ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方鈴奈庵二巻 総合的感想・考察

ネット世代の雑評論 東方鈴奈庵第一巻 総合的感想・考察

ネット世代の雑評論 東方鈴奈庵 第1話 幻想の稀覯本 感想・考察・その他の確認等
ネット世代の雑評論 東方鈴奈庵の第3話で出てきた幻想郷の俯瞰図を見る
ネット世代の雑評論 東方鈴奈庵第4話でマミゾウさんが人里に出てきた件について
↑ここまで一巻。
ネット世代の雑評論 東方鈴奈庵 第6話 「珍獣の飼育資格 前編」 幻想郷と外の世界のかかわりについて一考察
ネット世代の雑評論 東方鈴奈庵 第7話 「珍獣の飼育資格 後編」東方におけるUMAについて
ネット世代の雑評論 東方鈴奈庵第8話にみる霊夢の服装問題
ネット世代の雑評論 東方鈴奈庵第9話にみる東方Projectの龍
ネット世代の雑評論 東方鈴奈庵第10話にみる博麗神社の人間と妖怪の関係
ネット世代の雑評論 東方鈴奈庵第11話にみる幻想郷の伝統芸能
ネット世代の雑評論 東方鈴奈庵第12話に見る輝針城後の少名針妙丸の処遇
↑13話まで二巻。
ネット世代の雑評論 東方鈴奈庵第14話に見る魔法使いの事情

意外と色々見てたなあ。鈴奈庵に関しては感想を書きたくなったら書くという感じだが。設定的に面白そうな話があれば。
まず表紙から。異変解決モードの霊夢?お札とお祓い棒を構え、背景には陰陽玉がデザインとして含まれた模様など。かっこいい。

裏表紙はレミリア(鳥かご所持)、こころ、邪竜、魔理沙、小鈴、阿求、沓頰(クツツラ)。まあ霊夢以外に出てきたキャラか。準レギュラーのマミゾウは除くが。いや、針妙丸もか。

カバーを外すと探偵風霊夢。裏はカバーのと似たような体裁で、こころ、マミゾウ(妖怪モード)、霊夢(探偵モード)、魔理沙(聴耳頭巾装備)、針妙丸、そして小鈴と阿求。
あらすじも謎の三文ミステリー小説風に変わっている。稗田埋蔵金ってなんだよそりゃ溜めこんでそうな家だが。

折り返しとかは大体いつも通りだしいいだろう。


内容。修正とか細かいところ分からないので、まあ適当に。
珍獣の飼育資格前後編
お稲荷さんの頭巾前後編
暗黒の伝統芸能前後編
打ち出の小槌の残滓前後編
設定資料集
読切四コマ漫画
あとがき

といった風になっている。六話から一三話まで。
まずあとがきから見よう。
神主のあとがきを読むとやはり鈴奈庵は「いつもの東方」で、春河もえ先生に向いた話を考えているみたいな。原作へのゲートウェイとしても期待している?
そしてもえ先生のあとがき。中々重要な事を書いている。各話の扉絵は神主の指定が無くもえ先生が自由に描いている。恐らくはおまけ、今回で言う4コマもそんな感じのようだ。
結構神主指定しないよね。その方が作画の味が出ると考えているのか。


珍獣の飼育資格前後編
小鈴は外の世界の本を読んでも、読めたところ(読めるのだが)で内容の意味、本質が汲み取れるとは限らない。この辺は森近霖之助の能力と似ている。
レミリア達との花見には咲夜や魔理沙はもちろんの事、華仙に文、妖夢、三妖精にミスティア、幽香がいる。まあこの辺のモブは神主の指定ではないのだろうが。
レミリア読んでるから夜に花見か。しかし鈴奈庵のレミリアはぐうかわである。
ツパイの輸入関連については前に書いたので冒頭のリンクでも参考に。
咲夜さんは世間ずれしてるよね。そりゃ紅魔館に勤めてたらそうなるだろうが。ゴブリンとはホフゴブリンのことか?別にゴブリンがいるのか?
小鈴は英語の図鑑も読める、便利な能力だよな。
レミリアはチュパカブラをフランと一緒に眺めている。フラン幽閉されてんじゃないの?いやまあ神主の指定じゃないか知らんけども。しかし鳥籠の大きさあって無くね?番犬だと思ってるって、うーん。
パチュリー、本棚を移動するための謎のマシーン。何だこりゃ。
紅魔館にある舶来の物。ボトルシップ、写真立て?、ランプ(魔人の?)、…… 万年自鳴鐘
霊夢も双眼鏡とか持ってるのか?

