ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

三月に買った本の感想と四月に買う本の紹介

2月~3月のはこちら

いつもどおり漫画ラノベの新刊感想紹介記事。読んだのは感想書きたくなったのだけ書く。買う予定なのは買うかどうかわからないのも書いたり。買うかどうかわからない、とか気になってるだけなのは()付きで。
結局なんだかんだ言って買えなかった本とかあったりするけど気にしないでね。たまに語りたいだけで()付けて紹介したり。
その他でも感想書きたくなったら書くけど基本書かない。基本別に記事にする。書かない場合のが多いが。

一応新刊本は、漫画はまんが王倶楽部から、ライトノベルはラノベの杜から確認している。たまにアマゾンとか。面倒なら記憶で手打ちすることも。
出版社とかも載せてるが、その関係でレーベルと出版社が混在してるのは注意。
漫画ラノベ以外は基本的に新刊確認してないのでここには書かない。でもラノベの杜に載ってるラノベじゃない小説は書いたり?ラノベの定義は気にしない。ラノベの社は割と広く載せているらしい。

私は本の買い方では作者買いが多い。ジャケ買いも試し読み買いも評判買いも広告買いも分野買い資料買いジャンル買い元ネタ買いもするけど。

この感想回とは別に感想記事書いてたりもする。覚えてればリンクも張るかも。

アマゾンリンクとかは無いから気になったらググッてね。
ああ、そうそう、ネタバレは余裕であるから。
ここまでテンプレ。地味に変わってるけど。ちょくちょく弄る。

ではスタート。
3/4
集英社 恋のキューピッド焼野原塵(2) 長谷川智広 \420
集英社 黒子のバスケ(26) 藤巻忠俊 \420
集英社 暗殺教室(8) 松井優征 \420

WJ勢。塵はまあ光るところはあったが、ね。3巻で完結?
黒子は赤司が全然本気出してなさそーなのに異常に強いのが怖いよね。キセキの世代の描き方が考えられている。誠凜のメンバーひとりひとりもかなり強豪になって来てる印象も。
暗殺。島編も長いよねえ。生徒達も成長している。教師物と考えると中々感慨深いのか?結局まだコロせんせーが何者なのか不明なんだよね。


3/6
集英社 ゴクジョッ。 ~極楽院女子高寮物語~(8) 宮崎摩耶 \630

相変わらずヒドい。結構ウブなくせして下ネタばかり好きなのはある意味幼児的なのか。
もう下ネタってかそれ以上、いや以下の何か。


3/7
ハヤカワ文庫JA 7 バナナ剥きには最適の日々 円城塔 735 978-4-15-031150-6
秋田書店 侵略!イカ娘(16) 安部真弘 \440
秋田書店 魔法少女・オブ・ジ・エンド(5) 佐藤健太郎 \440
秋田書店 魔法少女サイト(1) 佐藤健太郎 \450

円城先生の。わからないが面白い、というか、わかろうとするのが面白い。意味があるのかないのかわからないが心躍る文字列を眺めて、その意味を考えることで楽しむというものか。現代SF、非常に前衛的?進んだ形態の何かであることは確かだろう。
イカ娘も16巻になって、イカ娘の周り同士のキャラの絡みの話が多くなってきた気もする。そろそろ惰性というか、きつくなってきたのか?まあネタ切れという訳でもないだろうが。
オブジエンド。ゾンビ魔法少女で、エログロナンセンスで見ていて心和む?そろそろ敵の組織らしいものも見えてきたわけだが。ポリ公のイレギュラーさが良い。読んでいて楽しい。素晴らしい漫画ではないが凄さがある漫画?
魔法少女サイトも中々アレな楽しさがある。オブジエンドの舞台裏だっけ?陰湿な愉しみ。


3/8
電撃文庫 ゴールデンタイム8 冬の旅 竹宮ゆゆこ 駒都えーじ 662 978-4-04-866414-1
電撃文庫 男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 II ―Time to Play― 〈下〉 時雨沢恵一 黒星紅白 620 978-4-04-866384-7
電撃文庫 ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン V 宇野朴人 さんば挿 641 978-4-04-866437-0
電撃文庫 僕と彼女のゲーム戦争 ゲーマーたちの日常 師走トオル 八宝備仁 599 978-4-04-866436-3
新潮社 お前はまだグンマを知らない(1) 井田ヒロト \525

