ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ねじまきカギュー14巻感想

中山敦支 - Wikipedia
ねじまきカギュー - Wikipedia

一巻感想記事
二巻感想記事
三巻とか感想記事
四巻感想記事
五巻感想記事
六巻とか感想記事
七巻感想記事
八巻感想記事
九巻感想記事
十巻感想記事
十一巻感想記事
十二巻感想記事
十三巻感想記事

ねじまきカギュー。現時点で一番好きで一番推している漫画。毎週木曜ぐらいに感想書いてる。
2か月連続刊行の2か月目。島編の後半だが終わった訳ではない。


一応、ネタバレ注意とは書いておく。書いてなくてもネタバレ書くときは書くけど。
14巻以降の本編のネタバレも容赦なく描くからね。


島編後半、二千恵別宅での描写が中心か。
そしてカギューの覚醒……
ガガリ戦は中途で終わり。いやまああと一話で終わってしまったのだが。

表紙はマルマンとガガリ。二人ともカッコいい。マルマンは作中で逆神やってたが。
背景の筆の紫色線はZZ拳を表している?ガガリの髪の色がフレアレッドか何かで良い。ガガリは作中でも好きなキャラクター。連載でまた出てこないかなあ。出てくれ。
表折り返しの作者自画像はネガティブにも思えることを勢いでポジティブにしてるいつもどうりなの。カタツムリに頭蓋骨は無いだろう。死を想えって奴か。
裏折り返しは衿沙復活の時のアレ?生命の力強さを復活する衿沙に見立てたものか。
裏表紙は寝てるカギューにカモとカギューの感情、マルマンに衿沙、ガガリと今回の主要人物。風蘭とかウルカイシとかモアヴはいないが。手をかまれてるガガリが笑える。
カバー裏はカモの二千恵への殺意の見開きか。だろうなあとは思ってたが、やはり印象的。

モアヴ戦後半。暗殺者編は国際色豊かなバトルという辺りストリートファイター2とか思い出す。モアヴはロシア人ね。八端十字架とかでわかる。
衿沙仮復活。衿沙は流石だよね。精神系能力者で応用範囲が強い。クール&ビューティー?自信家でありながら繊細なところもある一つの完璧超人。
本誌連載では風蘭帰ってきて何事もなく復活してたが、カモや二千恵との感情はどういう所に落ち着いているんだろう。
モアヴ生きてんのかなあ?まあ死んだら衿沙殺人者になるが、まあ正当防衛は正当防衛だし。

森センセの真価も発揮。ウルカイシとスィーモを瞬殺。格が違うと。スィーモもなんだかんだで走と小鹿に勝ってるんだよね。この辺りで強さ議論的な格が描かれてきた印象。異常者としての格も?森は一体何なんだ。スィーモとウルカイシも大丈夫かなあ。再登場に期待してるが、吊るされてるし助かるのか?

カギュー精神編。嫉妬が心を食いつぶすが、嫉妬もまた人として重要な感情。それがカギューを人間的に成長させ、余裕を持たせた。
カギューの戦闘能力も増加。
しかし、マルマンの予言が外れていて草。二千恵結局カモ一人で殺しましたし。マルマンのいう事ほとんど外れるからなあ。逆神もいいところだ。

風蘭。カモ、風蘭からも衿沙からも二千恵理人と思われて、結局のところ連載で理事長になってるし、皮肉というかなんというか。

マルマン。言うて強い。読心能力に単純なパワー。一応女性らしいが回想見なければそうは思えない。
視心は読心能力でもかなり強い方か。視界外でも気配がわかるし、無意識まで見える。心の中にまで入れる。まあマブルゥ相手にどれほど効果があったかという所ではあるが。
しかし、二千恵セキュリティーグループとかいってるが、セキュリティーで暗殺者というのはなんなんだろう。先手必勝?
マブルゥは強い。強いという前提のキャラである。論理を超えた強さというのが清々しい。螺子巻無影脚が一応最大必殺みたいなのなのかな?
しかしマブルゥ対マルマンじゃテーマの対決とはならないんだよね。感情を特化すべきか、多くの感情を保つべきか。

