ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

九月に買った本の感想と十月に買う本の紹介

8月~9月のはこちら

いつもどおり漫画ラノベの新刊感想紹介記事。読んだのは感想書きたくなったのだけ書く。買う予定なのは買うかどうかわからないのも書いたり。買うかどうかわからない、とか気になってるだけなのは()付きで。
結局なんだかんだ言って買えなかった本とかあったりするけど気にしないでね。
その他でも感想書きたくなったら書くけど基本書かない。

一応新刊本は、漫画はまんが王倶楽部から、ライトノベルはラノベの杜から確認している。たまにアマゾンとか。
漫画ラノベ以外は基本的に新刊確認してないのでここには書かない。でもラノベの杜に載ってるラノベじゃない小説は書いたり?ラノベの定義は気にしない。

私は本の買い方では作者買いが多い。ジャケ買いも試し読み買いも評判買いも広告買いも分野買い資料買いジャンル買い元ネタ買いもするけど。

この感想回とは別に感想記事書いてたりもする。覚えてればリンクも張るかも。

アマゾンリンクとかは無いから気になったらググッてね。
ああ、そうそう、ネタバレは余裕であるから。
ここまでテンプレ。地味に変わってるけど。ちょくちょく弄る。

ではスタート。
9/2
角川書店 マグダラで眠れ(1) 有坂あこ \588

マグダラ漫画版。フェネシスはかわいいが、全体的には無難な漫画化か。元がいいので面白いが。
冶金の光景などは漫画化した価値がある。専門的すぎて状況がイメージしにくいもんね


9/4
集英社 めだかボックス コンプリートガイドブック めだかブックス \1,580
集英社 斉木楠雄のΨ難(6) 麻生周一 \420

めだか。設定資料集だけ買ったった。能力図鑑がほとんど安心院のアホみたいに連発した能力で笑えた。球磨川は制作側にとっても特別なキャラだったようで。裏側が見えて中々楽しかった。
斉木。安定した面白さ。中編もできるぐらいだが、ギャグ漫画の常としてややネタが飽和してきているか。まだまだやれることは多いが、ギャグ漫画はシリアスなのよりもより長く続きにくいのは確か。頑張ってもらいたい。


9/6
秋田書店 名探偵マーニー(5) 木々津克久 \440


9/9
講談社 進撃の巨人 OUTSIDE 攻 \840
講談社 南Q阿伝(3) 光永康則 \630

進撃の設定資料集第二弾。設定資料集の間隔短すぎじゃない?まあ俺は好きだし、進撃の巨人は設定重要な漫画だし、今が稼ぎどころだしな。きっちり連載ギリギリまでの情報入れてるのが好印象だった。
ナクア伝。わかりやすく色々な解決をするのが面白い。怪物王女はどんどんややこしくなっていったしな。主要キャラ二人がクール系で結構淡々と進むのも好き。


9/10
電撃文庫 マグダラで眠れ IV 支倉凍砂 鍋島テツヒロ 599 978-4-04-891944-9
電撃文庫 僕と彼女のゲーム戦争6 師走トオル 八宝備仁 620 978-4-04-891907-4

マグダラ4巻。個別に感想書いた。やはり今巻でキャラが完全に定まり、深まったという印象。クースラがクズなのも好印象。そして狼と香辛料からの閃きと行動も健在。しかし、次巻でるかなあ。なんか騒がれてるが。結局何も確定してない気もする。その辺のスタンスは前に書いたので参照
ゲーム戦争もマグダラの個別感想でついでにちょっと書いたが相変わらずゲームに真摯で好印象である。FPSとかTPSが多い気もするが、競技ゲームという話なので仕方ないのか。一人用のRPGとかSTGの話も読みたいところだが。相当昔なら早解きとかそういうのもあったが…… クリア認定証だとか……


9/13
講談社 ちはやふる(22) 末次由紀 \450

あ、そういえば21巻買ってなかったや。しかし一回の試合で一巻使う辺りがねえ。展開遅めだよねこの漫画。
心情描写は流石少女漫画で凄いよね。危うい感じが続くのも。流石。結局クイーンとか名人になるのこいつら?


