ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

第10回東方シリーズ人気投票 2014年2月開催決定、注目キャラ、音楽について軽くまとめる

東方Wiki - FrontPage
第9回東方シリーズ人気投票
東方ニコ童祭 - Official Website 第五回ニコ童祭の東方人気投票の結果
东方Project人气投票 第二回 - THBWiki

東方Wiki - 東方スレ的キャラ紹介
東方Wiki - 音楽一覧
東方Wiki - 東方年表
FrontPage - 東方元ネタWiki


東方シリーズ人気投票。東方wikiによる東方projectの人気投票である。東方はシリーズではないという建前だが、まあ名前は名前である。
去年は、2012年に東方のゲームが発売されなかったことを鑑み開催されず、今年が第10回という形になっている。
詳しい日時は不明だが、2014年2月開催決定とのこと。

2013年には開催されなかった東方シリーズ人気投票の替わりのつもりだろうかニコニコの東方の祭典、東方ニコ童祭が心綺楼までで人気投票を行い、また中国では第二回東方人気投票が行われ輝針城のキャラまで扱われた。

しかし、結局のところ東方シリーズ人気投票とは投票層が異なり、結果も同列には語りがたい。
東方シリーズ人気投票は結構昔からある東方wikiで開催されており、東方ファン一般(これも定義が曖昧だが)と比べやや原作プレイヤーよりであるとも考えられている。
※参考
第9回東方シリーズ人気投票 投票者アンケート結果
東方ニコ童祭 - Official Website 東方人気投票 投票者アンケート結果

第9回東方シリーズ人気投票から今まで東方にも色々な事があった。
秘封倶楽部の二作品の頒布から東方心綺楼、東方輝針城の頒布、東方鈴奈庵の連載開始など書籍の影響も見逃せない。
原作だけでなく二次、同人界隈の動きも一様ではない。
投票結果は非常に興味深い資料となろう。

今回はそれに先立って、順位の変動など気になるキャラ、音楽について軽くまとめていきたい。
前回やその他人気投票でのデータを持ってくて比較とかやると疲れて脳味噌が腐って来るので、軽く、キャラと曲ごとに持ってきてコメントするだけね。軽~く。

ではスタート。

まず、心綺楼、輝針城(ああ、あと鈴奈庵)の新キャラ、新曲。
キャラ
◦鈴奈庵
◾本居 小鈴 / Motoori Kosuzu
小鈴ちゃん。霊夢や魔理沙も遣り込めるやり手で、阿求と友達の文系女子。
鈴奈庵は中々出来が良いし、活躍も多い。しかしまあ軽薄なところはあるか。
華仙より上は厳しいか?書籍キャラでの順位差は気になるところ。

あと煙々羅とか付喪神とかツパイ(チュパカブラ)とか邪龍とかも。
まあ下の方の争いもそれはそれで面白い。


◦心綺楼
◾秦 こころ / Hatano Kokoro
ニコ童祭や中華でも良かった……いやそういう情報は今回いいや。
まあ初登場にしてかなりの人気を誇るのは確か。同時に投票されるキャラ層もコメント見ればわかったりするので注目。
書籍にも登場頻度が高く期待できそう。

◦輝針城
◾わかさぎ姫 / Wakasagihime
大人しい人魚。小槌の力があって1ボスという屈指の弱さを持つ妖怪。
人魚という訳で完全には人間型ではないのはキャラの特徴として大きいか。

◾赤蛮奇 / Sekibanki
ばんきっき。首が取れるのは実際どうなんだ。
ややぼっちキャラ気味で、良い性格していて割と人気な気もする。キャラデザとかも。

◾今泉 影狼 / Imaizumi Kagerou
ケモナー大歓喜で有名。狼女というわかりやすいアレだが。結構人気はある印象。
草の根妖怪ネットワーク、ふむ。その手が使えるか。

