ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ねじまきカギュー12巻感想

中山敦支 - Wikipedia
ねじまきカギュー - Wikipedia

一巻感想記事
二巻感想記事
三巻とか感想記事
四巻感想記事
五巻感想記事
六巻とか感想記事
七巻感想記事
八巻感想記事
九巻感想記事
十巻感想記事
十一巻感想記事

ねじまきカギュー。いつも書いているが、私の一番贔屓の漫画である。木曜日かそのぐらいに動画紹介のついでに感想書いてるのでそれも読んでいただけたら幸い。

この漫画の魅力は色々あるが、展開の早さもその一つだろう。12巻で、友人編、風紀委員編、生徒会編、選挙編(全て私の付けた仮称)を濃密に描写しながら終らせた。見開き大ゴマだらけなのにこの速度は相当なものである。
生徒会編は6巻以上使った長編で設定の中心、数ある話の中でもバトルだらけで本筋となりうる。結構長くなったのを感じたのか、第11巻第12巻で描かれる生徒会解散総選挙はバトルは少なく、しかし別の「闘い」で彩られた異色のストーリーであった。
そして、この巻の後半で描かれる理事長の過去。生徒会編で書かれた理事長の娘である衿沙の過去と合わせてしっかり描き切る意思を感じられた。
こういう誠実さが感じられるところが、贔屓にする一つの要因、魅力なのかもしれない。


今巻では選挙の大詰め、投票からどんでん返しの展開、選挙編終了から次章のための導入としての理事長の過去が描かれた。

公開討論会
候補者演説~投票、公開、杏音大暴れ~組閣
カモセンセの変化
理事長、二千恵理人の過去

で構成されるか。

表紙から。大人モードの紫乃と制服モードのマブルゥ。11話の表紙と合わせて選挙の候補者たちと言う具合だ。
表折り返しは脱皮した作者。ややポジティブ。
裏折り返しはヤングジャンプシードの表紙に使ったアレか。カッコいいしかわいいし凄い。
裏表紙は赤ヶ島突入組。森センセ、カギュー、カモセンセ、衿沙、走、小鹿の6人。カモセンセの豹変後は髪のばらつき具合の違いか。


内容。
公開討論会
マリリン側の策略だったがカギューのマイペースさに押されて失敗。
まあマリリンがかませっぽいというのは選挙編で出た段階から予想されていたが、やや自爆気味の印象。しかしその中で掘り下げられている辺りは良かった。なんやかんやで小物臭が強い田中和子も我他彼姉妹のプロデュースもしてるしそういった方面の力は本物なんだな。
しかし我他彼姉妹、生徒会編ではミスリード役だった訳だが一々哀れである。
紫乃はカッコいい。

候補者演説~投票、公開、杏音大暴れ~組閣
しかし電子一々大仰だよなあ。余談とか言ってナチス持ち出したり。
杏音、アンネ・フランクで個性の無い一般人目線という事かと思いきや、初音ミクみたいなボーカロイド(機甲歌姫パンツァーシンガー)なネーミングでもあったという。でもまあマリリンががんばったおかげで決選投票に。杏音はまさに操り人形で人間味が無くていいよね。リセットボタンの例えもどっから出てきたかわからんが秀逸。
リアも地味に豹変してる。裏切りやらかしてるもんね。技術者の業だなあ。理事長が一票を軽んじる若者だとか言ってる辺りは笑えた。
最後のバトルは流石の展開。村雨は即死技なのでまともに決まるのは珍しい。きっちりバラバラになってて杏音もロボ娘の役割を果たした。
組閣後の新生徒会はキャラデザが無駄に偉そうに変わってて笑えた。こいつらなんでそんな髪型とか弄ってるんだよ。服もそうだが。

カモセンセの変化
言うて根本からの変化はない?変わろうとしてるだけで。ふむ。
この漫画モブ以外の男性キャラ極端に少ないし、その中でも一応戦闘するようになってきたのは面白い傾向。理事長は作中最強クラスっぽいが……

理事長、二千恵理人の過去
ひたすらにエグい理事長の過去。生まれながらの悲劇。
感情が無く、能力はある。愛を知るために愛を壊す。まさに悪魔。母親を殺し、妻を意識不明にして、実の娘も幼児退行させた。父親も世捨て人にしたしほんとうに最悪な存在である。
で、理事長の妻がカモセンセの恩師、風蘭先生だという。これが赤ヶ島編の導入。衿沙もついてきてストーリーがガンガン進んでいることがわかる。わからないのは森センセだが……

巻末描き下ろし漫画
そして、カモセンセの幼少期と理事長のニアミス。本当にいい夫っぽい風にしてるなあ。
君みたいな素晴らしい教師。ふむ……
風蘭の何処に目を付けたのか。その辺りがわかってきそうな……



第十二巻はいよいよ理事長という謎に挑んでいる。
どうやって倒すべきなのか、そこからして不明であり、それを解くのが赤ヶ島編か。
風蘭はどうなったのか。新生徒会はどういう役割を果たすのか。衿沙は?
これからの展開に更に期待がかかる。大注目である。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/11/20(水) 16:58:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<「このライトノベルがすごい!2014」を見ながら昨今のラノベについて学んでいく | ホーム | 愚者に必要なものは幸運である。第89回動画紹介回>>

コメント

No title

理事長悪魔すぎですわ・・・
次巻鬱展開が予想できて怖い;w
  1. 2013/12/05(木) 21:02:19 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 理事長悪魔すぎですわ・・・
> 次巻鬱展開が予想できて怖い;w

「生まれながらの悪魔」と言うテーマに挑戦しているのは凄いですよね。
絶対悪対愛。そういう構図で見るとまた面白いです。

中山先生鬱展開好きですからねえ。鬱展開があるからこそのカタルシスの大きさなんですが。
  1. 2013/12/06(金) 00:50:19 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1495-fec97a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)