ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

動画紹介回のタイトル特選

このブログでは、最近では基本的に週刊少年ジャンプとヤングジャンプの発売日に動画紹介回をと言う記事を書いている。
その時、概ね意味の無いタイトルを付けているのだが、たまに面白いフレーズが生まれることがある。
と言う訳でブログ始めてから今までの動画紹介回の中で秀逸なタイトルをまとめてみる。タイトルとは別に補足でなんか書いてる場合も多いのでそれも引き写す。

ではスタート。
ネット世代の雑評論 夢見る宇宙。第43回動画紹介回

こういう意味がありそうでよく考えるとどういう意味なのか不明瞭なのが好き。
夢に宇宙と言うとカービィとか思い出す。


ネット世代の雑評論 ヒトと人間のギャップ。第44回動画紹介回
古代のように単純な生活もそれはそれで憧れるが、現代のように便利な世の中も捨てがたい。

生物学的なヒトと人間では大きなギャップがあるよね。


ネット世代の雑評論 終わらないしりとり。第56回動画紹介回
適当に電撃文庫のライトノベル買ったら、裏表紙全部緑だった。
雪蟷螂(紅玉いづき)、キーリ(壁井ユカコ)、デュラララ!!(成田良吾)。若干紅玉いづきは濃い目の緑。
いつか裏表紙の色と作者の相関とか書きたいけど、そういうのは適当で決まってるような気もする。
偶然というのはよくある原因だ。

そういえばコレしてないな。別に意味無さそうだけど。暗い色が背景だと読みにくいよね。キノとか。


ネット世代の雑評論 権力=破壊力。第64回動画紹介回
ハルヒ読み返しまくってたら時間が無くなった。

権力とは銃口から生まれるのだ。これ書いた時はそういう意味じゃなくて権力と言う迂遠な力をあえて物理的な破壊力にイコールしてみたという所があった気がする。


ネット世代の雑評論 疲労困憊視野狭窄。第85回動画紹介回
三秒に一回ツイッターで疲れたってツイートがあるとか。まあ疲れるぐらい働かせないと雇い主も損するからね。
ベストを尽くさねばその場には留まれない。

タイトル自体の意味は不明瞭で、それでいて語感が良いのが。


ネット世代の雑評論 有限の何もかもと無限の欲望。第101回動画紹介回
揚げバター。カロリー高いし美味しくないし健康に悪そう。何かしらの純粋さは感じられる。

まあ欲は究極的に満たされないという話。


ネット世代の雑評論 巡る七日の輪廻。第106回動画紹介回
大して休んでないなあ。

一週間の事を大袈裟に迂遠に表現。


ネット世代の雑評論 無知の知、知の無知、無知の無知、知の知。第141回動画紹介回

このクドい感じが好き。


ネット世代の雑評論 駄作こそ読むべし。第146回動画紹介回
読むじゃなくて見るでも遊ぶでもなんでもだけど、上澄み、良作だけ摂取してもそのジャンルを知る事にはならない。どちらかというと沈殿、欠点だらけのものを楽しんでこそ本当の意味での理解が得られる。全て合わして一つのジャンルというわけだ。
良作は歴史に残るが駄作は残らない。であればこそ、それを保護しなければならない。そもそも良作駄作という絶対的評価は不可能だ。世間的に評価が低い作品にこそ宝の山が眠っている。
逆に言うと古典はその時代の名作が残っている訳だが、であればこそ古典とされる作品を見るだけではその時代について何もわからない。
……とはいっても、話題になってない作品を読むのは時間と金と労力の無駄と言う気がして実行できない。

コメントが長いな。まあこれは今でも思う捻くれた考え。


ネット世代の雑評論 氷が透明な石であった時。第161回動画紹介回
タイトルには欠片も意味がないので気にしないでね。

氷は透明で石のような硬さだよねって話。つまり溶ける前。


ネット世代の雑評論 厳格な連座制。第162回動画紹介回
全滅を願う怒り。

連座制(一族郎党全部死刑みたいなアレ)と言う旧時代の遺物に厳格とか付けることで違和感を狙っている。


ネット世代の雑評論 太陽と月は仲が悪い。第165回動画紹介回
暦の話ね。たぶんあの辺に無理がある。

上手くいきそうで上手く行ってないよね。


ネット世代の雑評論 朝靄の月、無人の大広間。第167回動画紹介回
うむ。

これはなんとなく感覚的で好きだ。過剰に孤独な感じ?


