ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

大人物を殺して終わる人生。第99回動画紹介回

それもまた一つの生き方である。

そういえば今週は土曜日週刊少年ジャンプか、感想は動画紹介の後ね。


【2ch】第7回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100(+900) Part30

テキストリンク
最近GINZAの重さとかマシになってきた?気のせいか知らんし(可能性は高い)まともにタグ検索とかもできんし根本的にどうにかなってるわけでは決してないが。
とりあえず作業用BGMにして聴いてる。結構飛ばした感があるなあ。
言うてこのランキングも、やや偏った層の投票であるという事を念頭に置いて考えなければならない。


凄すぎるアメリカの絶叫マシン

テキストリンク
一応先に書いておくと、ネタなので注意。
ジェットコースターシミュレーターみたいなゲームあったよね。究極的に酷いことになってた。
絶叫マシンは良いよね。しかしやりすぎるとダメと言うモノなのでその点で調整は難しいのか?一番怖いのは古くてボロボロなジェットコースターだという話。


ジャンプスーパーステージ『黒子のバスケ』生中継

テキストリンク
無事脅迫犯も捕まり、アニメも好調で、原作も勢いが載っている黒子のバスケ。ジャンプフェスタでのステージ。前は脅迫のせいでやめたんだっけ?
まあ声優ショーみたいなアレで、黒子と火神と青峰と赤司のアニメの声優が色々語ったり原画に声合わせてみたり、藤巻先生が手だけ映像に出たりと言うステージ。
赤司が完全にキチガイ扱いされていて笑えた。



こんなところか。慌てて動画集めたにしてはまあまあ良い動画が揃っているのではないか。土曜日だし。
ゲーム、漫画、実写と悪く無いバランス。
そういえば、一応最近は週刊少年ジャンプとヤングジャンプの発売日に感想とともに(ヤングジャンプはカギューだけだが)動画紹介してるわけだが、ヤングジャンプ木曜に今年最後のが発売されるからちょうど今年100回か。邪魔くさいから年ごとにカウントはリセットしているが、地味にちょうどいいな。まあ年50号(合併号を1号として計算して)ずつだというだけの話なんだろうが。


2014年度週刊少年ジャンプ4&5合併号感想
暗殺教室
そりゃ幾ら雇用者だからと言ってあんなキチガイの言う事聞くのもアレだわな。敵討ちも違うし。
しかし、別に暗殺者だし生徒殺害のリスク云々はそんななのか?こいつら普段どんな感じで生活してるんだ?
プロとして云々はイマイチ感じられなかったが。

ナルト
マダラ。なんやこのバトルジャンキー。っつーかこいつなにがしたいんだ。結局外道魔像も口寄せするし。
やっぱエドテンだと劣化する部分もあるのか。劣化するっつっても隕石おとせりゃ十分だけどな。しかもアレ不死身だろ?昔から思ってたけどチートすぎるだろ。

ワンピ
あんま危機感が無いなあ。幹部共が強さを発揮すればまた別なんだろうが。
謎ばかり多いから……
繁栄の陰には奴隷。ふむ。

トリコ
何かチョロいなあ。三虎も。
そろそろグルメ界らしいが、期待していいのかな?この漫画の面白さはゴチャゴチャ食材だのモンスターだのが出てくる設定だと思っている。グルメ界の詳細に期待したい。

黒子
ここで日向は実渕に負け、格付けは済んだ。流石は五将といったところだが、日向もこのままでは終わらないだろう。地で4点決められるのはかなり痛く点差は実際かなり広がっている。
まあ日向自体賢い選択はしているし最悪の負け方ではない。
そして木吉対根武谷。「剛力」らしい。こういう二つ名ってどういう機会でつけられるんだ?何にせよ、力こそパワーな脳筋。筋肉さえあればなんでもできる。特に技とかは無い。
ちょっとブランクのある木吉にはつらい相手か?
しかし、キセキの世代は中学で集まっていたのが高校でバラけたのが、無冠の五将は中学でバラバラだった(たぶん)のが高校で集まっている。洛山はその意味でも帝光的なのか。
五将も実力を見せ始めている。やはり単なるかませでは無かったらしい。しかしまあ、どの道この差はつめられるはずだが。ゾーン火神によってか黒子再来によってか。その辺で赤司のもう一つの人格が?
何にせよ期待である。

斉木
まあサンタぐらいできるぐらいの能力だわな。
煙突から侵入ねえ。それやった泥棒が詰まってレスキュー呼ばれたって話なら聞いたことがあるような。

磯部
磯部、ジャンプ漫画でも屈指のクズだなあ。クズでちゃんと小物だから漫画として成り立っている。

ブリーチ
マスキュリン、良いキャラだった。
まだジェイムス生きてたりして。
しかしまたインフレだなあ。

べるぜ
ほほう。中々の急展開。男鹿の自宅に乗り込む藤。たぶんまず悪魔の力無しで圧倒される感じだろうか?
まあ石になったからって男鹿一人が頑張ればいい漫画なので気にしないが。まあベル坊がなんやかんやでもどってくるんだろうなあ。戻ってこずに男鹿一人で解決したら笑えるが。

焼野原塵
魔界人ギャグが笑える。しかし禁断の恋ねえ。叶えちゃうのかな?上手い落としどころでも見つける?
最近塵の強引さが薄れてる気がするのよね。ここいらでパーッとやってほしい。



今回は全体的に悪く無い。良いかと言うとまあそれほどでもない気もするので総合評価は中の中でいいか。
やはり少年向けなので、そういう風に描く必要はあるんだろうが、実際の購読年齢層どのくらいなんだろう。
そういった意味で青年誌などの方が自由に描けるのだろうが……
次の記事で掲載順考察する予定。良かったら見てね。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/12/22(日) 01:16:22|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013年最後の週刊少年ジャンプ打ち切りサバイバルレース考察 | ホーム | Wikipedia探訪「文字」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1521-fb2443b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)