ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

喪うたびに大きくなるもの。第88回動画紹介回

USBメモリの容量。

毎週木曜発売ヤングジャンプ連載漫画ねじまきカギュー感想。つーかもう土曜日かよ。
あらすじ。

森センセと戦う暗殺者、ウルカイシ。敵の美貌への妬み、怨みをパワーにして髪の毛を使って戦う。
そこに乱入するスィーモ。森センセを挟み撃ちにする。しかしそこで森センセは本性を見せる。
島の動物達が逃げ出し、邸のガガリには鳥肌。気絶してた走と小鹿が起きる。何も無かったように振る舞う森。


この強さ描写は熱い。今回でねじまきカギューの強さ議論は捗ることになる。
しかし森センセこえー。どんだけ強いんだよこいつ。まともな戦闘描写はまだ描かれてはいないが……
強いだけじゃなく二面性もカギューのキャラらしい。基本、大人の方がしっかり強い漫画。

ウルカイシ。怨みのウルカイシらしい。弩迫力の顔面インパクトでヤングジャンプを流し読みしてた人の手を止める。まあ止めた後読むかどうかはしらんけど。
怨み、辛み、妬み、嫉みをパワーにして強靭に。ちなみに加勢のスィーモが何故か美人状態で現れてたが、それもパワーに加算。
髪の毛に殺した相手の髪の毛結ってるのかな?髪を振り回して戦う、まあ漫画を読んでいけば結構いるタイプの戦闘スタイル。黒騎士ブラフォードとか山岸由花子とか…… 例えどっちもジョジョか。まあ微妙にジョジョに影響受けてるしね中村先生。
一話で終わった森センセのかませとしてはだいぶ強そうだしいいキャラだった。
最後吊られてるが生きてるのか?

森センセ。一応最初に島民(全員暗殺者)が仕掛けてきたときに島民の子供達を倒していたが、まともな戦闘はこれが初めて。まあ攻撃描写は省略されたけど。
乱入してきたスィーモとそれを見て更にパワーアップしたウルカイシの挟撃をも瞬殺してしまう強さ。いきなり雰囲気も変わったし、この章の次は森センセ大暴れ章かな?次章のラスボス説。
ガガリも遠くから鳥肌立ててたし、少なくともガガリと同レベルはあるか?まあガガリは動物的なところがあるからまた違うのかもだが。

スィーモ。てーかあの後から逆転勝利してたのかよ。地味に気絶した小鹿達引きずってるのが描写されてるし。なんだかんだ言ってつえーなこいつ。
火殺籠くらったせいか地上なのに細身状態。熱されて体内の何かが蒸発したとかなんとか?水圧で細くなるってことは空気デブなんだろ?どうなってるんだこいつ。
水鉄砲連射。グミ撃ちは敗北フラグ。
理不尽な台詞がたまらない。

走、小鹿は結局負けて気絶。とどめを刺す前にスィーモは森センセを見つけた?

せっかくだからちょっと適当に強さ議論的ランキングでも妄想してみよう。基本最強状態での順位ね。左右は順不同。
A
理事長、森センセ、師母
B
アリス、マブルゥ、ガガリ、カギュー、衿沙、マルマン
C
貞鳥&亜鳥(コンビで評価)、スィーモ、ウルカイシ、モアヴ、オルフェ(暴走)、紫乃、安吉良&ピリカ(コンビ)
D
小鹿&走(コンビ評価)、丸恵&エグ美(コンビ)、富江&朱羽(コンビ)、電子、安吉良(単体)、ピリカ(単体)、杏音、ムームー、我他彼三姉妹(一人ずつ)
E
小鹿(単体)、走(単体)、丸恵(単体)、富江(単体)、朱羽(単体)、マチルダ
F
エグ美

こんなもんか。暴走してないオルフェはDで。
意外とパワーバランスが取れている。2個ランクが違うと瞬殺、一個違いならそれなりの戦闘にはなるといったところだろうか。3個違えばそもそも当たらない。
マルマンとかは想像だが叩き台としてはいいかな?バトル漫画ではやっぱりこういうの作りたいよね。他に作ってるとこあるのかな?2chとかで。

森センセや小鹿達も邸に向かう。はたしてこの赤ヶ島編はどういう決着を迎えるのか。
大々注目である。ガガリとカギューの再戦はありそうだが。マルマンは森センセとでも戦ったりするのかな?風蘭はどうなるのかな?期待。


【2ch】第7回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100(+900) Part19

テキストリンク
こういうのは何の権威にもならないけど、やはりゲーム音楽と言うのにも何かしらの評価システムがあってもいいよね。
まあ音楽に良い悪いも無いといえばそうだけど、それをいったらなんでもそうだし。
GOTYとかKOTYとかゲーム自体の評価の色々もマイナーだよね。

【ポケットモンスタージ・オリジン】FULLメドレー

テキストリンク
初代ポケモンやっていた層にまた関心を持ってもらうというやり方は最近の任天堂っぽいなと思った。
しかし、ジム戦でジムリーダーがバッヂの数で手加減してたとか、そういうゲームで語られていない説明は凄く良かった。なるほど合理的だ。ゲームはどうしてもゲームだから世界観とかに無茶が出てくる部分があるんだよね。任天堂はゲーム性に忠実だから特に。



まあ今回は2動画でいいや。どっちも音楽でゲームと言うバランスの悪さは嫌なところだがまあバランスとかはいいや。
最近東方記事書いてないのでそろそろ書こうかと思ってる。予定は予定でしかないが。
スポンサーサイト



テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/11/16(土) 01:02:57|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東方Project、原作それぞれについて個人的な評価評論をしていく | ホーム | ジャンプ打ち切りサバイバルレース、来週号(2013年度51号)の掲載順を見て今後を占う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1491-f814f125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)