ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

クソゲーオブザイヤー2013据置版、話題のビビパン2作とKOTYの基準について

トップ - クソゲーオブザイヤーWiki
2013年 次点 - クソゲーオブザイヤーWiki

ネット世代の雑評論 クソゲーオブザイヤー2013、据置・携帯、それぞれの7月10日現在の状況をまとめる


クソゲーオブザイヤー。通称KOTY。
その年で最もクソなゲームを決める2ちゃんねるのネタスレ企画である。
主に据置、携帯、エロゲー、乙女の4つのスレからなりそれぞれ扱うゲームの種類やルール、基準が違うが、全て総評を持って大賞を決定するという共通点がある。

ある「売れたキャラゲー」のせいでゲハからの「お客さん」で荒れに荒れた据置版KOTY2013スレ。
強力な門番クソゲー、「ヘビーファイア シャッタードスピア」(通称HFS)がいなければスレは機能しなかっただろう。

しかし、キャラゲーとレールシューティングではまた違うし、十分語られたゲームであるし、何より候補作は一作品であった。
「今年のKOTYの基準」は曖昧であったのでKOTYの可能性が無い論外作品も、アンチが多いとやっかいである。

そんな中、二つのクソゲーが舞い降りた。
それは同じ原作を持ち、同じ会社のゲームで、関わりのあるゲームである。

一つは、
6/20【PS3】ビビッドレッド・オペレーション -Hyper Intimate Power-(バンダイナムコゲームス)
ストライクウィッチーズに続く尻アニメとして名を馳せたビビパンのゲーム化である。通称HIP。

詳しくはWikiでも見てほしいが、キャラは主人公とその合体変身しか動かせず、ストーリーはアニメの一部をぶつ切り、自分は上下左右にしか動けないが種類の少ない敵は動きまくる空中戦。
DL通常版が5500円、DL限定版が8500円なのにクリアまで2時間とボリューム面での不満もあり全方向まんべんなくクソな良好クソゲー。
DLゲーなので怒りをディスクに叩きつけることも売りさばくこともできない。

もっとも、限定版の特典はファンには好評だし(それも期間限定だが)、アニメと同じく絵はいいようなのが弱みと言えばそうか。


もう一つは、
3/28【PS3】ビビッドレッド・オペレーション あかねとマヨっとオペレーション!(バンダイナムコゲームス)
上記作品の販促的意味合いを持つ300円DLのミニゲーム。通称ビビマヨ。

主人公のあかねはいわゆる「マヨラー」で、そのあかねがひたすら食べ物にマヨネーズをかけて食べるだけというゲーム。
難易度もボリュームも皆無に等しく、目をつぶってもクリアは容易である。
まあ絵とか声はかわいいか知らんが、それだけのために300円は……
ボリューム少なすぎな虚無ゲー、ゲー無である。

利点としては、上記のHIPで使えるおまけ武器がもらえる事と、9/19までならHIPが500円安くなるというサービス(つまり差引200円安くなる)というのがあるが、HIPもクソゲーなので買っても仕方ない説がある。


現在の候補作3つを見ていくと、
HFSはバランス大崩壊、UI意味不明、演出最悪のゲーム性で攻めるストロングスタイル、
HIPは手抜きに手抜きを重ねたキャラゲー、
ビビマヨは低価格ながら何もないゲー無、
とそれぞれ別種のクソゲーであることがわかる。

それぞれがKOTY大賞となって恥ずかしくない立派なクソゲー、大賞となりうるポテンシャルを持っている。
持っているからこそ話題作に入っているのだ。



KOTY。クソゲーオブザイヤーはその年で一番のクソゲーを決める企画である。
クソゲーとは何ぞや?
その定義は人によって、時代によって変わるだろう。
KOTYスレでは2007年の四八(仮)から、「ゲーム単体として」クソである、という所が求められている。
これは直感的ではない定義だが、要するに真にクソで面白くない、商品としての価値が低いゲームを対象とするためのものである。