ゴンタ8。今さっき読み終わった。最終的にグッドエンドになったはいいが、ゴンタ読み進めるのに重いんだよねえ。大学生的な向う見ずな明るい世界と、記憶喪失男の恋愛の内面的な暗い世界。その対比が面白いが重い。良い小説として完結したが、ライトなノベルとは言い難いか?
長いの。TtP。裏の折り返しが凄いことになっている。一つの大陸の物語もサブタイトル長かったしなあ。ラノベ界隈の裏事情を描きながら、どうして首を絞められたのか、それを回想という形でミステリーに仕上げた作品。まあ興味深い点はあるが、キノシリーズとかのがしっかり面白いかなあ。しかし、Ⅱなのか。続編は出ない名前長くするためのネタだよね?ラノベ書きラノベもそこそこ流行っているようだが。
アルデラミン。海戦をどうにかして、で、クーデターでの別れ、そんでもって主人公の出自を公表すると。中々盛り沢山な巻。戦争してる時にクーデターとか大丈夫なのか。で、ヒロインと離ればなれになった訳だが、さて。今後の展開が予想できず、楽しみになってきた。この極限状況下で主人公イクタはどのように行動するのか。注目
ゲーム戦争。まさかまさかのシレン5。そういえばアレも協力とか対戦とかあったね。ネットではできないからあんまりメジャーではないが。見渡す機能はそんなに使わないみたいなこと書いてあった以外は違和感は無かったが、やっぱりクリア後ダンジョンは難しいものでいいのか。まあ実際ムズいよね。
グンマを知らない。グンマネタを大袈裟に言い募る2chっぽいネタ。グンマとカタカナならいいらしい。結構アレだがまあ軽く楽しめた。まあ実際地方ネタ薀蓄漫画。


3/14
秋田書店 コミック星新一 宇宙からの客 アンソロジー \735

アンソロジーとか最近買ってないけど、中々満足した。
星新一の小説は全然古びないのが凄い。そりゃまあ、古い描写もあるけれどもアイディアが凄い。
それぞれの作家の味も含めてかなり楽しめた。コミック星新一他にも出てたのね。流石ショートショート千篇書いた作家。


3/15
GA文庫 這いよれ!ニャル子さん12 逢空万太 狐印 662 978-4-7973-7424-7

今日読み終わった。つーか最終巻か。まさかまさかの性行オチだが、ちゃんとくっつく相手も決まって綺麗な終わり方と言えばそう。
もうなんだか惰性なところがあったので、ここで終わる決断をしたのは良い判断だったと思う。記憶喪失ニャル子とハス太のアレが凄い笑えた。


3/18
ガガガ文庫 とある飛空士への誓約5 犬村小六 森沢晴行 630 978-4-09-451473-5

本来ならば個別感想記事を書いても良かったが、ちょいと時間が無かったので。
バルタザール、男のツンデレっぷりを存分に見せつける。しかしバルタザールいいキャラである。異常に偉そうで。傲慢で、失礼で、でもお偉い方に媚を売ることはできたりする有能さ。利に聡いところはあり、野望もあるが、血の通った人間である。感情で言えば相当強い方である。でもそれを否定するので時々トンチキな事をする。いいキャラである。基本的に他人の心とかデリカシーとかがわからないところとかで無茶苦茶やってたりと。睾丸破壊とか色々無茶するキャラである。
そして、三陣営に分かれた七人。しかしここで誓約が出てくる。敵味方に分かれても憎みあうことは無い、友情は永遠。かなり子供染みた誓約だが、それが主要七人をしっかり結びつける。ここまで考えて誓約という話にしたのか。その誓約が主人公達をどういう運命に合わせるのか。この作者結構キャラ殺すからなあ。
そして作中世界情勢も緊迫感を増し、飛空士シリーズの総まとめと相成るか。大注目である。


3/19
集英社 ねじまきカギュー(13) 中山敦支 \540

島編前半。個別感想記事書いたが、本当に面白い漫画である。前から言ってるが、イチオシである。最高である。
本誌連載でなんかすごい展開になっている訳だが、さて、どうなっているのやら。どう風呂敷を畳むのか。最終的にグッドエンドになればいいが。ガガリとかも。
壮絶で、どちらが勝つかわからないバトルが見たい。バトル漫画としての究極をカギューに求めたい。


