ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

2ちゃんねる大変革 これまでの流れとJim親政によるこれから

2ちゃんねる - Wikipedia
2ちゃんねるの歴史 - Wikipedia
ジム・ワトキンス - Wikipedia
中尾嘉宏 - Wikipedia

2ちゃんねるの経営権を握ったジム・ワトキンスがしようとしている3つのこと | 面白ニュース!netgeek


まあ、最近の状況を簡単に説明すると、
なんやかんやあってトオル★が管理人として運営のトップだった2ちゃんねるだったが、姉妹サイトPinkちゃんねるの管理人にしてサーバー会社とか●の会社の会長であるJimがどうにかして運営権・経営権を掌握した、という話らしい。トオル★は首になったとか。
もっとも、見えている部分だけでは内部は全然わからないのが2ちゃんねる運営陣だが。
トオル★はJimとひろゆきは同一人物だと言ってるし、Jimはトオル★と当時の削除人の最高責任者である削ジェンヌは同一人物だといっているらしい。このクーデターめいたのも茶番だという人もいる。
2chの怪情報には運営陣はひろゆきの家族親族で固められているというのもある。

2chの歴史をごく簡単に書くと、
初のスレッドフロート型掲示板あめぞうの崩壊に乗じてひろゆきが2ちゃんねるを作る
住民が問題起こしたせいとかでひろゆきが名目上管理人を退く
サーバー会社の社長、FOX★が名目上の管理人に
なんやかんやでFOX★が運営から外され、トオル★が名目上の管理人に
トオル★が首にされてJimが直接管理に。
みたいな?

この前の●の流出はトオルが2ちゃんねるの規制回避権益を●からP2に誘導したかった意図があって行われたとかもいわれている。
●は元々FOX★の会社が運営していたもので、FOX★が管理人から降りるときにJimの会社に権利が移ったが、P2はトオルに直接入っていたとか。
そもそもの規制自体も運営陣がするもので、私的な理由やらなんやらで乱発していたことを思えば真実だとすれば恐るべきことである。


何を信じるべきかわからないが、Jimが2ちゃんねるの収益率を上げるために改革を考えている事は確かであるようだ。
とりあえず、嫌儲の異常な120秒の緩和やら軽いことから動いていっている。

大きなところとしては、ログ速などのサイトで過去ログが完全に公開されているのに過去ログを有料公開としているのは馬鹿馬鹿しいとして、広告付きで公開することにした。
参考 Windows Phone 8にLenovoやLGが参入──日本のメーカーはまだ 特に関係ない嫌儲のスレだがきっちり公開されていることがわかる。
ログ速に関してはこれから対応していくつもりのようだ。

そして、「まとめサイト」についての対応をも考えているようだ。


まとめサイト、2ちゃんねるまとめサイト。この功罪については日々議論がなされている。
嫌儲板はアファリエイト、広告付きまとめサイトへの対抗のために作られ、発展してきた板である。
Jimは2ちゃんねるの商用利用全般について不許可にしようかと考えているらしい。しかし最終的な判断はまだのようだ。


この記事の本題は、広告付き2ちゃんねるまとめサイトの功罪と、このJim親政の中でまとめサイトはどうあるべきか、どうすべきか、どう扱うべきかという話だ。

まず功罪。
何故まとめサイトが存在し、嫌われているか。

1.「まとめる」ことの意義
そもそも2ちゃんねるの情報というのはノイズや嘘、誇張、怪情報、荒らし、コピー等々にまみれ、中々利用が難しいものである。
それを、わかりやすいように必要なレスのみをまとめるのは確かにわかりやすくなるし、便利で意味ある事ではある。

2.恣意的なまとめ
しかし、どんなメディアでもそうだが、情報というのは様々な理由により偏向される。
ある話題において一方の立場からの目線のレスしか取り上げなかったり、過激な発言ばかりピックアップしたり、あるいは単純にあえて取り上げないことで情報を攪乱する、ということがある。

3.2ちゃんねるそのものへの介入
更には、自らのまとめサイトの広告費のためなどに、2ちゃんねる自体へ介入して稼ぎやすくする、ということがある。
巨大板にまとめに使いやすいアンケートスレなどを乱立したり、まとめのネタになりそうなレスをしたり、自作自演(IDもIPも変えることはそう難しいことではない)で伸ばしたり、一方的な目線のレスをして世論を誘導したり…… 上げればキリがない。そのために2ちゃんねるがつまらなくなったという人も少なくない。
また、アフィサイトへの転載を拒否する嫌儲板を荒らしたり、嫌儲板に立ったスレを、そっくりコピー(スレタイ、>>1だけではなくレスのほとんどまで)して旧速やなんJに作ってそれをまとめるロンダリングも2ちゃんねらーの気に障った。
トオル★時代の運営はその状況を放置しており、まとめサイトからマージンを得ていると2ちゃんねらーに邪推までされていた。

4.広告収入の横取り
まとめサイトが見られても、特に2ちゃんねるが儲かる訳ではなく。少なくとも直接には。
その辺りもJimは問題としているようである。

5.まとめサイトから2ちゃんねるへの流入
これはたまに言われる話だが、2ちゃんねるの人口を支えているのはまとめサイトではないか、ということ。
しかし、まとめサイトが検索結果を汚染しているからこそ2ちゃんねるに直接来る人が少なくなっているのでは、という論もある。まとめサイト同士でリンクしまくっており、それも検索を汚染している。
そもそもまとめサイトから来るようなライトな層は2ちゃんねらーは求めていないという考えも。半年ROMれと言われる2ちゃんねるの閉鎖性は有名なところではある。そこについてはJimはまた別の考えかも知れないが。