例えば、売り上げはKOTYにおいてクソゲーとしての評価に関係が無いとされる。
…… 据置と携帯KOTYの話で他のKOTYはまた違うかもだが。
10万人買って9万人怒るゲームよりも1000人買って999人怒るゲームの方がクソゲーであるという観点である。
そもそも見えてる地雷を踏むゲーマーは少ないし、そういうゲームこそ本当に面白くないということだ。

昔、ATARI2600というハードでE.T.というゲームがあった。アレも大概クソゲーである。しかし100万本以上売れたゲームであり、それがかの有名なアタリショックの引き金になったというほど(そう信じられているというべきか)の影響力を持つ悪評高きクソゲーであるからこそ今も欧米圏でクソゲーを話すときに第一に挙げられるのだ。
実際、2週間で作っただけあってクソゲーとしてのレベルは高いのだが、ATARI2600末期のクソゲーは、アレはライセンス契約とかが無かったのでソフトメーカーが好き勝手作っていたので、もう言葉にならないほどひどいクソゲーはまだまだ存在したはずである。
その年にKOTYがあったと仮定すれば、今の基準で選べばもっと違うゲームが選ばれたであろう。もっともその辺の時期のソフトに詳しくは無いので断言はできないが。

中古価格やワゴン販売などで判断するのもナンセンスである。
出荷量が多ければ(読み違えれば)自ずと市場にあふれかえり、中古価格も下がる。

有名なのはオプーナか。アレは実はクソゲーでは全くないのだが、100万本を目指すとか言って出荷しすぎたことが敗因だった。


期待が高くて実際はあまり面白くなかった、というのはガッカリするが、そういう落差はKOTYにおいて重視されない。せいぜいがPV詐欺だとか会社の姿勢の問題として、KOTY大賞を決定する際の最後の詰めに際し触れられる程度である。

例えば、最近は有名な定番ゲーム、マリオドラクエFFポケモンやらの続編が出れば大抵、というか絶対に2chのスレにおいて一人はクソゲーと書いている。
それはネガキャン工作やそもそもシリーズ自体のアンチやゲハ住民のハードごとの嫌悪かもしれない。
しかし、続編において何か変える以上、それに反発する人間は出てくる。
どんな人でも面白いというゲームというのは、あるとしても希少である。


キャラゲーは、買う層がそのキャラの原作のファンであることがわかりきっているので、原作のファンがクソだというほどのクソでないといけない。
キャラゲーにクソゲーは多い。何故ならば、まず原作の人気で売れるのでメーカーが油断する、原作の設定がゲーム性を乱す、原作の進行中や映画などのタイアップなどなら時間的要素も制限されやすいというものがあるからだ。
とはいえ、それでもキャラゲーを買う人は絶えない。そりゃあ、まあ面白いゲームであると思い、願い、期待して買うという事なのだろうが、そもそもキャラゲーというのはキャラが出るだけで、キャラを操作できるだけで楽しいものなのだ。原作のファンにとっては。
もちろん、キャラを冒涜するような描写は逆効果であるし、原作に敬意の無い作品はキャラゲーとしてクソである。

例えばスーパーロボット大戦というシリーズがある。まあアレはゲーム性からしてそんなに悪いゲームではないのだが、システム面ばかり見るとそこまで売れている理由がわからない。
あれが売れる理由は言うまでも無くたくさんの作品のロボットやキャラが一堂に会し、闘い合い、会話しあう。キャラクターがいいから売れるのだ。そしてその要素により良ゲーとなりうる。
スパロボOGシリーズはスパロボシリーズに出るキャラクターのみでまたキャラゲーを作るという構造。売り上げは魅力的なアニメのロボットを使えない分いつものシリーズより低い訳だが、版権料がかからないわけでプラマイゼロという計算だ。より自由に作れるし。


価格というのは考慮されるが、安いからと言ってすべて許されるわけではない。
ゲームに費やされるのは値段と時間と精神。やっていて苦痛なゲームは安くてもクソゲーである。もちろん高い方が懐が痛む分同程度のクソさならば上だが。
安いゲームのほうが開発に裂かれるリソースも少なく、プレイヤーもそういう物だと思って買う。
しかし安いゲームにも、値段にも値段なりの基準があるのだ。

