ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方輝針城のエンディングから次回作など考察してみる

幻想情報局 -イザヨイネット-
Radical Discovery - 東方Project資料サイト


今更だが東方輝針城のエンディングを見ていって、それらの考察でもしていく。
まずそれぞれのエンディングの概要。前にも書いたが、概要書くぐらいならおkなんだよね。

まずバッドエンドから。ちなみにAが妖器ありでBが無しね。
バッドエンドは基本自分の本拠地、博麗神社、魔理沙の家、紅魔館で
霊夢A
霊夢が打ち出の小槌の力に打ちのめされて下剋上側に付こうか迷う。

霊夢B
霊夢が打ち出の小槌の力に打ちのめされてお祓い棒無しでは厳しいと嘆く。

魔理沙A
魔理沙が打ち出の小槌の力に打ちのめされて下剋上側に付こうと考える。

魔理沙B
魔理沙が打ち出の小槌の力に打ちのめされてミニ八卦炉では敵わないと嘆く。

咲夜A
妖剣の魔力に侵されもっと斬ってみたいと思い、下剋上側に付けばそれが叶うと想像する。

咲夜B
打ち出の小槌の力が想像以上で、お嬢様(レミリア)に伝えようかと思うが、打ち出の小槌はどんな願いでも叶えるので万が一を考えてやめる。


グッドエンド。
霊夢A
博麗神社。霊夢と魔理沙が会話している。お祓い棒がおとなしくなってきた、魔理沙もミニ八卦炉の暴走に悩んでいたが、それが打ち出の小槌の力だったとはと驚く。
霊夢によると打ち出の小槌で自分だけ強くなろうとしたがその代償で狂暴化する魔力がふりまかれたとか。
魔理沙はその影響でミニ八卦炉を使っていると何でも炙りたくなったのかと言うが、霊夢は何とも思わなかった。魔理沙はそれに驚く。
天邪鬼の行方はわからないが、一寸法師、針妙丸は霊夢が虫篭に入れている。魔理沙はまた驚く。
小槌の力を使いすぎてしばらく大きくなれない。思ってたより代償がきつかったとか。虫や獣から守るために虫篭に入れている。
打ち出の小槌は力を放出しきると今度は回収に入る。徐々に道具や弱い妖怪たちから力が戻る。それまで針妙丸は大きくなれない。
霊夢が針妙丸を被っていたのは弱者に対する後ろめたさ?しかし下剋上を企むほど屈折した妖怪には見えない。

霊夢B
博麗神社。霊夢と魔理沙が打ち出の小槌の力を試しているが何も起きない。
偽物ではなく、大きくなって弾が避けにくくなったと霊夢。
縛られている針妙丸曰く、小人族にしか小槌は使えない。その代償に体が小さいという。
針妙丸は小槌はどんな願いでもかなえると聞いていたが自分は体を大きくさせることにしか使っていなかった。
望んだ願い以外にも力が漏れて大人しい妖怪が狂暴化したり道具が動き出したりしたのは予想外であった。唆した天邪鬼はそのことを知っていたのか。

魔理沙A
魔法の森。魔理沙の家。魔理沙はミニ八卦炉の力に魅せられて人間が妖怪に怯えて暮らす世界をひっくり返そうと考える。
正邪が魔理沙をそそのかしたらしい。ミニ八卦炉は小槌の力で付喪神化している。
魔理沙がミニ八卦炉の魔力で凶暴化し正常な判断力を失っている。正邪は付喪神や魔理沙のような人間、妖怪を味方に付けた。
しかし正邪は小槌の力が無限ではないと知らず、その反動も知らなかった。

魔理沙B
博麗神社。霊夢もお祓い棒の付喪神化に悩んでいた。
魔理沙はそれを戻す方法がわかったと言って小槌と針妙丸を出す。
針妙丸が元凶だった、小槌は鬼の道具で呪われた道具である。
魔理沙の願いをかなえることは無かったが、道具を元に戻すことは出来た。呪われた魔力は心の隙間に入り込むことを魔法使いである魔理沙は知っていた。
放っておけば世界がひっくり返ってしまうかもしれないので魔理沙は魔力の回収に回ることにした。

