ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

脅威の世界数。第78回動画紹介回

我々は幾つの世界の脅威を目にできるのだろうか。

ヤングジャンプ連載ねじまきカギュー感想。クッソ遅くなったけど。
あらすじから。

二人で勝利を志す小鹿と走。そこにスィーモが凶悪な水鉄砲を吐く。後ろの木が貫通した。
二人は戦略を練る。走は石を湖に落とす。小鹿が入水と見せかけて囮、と見せかけてスィーモを抱え走が釣る。
そのまま二人は連携技の構え、そこにスィーモは水鉄砲、それを耐えながら二人の新必殺、「火殺籠」!


中々充実した頭脳戦であった。まあ木を貫通するほどの水流を受けてなんで平気なのかと言うのは無くは無いが、単純に気合いとかカラテでもいいし空中だったのでうまく吐けなかったとか無理に引き上げられたので十分な量じゃなかったとか撫でるように吐いた水だったので一点集中の威力は無かったとか最初のダメージがやっと効いてきたとかその辺の複合ってことで。

小鹿&走。あえて、本当に友情が薄い富江朱羽ペアを描いていることでこの二人のツンデレ気味な友情が上手く感じられるか。
新必殺技はカギューにやろうとして不発にさせられた技の改良?火の鳥の籠ってなんかちょっとややこしく意味が薄い気もしなくもない。持ったら熱そうな籠。もしくは蒸し焼き?
というかどういう改良なんだ?そもそもの技からして単純に連撃としか思えないが。

スィーモ。まあ2週でやられちゃったのは弱敵の誹りを免れないが、まあ言うて二対一だし、二人も修業してきてるし、頭脳戦で負けた感じだからまあ実際実力はあるんだろう。一応、紫乃と同程度まではありうる?無茶な論法を使えば……
まあ水場限定っぽいのが悲しいが。

まず一人。スピーディな進行は流石。実際、良く考えてみると2週で一人は(そりゃジョジョみたいなのと比べると違うが。ブリーチとかも。)激烈に早いという訳ではないが、大ゴマ連発で突っ走っているので濃度が濃く感じられるということだろう。それが中山先生の魅力の一つである。
次はカモセンセと衿沙対ガスマスク?それとも森センセの方?カギュー達の方で動きあるかな?
どれにしても戦闘の予測がつかない。最近やっとバトル展開に回帰してきて興奮する。やはりバトル漫画なのだ。
超濃厚なバトルに期待。しかしカモセンセ組、衿沙がなんかやらんと勝ち目ない訳だけど、どうすんの?単純に負ける可能性もあるが……


【夢のなかで】 MOTHER 2 TAS in 4:04.348 【クリアした、ような……】

テキストリンク
グリッチTASは無茶苦茶で好きである。
解説読めばわかるがほとんどチートというかなんというかだが。リセットで誰もいなくなる。
操作キャラ0人と言う状況は中々珍しい。強いていればプレイヤーしかいないと言うべきか。
ゲームにおけるバグやチートをゲーム内の文法で解釈するのは面白い。マリオの甲羅踏みまくりの無限1UPで残機が増えるのは何故なのか。そもそもマリオの残機ってなんなのか。ガッツ?


【GTA IV】車の摩擦係数をマイナスにしたらゲームがカオスになった

テキストリンク
最近日本版発売されたⅤじゃなくてⅣね。これは笑える。
摩擦係数がマイナスって物理的にどういう状況を指すんだ?え?摩擦係数って表面が擦れてるんだよね?擦れてマイナス?なんか、熱力学第二法則かなんかに派手に喧嘩売っているというか、え?擦れたら加速するって根本的にイメージできない。動く歩道みたいなものだろうか?
科学哲学的に興味深い思考実験?逆方向の宇宙の熱的死が訪れそう。え?いや?エネルギーが無限に発生するのならやっぱり宇宙は死ぬのかな?ビッグバン状態?
永久機関っつーのが無い理由が魂でわかる。んなもん出来るような宇宙では人間は生まれえない。一種の人間原理。


2010 ツール・デ・フランドル カペルミュール

テキストリンク
弱虫ペダルのアニメ観て結構面白そうだからニコニコ大百科見て、そういえば御堂筋ってキャラがヤバかったはずだなと読んでたら、微妙にモデルになってる実在人物いるらしいので調べたら本当にやばかった。
なんじゃこいつ。最高出力1450W(ワット)って電子レンジかなんかかよ。他のトッププロとも次元が違う。
たまにこういう奴いるよね。こういう脅威を知るのが好き。



こんなところか。ゲームゲームバイク。
そういえばポケモンXY発売されたらしいね。色々情報が入ってくる。
買うならY買うかなあ。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/10/12(土) 21:43:44|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中国版第二回東方人気投票の結果が開示されたので考察していく キャラ編 | ホーム | 「キノの旅ⅩⅦ」感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1460-86754854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)