例えば、KOTY携帯版2011年大賞の対戦チンチロリンは500円のゲームである。
しかし、そもそも運否天賦のギャンブルであるチンチロリンをゲームにしたところで面白味は無く、またサイコロの目が2と5が出やすいとかいう初歩レベルのミス、CPUとの退屈極まりない対戦、百均で器とサイコロ買ってきてやったほうがいいという無意味さが評価され大賞を獲得した。

2012年の携帯版次点にパシャットバシットという低価格ゲームもあった。200ポイント=200円である。
あれのボリュームの無さや機能が上位のアイフォン版は無料、駆け引き要素の無さなどクソ要素は多かったが、その年の携帯KOTY大賞は、ヘビーファイア・ザ・チョーズン・フュー、2013据置KOTYの候補作の前作となるゲームであった。
しかし、もしパシャットバシットがフルプライスだったなら?
もちろん、フルプライスでなかったからこそのボリュームの無さなのだが、フルプライスで同じものが来たならば2012年の大賞もわからなかっただろう。

これは思考実験だが、仮に0円のクソゲーが配信されたとしたらKOTY大賞を取りうるだろうか?
そもそも0円のゲームを取り扱っていいのか。0円でも販売という形を取っているならば、そのゲームで苦痛を受けたならば取り扱うのではないか?まあ議論が必要だろう。ハードに据え付きなどなら取り扱わないのではないか?
とはいえ、0円ならば大抵の事は許されるだろう。クソゲーだとしても金を払っていない以上プレイし続ける義理も少ないので苦痛も少ない。
修羅の国ことエロゲー界のごとく、あるいは最近のPSO2の事件のごとく、本体破壊やデータ消失、あるいは個人情報流出などそういったゲームを飛び越えた被害があれば?
これは程度によるが0円だとしても許されるものではないだろう。しかし、情報強者には回避可能かもしれないので、それだけで絶対に対象を取れるかというとまた違うだろう。PSO2の事件にしても会社の対応によるものだろう。


パッチに関しては、スレ内でも色々意見はあるが、概ねその年の12/31の24時までにパッチが出たならばその都度考慮するという態度を取っている。
しかし、2008年のジャンラインのようにパッチによって更にクソになるという事も起こりうる。

パッチによって選外になったゲームは少なくない。2012年携帯のシェルノサージュNEWラブプラスは典型例か。


DLCなど課金に関しては、場合によってはあくどい商法だとされるが概ね重要視されない。
DLC前提の価格設定で、ゲームバランスならばそれはそういうゲームなのである。買いたくない物は買わなくてもいいし、そういう自由があると考えることもできる。
もっとも、ゲーマーには不評なシステムではあるかもしれない。しかし最初からすべて入れるとなるとメーカーも大変なのだ。

いつだったかPSVitaのロンチタイトルのリッジレーサーのボリュームのあまりの少なさについてスレ内でも言及されたことがあったが、その後のDLC配信が(延期はあったにしろ)予定されていたので大きな問題とはされていなかった(結局ゲームカタログwikiではクソゲー扱いされているが、あそこはKOTYレベルでないものも扱うし、そもそも審議の濃度がKOTYと違うし誰でも編集できる。基準も違うし。)。


バグについては、やはりそのゲームの魅力を損ない、プレイヤーに苦痛を与えるものならばやはりクソさの一因である。
しかし、バグが無ければクソゲーではないという訳では全然なく、仕様書通りクソゲーという場合も多い。クソゲー界のストロングスタイルという奴である。
それに、バグはバグでもプレイヤーに有益なバグ、狙わなければ出せないバグなどはこれはクソとはみなされない。むしろ面白さにつながる可能性すらある。

初代ポケモンはバグの温床であった。しかし、致命的なバグを起こすには知識が必要で、むしろ当時の子供たちはバグを利用してデータ内に隠されたポケモン「ミュウ」を発見した。
スト2のコンボ(キャンセルがだっけ)も元々バグだったが、続編では仕様に組み込まれたとか。