咲夜A
紅魔館。妖剣は一寸法師のものであった。しかしわかっていても咲夜は手放せなかった。
剣を持っていると良からぬ心が沸いてくるというのを自覚しながら、咲夜は何か試し切りしたくなる。
レミリアが不思議に思うも咲夜は妖剣に魅入られたままである。咲夜はレミリアさえも試し切りしたくなっている。
しかしその乱暴な姿をレミリアは気に入ったようだ。

咲夜B
博麗神社。咲夜が霊夢と魔理沙に異変の概要を説明する。二人は道具に関して心当たりがある。
相手は打ち出の小槌を持っているから巻き込まれないようにと咲夜。
打ち出の小槌は鬼の道具。使えば何が起きるかわからないと魔理沙。
咲夜が霊夢たちに警告したのは道具に影響されレジスタンス側に付かないようにするため。
二人が寝返れば咲夜は自分の地位も危ういと考えた。幻想郷は強者の理論で成り立っている。弱者は虐げられるだけだが人間はその中に入っていない。人間の所在次第ではどうなるか。


こんなところである。
では考察していく。適当に。
妖器を持っているとバッドエンドでは下剋上側に付こうと考えるが、グッドエンドでも霊夢を除いて妖器に魅了されている。特に魔理沙は完全に下剋上側に付いてしまっている。
結局のところ、小槌の魔力は収まるのは時間の問題でしかないのか?いや、ボスを追い詰めたからこそ小槌の魔力が限界を迎えて回収期に入ったという事?
魔理沙Aエンドはよくわからんなあ。これだけ勝つには勝ったが逃げられたエンド?


バッドエンドの妖器なしを見ると、霊夢と魔理沙は自分がいつも使ってる武器が付喪神化したわけだが、咲夜の妖剣は拾いもので元々針妙丸のなんだよね。まあ本編での会話でも言ってたが。
投げナイフだから長年使いこんだ付喪神になりうるようなアレじゃないんだよね。懐中時計は?

咲夜Bバッド、万が一ってどんな万が一?レミリアに伝えたらなんかレミリアが酷いこと叶えそうって意味?うーむ。

霊夢Aグッド。茨歌仙で、なんか打ち上げ時にお祓い棒はまだ動いてたわけだが、まあ大人しくなったには入るのだろうか。散々打ち上げしてたんだしエンディングで事態の説明みたいな事やってる時より後なんだろうが。付喪神、妖怪レベルの力ではなくなったという事か。
天邪鬼である鬼人正邪は異変の後も捕まっていない。魔理沙Aエンドでは立派に唆してるし、次回作でもまた何かやらかしそうな雰囲気である。5ボスだし。しかし元が弱い(小槌の力でパワーアップして5ボス)という噂だからなあ。まあまたなんか強くなる力見つけ出して弱い妖怪集めて革命を計画するのかもだが。
霊夢Bでも針妙丸は半分被害者みたいな扱いだし。

まあ、前々から言っているが、紅魔郷妖々夢はおくとして、永夜抄や花映塚から神とか閻魔とかが出てくる話になる。風神録では神道の神が幻想郷に登場し、そこから地霊殿(太陽信仰)、星蓮船(仏教)、神霊廟(道教)と宗教ものの流れ、で、心綺楼で宗教大戦しながら、異変の元凶は付喪神。輝針城では本格的に付喪神や妖怪たちの話となっている。
同時連載している鈴奈庵も妖怪の話が多いし、やはり次回作の原作STGではまた妖怪、それも付喪神の話となってくると考えてもいいのだろうか。