◾九十九 弁々 / Tsukumo Benben
◾九十九 八橋 / Tsukumo Yatsuhashi
こういう投票だと姉妹キャラは厳しいよねえ。
音楽系キャラも増えてるし、雷鼓とも競合する。絵的にも特徴らしい特徴は魔法っぽい三味線&琴ぐらいだしなあ。
性格的には弁々が良い感じではあるが。
弾幕が結構ゲロなんだよね。特にラスペとか。

◾鬼人 正邪 / Kijin Seija
ゲスキャラナンバーワン(ふたばとか調べ)。弾幕もある意味究極。
好き嫌いは大きそうだが結構需要あるとは思う。今後ストーリーにも関わってきそうだし、中華のよりも上がる可能性も。

◾少名 針妙丸 / Sukuna Shinmyoumaru
小人。設定的にもあんまりラスボスの威厳は無い。霊夢に虫かごで飼われていたりというのもあったり。鈴奈庵でもゲスト出演している。
ロリキャラ特性の6ボスという需要も?

◾堀川 雷鼓 / Horikawa Raiko
知性派実力派Exボス。音楽系のボスでは最強?
中華のでは輝針城で一位だっけか。日本ではどうか。



音楽CDは一気に紹介しておく。
鳥船遺跡 ~ Trojan Green Asteroid
•衛星トリフネ -- オリジナル
•トロヤ群の密林 -- オリジナル
•デザイアドライブ -- 東方神霊廟より
•フェアリー冒険譚 -- 東方三月精より
•天鳥船神社 -- オリジナル
•夜空のユーフォーロマンス -- 東方星蓮船より
•ハルトマンの妖怪少女 -- 東方地霊殿より
•天鳥船神社の結界 -- オリジナル
•感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind -- 東方星蓮船より
•宇宙に浮かぶ幻想郷 -- オリジナル

割と人気の曲が多い印象だが、音楽CD曲で評判になったのと言うと、さて。
ユーフォ―ロマンスは良かったが……

伊弉諾物質 ~ Neo-traditionalism of Japan.
•緑のサナトリウム (オリジナル)
•牛に引かれて善光寺参り (オリジナル)
•ハートフェルトファンシー (東方地霊殿より)
•六十年目の東方裁判 ~ Fate of Sixty Years (東方花映塚より)
•アガルタの風 (オリジナル)
•イザナギオブジェクト (オリジナル)
•妖怪裏参道 (東方神霊廟より)
•アンノウンX ~ Unfound Adventure (東方非想天則より)
•日本中の不思議を集めて (オリジナル)
•素敵な墓場で暮しましょ (東方神霊廟より)

鳥船とは曲調とか色々買えて来てるよね。
音楽CD曲で比較するのも面白そうである。


東方心綺楼 ~ Hopeless Masquerade.
案外心綺楼も新曲は多い。
だが、まあ神主作曲は多くない。うに曲もいいが、やはり使われる場面が場面だから。
うに曲でも緋想天の地の色は黄色とかいい曲もあるのだが。

◦幻想郷の二ッ岩 (ステージ妖怪狸の森(夜) / 二ッ岩マミゾウのテーマ) (ZUN)
これはまとめられるんだよなあ。神主アレンジだが。

◦亡失のエモーション (ステージ人間の里(夜) / 秦こころのテーマ) (ZUN)
かなり独特でカッコいいが、どこまでいくか。

◦塵界不変のペシミズム (オープニング)
◦心綺楼囃子 (タイトル)
◦人気のある場所 (会話曲)
◦人気のない場所 (会話曲)
◦丑三つ時の里 (会話曲 こころ戦前)
◦本日の一面記事 (勝利)
◦暁雲 (エンディング)
◦官板黄昏新聞 (スタッフロール)

オープニングとかタイトルとかはともかく、会話曲とかは厳しいか。


東方輝針城 ~ Double Dealing Character.
輝針城の曲は東方の曲ではやや珍しく(というか神主の最近の傾向として)、BGMしてるBGMが多い。
つまり、単体で聞くよりもゲーム中に聞くことを前提にしてやや控えめなところがある。
そこがどう評価されるか。こういう違いは他の人気投票とかとの違いとして大きく出そうだ。