一方で、セーブを消したりフリーズしたりといったバグなど、不規則に再現不能に起こる、プレイヤーにとって不利益なバグは許されない。例えをあげるとキリがないが。
もっとも不規則じゃなくて確実に起きるストーリーの進行不能バグなんかは最悪なんだけどね、でもまあ最近のクソゲーにおいてバグは重要なところではない。パッチ配布環境が整っているからだ。


難易度。かなり昔には難易度が高いゲームは総じてクソゲー扱いされてたところがあった。まあ確かにクリアできないゲームにはむかつくものであり、罵倒もしたくなる。
しかし、難易度の高いゲームは上手いプレイヤーにとっては適正な難易度であり、高難易度なゲームほどクリアするカタルシスが高い。
逆に難易度の低すぎるゲームはヌルゲーとされ、これもクソゲー扱いされる場合もあるが、自分で縛りプレイするのが容易かったり、難易度の調節機構があればまた別である。

問題は、理不尽な難易度である。例を上げよう。グラディウスⅢ。あの有名なSTGの三作目。STGというのはプレイヤーのスキルの上昇とゲームの難易度上昇により一般的なプレイヤーがクリア困難になり廃れたとされる。グラディウスⅢとR―TYPEⅡが決定打を与えたのだと。
しかし、結局のところ、グラディウスⅢは腕のあるシューターには好まれており、コンシュマー機に移植される際難易度が簡単になったのは非難された。
とはいえ、一般的なプレイヤーにとっては理不尽な難易度であると言えよう。

理不尽な難易度と言えばたけしの挑戦状はまさにそれによって十年に一度のクソゲーの名を馳せている。
ほとんどヒントの無い中、何をすればいいのかもわからず、死んでしまう。攻略方法を別に確認しなければクリアできないだろう(それにしてもアクションも難しいが)。ただ、攻略方法を確認すればあんなゲームやらないでもいいようなものではある。

スペランカーは理不尽な難易度であるからクソゲーであると近年まで非難されていたが、少し慣れると結構進めるようになり、良作とまでは言えないかもしれないが佳作であるのではないかという評価に落ち着いている。
主人公が身長の高さから落ちて死ぬというのも、雲の上から落ちても死なないマリオなんかと比べるからいけないのであり(マリオも初代ドンキーの頃大差ない身体能力だったじゃん。上に登るゲームだけどさ。)それによる環境のインパクトもあったのであろう。

難易度と言えば難易度の不安定さも非難される要素である。
要するに、急に難しくなったり簡単になったりするゲームはクソゲーであるというわけだ。
段々と難しくなっていき、難易度の上昇とともにプレイヤースキルの上昇によりクリアできていくというのがベストな訳だ。まああえてある場面の難易度を上げることで印象深くさせたりとかそういう技もあるといえばあるが。
最初の面が一番難しく、ラスボスが一番簡単というのは避けるべきである。難易度のムラも良くない。

逆の例を上げるならば、スーパーマリオブラザーズなどは、難易度の階段が非常にうまく作ってある。特に1面は最後まで調整されたもので、1-1は何も意識せずともプレイヤーのスキルを向上させていく仕組みが作られているという。
そして、腕のあるプレイヤーならば1-2などでワープして高難易度のコースにショートカットしていってしまうこともできる。

難易度に付いてもっと語るならば、つまらないところに難易度があってはいけない。つまり、ゲーム性に深くかかわるところに難易度があるべきで、何度も行う日常操作が難しいというのはあってはならない。これはUIにも関わるが、そういう難易度もまた理不尽な難易度である。
魔王を倒すのが難しいのはいい。しかし装備を変えるのが難しいのはゲーム性に関わらず馬鹿馬鹿しく、理不尽である。


まとめると、買った個人が受ける不愉快さの平均とでもいうべきものだろうか。もちろん何か面白さがあれば相殺される場合もある。
もっともスレ企画であり賞であるので総評審査の最後の最後のところで、インパクトが重視される場合もある。
前年度と同じようなクソゲーならば、クソゲーハンターやその類のゲームのファンに免疫が付いてるかもしれない。
ド派手な、新しいタイプのクソゲーというのはクソゲーハンターにとっても衝撃であり、大きな影響を与えるのだ。
とはいっても、クソゲーとして本当にクソであるかというのが最重要であり、そのままでは大賞が一作に決められないという場合に議論される話題である。