3/20
ハヤカワ文庫JA 星界の断章 III 森岡浩之 651 978-4-15-031153-7
講談社 もやしもん(13) 石川雅之 \590

星界。アーヴってなんか鼻につくよねえ。遺伝学上の優越種で、それが実際作中の主人公側という設定が、鼻につくんだよなあ。まあ人によるだろうが私は。設定自体としては楽しめるものだが鼻につく。なんか上から目線というかそういうアレを感じて?まあ面白いは面白いんだけどね。
もやしもん。そういやこれも最終巻か。最後は日本酒編に、主人公の能力がなんかすごいことになってる編。なんやかんやで最後失速してるイメージもあったが、全体的に好印象な漫画ではあった。まあ思想的なところが出過ぎるところもあるが。まさしくグッドエンドなのかな?終わり方としてはかなり良かった。完結して一つの作品という所もあるよね。

3/24
角川書店 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト(6) 長谷川裕一 \588

無印クロスボーンの巻数と並ぶ。本誌連載は続いているので超えたわけだ。話によるとこれで半分といったところらしいが。
クロスボーンの後とVガンダムの裏側を描く作品。エンジェルコールの恐ろしさとか、登場メカの面白さとか、マチュ・ピチュの上に作られた町とかその辺の設定とか、ホントいい作品である。
Vガンダムの後とか、F91の後、つまりクロスボーンの前とかそういうところをについて描いて欲しい感がある。ガンダムの外伝作品っつっても宇宙世紀ならほとんど1st、一年戦争周辺か、そうでなくてもせいぜいUCぐらいまでだしなあ。宇宙世紀後半を描く作品は少ない。F90周りだって十分描かれてないし、今後に期待したいところ。
ともかく、地球外生命体や木星の今後などについては描かれそうで、大注目している。キゾ中将の専用機って何だろう。場合によってはザンスパインとか出てきかねないが。光の翼持ちに対抗するという意味ではありえそうなんだよなあ。サーカスの残り一機とかも気になる。
ゲームとかで扱われないかなあ。マキブも色々出さないといけないキャラ多そうだし、Gジェネの新しいのも話が無いが……


3/27
一迅社 世界征服 ~謀略のズヴィズダー~(1) 鈴木マナツ \690
芳文社 キルミーベイベー(6) カヅホ \860

ズヴィズダー。アニメを見てるのでせっかくなので買ってみた。まあアニメ見てたらいい漫画ではあるが、やはりいい作品である。
キルミー6巻。キルミーは神。「笑える」4コマなんだよね。それでいて和む。新世代の4コマ?キャラが3人しかいないがいいキャラしてるよね。


3/28
小学館 らーめん才遊記(11) 河合単 \580

これも最終巻。なんだかんだでいい終わり方である。全てが解決し、前作が少し見える。
芹沢を通じて作者たちのラーメン感を語る。ラーメンという文化に対する現実と敬意が見て取れる。
グルメ漫画として、確固たる位置を作ったいい漫画であった。


ここまで感想。
ここから紹介。


4/1
HJ文庫 いちばんうしろの大魔王 ACT13 水城正太郎 伊藤宗一 648 978-4-7986-0799-3

そういやこれも最終巻だっけか。多いな。
なんやかんやで延び延びになっていたが、これで遂に完結か。主人公の性格がかなり好き。無駄に堅物でエリートっぽい。魔王なのに。
スーパー藤子大戦ともいわれるが、どのような結末を迎えるのか。なんかすごい展開になってたはずだが。大注目。


4/4
集英社 斉木楠雄のΨ難(8) 麻生周一 ¥432
集英社 カッコカワイイ宣言!(5) 地獄のミサワ ¥535
(集英社 銀河パトロール ジャコ 特装版スーパーエリートver. 鳥山明 ¥980)
(集英社 銀河パトロール ジャコ 鳥山明 ¥475)
集英社 恋のキューピッド焼野原塵(3) 長谷川智広 ¥432

ジャンプ勢。斉木。ちょっと前に出たジャンプの格ゲーでは近接最強だったらしいね。それはいいとして、ギャグ漫画として安心できる面白さが斉木にあるよね。学園ものだし、良い奴ばかり。超能力はほぼ全能。しかしドラマになる。良いギャグ漫画である。
カッコカワイイ宣言。えーっと、これで最終巻?たしか雑誌では終わってたはずだが。ブレない面白さの合った漫画である。どちらかというと安心できないタイプのギャグ漫画?ふーむ。磯辺とかに近いって訳でもないが。
ジャコ。どっちか買う。どっち買うかは決めてない。鳥山先生の才能がいかんなく発揮された作品。バトルはそんな書く気無くなったが創作意欲は失われていないか。ドラゴンボールのアレも原作やってたし、ちょくちょくまた出てくるかな?
塵。これで最終巻?最後の方はまあ結構アレだったが、まあ買おう。完結してこその作品であるか。