で、そのテーマの完結。カギュー対ガガリ。
まあ14巻以降のネタバレも余裕で書いてるので結果も書いてしまうとガガリ、瞬殺ではないにしろ後1話で負けるんだよね。覚醒後のカギューに一発も与えられず。まあZZ拳は一発がでかいというのもあるかもだが。
でもガガリのZZ拳描写良いよねえ。攻撃の軌跡とか大振りな動きとか。技(名前付きの技はZZ噛屠しかないが)も一々外連味があるし。
今回のおまけ漫画でも暗殺者達描かれてないし、連載本編での再登場に期待したいが。

おまけ漫画。カモの両親を失った過去と現在。
交通事故で両親なくしてたのね。よりにもよってクリスマスに。そしてカギューにクリスマスパーティに招待される。
カモの眼鏡が無くて、衿沙が幼児化状態。時系列的には、えーっと。よくわからん。生徒会編の季節がいつだっけ?
まあ記念日も、重要なのはモノではなく人の和である。カギュー達、紫乃達、衿沙達が一円となってパーティをするほどの仲に。戦いを超えるたびに友が増える。うむ。喜ばしきかな。



島編は、まあやけにあっさりとした終わり方になる訳だが、本編の展開に再登場を期待したい。最悪、15巻のおまけ漫画での補完ぐらいは。
連載では何やら凄い展開で、今後の流れが予測しがたい。しかし、バトルはきっちり描いてくれそうだ。
アレが最終章とすると、大体20巻行くか行かないかぐらいで終わるかな?完結はしっかりかっちりしてほしい。ハッピーエンドになるかどうか。カモの真意は。期待して注目である。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/04/19(土) 15:41:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<ニンジャスレイヤー、3部の話の筋をまとめてみる | ホーム | ポケットモンスター ジーン、ミーミー。第二十八回動画紹介回>>

コメント

No title

14巻やっと買えました;w
田舎は入荷が遅い(´・ω・`)

森先生ほんと何者なんでしょうねw
そういえば気のせいかもですが、「とか思った?」の次のページの島と擬音が出るシーン
その擬音が前のページでのスィーモとウルカイシが言っていた(?)『怨(オン)』と『ド(怒)』を一緒くたにしたようにも見えますね

風蘭先生はやっぱり嫌な予感が当たってました;
どんどん(色んな意味で)暗黒面に堕ちて行ってるなカモ先生w

一応分かってはいましたがやっぱりマルマン女性だったんですね
いや、分かってましたよ、分かってたんですが・・・その、体格が逞しすぎて・・・w

新たに覚醒したカギューとガガリとの本格戦闘開始の所で終了、15巻が待ち遠しいですw
カギューは毎回いい所で終わるから毎回読み終わった後に早く次の巻出ないかなと思ってしまうんですよね
  1. 2014/04/26(土) 10:51:25 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 14巻やっと買えました;w
> 田舎は入荷が遅い(´・ω・`)
>
> 森先生ほんと何者なんでしょうねw
> そういえば気のせいかもですが、「とか思った?」の次のページの島と擬音が出るシーン
> その擬音が前のページでのスィーモとウルカイシが言っていた(?)『怨(オン)』と『ド(怒)』を一緒くたにしたようにも見えますね

「オ゛ン」ってちょっと普通には出ない擬音ですよね。


> 風蘭先生はやっぱり嫌な予感が当たってました;
> どんどん(色んな意味で)暗黒面に堕ちて行ってるなカモ先生w

理事長に関わった人間はみんな不幸なことになってますからねえ。
それを救っていくカモという対比もあるのかもしれません。


> 一応分かってはいましたがやっぱりマルマン女性だったんですね
> いや、分かってましたよ、分かってたんですが・・・その、体格が逞しすぎて・・・w

女性成分ほとんどないですよね。まあバトルキャラは女性という縛りをしているようなのでそういうものなのでしょうが。
どう見ても女性ではない怪物的女性は結構この漫画には多いですね。


> 新たに覚醒したカギューとガガリとの本格戦闘開始の所で終了、15巻が待ち遠しいですw
> カギューは毎回いい所で終わるから毎回読み終わった後に早く次の巻出ないかなと思ってしまうんですよね

ですねえ。連続刊行ってのも巻が出る間が長くてやきもきさせられますね。
というか連載読んでても展開が濃くて早すぎるせいで来週が凄まじく気になります。
  1. 2014/04/26(土) 18:38:40 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1631-7571feb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)