そういう意味での真の、最悪の、究極のクソゲーが四八であり、アイ惨であり、Big Rigsなのだろう。まあBig RigsはKOTYではないが、KOTY的評価をすれば最悪となると考えられるクソである。



さて、ここで、据置版KOTY2013スレを荒らした輩が推す「売れたキャラゲー」とはなんだったのか、あえて書こう。

それは「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」(ASB)である。
そして、このゲームはKOTYスレにおいて、選外どころか論外である。

その理由は多岐にわたるが書いていこう。


まずKOTYスレは大賞、その年で一番のクソゲーを決めることが第一の目標である。
話題作となった作品はその年の大賞を決定する総評に取り上げられて次点となるが、総評に取り上げられるべき話題作はその年の大賞になる可能性がある、あるいはそう思う住民がある程度いたとみなされたクソゲーである。
wikiにある選外は、KOTYスレにおいて議論がされ検討が為された結果、大賞に届かないとされたゲームである。
次点は大賞と競ったクソゲーであり、凶悪なクソゲーであることがわかるが、選外についてはクソゲーであることすら保証するものではなく、スレの議題の一つとなりえたというだけである。
選外は次点に届かない程度のクソゲーかもしれないし、パッチによって良くなったゲームかも知れないし、クソ要素とみなせないと判断された何かが存在するのかもしれないし、単純に検証した結果、言うほどクソゲーでもなかった(凡ゲー、良ゲーだった?)のかもしれない。
KOTY大賞となりえないゲームは評価の対象ではないのだ。クソゲーかクソゲーでないかを議論したいならば発売後3か月たってからゲームカタログwikiにでも書けばいい。

同じキャラゲーという分野でよりヒドいHIPが存在するのでASBは話題作には入りえない。
そもそも荒らし的行為のせいで議論にもなっていないので論外という訳だ。


内容について。ジョジョは要するに売れまくったから、プレイヤーの母数が多いから(なんかの工作かも知らんが)批判も多いタイプである。
こういうクソゲーは四八ショック以来KOTYでは取り上げられない。
まあ確かにシステムに難ありかもしれないが、ニコニコ生放送でも見て見ると普通に対戦してる人もいるし、結構楽しんでいる人も多い。KOTYレベルとはとても思えない。
格ゲーは対等であるが故、極端なクソゲーは出にくい。強すぎるキャラは禁止にしてもいいし、永久コンボはこっちも掛ければいいという訳だ。北斗の拳ACなどが思い出される。もっともアレは奇跡的なモノではあるが。対戦相手さえいればどんなものでも楽しいものだ。


期待の煽り過ぎにしろ、別に嘘を言っていた訳ではないし、そもそも重要な点ではない。

そもそも、キャラゲーとして、荒木先生の独特な絵柄を再現し、30キャラ以上DLCなしで使えるというのはそもそもからして大きな魅力ではないか。実際、ジョジョ8部までをゲーム化とか、初期は主人公とラスボスぐらいしか出ないのではという予想もあったものだ。

ストーリーモードが文字だけだから云々とかオリジナル展開も無くステージも使いまわしとかあるが、格ゲーのストーリーモードに期待しすぎではないか。
まあ改善するべき点ではあるとは思うが、比較すればこんなものであろう。

値段は高く、DLCも多い。それはそうだが、光栄のゲームなんか最初から高かったりするし、DLCだって全部買わなければいけないものではない。買ったところでたかが知れているだろう。
なんとかいうソーシャルゲーム風のエネルギーを現実の金で買ってプレイできる時間を増やせるモードもあるが、まあ確かにあくどいといえばあくどいが、実際ソーシャルゲームみたいなものだというだけだろう。一応改善予定はあるみたいだし。