6.2ちゃんねる情報の発信
例えば、マスメディアが2ちゃんねるの情報を発信するのは概ねまとめサイトがまとめた後である。
マスメディアが取り上げないようなこまい情報もまとめサイトによりネット上に拡散する。
それが2ちゃんねるという住民層のネット上、それ以上の影響力となっている、という論である。
2ちゃんねらーにしてみれば別に影響力なんぞいらん、と断じるだろう。むしろ注目を得ないようにsageで進行していたスレが晒されるということもある。
「まとめサイトが無くなれば影響力が無くなり2ちゃんねるは衰退する」とか言って炎上してる人もいる。
とはいえ、2ちゃんねる発の情報には価値あるものも多くあり、誰かがそれを発信する、まとめることを防ぐのは難しい。みんなみんなに2ちゃんねるを直接読めとするのは無茶だという所もある。

7.すでに作られたパイ
まとめサイトはもちろんその広告収入を得ているまとめサイト管理人にとって飯のタネであり、また広告を出しているアマゾンやらグーグルやらその他の広告主にとっても利益になるものである。
そして2ちゃんねるは見ないがまとめサイトは見るという層も多い。
2ちゃんねらー自身、そしてJimにとってはあまり関係のない話ではあるが、いきなりすべてのまとめサイトを潰せばそれに関わる人々は暴動を起こすことになりかねない。小人閉居して不善を為す、だったか。


こんなところか。まとめサイトという存在があまりに肥大化していることがわかる。
2ちゃんねるのまとめサイトの禁止の流れの中、まとめサイト管理人たちはオープン2ちゃんねるだったかに2ちゃんねらーを誘導したりスレをロンダすることを考えているという噂もある。
2ちゃんねるの嫌儲板などのアフィサイト禁止派は気分を良くしているようだ。

匿名の著作権を認める判決もあるらしく、基本的にこれからのまとめサイトのことは2ちゃんねる側、Jim次第だと言える。


ここで私見を述べる。
こんなことでまたサイバー紛争をしても仕方がないし馬鹿馬鹿しい。

ここは2ちゃんねるがまとめサイトを取り込む形の、今後のまとめサイトの生き残る道を考える。

第一案 契約制
Jim、あるいはその直轄の運営陣に対してまとめサイトが契約書を書いて、厳しい管理の元に生き残る道。

まとめサイトの恣意的なまとめがあった場合、2ちゃんねる側からそのまとめサイトに修正、削除、更新停止などを求められるようにする。悪質な違反があった場合高い違約金などもとれるような契約にする。
全てのまとめサイトを見るのも難しいので、その辺の通報などは2ちゃんねらーに任せる形で?スレ住民の苦情は最優先で考えるべきである。
問題は裏に隠れての工作、自作自演やスレの乱立などを防ぐのが難しいことだが、それは厳しい契約で縛るとかIPを見て調べるとかで対応するぐらいしかないか。

もちろん、そうするのに運営が得るコストに対してパフォーマンスが無いので、マージンなどは必要か。どのぐらいで釣り合うかはわからないが。
そのマージンでまとめサイト管理をするとなるとややっこしいことになるが……

当然だが、転載元のURLは、はっきりとわかるように書く。

削除人は現在ボランティアで賄われており、現在Jimにより顔写真の提出が求められているという噂だが、そういう削除人たちに給料を与えてこういう業務と兼任させる、と言う事も考えられる。2ちゃんねるの収益とかともありどれほどで可能なのかわからないが。


第二案 公式まとめサイト
2ちゃんねる運営側でまとめサイトを運営し、収益を得る。
これでまとめサイトの需要も供給され、収益問題も、管理も容易になる。
面倒なので公式以外の広告付きまとめサイトは禁止とする。

現在まとめサイトをやっている管理人を抱え込む、という策も考えられる。
もちろん問題を起こしていない管理人に限るが。



これまでに近い形でまとめサイトが生き残るのはこんなところか?Jimが心変わりしなければ。
実際のところ運営の不透明さは半端ではないので、個人的にはその辺りの透明化から始めてほしいところである。
なんにせよ、まとめサイトを単純に滅ぼすとなると、それを望まない人々のために面倒なことになるかもしれないということ。
どこかで妥協案が出るとすれば、こんなところだろうか。そう思って案を書いてみた。

個人的には広告だらけのまとめサイトはクッソ重くて、そもそもからしてあまり好きではないのだが。
リンクもアホみたいにあって変なものクリックしてしまうし、その辺のUIも何とかしてほしい。

文化的にも、情報的にも、肥大化しているからこそ簡単には動かせない問題なのだ。
それは2ちゃんねる自身にも言えたことか。余りに問題は錯綜し、こんがらがっているし、そもそもの基盤が曖昧なのだ。
2ちゃんねるの今後はどうなるのか。注目である。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/02/26(水) 15:57:53|
  2. 2ch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第10回東方シリーズ人気投票 音楽部門の傾向を予想・考察 | ホーム | 家電屋の照明売り場のように明るく。第一三回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1585-d7077138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)