ネット世代の雑評論 保護されし殺人者。第175回動画紹介回
餅は正月中に何人殺すか。定期的に活動が活発化するスプリーキラー。

馬鹿馬鹿しい。


ネット世代の雑評論 勝ち負けがある時点で負け。第五回動画紹介回

本当の勝ち組は勝負自体しない、あるいは負け組は勝負したら負けるように出来ている、あるいは誰にとっても負けるならば最初から勝負しない方が良い、あるいは……


ネット世代の雑評論 聖人の悪。第七回動画紹介回

良い人である、偉大な人であることが他人に害を及ぼす。


ネット世代の雑評論 気管支に入った水のような。第二十回動画紹介回

もどかしさ、苦しさ。


ネット世代の雑評論 サイコロの宇宙。第二十一回動画紹介回
「神が存在しないのならば、誰がサイコロを振るのかね?」

神はサイコロを振らない?いや神のみがサイコロを振る?


ネット世代の雑評論 飛び級の天才。第二十二回動画紹介回
飛び級って凄いっちゃあ凄いんだけれども。

こう繋げて書くと独特のイメージがある。天才だからと言って飛び級することが本題ではなかろうに。


ネット世代の雑評論 障子の裏の月曜日。第二十四回動画紹介回。
皆が目を背けるもの。

えっと、日曜日の話だっけ?


ネット世代の雑評論 絶望の数学。第二十九回動画紹介回
囚人のジレンマとかね。

数学が示す事実は時に残酷で冷酷で血が通っていない。当然である。


ネット世代の雑評論 復讐裁判。第三十四回動画紹介回
合法。

人を苦しめるための法律、裁判。正当であろうがなかろうが。


ネット世代の雑評論 革命家の王座。第三十六回動画紹介回
大人になると言うことはつまりそういうこと?

どういう意味だったか覚えてないが、革命家が玉座に付くというのは異常である。革命が成功したのか、それとも。


ネット世代の雑評論 誰もが羨む重荷。第三十七回動画紹介回

現代世界にはこういう以上さがある。


ネット世代の雑評論 神国の興亡。第三十九回動画紹介回
本屋で、小学生らしき子供が横積みされた本を、一番下から取っていた。
この国の将来は明るい、そう思った。

いや、おかしいだろう。


ネット世代の雑評論 虫籠のガンプラ。第四十一回動画紹介回
子供の時代。

大人の世界と子供の世界は全く違う。


ネット世代の雑評論 引きこもりの楽園。第四十五回動画紹介回
引きこもりは楽園?

引きこもりにとっての楽園とはすなわち自室であろう。自室に引きこもることは楽園なのか?ある意味ではそうだろう。


ネット世代の雑評論 屍骸燃料。第五十回動画紹介回
死は利用される。

化石燃料は古代生物の屍骸であるという話。


ネット世代の雑評論 奇妙な夢を見る夜。第五十四回動画紹介回
奇妙な夢を見る時代。

こういう、謎めいたのが好き。


ネット世代の雑評論 辛くておいしいものとは何?第五十六回動画紹介回
答えはカレー。クイズでもなぞなぞでもなく重要な示唆がある訳でも無い。

肩すかし。


ネット世代の雑評論 一億総精神病
狂っていないホモ・サピエンスは人間ではないのではないか。

動画紹介回とタイトルに入れるの忘れてたが逆に面白かったのでそのままにしている。


ネット世代の雑評論 原液の生活。第六十一回動画紹介回
少なくとも退屈はしない。

濃いということ以上に粘ついていて、それでいて普通で無くて……


ネット世代の雑評論 ワサビ色の頭痛。第七十一回動画紹介回
このタイトルの意味は自分でもわかっていない。

ワサビ色っていうのが無茶である。


ネット世代の雑評論 蛇行する時間ガードレール。第七十三回動画紹介回
周期的に。

今イチ意味を明瞭にとれないが感覚的に面白い。


ネット世代の雑評論 表面張力の悪夢。第七十四回動画紹介回
限界の先ではあるが特に意味はない。

破裂しそうな?