パッチも予定されているし、難易度もストーリーモードは普通らしい。
キャラバランスについてもパッチで改善されるかもだしバグも同様だろう。
永パ、コキガ、投げの三すくみで妙なゲームバランスが成立しているとかいう噂もあるが、さて。馬乗ってる奴らはコキガで無敵になるからアレらしいけど。



ここまで見ていけばわかるとおり、ASBはKOTY大賞に選ばれる可能性は全くなく、「お客さん」のゴリ押しによって迷惑しているというのが現状だ。
大賞は無理でも次点にとか訳の分からないことを言ってゲハを喜ばせてもより荒れるだけだ。選外にも載せない方がいい。選外はクソゲーという評価では必ずしもないが。

どうしてもガッカリゲーの大賞を決めたければ別にスレを作るべきだ。もちろんゲハ板なので何度もそういうのがあったが、基本的に頓挫してきた。
匿名ネットにおいて、ファンの多い大作の不備について大賞を決めるのは困難だ。
映画のラジー賞は最近そんな感じだが、それは組織によって運営され、金が動くものであるからできるのだ。

KOTYは、2ちゃんねるのネタスレであり、自分たちが楽しむために議論している。
だからこそ、基準にのっとり、正しい論理を積み重ね、真のクソゲー大賞を決める。
それが一番面白く、楽しめるからだ。


今年のKOTYも据置、携帯共に盛り上がってきた。
これからどんなクソゲーが現れるのか。どの作品が大賞を取るのか。総評はどんなものになるのか。
このブログでも大いに注目していきたい。
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2013/09/07(土) 05:32:26|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21
<<第11回MMD杯 閉会式。今回のまとめと個人的な表彰作品など | ホーム | インターネット探訪「文体診断ロゴーン」>>

コメント

No title

ジョジョがクソゲ過ぎて、検索してたら此方に。

>10万人買って9万人怒るゲームよりも1000人買って999人怒るゲームの方がクソゲーであるという観点

このジョジョゲー、10万人中9万人が怒るポテンシャルも、
1000人中999人が怒るポテンシャルも秘めています。

『普通に面白くない…。』

こんな、全くセンスのカケラも無い表現が最高に当て嵌まるゲームです。

かつて、聖闘士星矢黄金伝説というクソゲがありました。
あれをHD化しても全く面白くない訳で。
そういう事です。
  1. 2013/09/07(土) 20:45:28 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> ジョジョがクソゲ過ぎて、検索してたら此方に。
>
> >10万人買って9万人怒るゲームよりも1000人買って999人怒るゲームの方がクソゲーであるという観点
>
> このジョジョゲー、10万人中9万人が怒るポテンシャルも、
> 1000人中999人が怒るポテンシャルも秘めています。
>
> 『普通に面白くない…。』
>
> こんな、全くセンスのカケラも無い表現が最高に当て嵌まるゲームです。
>
> かつて、聖闘士星矢黄金伝説というクソゲがありました。
> あれをHD化しても全く面白くない訳で。
> そういう事です。


どうも。やたらと長いこの記事を読んでいただいてありがとうございます。
まあ、人が何をクソかと思うかというのは主観なので、あなたの感じていることはそうなのでしょう。

しかし、結局のところ下には下がいますし、原作ファンの中で怒っている人が何人いるとか、制作会社、販売会社の不誠実などもKOTYにおいては必ずしも最重要点ではないんですね。


この記事の後半の論旨は、KOTYは四八ショック以降の基準に基づいてクソゲーを選んでいる事、それ以下の「クソゲー」をKOTYスレに持ち込んでも無意味であり迷惑でしかないという事、KOTY大賞を競えるクソゲー以外のゲームに関してKOTYスレではゲームの評価は行わないという事です。

ゲームというのは総合芸術であるのでいつだって評価は難しいですが、すでにある候補作、あるいは前年度以下の大賞と比較するとジョジョASBはいかにもKOTYとして力不足の感が拭えません。
『普通に面白くない…。』ではなく、『激烈に面白くない!』というゲームでないと厳しいです。この場合の普通に面白くないというのは恐らくプレイしてて面白味が感じられないとかそういうことでしょうが、KOTYの候補作はむしろ苦痛ですからね。
更にパッチも予定されているので、議論の対象外、すなわち論外であり、KOTYスレにおいて持ち込むことはもはや荒らしの域となります。
私のブログならば結構ですが。


