ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

無知の楽園。第四三回動画紹介回

無知だからこそそこが楽園だったのだ。足るを知れともいうが、そもそも何も知らなければ満足なのかも。

ヤングジャンプ、ねじまきカギュー完結回感想。終わりか……
あらすじから。

裸足で「犬塚保育園」に走る大きな荷物を抱えた子供。どこかで見たような子供達の手を無理やり繋いでゆく。
追いかけられる中、教師の紫乃が止める。どことなくカギュー似の子供は「みんな仲良くしよー!」と自己紹介。
曼珠沙華の咲き乱れる野原でカモとカギューが子供の事、自分たちの事を語り合う。"あなたを愛してよかった"。


完結……!
最終話の手法としては次の世代、主要メンバーの子供たちを描くタイプか。中々興味深い。

前話でカモとカギューが劇薬を飲んだ訳だが、その結果どうなったかはイマイチ明確ではない。死んでも一緒と言う事だが、子供が保育園に入ったと言う事は生きていると考えていいのだろう、か。しかし終わりでカモとカギューが佇む場所は曼珠沙華、彼岸花、死を暗示する花が咲き乱れ、水中にはランチュウ、虹に切立つ高山と現実離れした風景が広がる。曼珠沙華は吉兆とも凶兆ともされる植物だが……
何にせよ、一緒に愛し合う事が出来たのは確かか。生死については読者の判断に任せると。

で、社会福祉法人犬塚保育園。紫乃が教師をやってるのは、カモが教師をやってたから?風蘭、カモのミームを受け継いでいる訳か。オルフェのせいか子供がいない、独身のようだし。というか教師とかやってて大丈夫なのかな?まあ家の問題も一段落ついたと言う事だろう。

保育園の子供たちも中々面白い。
最初に出てくる黒髪と金髪の子供は髪形から推測するに富江と朱羽の子供か。ちょうど親の趣味と逆になっているとが興味深い。罵り合う仲だった訳だが。
で、衿沙の子供と、貞鳥亜鳥の子供?えっと遺伝的に同一だよねってか寿命問題とかどうしたのってか表情の固定まで遺伝してるのかってか貞鳥亜鳥の子供は地味に男なのかっていうか。衿沙の子供も中々いい性格してる。

で、マブルゥの子供…… アレ?絵を描いてる、ということは窈の子供でもあるのか。あー、結局マブルゥルートじゃねーか!

他にも色々いるが省略。
カギューとカモの子供はなんかすごいな。デフォでパンツ丸出しだし。性別もわからん。しかし両親に愛された子供だとはわかる。

紫乃とオルフェは高校時代の友人の子供を保育園で育てている?
色々と考えられる。

そして愛について。
これはもう本誌の結論を見てもらうしかない。愛について描き切っている。


ねじまきカギューにおいてこの最終話は愛を最大のテーマに描いていることを明示している。
その結果、結晶としての子供達。世界が、物語が続いていくことを暗示する。
グッドエンド、ハッピーエンドと言っていいのではないか。
私はねじまきカギューという作品に満足した。

とはいえ、最後だしあえて不満点も幾つか挙げておこう。
個人的にはもっともっとバトルが見たかった。生徒会編はその点で悪くなかったが、やや展開が冗長になったのが作者は気に入らなかったのだろうか。森とのバトルはやや行き過ぎだった?いや悪くは無かったが、森にラスボス感が微妙だったというか?そりゃそこいらで黒幕感、邪悪感は出てたが、最強という感じというとやや違うというか?
心の中まで入りこむような作者の心理描写は必見ではあるが、そこに拘泥しすぎな気も。バトルもっと見たい。
島編の暗殺者勢が全く姿を見せないのはやや気がかり。おまけページなどでフォローがあるだろうか?ガガリのその後が気になる。非常に。
主人公のカギューに関しては、島編が終わるぐらいまでは余り好きという感じではなかった。逆にそこから感情表現が繊細というか良くなったかなというか。


まあなんだかんだと書いたが、最高と言える作品であったのは間違いない。漫画力が凄まじい漫画である。
作者次回作が非常に楽しみ。今度もヤングジャンプでやるのだろうか。期待。単行本も6月7月連続刊行だったか。

今度はもっとバトル中心だと良いなあ。まあ個人的な好き嫌いだが。富江なんかもあの技もっと応用できそうだし。

カギューの無い木曜日は寂しいものとなるだろう。中山先生の次回作に期待して注目。


【実況】ニンテンドーデジタルイベントを実況①【E3 2014】

テキストリンク
まあ任天堂だけ紹介してもアレだが。
こういう実況みたいなのは賛否両論あるだろうが個人的には好き。無駄に察しが良い。
やはりイカのシューティングが面白そうだなあ。2015年か。もうちょい早く出せないのかな?クオリティアップのためだろうが。


【TAS】スーパーマリオブラザーズ123USA 同時プレイ 8分49秒78

テキストリンク
3と1が舐めプ過ぎで笑える。USAと2はやはり難しいのか。
TASの同時プレイと言う事は同時クリアということになるのか?別にそこにこだわる必要もない気もするが。
USAはやはりゲームが違うなあ。あれもまあ面白いんだが。


今回は2動画で。
なんか土曜更新に成っちゃったしアレだがまあいいか。そういうこともある。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/06/14(土) 16:36:35|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<E3で任天堂が新規タイトルとして発表したSplatoonというイカTPSについてちょっと考える | ホーム | スマブラにパックマン参戦とか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1675-15128fa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)