幻想郷は暗黙の合意の元に成り立っている。それが良くわかるのが咲夜Bのグッドエンド。
実際霊夢や魔理沙の動向によっては脆い。正邪はそこを突こうとした、社会を壊そうという明確な意思を持つ妖怪という事だろうか。だからこそ悪役であり天邪鬼と言う負け役妖怪なのだろうが。
そういう幻想郷の社会に対するアンサー、強者の論理の幻想郷に対する答えを次回作以降で描くのかもしれない。
弱くておとなしい妖怪が輝針城で登場したのはそういうことがあるのかもしれない。



こんなところにするか。眠いし。
次回作の考察と銘打ちながら、まあ適当に思いついた事を書いただけだったが、東方に登場する妖怪も結構増えてきたので、次回作が妖怪ものとするならば消去法で予想できるかもしれない。キャラにできそうな妖怪も限られるし。
妖怪はそもそもキャラクターであるとかいう。
それをどう解釈するかは人それぞれ、創作者それぞれということだろう。
スポンサーサイト



テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/12/24(火) 03:20:29|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<インターネット探訪「カラシニコフ AK-47」 | ホーム | インターネット探訪「国宝・重要文化財総数の都道府県ランキング」>>

コメント

No title

歴史や世界史の教科書を開けばそこには数多の政変革命戦争そして滅亡の記録がのっている

人の世のある限り世界は何度でもひっくり返るが
幻想郷に妖怪天邪鬼の力は通じるのかな?
  1. 2013/12/24(火) 15:44:57 |
  2. URL |
  3. #nF.WON2.
  4. [ 編集 ]

No title

グッドエンディング魔理沙Aは後に正邪が壮大なしっぺ返しをくらいそうな展開の予感
このルートだけで二次作品一本作れそう

多分咲夜Bバッドはお嬢様がロクな願いを願いかねないと判断したからですかね
公式二次の三妖精ではリリーを瓶詰にしようとしてたりしてましたし
もしかしたら、永夜抄でのレミリアの「不死になってみない?」の事を考慮しての事かも・・・?
レミリアの事だから面白半分で咲夜を妖怪化・不老不死化してしまいそうですしw
  1. 2013/12/24(火) 16:00:45 |
  2. URL |
  3. 丸 #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 歴史や世界史の教科書を開けばそこには数多の政変革命戦争そして滅亡の記録がのっている
>
> 人の世のある限り世界は何度でもひっくり返るが
> 幻想郷に妖怪天邪鬼の力は通じるのかな?

幻想郷は妖怪の世ですからね。
思うに、革命は成功すれば正義と呼ばれて、失敗すればテロリズムの悪と呼ばれます、これは革命とは善悪を、正義と悪を変える、ひっくり返す行為だからなのではないでしょうか。天命が革まると書くのでそのままと言えばそうなんですが。
であるからして、革命と言う行為自体に善悪は無いんですよね。しかし、天邪鬼は元ネタ的にも負け役で、だからこそ悪なのでしょうね。善悪論になると長くなりますし逸れていくのでここまでにしますが。

だからこそ、その辺のテーマをあえて神主に描いて欲しいという気もしますが、やはり危険なので描かない気もしますね。幻想郷は楽園ということなので。
  1. 2013/12/25(水) 13:42:03 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> グッドエンディング魔理沙Aは後に正邪が壮大なしっぺ返しをくらいそうな展開の予感
> このルートだけで二次作品一本作れそう
>
> 多分咲夜Bバッドはお嬢様がロクな願いを願いかねないと判断したからですかね
> 公式二次の三妖精ではリリーを瓶詰にしようとしてたりしてましたし
> もしかしたら、永夜抄でのレミリアの「不死になってみない?」の事を考慮しての事かも・・・?
> レミリアの事だから面白半分で咲夜を妖怪化・不老不死化してしまいそうですしw

魔理沙Aグッドはちょっと面白すぎですよね。
魔理沙は面白半分で異変を解決しているところがあるので、そりゃちょっと狂えば面白半分で下剋上側にも入ります。
負けは決まってますが実際どこまでやれるぐらいの勢力なんでしょうかね。