お稲荷さんの頭巾前後編
鈴奈庵も高そうなガラス細工もってやがる。実は裕福?どのくらいの文化レベルか知らんが。
ここで龍の話を持ってくるというのが興味深い。そろそろそっちの話が原作で来る?幻想郷の最高神は竜らしいが。海、竜宮城?竜宮城は月らしいが。また月行くとか?

暗黒の伝統芸能前後編
心綺楼の後日談。茨歌仙でもその前後の時間軸書いてたが。
小鈴はよくわからん本を読めても、それを扱いきれない。だからトラブルメーカーとなり、話が進む。
本を鵜呑みにしてはいけないということ?
マミゾウは貸本屋で借りているのは無く、お買い上げしてる?そのお金葉っぱとかじゃないよね?まあマミゾウは金貸しやってるのかしらんが。

打ち出の小槌の残滓前後編
輝針城の後日談で、妖魔本の付喪神化について。鈴奈庵、小鈴ってどんだけ爆弾抱えてるんだよって話だわな。実際危険すぎる。ネクロノミコンとかあるし。
霊夢の勘が良いというのはちょくちょく出る設定。霊夢が天才型で魔理沙が努力型。
霊夢は秘密主義。解決した異変を語らない。へえ?なんで?なんかあった気もするが。
魔理沙のマジモード、っつっても妖怪になってない沓頬を踏みつぶしただけだが。解決した異変に対して余計な不安を与えたくない。ほう。

設定資料集とかも凄いねえ。針妙丸の家(虫篭)の中身とかも。

4コマは恐らく神主が関与してないが、まあ面白い。4コマ向きの絵とも思わないが。



全体として非常に高クオリティ。前巻から追加された要素も。カバー裏とか。
小ネタにも設定が色々あり、見て調べて飽きが来ない。この辺は流石神主。
そしてそれを描くもえ先生の圧倒的画力。点描やら何やらほんとすげー。
この巻で鈴奈庵がどういう漫画かわかってきたような気もする。まあ日常を描き、日常的な妖怪退治も描くといったところ?
そういえば、何故か三巻の発売日もう決まってるんだっけ?今年の12月10日。冬コミの前。もう書く事決まってるのか?何巻で終わりとかあるのか?注目である。
スポンサーサイト



テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/02/23(日) 11:53:55|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<第10回東方シリーズ人気投票 初日の出口調査回りなど見てみる | ホーム | 第10回東方シリーズ人気投票 20位までの投票日前予想>>

コメント

No title

鈴奈庵、20日から売ってたのなら通販も早めて欲しかったですね。早く読みたいです。
フランは文花帖を見る限り、紅魔館の敷地内なら自由に動けるはずですよ。ニコニコ大百科によると幽閉の有無は確定できないらしいです。
  1. 2014/02/25(火) 00:20:37 |
  2. URL |
  3. si #xXK6A1Eo
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 鈴奈庵、20日から売ってたのなら通販も早めて欲しかったですね。早く読みたいです。

結構発売日とか曖昧なところがありますよね。


> フランは文花帖を見る限り、紅魔館の敷地内なら自由に動けるはずですよ。ニコニコ大百科によると幽閉の有無は確定できないらしいです。

あらら、そうでしたっけ。うどんげっしょーでよくわからない場所にいたのがそういうイメージを創り出したのでしょうか。二次の影響かもしれませんが。
なんにせよ、原作での描写が多くないフランに多少なりとも描写があったのは喜ばしいことだと思います。
  1. 2014/02/25(火) 08:14:20 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1582-c7339adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)