ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

無知の楽園。第五回動画紹介回

アダムとイヴは知恵を得たから楽園を追放されたのではなく、無知が故にそこを楽園と思ったのかもしれない。

ジャンプ感想は動画紹介の後ね。


風評被害バスターズ!.exe

テキストリンク
いきなり淫夢ネタで悪いが、面白かったので。
関連分野も相当増えてきたか。空耳とかの風評被害も多いが。
元の作品に魅力があるのか、むしろ絶望的に魅力が無いのが魅力なのか?まあなんにせよホモビデオとか普通見ないもんね。そういった意味で何らかの価値というか衝撃というかがあるのだろう。


ヤジューシャ

テキストリンク
はい。淫夢二連続で悪いとは思っている。まあでも面白いので。
一番の元ネタはロシア民謡のカチューシャだろうが、音は某不良ドッヂボールゲームのロシアBGMだっけか。
ドッヂボールは小学生には人気があるが、体が成長してくると力が強くなってボールが痛いから人気が無くなってくる。小学生だとエスカレートしてボール三個でドッヂボールとかしてたな。まず頭がおかしくなって死ぬ。


アホマジック

テキストリンク
アホなマジック。まあ普通のマジックも分解してしまえばこのようなものなのかもだが。
不思議を不思議と思わなくなった一般民衆?ボーリングのピンが補充されるのだって、何も知らない人が見ればそりゃ魔法に見えるかもだし。何も知らないの度合いの問題だが。



こんなところか。淫夢淫夢その他実写。偏りまくりだが気にしないことにした。
淫夢もいうて実写だから実写回といえばそう。


2014年度週刊少年ジャンプ9号感想。
ワールドトリガーの人骨折したのか。大丈夫かよ。

ナルト
主人公を本当に殺した創作作品は、死んで終わりなアレを除けばかなり少ない。カムイ伝は実際何なんだろう。まあ主人公交代と見れば普通か。
という訳でナルトは死なない。代わりの主人公いないもんね。サスケも死ぬ気がしない。柱間が何か教えてたし。
そう考えると何のピンチとも思えない。そりゃまあ、主人公が死にそうだけど主人公補正で大丈夫だからピンチじゃないと言えばなんだってそうだけど。
そもそもファンタジーというのは不可能性の文学、死んだ奴が生き返るのもあるし、実際我愛羅は(まあ犠牲はあったが)生き返った。そもそもエドテンなり輪廻転生なりもある訳だし。
創作作品における死というのも重要で難しいものである。実際本当に殺して終わりならそのキャラもう使えないしなあ。回想で出してもいいんだが。
長編作品におけるキャラの死というのは大きな意味を持つ。だがネジ程度死なせてもしゃあない訳だしなあ。やっぱカカシどっかで殺しといたほうが良かったんじゃないか。いや「どっか」で殺されても困るのだが。

ワンピ
赤ん坊ファッションの奴はなんか大丈夫なのか?
七武海廃止ねえ。んなことやったら七武海も全員敵に回って本当に海軍ぶっ壊れそうなものだが。
で、サボ確定か。ここでまた重要なキャラを追加するなあ。

黒子
容赦ねえなあ。実際勝てる気がしないが、誠凜が負けて、あるいはそこで終わりというのもありうる話ではある。
完全に絶命して無けりゃ手を抜かないって、帝光三年時はキセキの世代が揃ってる時点で相手のチームは死んでるってことか。確かに。
物語で重要な所としてはキセキの世代をどうにかすると言う事で、洛山に勝つというのは実際無理でも何かを残せば…… どうなんだろう。まあ赤司の二重人格のもう一個を出せれば何か見えてくるのだろうか。
勝てなくて2年目やら世界編やらやりだしのもありと言えばありだが。そりゃ勝っちゃったらもう終わりで、私が編集部なら終わらせたくないだろうし。
前々から言ってるが、帝光時代キセキ一年の話を見たい。そりゃ黒子も黄瀬も火神も出せない訳(ほとんど出せない)だが、三連覇ってことはその前は負けたわけだし、中学時代の他の連中も見たいところ。単行本一巻分ぐらいでいいから。
ともかく期待。

ソーマ
カレー対決に一々時間取りすぎじゃないか?何周やってんの?
まあリアクション系のグルメ漫画だからアリなのかもだが。

暗殺教室
渚はやはりせんせーを除けば主人公格なのかな。
夏祭り蹂躙。そして2学期編と。実際学年が終わって期限の話になるのはいつだろう。

磯部
出た源内。完全にオーパーツしか作ってない辺り狂っている。天才を超えてキチガイ。
なんというか、磯部はベタな展開が上手い?絵のせいか、わかっていても笑える面白さとなっている。
しかし三話掲載とはこき使われてるなあ。一個は宣伝みたいなものだが。

斉木
ああ、あの「!?」って奴か。有名な不良漫画のアレだっけ?持ってないけどふたばでたまに見る。
しかし斉木に不良が絡んでもギャグにしかならんな。

ワートリの代原のゾンビの
いや、ゾンビウイルスに侵されながらも正気を保ったならまずゾンビっぽいところなんとかしろよ。

ブリーチ
ああ、ヤハウェね。しかしクッソめんどくさい嫌な能力持ってるなあ。

焼野原塵
ああ、これは物理的に壊されますね。

べるぜバブ
これはべるぜバブらしい展開。特になんてこともなくベル坊が戻ってくる。そういう漫画だからこそ気軽に読めるというのがあるのかもな。
まあ、最後のバトル。そろそろ終わりだろうし、期待しておく。
嫌いじゃない漫画なのよね。適当だが。
そろそろ終わりだろうが、そういやジャンプの格ゲーにも出るんだっけ?
なんにせよ、完結するというのはいいことだ。なんだかんだで完結と言ってしまっていいだろう。




こんなところか。黒子が良かった。後はまあ大体普通だったし、総合評価は中の中でいいかな。
そろそろジャンプの紙面も変わりゆくだろう。注目である。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/01/28(火) 09:14:43|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「新撰組最強」について考えてみる | ホーム | Wikipedia探訪「最も多く翻訳された著作物の一覧」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1558-582fc3a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)