小槌を使えるのは小人族だけなんですが、強制するなり正邪みたいに誘惑するなりできますからやはり危険なモノですよね。実際問題、魔力にも限界があり何でも叶えるとはいかないようですが。
レミリアも遊び半分で色々しがちなので、一々とんでもないことになりかねませんね。正邪の願いもまあヤバかったわけですが。
この辺は、判断能力の無い者に強力な力を持つという点で地霊殿のお空に似てますね。思えば幻想郷の異変と呼ばれる異変は決して賢くて何でも分かっている神妖が起こしているのではなく、レミリアや幽々子のような遊び半分なアレや、永琳たち(永夜の術を起こしているのは主人公達ですが)のように情報が著しく欠けていたりとなってます。
神奈子や白蓮、神子は騒動にはなるものの打倒さなければならないというほどの何かでは無かったという訳です。
この辺りは神主の思想とかと関わってくるのでしょうかね。あるいは東方と言うゲーム作品の雰囲気がそうさせるのでしょうか。
非常に興味深いですが、それがどうなのかというのは今後の作品や書籍を注視していくしか知るすべはないですね。
  1. 2013/12/25(水) 13:56:01 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

秘密歴史結社

はじめまして
tule-taと申します

輝針城の下剋上して弱者と強者をひっくり返すというテーマで、なんとなく文花帖の慧音の記事で出てきた秘密結社を思い出しました
彼らは人間が妖怪に支配される幻想郷の有り様に疑問を持って妖怪排斥という思想に染まっていましたが今はどうしているのか…
  1. 2013/12/26(木) 23:16:40 |
  2. URL |
  3. tule-ta #cp6UY4KI
  4. [ 編集 ]

Re: 秘密歴史結社

> はじめまして
> tule-taと申します
>
> 輝針城の下剋上して弱者と強者をひっくり返すというテーマで、なんとなく文花帖の慧音の記事で出てきた秘密結社を思い出しました
> 彼らは人間が妖怪に支配される幻想郷の有り様に疑問を持って妖怪排斥という思想に染まっていましたが今はどうしているのか…

コメントありがとうございます。
そういえばそんな記述がありましたね。もっとも人間側の反動勢力なので妖怪である正邪の妖怪間のヒエラルキーの逆転とはやや違ってそうですが。秘密結社と言う概念が幻想入りしたのかもしれませんね。
まあいまでもいるとしても全然話には聞きませんね。妖怪に対抗するには霊夢や魔理沙のような超常の力が必要で、そうなるとまた話が違ってくるのでしょうか。
しかし神主は文花帖を書いていた時期からこの種のテーマを温め続けていたのかもしれませんね。
  1. 2013/12/26(木) 23:57:00 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

下剋上というテーマを引き継ぐなら崇徳上皇といううってつけの人物がいますね。
「天照の祝福を呪いに変えて日本の支配者をひっくり返してやるぜヒャッハー(意訳)」な言葉を残していますし

「プラスとマイナスを入れ替える程度の能力」になるでしょうか。
  1. 2014/07/04(金) 22:11:40 |
  2. URL |
  3. #gO/0p30.
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 下剋上というテーマを引き継ぐなら崇徳上皇といううってつけの人物がいますね。
> 「天照の祝福を呪いに変えて日本の支配者をひっくり返してやるぜヒャッハー(意訳)」な言葉を残していますし
>
> 「プラスとマイナスを入れ替える程度の能力」になるでしょうか。

まあ菊タブーも聖徳太子出てるからノーカンって説もありますからねえ。
怨霊で大天狗でしたっけ?そうなると文とかも出てくるのでしょうか?
下剋上というテーマを引き継ぐならばまた正邪が出てくることになりそうですが。まあ出てきても歓迎ですが。
そうなるとやはり妖怪サポート?今年の夏というのは難しそうですが、どうなりますかね。注目です。
  1. 2014/07/05(土) 02:26:15 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1524-98151ffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)