•不思議なお祓い棒 -- タイトル画面テーマ
•ミストレイク -- 1面テーマ
•秘境のマーメイド -- 1面ボス・わかさぎ姫のテーマ
•運河を行き交う人妖 -- 2面テーマ
•柳の下のデュラハン -- 2面ボス・赤蛮奇のテーマ
•満月の竹林 -- 3面テーマ
•孤独なウェアウルフ -- 3面ボス・今泉 影狼のテーマ
•マジカルストーム -- 4面テーマ
•幻想浄瑠璃 -- 4面ボス・九十九 弁々&九十九 八橋のテーマ
音楽キャラの曲。幽霊楽団が第一回で1位だった訳だが。通には結構人気だとも聞く。

•空中に沈む輝針城 -- 5面テーマ
タイトルが良いよね。ステージ演出なんかも道中曲に反映されるか。

•リバースイデオロギー -- 5面ボス・鬼人 正邪のテーマ
キャラにあってるし、カッコいい曲だよね。

•針小棒大の天守閣 -- 6面テーマ
•輝く針の小人族 ~ Little Princess -- 6面ボス・少名 針妙丸のテーマ
針妙丸の色鮮やかな弾幕であり、プレイ中に聞くと更にテンションが上がる。

•魔力の雷雲 -- EXTRAのテーマ
•始原のビート ~ Pristine Beat -- EXTRAボス・堀川 雷鼓のテーマ
音楽キャラの曲であり、雷鼓に、テーマ名にふさわしい曲であり、最高の出来である。当然上位に行くだろう。

•小槌の魔力 -- エンディングテーマ
•不思議な不思議な道具達 -- スタッフロールテーマ



次に新キャラではないが再登場したキャラ、アレンジされた曲。
秘封倶楽部(鳥船遺跡、伊弉諾物質)
◦マエリベリー・ハーン(メリー)
◦宇佐見蓮子

2012年に二作品出たわけだが、結構間が開いた今はどうなったか。

ぬえとかも出てたっけ。

東方鈴奈庵
博麗霊夢
鈴奈庵では結構真面目に仕事してるよね。

霧雨魔理沙
いつもの魔理沙。

稗田阿求
主人公の友人であり、かなり重要人物として出ている。大きな変化があるだろう。

後ゲストキャラ色々。
レミリア
ぐうかわだった。

咲夜
久しぶりに時止めたり仕事してた。

マミゾウ
まあ心綺楼でも出てるが、鈴奈庵での活躍はまた格別。扱いがよく、キャラデザとか性格とかかなりいい。

こころ
針妙丸
新作のラスボスながら再登場も多い二人。

……
モブキャラも大量にいる。


東方茨歌仙
博麗霊夢
ドラえもんで言う所ののび太してる。

霧雨魔理沙
魔理沙はいつも通りだよね。

茨木華仙
書籍初出キャラでは突出した人気だよね。華仙の過去関係も少しづつ明かされてきたし。

メイン級のゲストキャラとして
八雲紫
久しぶりに妖怪らしいことをしてたが、まあ結局何がどうなってたわけではない。

東風谷早苗
いつも通りの早苗?基本何も考えてないところがある。

伊吹萃香
重要キャラ。コミカルなところも出ていたし、かなりの上昇が見込める?ちょくちょく萃香も良く出てるよね。

豊聡耳神子
ぐう聖だった。

小野塚小町
割と茨歌仙のレギュラーしてるよね。

八坂神奈子
ロープウェイとか作ってた。料理が家庭的だよね。まあ誰が作ったのか知らんが。

洩矢諏訪子
結構邪神してるよね、っていうほどでもないが、一筋縄ではいかないところを見せた。
……
モブキャラを数えるとキリが無い。
台詞があるモブキャラもいるが。レミリアとか咲夜とか妖夢とか。
台詞なくてもこころとかは単なる背景という訳でもないしなあ。芳香アタリはただのモブにしてもあの場面に出たことが重要になってきそう。


東方心綺楼
•参戦キャラ
◦博麗霊夢 (八百万の代弁者)
主人公してる。

◦霧雨魔理沙 (人間代表の魔法使い)
魔理沙してる。

◦雲居一輪 (圧倒する妖怪行者)
人気投票では厳しい立場だったが、心綺楼ではキャラデザも一新され体験版からパワーキャラとして存在感を見せつけた。

◦聖白蓮 (霊長類を越えた阿闍梨)
接近戦とかかっこよかったが使い勝手はどうなんだ?

