ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

新潮文庫がライトノベルレーベル「新潮文庫nex」を出す件について

新潮文庫nex
新潮文庫nex - 創刊 - ラノベの杜
谷川流、竹宮ゆゆこ、しづ参戦! 強力すぎる次世代ラインナップ「新潮文庫nex」誕生KAI-YOU
新潮社 - Wikipedia

へえ。ライトノベルレーベルまた増えるのか。ブームのピークは過ぎたと巷ではささやかれつつあるが、ここで参入とは。
しかも結構力を入れているように感じる。

新潮文庫、新潮社というと日本の出版業界でも老舗である。
昔は「女と子供は相手にしない」とかいうクソみたいな硬派なスタンスをとっていたらしいが、そういうのは止めたらしい。ライトノベルはまさに女子供向け、対象年齢は低く設定される読み物である。傾向として、実際どうなのかは別として。よくかんがえたら女は関係ないのか?知らんが。

この時期にライトノベルレーベル創刊とは、中々勇気がある?いや、新潮社の中でぐずぐずしてた結果この時期になったのかもだが。
新潮文庫100周年に合わせてということらしいが…… 100周年って普通に凄いな。
nexってなんだ?ペプシ?

公式を見るに新潮社のライトノベルの定義はキャラクターという所にあるらしい。
そして、既存のライトノベルレーベルよりもやや対象年齢高めという感がある。電撃で言う所のメディアワークス文庫に近いか?それよりはライトノベル寄りなのかもだが。
ある意味でニッチを狙いに来た、あるいはライトノベルを読んで大人になった人を狙ってるのかもしれない。

ラインナップを見ると、他のライトノベルレーベルで活躍している作家の、いわば引き抜きといったところか。
ラノベは作家買いが少ないという話を聞いたことがあるが私は信じていない。まあ他と比べてというならわからなくはないが。
という訳で、初手でこけることは無かろう。講談社のラノベ文庫もなんやかんやで軌道に乗ってるとかいう話も聞くし、新潮社というバックの中ではどうなるが気になるところである。

谷川流先生はいい加減ハルヒの続きとか書いて欲しいが、まあそう簡単にはいかないのだろう。
竹宮ゆゆこ先生は意外というか、たぶん買う。
ライトノベルレーベルらしく、新人発掘も行っているようである。



現在、ライトノベル業界はKADOKAWAグループがほぼ寡占(何%だっけ?)している。
老舗の新潮社がそこに割って入ることはできるか?他の非角川ライトノベルレーベルの動きも含めて注目である。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/06/26(木) 00:23:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<草木を見て驚愕する。第四七回動画紹介回 | ホーム | 友人肉。第四六回動画紹介回>>

コメント

No title

ほおー…あの新潮文庫がですか。
あそこには中学生のころからお世話になっていますが、一体どんなラノベが出来上がるのでしょうか。
個人的には新しいタイプのラノベ、とまではいかなくともあらゆる層が楽しめる作品になればいいなと思っています。
  1. 2014/07/01(火) 08:55:49 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> ほおー…あの新潮文庫がですか。
> あそこには中学生のころからお世話になっていますが、一体どんなラノベが出来上がるのでしょうか。
> 個人的には新しいタイプのラノベ、とまではいかなくともあらゆる層が楽しめる作品になればいいなと思っています。

あの新潮社が新しく参入する、という時点で何か既存のラノベレーベルとは違う何かを期待してしまいますね。
まあ同じ何かでは仕方ないので、これまでのレーベルではできなかった何か、そういうものを見てみたい気もしますね。レーベルのブランドの雰囲気という点でも構いませんし。
  1. 2014/07/01(火) 22:59:21 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1686-1f7bc62b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)