4/8
(秋田書店 弱虫ペダル TVアニメ公式ファンブック ¥983)
秋田書店 名探偵マーニー(8) 木々津克久 ¥453
秋田書店 弱虫ペダル(33) 渡辺航 ¥453

ペダル。ファンブックはどうしたものか。もう2年目のインターハイだが、どうなるのやら。アニメもインターハイ入ってるが、どちらも御堂筋の活躍が気になる。キャラの魅力というのはそういうものである。
マーニー。一話完結で毒のある推理漫画。マーニー周辺の事も描かれてきたが、その内長編もやるのかな?末永くやって、しっかりとした完結が見たい。


4/9
(講談社 進撃の巨人 悔いなき選択(1) 駿河ヒカル ¥463 )
(講談社 進撃の巨人 Before the fall(2) 士貴智志 ¥648 )
(講談社 アルスラーン戦記(1) 荒川弘 ¥463 )
講談社 進撃の巨人(13) 諫山創 ¥463
ほるぷ出版 カガクチョップ(1) カヅホ ¥617

進撃の巨人色々。かなり商売になってるなあ。まあ本編だけ買うかな?調査兵団は外側の敵だけではなく内側の敵とも戦う。拷問とか普通にやる辺り、作者のリアリズム、思想が感じられる。
アルスラーン戦記。小説持ってるんだよなあ。小説だけで正直いい様な。結構面白い場面もあるので期待したいが。
カガクチョップ。キルミーの人か。内容全然知らんけど、タイトルも楽しげだし期待。

4/10
(電撃文庫 ふわふわさんがふる 入間人間 loundraw 572 978-4-04-866506-3 )
(電撃文庫 マーシアン・ウォースクール エドワード・スミス 凱 680 978-4-04-866468-4 )

電撃、まあめっちゃ買いたいものは無いけど、缶詰が欲しいからどっち合買うかなあ。
入間人間先生はまあ面白いんだが、ちょっと感性がきつすぎる嫌いがある。
で、エドワード・スミス先生。確かメディアワークス文庫で書いてた外国人ラノベ作家だっけ?マーシアン、火星人って意味だよね?こういう単語は結構好きだ。


4/11
講談社 ちはやふる(24) 末次由紀 ¥463

ちはやも進まないけど、牛歩で結構面白そうな展開まで来てる。
なんだかんだで買ってしまう面白さがある。牛歩なぶん心情描写は深いし。


4/12
エンターブレイン ニンジャスレイヤー ピストルカラテ決死拳 ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ 訳:本兌有、杉ライカ 1296 978-4-04-729362-5

おお、3か月区切りでの書籍版発売にしたんだっけ?まあミスとかも目立ってたしいい判断かと。
そういやそろそろロブスター冊子が届くはずだが、さて。
ニンジャスレイヤーは新しい形態のWEB小説であり、いま最も熱い小説作品シリーズである。一応異能バトルに入る?いやカラテ、格闘モノ?サイバーパンクではあるのだが。
様々な要素が混じり合っているが、新しい、勢いがあって面白い作品であるのは確か。やや表現が苛烈すぎる嫌いはあるが、本当に読みやすくいい作品である。パッと見の印象が強すぎて色物だと思ってはいけない。漫画版もあるしそこから入ってもいい。そろそろツイッター連載の方も次の段階に入るころだが。期待。


4/18
(JUMP j-BOOKS ローゼンメイデン ロートシュバルツ 久麻當郎 原作:PEACH-PIT PEACH-PIT 864 978-4-08-703312-0 )
集英社 まいてはいけないローゼンメイデン ちょぼらうにょぽみ ¥555
集英社 ローゼンメイデン(10) PEACH-PIT ¥669
集英社 ねじまきカギュー(14) 中山敦支 ¥555