9/14
エンターブレイン ふうらい姉妹(3) 長崎ライチ \609
エンターブレイン 阿保にも歴史がありますの 長崎ライチ \651
PHP研究所 ウメハラ!(仮) 西出ケンゴロー \1,000

ふうらい姉妹。流石のナンセンスギャグ。完全にナンセンスではなく現実との擦り合わせが面白い。
で、同じ作者の作品集。相変わらずのセンスで違った毛色の作品が楽しめるのが楽しい。結構キツい系のも。この作者にはこれからも注目していこう。
ウメハラ。中学時代のあんまりうまくなかった成長時期が中心。まあ伝説も幾つか描かれているが。
たしかにウメハラはこういう執念のような努力の鬼のところがある。あの時代のアーケードシーンの重要な資料ともいえる?ウメハラは、確かに違う。


9/20
ハヤカワ文庫JA ファンタジスタドール イヴ 野﨑まど 630 978-4-15-031130-8
講談社 へうげもの(17) 山田芳裕 \580

ファンタジスタドールのノベライズ、ではあるが、アニメと全然雰囲気とか何もかも違うじゃねーか(アニメはあんま見てないけど)!流石野﨑まど。表紙もキャラないし。男ばっか出るし女はエロい目線でしか見られてないし。前日談という話だがこういう切り口も面白い。まど先生がノベライズという事で興味深かったが、まど先生がやったかいがあったというもの。
へうげ。これ織部死ぬの分かってるが、それでも色々動いていて緊張感がある。芸術薀蓄でもあるんだよね。それも破調の美とか芸術の本質にせまっている。


9/21
メディアファクトリー まりあ†ほりっく(12) 遠藤海成 \500

ギャグ漫画では最高に好き。主人公がクズで他の人は割と常識人(鼎神父とかのぞく)なのが笑える。
かなこがデートというのも笑える展開。伏線が貼られていた姉も登場で加速。次も期待。しかし展開遅い気もする。ギャグ漫画だけれども。


9/25
タイタニア4 〈烈風篇〉 田中芳樹 882 978-4-06-182890-2

何か近所の本屋で売ってなかった。売ってたら次にでも書く。


ここまで感想。
ここから紹介。


10/04
JUMP j-BOOKS めだかボックス ジュブナイル 小説版 西尾維新 暁月あきら 680 978-4-08-703300-7
(集英社 黒子のバスケ TVアニメーションブック くろナビ! ¥780 )
集英社 黒子のバスケ(24) 藤巻忠俊 ¥420
集英社 暗殺教室(6) 松井優征 ¥420

ん、めだかまた小説出すのか。まあ西尾維新原作だし本人が書くのは当たり前か。球磨川とめだかの中学時代か。面白そうだ。
で、ん黒子のTVアニメの本ねえ。設定資料集は好きだが……
黒子。帝光中の後編?これで終わりでもなさそうだが。帝光編はスゲー面白くて設定の核心ついてて好き。設定厨ですまん。まあ試合とかは帝光中強すぎで終わるんだが。実際強すぎだし。
暗殺。麻生先生は流石だよね。教師物で暗殺。暗殺に対して生徒達が全く躊躇しない辺り筋が通っている。


10/08
秋田書店 侵略!イカ娘(15) 安部真弘 ¥440

イカ娘。大安定だが、キャラが増えすぎてきた気もする。まあどうせみんな一巻から読むから大丈夫なのかもだが。
ギャグ漫画としてはもはや大御所だが、新作を書いてもいい頃合いかなとは思う。


10/10
電撃文庫 ゴールデンタイム7 竹宮ゆゆこ 駒都えーじ 599 978-4-04-866059-4
電撃文庫 キノの旅 XVII ―the Beautiful World― 時雨沢恵一 黒星紅白 662 978-4-04-866021-1

ゴンタ。ナンバリングが進む。これどこに着地するんだ?気になる。心情描写で言うとラノベ界で随一。記憶喪失というギミックをどう乗り越えるか。注目。
キノ。キノ!なんだかんだ言ってラノベでは一番好きかなあ。地方の新聞で連載されていた分も掲載!どおりで高い訳だ。電撃は標準価格とかあるから400ページ超える計算。これは嬉しい。超期待。そういえばなんかセガが電撃文庫のキャラで2D格闘(!)作るとか聞いたがキノ出るかな?キノも電撃の中でなんかよくわからん立場になってる気もするが。


10/11
(星海社文庫 魔法少女まどか☆マギカ (上) 一肇 原作:Magica Quartet 監修:虚淵玄 725 978-4-06-138956-4 )
(星海社文庫 魔法少女まどか☆マギカ (下) 一肇 原作:Magica Quartet 監修:虚淵玄 756 978-4-06-138957-1 )

ん、ノベライズするのか。星海社文庫。まどマギはまあ嫌いじゃないが、さて。原作なぞるのかな?
しかし星海社文庫か。少し珍しい名前。


10/16
(星海社FICTIONS 東京より憎しみを込めて1 至道流星 あき 1313 978-4-06-138879-6 )
静山社 悪ガキ7 モンスター・デスマッチ! 宗田 理 (著), 中山 敦支 (イラスト) 価格: ¥ 1,155

