ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方茨歌仙 第二十三話 道を誤る巫女 感想・考察・その他の確認等

東方茨歌仙 Wild and horned hermit. 第23話「道を誤る巫女」の感想や考察など。

第一話「片腕有角の仙人」感想
第二話「意図的に捨てられた技術と地獄」感想
第三話「罪人の金鉱床」感想
第四話「信仰の人工湖」感想
第五話「仙人の本分」感想
↑ここまで単行本一巻に収録
第六話 「雷の持つ見えない毒」感想
第七話 「本物の福の神」感想
第八話 「狐の奸計」感想
第九話 「新旧の妖怪」感想
第十話 「帚木の別天地」感想
↑ここまで単行本二巻に収録
第十一話 「運松庵の太公望」感想
第十二話 「地獄のお迎え」感想
第十三話 「河を捨てた河童」感想
第十四話 「人間に好かれる妖怪」感想
第十五話 「人の寄り付かない神社」感想
↑ここまで単行本三巻に収録
第十六話 「鬼の酒器」感想
第十七話 「梅雨の奇石」感想
第十八話 「宗教家としての仙人」感想
第十九話 「由緒正しいお酒」感想
第二十話 「間違いだらけの酉の市」感想
↑ここまで単行本四巻に収録
第二十一話 「鬼は外、腹は内」感想
第二十二話 「怪魚万歳楽」感想

単行本第一巻の雑誌収録してないところとかの感想。
単行本第一巻の総合的感想・考察
単行本第二巻の総合的感想・考察
単行本第三巻の総合的感想・考察
単行本第四巻の総合的感想・考察


今回のFebriの表紙と特集はガンダムUCか。前回はガンダムBFだっけ?なんというか、ガンダム二連続というのはどうなんだ。まあ確かにいいアニメだが、ガンダム雑誌みたいに見られかねない。というか何雑誌なんだ実際。

まあFebriの茨歌仙以外もまあ面白いが、メインコンテンツはやはり茨歌仙だろう。茨歌仙感想。
茨歌仙23話。あらすじから。短くすることを心がける。

表紙は…… 霊夢コスの華仙?!背景には大鳥居、博麗神社だろう。

本編。大雨に紫陽花。幻想郷も梅雨である。
大木の下で雨宿りをする霊夢。団子を食べて休憩。
大雨だと神社に来てくれる人も無くなり仕事を探しに里に出ないとならない。
霊夢「何か簡単に稼げる方法無いかなぁ…」

雨の中歩く人影を見る。
その人影は道端の道祖神に話しかけている。里でのお産で生まれる子の運を決めに一緒に行こうという。
道祖神は雨宿りの客がいるからと丁重に断る。
霊夢は困惑する。

博麗神社。霊夢は華仙、魔理沙と道祖神たちとの会話について話す。実際その日に里で子供が生まれたらしい。
霊夢「いやー 神様って本当に存在するのねぇ」
道祖神は出産の神でもあるが故に人の運を決めたりもする。
道祖神達は霊夢が神の声を聴けることを知らずに会話していたようだ。

これを利用して霊夢は商売しようと企む。
発想として全うすぎると華仙と魔理沙は呆れる。

雨の人里。霊夢は道祖神の声を里の人に伝える。神社に参拝せよと付け加えて。
華仙は宗教詐欺っぽいとやや呆れながらも真っ当な商売みたいと言う。

神社は大盛況。商売順調。魔理沙は詐欺と紙一重だという。
霊夢は忙しい。博麗神社のお守りを配ったり。霊夢自身が占っているという広まり方をしたらしい。あくまで道祖神の託宣に過ぎないのに。
道祖神は良縁と出産くらいしかわからない。

霊夢は思案する。「だったらいっそ 私が占えば良いんじゃない?」
卜占も巫女の仕事。

後日。人里。華仙がトボトボと食べ歩きしている。霊夢が忙しくて神社に行きにくいらしい。
神社がまともに信仰を得ているならいいが少しさびしいという。
華仙は人里で謎の行列を見る。なんと、霊夢が怪しげな恰好をして占いをしていた。

