ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「ゼルダの伝説」シリーズのモンスターや種族を一般ファンタジー的に読み替え

ゼルダの伝説シリーズ - Wikipedia


ゼルダの伝説。任天堂の人気ゲームシリーズである。ジャンルとしてはアクションアドベンチャーで、ファンタジー世界観である。

ゼルダの伝説と言うと、まあ特筆すべき点は多いのだが、その中の一つとして固有名詞の特異さがある。
極力、普通のファンタジーで使われそうな固有名詞がない。ダンジョンを一々神殿とか言ってたり。いやダンジョンっていう場合もあるけど。
通貨単位のルピーなどインドからとられた名詞もあったりするが多くは独創だろう。言うほどインドっぽい世界観ではなく、現実で言うならばドルイド信仰の残るキリスト教伝来期のヨーロッパといったところか。というかアーサー王伝説辺りのイギリスの匂い?ぶっ刺さった剣とか。


という訳で、今回はゼルダの伝説に出てくる敵モンスターや種族を一般的なファンタジー用語に読み替えてみる。
ではスタート。

オクタロック
化け蛸?大蛸?巨大蛸?岩を吐く八本足だからオクタロックってのもねえ。地上にいたり水にいたり統一感が無い。

ライクライク
「蓼(盾)食う虫も好き好き(英語で、好き=Like)」らしいが、まあ盾を食うのはゲーム的な意味合いだとして、えーと、でかい幼虫?ワーム?

ウィズローブ
単純に魔法使いとかウィザードじゃダメなのか。そういう種族だから?

リーデット
いや普通にゾンビじゃいかんのか。Redeadねえ。

ギブド
いやミイラでしょ?いやまあミイラが動き出すのもおかしいっちゃあおかしいんだがファンタジーだし。

スタルフォス
骸骨騎士ね。スケルトンじゃあだめ?スケルトン・ナイト?

モリブリン
森のゴブリンだからモリブリンらしいが、ゴブリンでいいよね?森にいるとも限らないし。どちらかといえばオークと言いたいが。ボスブリンはトロル?

ドドンゴ
サラマンダーの一種かな?恐竜っぽかったりもするが。

テクタイト
大蜘蛛?まあトールキンのホビットみたいに大人しく森にいる印象も無いが。実は蟹だとかアメンボだとか。前々から思ってるがアレでどうやって浮くんだ?

ピーハット
イマイチこいつなんなのかよくわからん。

アモス
ああ、動く石像。ガーゴイルじゃいかんの?いやまあ騎士の像だが。元々ガーゴイルは怪物の像の彫刻だったか。

キース
コウモリね。コウモリで良いだろ。

ウォールマスター・フォールマスター
でかい手。何がマスターなんだろう。

バブル
人魂?マリオにも溶岩の敵で同じ名前の奴がいたが。形も似ている。

ゾーラ
半魚人(ディープ・ワン)。だが時のオカリナの頃から敵キャラじゃなくなって、なんか水属性のエルフ(指輪物語の)っぽくなってきたよね。魚エルフ?魚とエルフの合いの子?

コキリ族
いうなればホビット、ハーフリングの類?まあこいつらは子供のままだから小さいという仕組みだが。森に棲んでいるというのも違い。

ゴロン
だいぶ変わるが、指輪物語風に解釈するとドワーフみたいなものか。鍛冶が得意だったりするし。

デクババ
食虫植物ってか食人植物。パックンフラワーの類。そういやムジュラのバイオデクババって何がバイオだったんだ?

スタルチュラ
こいつらこそ大蜘蛛か。

デクナッツ
だいぶ違う気がするので気が引けるが、ゼルダ世界、ハイラルにおけるドリアードみたいなものか。

ゴーマ
まあでかい虫モンスターなんだけど、特に決まった一般ファンタジー的統一用語は無いよね。

ウルフォス
いやまあ狼。狼男?別に人間に戻らないが、やや人間っぽい動作もするし。

ポウ
幽霊。ゴーストって言ったらだめなの?

トーチスラグ
ああ、燃えてるナメクジ。まあそのままでいいか。

フリザド
ああ、氷の怪物。ローグにもいたね。最初の方の死因筆頭。妙にFFっぽい名前。いやまあ。

シェルブレード
貝の怪物ね。シェルとか言っちゃってるのにわざわざブレードとかつける必要とかあるのか。

グエー
カラスじゃダメなのか。化けガラス?

リザルフォス
リザードマンね。

ダイナフォス
でかいリザードマンね。

ダークリンク
「自分の影」ね。

アイアンナック
動く鎧なのかなこいつ?イマイチ把握してない。

ヴァルバジア
竜、火竜なのはいいんだが、ドラゴンっつーかチャイニーズドラゴンだよね?

チュチュ
ゼルダにはスライム系モンスターも結構出るよね。ドラクエ的スライム?ドロドロじゃないタイプの。

ガロ
ニンジャ。正確にはニンジャゴーストか。

リト族
風のタクトの鳥人。バードマンとかその辺でいいんじゃね?

コログ族。
風のタクトの森にいる妖精みたいなの。もののけ姫に似たようなの出てきたっけ?

ボコブリン
ちいさいゴブリンか。



まあこんなところか。
固有名詞の特異さで世界観を表現している(異国語らしさ?)のか。しかし典型的なファンタジー世界観であるので敵キャラとかは、どっかのファンタジー作品を紐解けば大体出てくる。良くわからんのも多いが。

リンクも多芸だよねえ。ファンタジー的な職業で言えばレンジャーなのかと思いきや、馬に乗って騎士めいたことをしたり、魔法使いであるかのように魔法を使ってみたり、バードじみた楽器で魔法っぽいことをしたりもする。
何でもできるからこそこのゲームの主人公なのかもしれない。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/02/06(木) 11:18:21|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<薄笑いする巨大通販会社。第八回動画紹介回。 | ホーム | ただ一介の「名無しさん」で在りたい。第七回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1564-2e8e445d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)