至道流星先生って大日本サムライガールの人か。アレは一巻しか持ってないけどなんか色々すげーパワーを感じた。これも注目か。ゴツいタイトルしてるし。
悪ガキ7。2巻らしい。1巻注文したけどまだ届いてない。児童書レーベルというのが本屋で買いにくいが、私がねじまきカギューで一押ししてる中山先生が挿絵ということで。著作者も並ではないようだし。漫画家がイラストレーターみたいなことするのもちょっと増えてきたよね。日常の作者とか。


10/18
集英社 ジョジョリオン(5) 荒木飛呂彦 ¥420

5巻。奇妙な冒険という意味では8部ジョジョリオンは最も奇妙だと感じる。
進化してきたスタンドバトルもそれにきっちり合ってる気がする。
ジョジョは漫画界で別格扱いされることも多い。それはその内容に理由があるのだ。


10/30
小学館 らーめん才遊記(10) 河合単 ¥580

グルメ漫画。結構ラーメン屋などの経営面からの視点を取り入れていることが特徴。
えーっと、10巻は濃口ラーメン解あたりか。芹沢が活躍すると面白い。


10/31
エンターブレイン ニンジャスレイヤー 荒野の三忍 ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ 訳:本兌有、杉ライカ 1260 978-4-04-729253-6

ニンジャスレイヤー。わざわざ説明する必要あるか知らんけど、WEB小説の類で、その物理書籍化。隔月刊で、7巻で二部の3巻だがどっから読んでも同じようなもんらしい(公式)。結構加筆などが多く、イラストも重厚で買う価値があると思っている。
荒野の三忍は人気のあるサブキャラがバンバン登場して劇場版っぽくて凄い面白かった。今回も期待したい。



こんなところか。来月は、黒子、ゴンタ、キノ、悪ガキ7、ジョジョリオン、忍殺…… 小説多いな。
まあ数はやや少ないが最高に好きな作品ばかりなので豊作だろう。
漫画もラノベもゲームもアニメも文化史がある。それを踏まえることでより濃厚な体験ができる。
結局創作作品は読者の感性や経験により面白さは変わる。であるからして売れるのと面白いのは全く関係が無い。
ただ、売れている作品ほど融通が利きやすいというだけだ。とも思う。

今月も記事数キツいなあ。まあ自己満足であるが。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/09/28(土) 06:09:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<アトランタのイベントでの神主への質疑応答など | ホーム | 季節ごとのハーレム。第74回動画紹介回>>

コメント

ヤクザなお話

至道流星さんの新作『東京より憎しみをこめて』を読みました。
マスゴミはマスゴミだね〜

http://birthday-energy.co.jp/ってサイトは至道流星さんの生年月日は瀬戸朝香と同一。
つまり、気性的には本人も闘争的なあの一面がゴッソリあり、なんて書いてましたよ。どうなんだろ?コラムをぜひ読んでね♪
「ハレる運命2014」も配信中!!
  1. 2014/01/12(日) 00:54:12 |
  2. URL |
  3. あずき #hkjhWKO2
  4. [ 編集 ]

Re: ヤクザなお話

> 至道流星さんの新作『東京より憎しみをこめて』を読みました。
> マスゴミはマスゴミだね〜

読みましたか。私はまだ読んでない(近所の本屋が入荷しなかった?)ので詳しいことはわかりませんが、マスコミは第4の権力ですからね。その権力に無自覚でも自覚的でも悲劇が生まれます。
政府、第三の権力(立法、司法、行政)までは国民を豊かにすることが自分に返ってくるシステムになっている訳ですが、マスコミには往々にしてそういうシステムが無い。そこいらに問題があるのかもしれませんが、縛るとそれはそれで表現の自由という問題になります。
ままなりませんね。バランスが大事なんでしょうが、バランスを保つことほど難しいことは無いです。
本質的に無ければ困る、というかなければさらに悪いものが替わって同じ役目をするものなので扱いが難しいです。

読んでないんで頓珍漢な事いってたらごめんなさい。


> http://birthday-energy.co.jp/ってサイトは至道流星さんの生年月日は瀬戸朝香と同一。
> つまり、気性的には本人も闘争的なあの一面がゴッソリあり、なんて書いてましたよ。どうなんだろ?コラムをぜひ読んでね♪
> 「ハレる運命2014」も配信中!!

管理人さんですか?まあ生年月日とか関係ないと私は思いますが。あんまり宣伝とかはやめてくださいね。
あえていうならば年齢ごとの気候の変化が似ている、生きた時代の変遷が似ているという話はあるかもしれませんが、気候は地域によって大きく変わりますし、他の環境も挙げればきりがないほど違います。
早生まれと遅生まれ、4月生まれ3月生まれだと、幼いころの発達度合によるスクールカーストが後々まで響くという話もテレビで聞いたことがありますが、まあそういうのはありえますかね。実際良くわからないですが。
  1. 2014/01/12(日) 01:46:08 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1445-5d75a1ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)