◦物部布都 (龍脈を司る風水師)
キャラの感触がわかったが、今のダイヤってどうなんだ?

◦豊聡耳神子 (宇宙を司る全能道士)
マント良いよね。色々かっこよかった。

◦河城にとり (河の便利屋さん)
かなり妖怪してたところも見せてたが、それもまた一つの側面でしかない。

◦古明地こいし (空想上の人格保持者)
結構ストーリー上も含めて重要な活躍してたよね。こころとの関係は大きい。

◦二ッ岩マミゾウ (いつも驚きを提供する化け狸)
中ボスしてた。よくよく考えるとあんま異変と関係ない訳だが。

背景キャラは膨大。
そういえばオープニングに寅丸星も出てたが……


東方輝針城
•自機
◦博麗霊夢 (楽園の巫女)
使い勝手はいいが。まあ霊夢Aは強いは強いが。

◦霧雨魔理沙 (普通の魔法使い)
魔理沙Bアレはなんだ?別ゲー感がある。

◦十六夜咲夜 (悪魔のメイド)
咲夜Aは強く使い勝手が良い。霊夢Bはなんのつもりなんだ。ゲロである。スコアは稼げるが。

•ボス
◦チルノ (湖の氷精)
まあ特に何したわけでもないが、東方のレギュラーキャラという感が出ている。

エンディングにレミリアも出てたか。
レミリアも地味に色々出るよね。



曲のアレンジとか。
東方心綺楼
•アレンジ ◦春色小怪 (ステージ博麗神社 / 花映塚 博麗霊夢のテーマ)
◦時代親父とハイカラ少女 (ステージ雲上の宝船 / 星蓮船 雲居一輪のテーマ)
◦メイガスナイト (ステージ人間の里 / 妖精大戦争 霧雨魔理沙のテーマ)
◦感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind (ステージ命蓮寺 / 星蓮船 聖白蓮のテーマ)
◦大神神話伝 (ステージ夢殿大祀廟 / 東方神霊廟 物部布都のテーマ)
◦聖徳伝説 ~ True Administrator (ステージ神霊廟 / 東方神霊廟 豊聡耳神子のテーマ)
◦芥川龍之介の河童 ~ Candid Friend (ステージ玄武の沢 / 東方風神録 河城にとりのテーマ)
◦ハルトマンの妖怪少女 (ステージ地霊殿 / 東方地霊殿 古明地こいしのテーマ)
◦佐渡の二ッ岩 (ステージ妖怪狸の森 / 東方神霊廟 二ッ岩マミゾウのテーマ)

アレンジの善し悪しを聞き分ける耳は持っていないが、聖徳伝説は少し評判になっていたか。
後いつも通り輝針城ではゲームオーバー曲が使いまわされていた。


その他注目に値するキャラや曲も考えると、
こころに関係してくる神霊廟、星蓮船、地霊殿勢などか?
曲は神霊廟辺りの曲が年月を経てどういう評価に変わったかなども気になる。



まあこんなところか。
もちろん、これ以外のキャラ、曲の動きも逆に興味深いものがある。もちろんニコ童祭や中華投票との差なども。
東方プロジェクト全体でも再登場が多いキャラ少ないキャラ、最近よく出るキャラなどがある。そういう視点も持ってもいいかもしれない。
第10回東方シリーズ人気投票には大注目である。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/01/13(月) 05:29:58|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Wikipedia探訪「逐次刊行物」 | ホーム | インターネット探訪「必殺技辞典」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1546-7a7a8b2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)