ネット世代の雑評論 奇妙な味の飲み物を飲む。第七十五回動画紹介回
それこそが現代人の幸せなのかもしれない。

ある種の迂遠な余裕か。


西東大陸。第七十八回動画紹介回
ユーラシア→Eurasia→ユーロ (Euro) + アジア (Asia) 。ユーロは言うまでも無くヨーロッパ(Europe)の事。
それぞれの言葉の語源は古代メソポタミアだかファニキアの言葉で東、日の出が「Asu」でアジアとなり、西、日没が「ereb」で色々あってヨーロッパに。
つまりユーラシア大陸とは西東大陸と言うことになる。馬鹿馬鹿しい気もするが何の偶然かちょっとした必然か、ユーラシア大陸はまさに東西に広い事が特徴で、それが人類の歴史、文化、地政学の上で重要(ジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」によると)だったらしい。
なにやら色々考えさせるが本質的に意味は無いのかもしれない。

これに気付いた時は感動した。


ネット世代の雑評論 ポケットに入る万巻の書。第九十三回動画紹介回
情報化社会。すでに人類はかつてSFと呼ばれた時代に突入している。

スマホとかの事か。


ネット世代の雑評論 劇中劇、夢中夢、劇中夢、夢中劇。第九十四回動画紹介回
脳内で上映される虚構。

クドさがいい。


ネット世代の雑評論 悪夢のマッチョ信仰。第百二回動画紹介回
目に見えぬマッチョ。

マッチョに対する理由なき恐怖と警戒。


ネット世代の雑評論 磯辺焼きの醤油はいつまでも澄んでいる。第百五回動画紹介回
うむ。いやまあ醤油ごと焼くとアレだけど。

全然綺麗ではないことを綺麗に言う。


ネット世代の雑評論 初めて星座を見る。第百八回動画紹介回
知識があった。特徴的な配列で強力な光を放つ星々。オリオン座だ。

アイザックアシモフの夜来るみたいなものか。


ネット世代の雑評論 ラストエリクサーを中ボスで使う勇気。第百十二回動画紹介回
それこそがこの国に必要なものである。

こまい勇気である。


ネット世代の雑評論 まっピンピン。第2回動画紹介回
真っ赤っか、真っ黄っき。

言語学的な。


ネット世代の雑評論 Windows8スタートボタンビジネス。第9回動画紹介回
今日聞いた最も間抜けな言葉。

ほんとうにアホ臭い。


ネット世代の雑評論 延髄の昇天。第16回動画紹介回
原始の狂騒。

非常に感覚的。


ネット世代の雑評論 Excelのような空。第18回動画紹介回
背景が白で罫線が上下にたくさん。曇りで電線。

見た目にそう見えたことがあったので。


ネット世代の雑評論 路を砕く街路樹の根。第19回動画紹介回
アレは根本的にどうなんだ。

街路の樹木が街路を砕く。生物の制御不能な力を感じさせる。


ネット世代の雑評論 蛇足の爪先。第21回動画紹介回
足があった方がいい場合もある。爪先まであってもいい。

蛇足は無い方が良いとは限らない。


ネット世代の雑評論 言葉の防壁。第23回動画紹介回
フランスがフランス語を頑なに守っているのもその辺だよね。ネットスラングも似たような働きをする。

言語ごとに文化文明があるか。


ネット世代の雑評論 砂漠の案山子。第26回動画紹介回
孤独か孤高か。

本来砂漠で案山子はいらぬ。


ネット世代の雑評論 電気のタコ足。第30回動画紹介回
電気ウナギの変種、と考えると楽しい。

たこ足配線というけれど、それがもとでそうさせるものがそうよばれるようになるとは。


ネット世代の雑評論 線に恋する。第33回動画紹介回
タイトルの意味は特にない。

カテゴリーエラーな言葉を愛する。比喩だったり比喩でもなかったり。


ネット世代の雑評論 声の小ささは器の狭さ。第40回動画紹介回
全く関連性が無い。

論理は無いがよく通りそうな言葉。


ネット世代の雑評論 我々は幾つの世界を救ってきたのか。第42回動画紹介回
ゲームじゃみんな世界を救っちゃうよね。世界の方で何とかしてもらいたい問題なんだけれども。