霊夢は適当言ってればみんな満足してくれる、ちょっと脅せばお守りも売れるという。
いよいよもって詐欺っぽくなってきた。しかしみんな安心して喜んでいる。何が悪いのか。

後日。華仙がのぞくと魔理沙が顔を隠してコソコソ行列に並んでいる。
占いが気になるらしい。胡散臭いくらいが魅力的。霊夢はその辺がよくわかっている。魔理沙は将来について占ってもらうつもり。華仙はやや呆れる。

博麗神社には誰もいない。妖夢、咲夜、早苗が訪れるが、ガッカリとして帰っていく。
夜に帰ってくる霊夢は満足そうだ。華仙は霊夢はいつも大切な物が見えていないという。
華仙「昼間の神社は私が預かろう それが人間の いや妖怪の為だ」

後日、博麗神社。華仙が霊夢の恰好をして掃除をしている。
早苗や妖夢、妖精たちが話しかける。
気が付くと霊夢が不在の神社で妖怪たちが自由に遊んでいた。妖怪だらけの神社では一般の参拝客は安心できず、その事が噂されると客足が途絶え、博麗神社の信頼は落ち、霊夢の占いも信用されなくなった。

霊夢は商売の邪魔をするなと怒る。
華仙は本業の方が疎かになっていたと説教。霊夢は本業が何だか忘れている。

妖怪たちのたむろする神社を見て、霊夢は自分の本業、妖怪退治を思い出す。
妖怪たちを追い払うふりをして、神社はいつも通りになった

しかし霊夢の占い熱はしばらく続き、神社の一角で御神籤の代わりに占い屋を出すことがあった。
これがまた良く当たると妖怪達に評判で若干ながら繁盛した。

めでたしめでたし。

Febri Vol.24へ続く。


あらすじ終わり。華仙、霊夢コス、霊夢、占い師バージョン、魔理沙、顔隠しフードと普段とは違うスタイルを見せる主要人物たち。
まあ魔理沙はいつも違う服着てる気もするが。
霊夢の技に占いが追加?巫女だから普通は聞こえない神の声も聴ける。天声人語って訳ではないが。
新設定といつも通りが交錯した良回と言えよう。


登場キャラ紹介。登場順ね。
博麗霊夢
博麗神社の巫女。東方projectの主人公。今回の話でも主役。

よく当たる占い、幻想郷の母。いや何が幻想郷の母なんだよ。
確か香霖堂で、予知というか予言みたいなこと出来るみたいなことやってたっけ。勘が鋭いとかなんとか。
それが関係して占いも上手いのか。
つーか水晶玉どっから持ってきた。まあガラス玉か知らんが。

今月の名台詞
「私の本業は…妖怪退治することだったわね!」
弱い妖怪にとって恐怖の一言。


道祖神達
道録神と別の里の神様?

幻想郷ではこのように神様がちゃんと仕事している。
神奈子とかの神との違いは?


茨華仙(茨木華扇)
東方茨歌仙の主人公。鬼であり仙人をやってる。

まさかの霊夢コス。巫女服なんだけど、え?幻想郷の巫女服ってあの腋出しので統一なの?髪留めも含めて?
今回の食べ歩きはイマイチわからない。なんかトボトボ歩きながら食ってた。食欲旺盛である。
華仙でも神社は妖怪神社になるのね。
しかし今回コケてばっかである。

今月の名台詞
「昼間の神社は私が預かろう それが人間の いや妖怪の為だ」
人間のため、妖怪の為に動いているんだよね。行動規範。まだまだ華仙の謎は大きい。


霧雨魔理沙
普通の魔法使い。東方projectの副主人公。

占いが気になるお年頃。将来について気になる少女。恋愛という感じではない?
割かし妖精たちと遊んでいる描写が多い。

今月の名台詞
「いやほらさやっぱり気になるというか さ よく当たるっていうし」
可愛い。

その他モブ
妖夢
咲夜
早苗
自機組。早苗の描写が面白い。台詞は無いが。

チルノ
大妖精
霧の湖の妖精たち。チルノは自機までやったけど、大妖精にはいまだ正式な名前が無い。まあ今更名前付けられてもという感じだが。

お燐
割と地下の妖怪も地上に出てくるのね。

小傘
The通りすがり妖怪。

にとり
茨歌仙ではよくみる。


なんかの取材?そうでなくても文はどこでも来る?

