ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

実存と論理。第75回動画紹介回

実際にあるモノよりも仮初の論理を重視する時代。

ジャンプ感想は動画紹介の後ね。


FC ロマンシア TAS 28:32.66

テキストリンク
TASで普通に見えるようなゲームはどこかおかしいとか。
このゲームも時代の徒花だよね。難しい方が良いという時代。ほとんどノーヒントの謎解き。詰みが当たり前のトラップ……
まあ、そういう難易度だからこそクリアの喜びも相当なのだろうが、クリアできない、詰むとどうしようもない。
難易度によってプレイ時間を伸ばして商品価値を高めるという考え。今とは逆の志向か。


ウルティマ3_恐怖のエクソダスRTA_1時間19分40秒_Part1/3

テキストリンク
RTAだが淫夢ネタ注意。私はあまり気にならないが。
ウルティマは、昨今のRPGの基準から考えると自由度がやけに高いよね。D&Dの直系だけはある。
しかし、ウルティマでまともにラスボスと戦う作品どれだけあるんだ?1のモンデインでさえ搦め手攻略だし、ミナクスはやけに逃げ回るし、エクソダスは闘わないし、4はラスボスとかそういう話じゃないし、5も6も7も……8はどんなんかあんま知らんけど9もラスボスめいた存在に真っ向から立ち向かわないよね。
まあ伝統か。基本、戦闘システムとかバランスとか軽視してるイメージもあるし。ストーリー重視。
Wizは逆に戦闘システムにフューチャーしてる?ストーリーは基本アレだが。後半のシリーズは別?
この辺にRPGの本質的議論があると思う。


AVGNが『TIGER社』のゲームを遊ぶ(EP113)

テキストリンク
携帯用のちゃちなゲームとか。AVGN絶好調。
何をもってゲームとするのか。ゲームとは何なのか、何であるべきなのか。
その辺が、「ゲーム性」の「ゲーム性」たる由縁かも。



こんなところか。ゲーム!ゲーム!ゲーム!三連打。たまにはいいよね。
このブログでゲームは総合芸術とか書くことあるけど、その意味合いとしてはグラフィック、音楽、キャラクター、ストーリー、システム、体験…… その全てが複雑に絡み合ったモノであるという意味で書いている。
芸術という言葉に深く考える必要はない。ただ評価されるものであるというだけだ。



2013年度週刊少年ジャンプ44号感想。
黒子
アニメのオープニングが先行上映されてるね。結構良さげではあった。
そして、三位決定戦が順当に終わったところで決勝戦選手入場。
アレ?黒子注目されてる?ミスディレクション使えるのか?ヤバくね?伏線?いきなりオーバーフローする?
火神もすっかりキセキ級に。で、キャプテンやっぱり凄いのか。漫画上の点数調整でやけに3P入れまくらされてたら、決勝戦では3Pシューターでは代表的な選手に。
五将の内四人が出る試合。いいけど。三人も洛山にいるけど一々見せ場作るの?誠凜負けもあるなあ。
黛。3年で確定。やっぱ黒子と同じようにミスディレクション使い?ついでにちゃんと普通にバスケもできるみたいな?一番注目。
で赤司(二重人格者)。
洛山が勝ってもおかしくないな。単行本100万部刷ったらしいし引き伸ばしもありうる。

ワンピ
カリブーが活躍してるのが良かった。しかしババーは気付いたっぽいなあ。次でオチ来るか。しかしあいつカイドウの手下でいつだったか七武海の影の人が負けてたらしいよね。たしか。なんやかんや言ってもカリブーは強いのか。カリブーもなんかあの人だか何だか言ってたからバックがありそうだが。革命行為という事で革命軍との関わりもあるかな?しかしカリブーの表紙連載結構長いよね。今後本編に登場するかな?期待。
本編はまあ、いつかの段階で世界政府とも全面的にやりあうんだろうかって感じ。

暗殺
アレ?生徒たちこんなヤバイ存在になってたの?この辺適当だなあ。まあ来週カタルシスがありそうでいいけど。

焼野原塵
主人公に対するディスりが笑える。
あとはまあインパクトがある。ギャグ漫画枠に居残れるかな?

銀魂
死神が自殺ね。その辺は笑えた。でもシリアスやるんだろうなあ。

トリコ
過去編このタイミングでやるのか。何話ぐらいにまとめるんだ?全部描いたらお話が終わるが……

ナルト
ナルト信仰はいいとして、過去話は楽しい。二代目がいつも通りで。

ニセコイ
なんかまたややこしくなったな……

ソーマ
ほう。ここで父親。
親を超えるというのは物語の展開でも鉄板だし、実際面白そうではある。
ソーマはこういうわかりやすい面白さがあるよね。

ブリーチ
マユリとその相手は台詞の掛け合いでgdgd戦わず、他の隊長共はシーソーゲーム。いつものブリーチである。
まあ、展開としてはアホ臭いというかあんま意味ないんだけど、それでも嫌いにはなれない。さっさと進めろとは思うが。

斉木
まあ実際何もしなくてもジリ貧だから何とかしようとして崩壊させるというのはよくあること。悲劇。

ジャコ
ドラゴンボール世界観と繋げた。まあやや後付け臭が残るのが気になるところだが、それでも好印象。
あのタイムストッパーはブルマのタイムマシンの原型になったりしてるのかな?つーか銀河パトロールってフリーザとかと戦わなかったのか?しかしブルマ五歳で天才だなあ。正直ドラゴンボールのブルマの方がアホそうに見える。
これはDr.スランプの世界観ともつながる訳だよね。のり巻博士本物の天才だったんだなあ。

べるぜ
アレ、ドベ1?ヤバくね?流石にシリアス展開が祟った?
今回は割と面白い気もするが、持ち直せるか。注目。



黒子は入場で大したアレはない。ワンピはカリブーが面白い。ジャコ最終話は中々感慨深かった。
うーん。まあ、中の中という評価にしておこう。ブリーチもいつも通りのアレだが、最近やってなかったしたまにはいい。
べるぜドベ1というのは驚きだが、さて。ジャコ完結でたぶん今回の改編期は終わりだろうが、次はどうなるか。
ジャンプは全ての作品が注目に値するのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/10/01(火) 08:28:22|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コンピューターRPGの歴史、個人的メモ | ホーム | マリオシリーズの世界観について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1449-f69ae07d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)