ん、またローゼン小説出るの?まあ買うけど。
ちょぼら先生のローゼンとか出るの?買う。どうせクッソヒドいギャグなんだろうが。そういえばふたばとかで見たことある気も。
ローゼン。最終巻?多いなあ最終巻。グッドエンドとも何ともつかないエンドだが、ローゼンメイデンらしいと言えばそんな気もする。雪華綺晶、結構私は好きである。まあ金糸雀の方が好きだが。PEACH-PIT先生バトル描けないからねえ。でもバトルではない戦いもあるし、戦いではないドラマもある。一級品の作品として完結したのではないか。
で、カギュー。島編後半か。なんかすごいスピードだった記憶。カギューの嫉妬を受け入れる話、マルマン戦、ガガリ戦。バトルはもうちょっと濃密に書いて欲しかったが、かなり満足できる。カギューの話もそうだが、元々心の内面とか描くのが定評があるんだよね。しっかりテーマを消化している印象。今後どうなって完結するのか。やはり作品というのは完結して初めて一定の評価が出来るという訳か。


4/19
(富士見ファンタジア文庫 ゴールドラッシュ・オブ・ザ・デッド 永菜葉一 獅子猿 609 978-4-04-070095-3 )

ニンジャスレイヤーみたくツイッターで本文晒してたらしい。見てないが、そういう試みは面白い。
ツイッター連載とはまた違うのだろうけども。


4/23
講談社 へうげもの(18) 山田芳裕 ¥596

へうげ18巻。結局失敗して死ぬ運命にあるゲヒ殿だが、それをどう描くか。
数寄薀蓄も面白いが、どういった結末を迎えるか。注目。


4/25
スクウェア・エニックス +チック姉さん(7) 栗井茶 ¥514

ん、7巻でるのか。現実と狂気のはざまにギャグがあるのならば、この漫画ほどそれを上手く描いている作品は少ない。
キャラの狂気が凄いよね。それに現実的な世界観が笑いを誘う。
かなり笑えるギャグ漫画でもあまりない逸材。


4/30
(朝日新聞出版 落第忍者乱太郎(55) 尼子騒兵衛 ¥555 )

ああ、落乱また出るのか。55巻?
ギャグ漫画だけど忍者漫画としてこれほどないまでに真面目なんだよね。作者は忍者研究家みたいなアレでもあるんだっけ?
山風的な超自然現象なニンジャではなく、室町時代の忍者がギャグする漫画。そういう薀蓄も面白い。



こんなところか。来月は、まあカギューある時点で豊作だが、ほかにもいちばんうしろの大魔王、斉木、ジャコ、ペダル、マーニー、ニンジャスレイヤー、ローゼン、(カギュー、)へうげ、+チック姉さんと選り取り見取り。
しかし最終巻とか多いなあ。物語とは完結してこそなので、まあ喜ぶべきところはあるのだけれども。
もちろん単位単位で面白くなければ売れないのが商業主義の辛いところ。
終ってほしくないという気持ちもあり、終わって完結でいい作品に出会えたという思いもあり。
まあ続編が出たりもするけれども。
スポンサーサイト



テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/03/30(日) 15:56:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<マスコミは「この世界」を作る。第二三回動画紹介回 | ホーム | 感動の涙なのか花粉症の涙なのか。第二二回動画紹介回>>

コメント

No title

自分は今月、

・ねじまきカギュー(13)
・モンスター娘の日常(5)
・甘々と新妻
・ばけもの町のヒトビト
・ヒトミ先生の保健室
・-艦これ-いつか静かな海で

を買いましたね。
後、個人的に↓にある2つの漫画がオススメです
http://sdgo.shueisha.co.jp/feature/1212/index.html
  1. 2014/03/31(月) 01:03:02 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 自分は今月、
>
> ・ねじまきカギュー(13)
> ・モンスター娘の日常(5)
> ・甘々と新妻
> ・ばけもの町のヒトビト
> ・ヒトミ先生の保健室
> ・-艦これ-いつか静かな海で
>
> を買いましたね。

結構カギュー売れてるんですねえ。いやこのブログ見てる人がカギュー買ってるってだけなんですが。
モンスター娘やヒトミ先生は本屋で見た記憶がありますね。他も微かにタイトルに見覚えがあります。面白そうならば買うかもしれません。

> 後、個人的に↓にある2つの漫画がオススメです
> http://sdgo.shueisha.co.jp/feature/1212/index.html

絵柄は結構好みかも知れません。左のはこのマンで紹介されてたの見た覚えがありますね。
新人、と言う事らしいですが、新人でこのセンスは凄いですね。あんまり読んでませんが、そういうのを感じます。
機会があれば読んでみようと思います。
  1. 2014/03/31(月) 11:07:46 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1613-655b5a34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)