実際、キャラゲーはキャラが動くだけである程度の価値があります。
ジョジョASBはこれまでどの作品でも動かせなかったキャラが動かせ、声優もきっちりついています。
ゲーム性がいかにクソでも、キャラゲーでは必ずしも最重要点ではないです。もちろん面白いに越したことはありませんが。キャラという面でクソでもゲーム性が良ければまた別ですし。

例として挙げられた「聖闘士星矢黄金伝説」も、まあクソゲーですがあの時期に星矢のキャラゲーを出したというだけで一定の意味があるのでは。あまり詳しくないので明言は避けますが。

私はジョジョASBがクソゲーか否かについての意見は控えますが、クソゲーだと言うならばむしろKOTYよりもクソゲーまとめwiki、今のゲームカタログwikiの方が似合うのではないか、そういう話ですね。発売三か月後にしか書けませんが。


この記事は、KOTYの基準について書いています。
それがどんなに奇妙に思えても、それがKOTYというスレであるということです。
例えば全ゲーマーの投票となるならば購入者の多さや知名度でまた大きく変わるでしょうが、KOTYはKOTYのやり方でやっています。

という訳で、クソゲーだと思った作品をKOTYスレに持ち込むのはいいとしても、基準を理解したうえでスレに合わしてレビューなり選評なり、エロゲーや乙女ゲーならノミネートを書くべき、ということですね。
KOTYスレのテンプレートに書かれていない不文律、あるいは書かれてあっても端的すぎる部分も多いと思ったので、私なりのKOTYの解釈を書いてみた、というところです。
そういう意味で、今年の基準を明確にするために門番としてのクソゲーは重要な意味を持ちますね。

私の考えでは、ジョジョASBは、あるいはクソな短所も多いとしても、多くの長所を持つゲームなので、HFSやHIPなどと比べるとどうしても大賞は狙えない。といったところです。


だからといって、ジョジョASBが非難されるべきかそうでないかはまた別の話ですが。私のブログでは非難染みたことはあまり書かないことにしています。
KOTYの話題作ともなれば、もはやあきれ返るレベルで明白であり、クソな点に突っ込むのは非難ではない、そういう考えの元にKOTYの記事を書いています。
  1. 2013/09/08(日) 06:52:41 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

Re: Re: No title

> という訳で、クソゲーだと思った作品をKOTYスレに持ち込むのはいいとしても、基準を理解したうえでスレに合わしてレビューなり選評なり、エロゲーや乙女ゲーならノミネートを書くべき、ということですね。

KOTYeのシステムはノミネートじゃなくてエントリー方式でしたね。
用語が間違っていたので修正。


エントリー制度は修羅の国であるエロゲー界ならではの解決策ですね。
  1. 2013/09/08(日) 10:20:20 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

格ゲーとしての出来は2008年の携帯機部門次点のウィンディ×ウィンダムレベル
パッチは来ましたし他の評価点はあるので選外になるでしょうが全くの論外ってのは無いでしょう
  1. 2013/09/08(日) 17:20:42 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 格ゲーとしての出来は2008年の携帯機部門次点のウィンディ×ウィンダムレベル
> パッチは来ましたし他の評価点はあるので選外になるでしょうが全くの論外ってのは無いでしょう

そうですかねえ。ウィンダムはwikiのページしか見てないので詳しくわかりませんが、記述を見て比べる限りではジョジョASBよりだいぶ酷そうに思えます。

選外である作品はKOTYスレで大賞を狙えるかどうかを審議された作品、ぐらいの意味合いなので、結局のところKOTY住民に跳ね除けられている以上wikiの選外の項目に載ることは無いという事ですね。
最近の風潮では選外作品をあまり多くするのは良しとしないようですし。大賞を取れないことが明らかである限り、クソゲーであろうがなかろうが選外もしくは論外なので、そもそも選外の項目はあまり意味ないんですよね。
わざわざwikiにページまで作ったけど勿体ないぐらいの意味合いです。

