよねw
でも翻訳チームのお土産のサインが達筆だったので一概には「存在しない」とは言えない、なんて思ったりで悩ましいところです。(現地の人に書いてもらったといえばそれまでですし)

個人的にはUMAやSTAP細胞めいて、いたら面白いかなー程度に考えています。
なんにせよ「ニンジャスレイヤー」というコンテンツの今後に期待したいですね。
(長文駄文で失礼いたしました。)
  1. 2014/07/07(月) 19:45:26 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> ドーモ、たていと1=サン、閲覧者です。無言ながらいつも記事読ませていただいています。

ありがとうございます。

> 昨日例のPV公開されましたね、映像付きだった分いつもよりニューロンへのダメージが深刻でした。

完全にアホでしたね。何も知らないアメリカ人がアレを見てどう反応すればいいのか。
まあ知ってるから見に来ているという説もありますが。

> ようやくボンド=サンとモーゼス=サンの姿も見ることができましたが、やっぱり怪しいですよねw
> でも翻訳チームのお土産のサインが達筆だったので一概には「存在しない」とは言えない、なんて思ったりで悩ましいところです。(現地の人に書いてもらったといえばそれまでですし)

まあ、今のところ原作者の存在については何の証拠もありませんね。
私の想像ではほんやくチームはアメリカ留学経験か何かあるのでは、と思ってます。アメリカのサブカルチャーにかなり造詣が深いようなので、アメリカでの生活も長いのでは。

> 個人的にはUMAやSTAP細胞めいて、いたら面白いかなー程度に考えています。
> なんにせよ「ニンジャスレイヤー」というコンテンツの今後に期待したいですね。
> (長文駄文で失礼いたしました。)

まあ、私はいないと確信していますが、そのこととは関係なくニンジャスレイヤーは面白いですし、あんまり気にしないで良いと言えばそうですね。
ニンジャスレイヤーはどこまで広がりゆくのか注目です。
  1. 2014/07/07(月) 23:52:00 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1695-039b3b8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)