レミリア
咲夜と一緒に。


同じ猫の妖怪であるお燐と一緒に出るのは興味深い。

赤蛮奇
同じ二面ボスである小傘と並んでいる。ふーむ。二人ともやや人里よりの妖怪だが。

正邪
?!
弾幕アマノジャクのアレ許されたのか?いやまあ原稿いつに書いたのか知らんし、モブの指定は作画担当だからアレなんだが。
指名手配は解かれたのか?まあ輝針城後から結構経ってるからなんかあったのかもだが。
通常浮遊ポーズが上下反転。スカートはめくれない。

幽香
霊夢に占ってもらってる。幽香はモブでも結構希少なので嬉しい。数少ない旧作組だもんね。

リグル
一応いる。触覚でわかりやすい。


細かい点も含めた確認考察など。
神様って本当に存在するも何も、実際霊夢は神の類に結構あってるような。
まあ道祖神みたいなのにあったのは初めてってこと?もっと個人的な、自我の強い神はともかくとして?

別の里?人里ってもしかして何個もあるの?外の世界の事?

運を決めに。神にはそういうアレもできるらしい。
天気予報もできるし凄いなあ。まあ外の世界のニュースでも見たか知らんが。

霊夢が巫女の仕事をすると商売繁盛。ふむ。
やはり本業に近い事の方が上手く出来る?神社ビジネスってーのもおかしな発想だったしなあ。

博麗神社のお守り。陰陽玉がデザインに入ってる。霊夢が作ってるのかな?

占い
霊夢にコールドリーディングだのそういう手練手管は使えるのだろうか?まあ無意識に使っているというのはあるのかも?
霊夢には実際霊感あるからなあ。水晶玉の靄に未来・真実を見出すぐらいはできるのやも。
でもまあ実際占いなんて適当いってりゃ客は満足するもんではある。
しかし妖怪達にもよく当たると好評ということは何かあるのか?まあ妖怪たちも適当言われて満足してる可能性もあるが。
で、その胡散臭い服はどこから用意したのか。水晶玉も。幻想郷の母とかいう煽り文句も。

魔理沙は本気で占いを聞きに行ってたのかな?霊夢と絡みたかっただけかも?
いや普通に占いのために来てたとしても違和感はないが。

華仙は占いを信じない。ふむ。鬼で仙人だから?どっちにしろ占いとかそういう怪しげなのに関連しそうだが。仙人っつったら道教でしょ?
でもなんか道場では禅宗、つまり仏教徒っぽいのがあったのだよなあ。仏教とかは一応基本的に占いは否定してたはずだが。

妖夢たちや妖怪は霊夢を好いているが、霊夢の方からどうという話ではない?
霊夢はむしろ商売が好きなのか?そういう銭ゲバな話でもなさそうだが。

華仙霊夢コス。右手の包帯は肩まで巻いている。肩口から切り落とされたのかな?
というか何をうきうきしているんだ。

霊夢は託宣や占いで博麗神社に誘導していた訳だが、博麗神社で占いとかもやっとけばよかったのでは?
まあどの道すぐに神社の信用は無くなりそうだが。



今回は霊夢のビジネス回。割かし成功している方。
華仙はおせっかい焼きだが、本質を見ている。しかし行動目的が謎である。
正邪なんかもモブで出てきて色々考えさせる回でもあった。
霊夢の巫女としての資質というものが描かれたのかもしれない。

占い。迷信の最大の物。
しかし幻想郷ではそれが真実になるか。

茨歌仙、単行本で何巻分までやるのかな?隔月だから結構遅いんだが、なんだかんだでもう4巻。
最終話までには華仙の正体がきっちり明かされるか?
幻想郷の謎をフォローしていってもらいたい。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/06/22(日) 15:49:33|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ニンジャスレイヤーコミカライズ希望エピソード投票中間結果」を見る | ホーム | ナナハテイル。第四五回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1683-449ca97f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)