うむ。


ネット世代の雑評論 水は寒すぎる完幻。第47回動画紹介回
タイトルとか一々説明してもしゃあないけど聞かれたら答える。

これは傑作。そもそも完幻ってなんだっていうね。


ネット世代の雑評論 抽象的なタペストリーを日が暮れるまで眺め続けていられたのはいつまでだったか。第五十一回動画紹介回

社会人は、いや小学校高学年、いや低学年でも塾にでも通うほど社会性を身に付ければできない。禅僧とかならできるのか?


ネット世代の雑評論 誰もが歴史の教科書に載ろうとする。第五十三回動画紹介回
現人類の価値観の最上位は歴史の教科書かもしれない。

だからこそ悲劇になるのやも。


ネット世代の雑評論 自分が死ぬ夢を見て起きるならまだしも。第56回動画紹介回
自分が因果的に消滅する夢を見て飛び起きる羽目になるとは思わなかった。

実際ビビった。タイムマシンで子供の頃の自分を殺された時の感触。


ネット世代の雑評論 法の光と闇の巣の蜘蛛。第58回動画紹介回
照らし出しては台無しになるものがある。例えば世界蜘蛛の巣、インターネット。

アングラ、匿名文化にもたしかに価値があるのに。


ネット世代の雑評論 声にならないほどの美しさ。第60回動画紹介回
人類は美を生み出すために生まれてきたのだろう。

これは最近本当に思う。思うというよりもそうあれと思うというか。


ネット世代の雑評論 ドゥームスカトロジー。第64回動画紹介回

悪夢のスカトロ学。そりゃ悪夢だ。


ネット世代の雑評論 神経の肺炎。第69回動画紹介回
明らかに間違いだからこそ分かりやすい。

間違っているからこそ意味が出る、強調される。


ネット世代の雑評論 鍼灸の煙霧。第73回動画紹介回
結局あれってどういう原理なんだ?

真実はいまだ靄の中だ。


ネット世代の雑評論 喪うたびに大きくなるもの。第88回動画紹介回 http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1491.html
USBメモリの容量。

なんか、ぶっ壊れたり落としたりして無くなるたびに一番安いUSBメモリ買っていくんだけど、容量がそのたびに技術革新もありでかくなっていく現象。


ネット世代の雑評論 愚者に必要なものは幸運である。第89回動画紹介回

愚者に与えて本当に良くなるものが幸運というか?


ネット世代の雑評論 失敗こそが面白い。第90回動画紹介回
成功は美しい。

順調に何事も進むのではなくトチりがあったほうが一番面白いか。


ネット世代の雑評論 膿みの苦しみ。第96回動画紹介回
少子高齢化も、出版不況もなるべくしてなっているのだ。

そういえばこれ某下ネタ4コマ漫画にあったのと被った。


ネット世代の雑評論 我々が待ち望んでいたのはロボットに支配された世界では無かったか。第97回動画紹介回
時代はむしろ後退している感もある。人間のみに支配される世界。

ディストピアと言えど、期待していた。


ネット世代の雑評論 無色の無駄骨。第100回動画紹介回
無色って透明じゃないよね?透明なら透明って書くし?色の話で透明に言及する際に無色とあえていうのかもしれない?

なんとなく言葉として意味がありそうで意味が無い。カテゴリーエラー。いやしかし?





こうしてまとめてみると中々豪勢だ。
同時に思想も見えすぎた気もしたので、やや選別を厳しくしたところもある。
こうした一文の欠片にも面白さ、詩情があるのではないか。あえて長編小説を書かなくてもいい文学もある。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/12/31(火) 21:27:58|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013年の記事まとめ紹介 | ホーム | 東方鈴奈庵第14話に見る魔法使いの事情>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1535-206681c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)