そして大賞を狙える話題作ならまだしも、そういう微妙なものを持ち出されるのは面倒です。ただでさえクソゲーというネガティブな話題を扱うのでこういう所は神経質にならざるを得ないという事だと思います。



まあジャンラインのごとくパッチで悪化する可能性もありますので、その時はその時ですが。
  1. 2013/09/09(月) 05:07:30 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

結局俺が気に入らんってだけならそれでいいのに、わざわざKOTYとか箔を付けたがる意味が分からん
そこまでクソってのを周知させたいなら個人ブログでも作って俺的クソゲーでもやってりゃいいんじゃないの
  1. 2013/09/09(月) 09:03:59 |
  2. URL |
  3. 名無し #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 結局俺が気に入らんってだけならそれでいいのに、わざわざKOTYとか箔を付けたがる意味が分からん
> そこまでクソってのを周知させたいなら個人ブログでも作って俺的クソゲーでもやってりゃいいんじゃないの

KOTYがなんであるかというのが外部にきちんと伝えないままニュースサイトなりまとめサイトなりで紹介されるのがこういう混乱の元かもしれませんね。
そういう意味では私のブログも一翼を担っているところがあったかもしれない(注意してきたつもりですが)ので今回こういう記事を書いてみました。

まあKOTYスレのテンプレートや候補作、大賞を見て察してもらいたいところではありますが。
2ちゃんねるに書き込むには半年ROMれという言葉もありますし、空気を読んでほしいところですが、毎年といっていいほどこういうお客さんのせいで荒れます。
大抵は義憤で盲目になっているのでしょうが、ゲハ板の現状や●流出事件を見るとあるいは真の工作員がいてもおかしくはありませんね。まあ証明はできませんし、すべて却下されているので合理的でなく、概ね単独行動なのでしょうが。

KOTYが権威づいている。この無駄な影響力というのはKOTYスレ住民にとっての悩みの種になっています。
ただ自分たちで楽しむためにやっているのにその影響力を求めて「お客さん」が寄ってくる。
これはステマ騒動の時に語ったアフィまとめサイトの弊害の一つそのものですね。ニコニコなどにKOTYの動画がありますが、スレ住民には動画を嫌う人も多いです。
とはいえ、全く隠れてやりたい訳ではなく、その為のKOTYwikiなんですね。

マスコミなどでも同じ話ですが、情報を扱う以上、その責任を負わなければならないというのはある話です。
情報化社会とはいう物の、それを動かす人間はまだまだ情報化されておらず、そこが摩擦となって荒れる。匿名ネットにおいて重要な課題ですね。
  1. 2013/09/09(月) 11:17:26 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

すんません。聖闘士星矢黄金伝説わりと好きですわ・・・。4回ぐらいはクリアしました。今でも攻略法は覚えてるので今クリアしろと言われたらクリア出来ます。
  1. 2013/09/11(水) 22:49:49 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> すんません。聖闘士星矢黄金伝説わりと好きですわ・・・。4回ぐらいはクリアしました。今でも攻略法は覚えてるので今クリアしろと言われたらクリア出来ます。

あら、こちらこそすみません。あなたのようなファンがついているならばKOTYレベルでは(その年KOTY全然まだですけど)ないですね。勢いでクソゲーだと書いちゃったところもあります。何処を持ってクソゲーだとする線引きも無いですが。KOTYの線引きはその点ではわかりやすいですかね。
今日の基準で当時のゲームを評価するというのも無理がありますが、まあマリオのようなゲーム性の塊でなくてもプレイヤーが楽しめれば問題ないですね。

とはいえ、キャラゲーにおいてゲーム性がなおざりにされる傾向は大いにあります。
火の鳥みたくゲーム性はあっても原作無視とどちらがという話もあります。
色々と難しい問題ですが、やはりプレイヤーが面白いと思える状態の物が出てくればこれほどうれしいものは無いですね。
  1. 2013/09/12(木) 00:14:29 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

KOTYはいかに苦痛を強いられるかという点が基準になるのかな
その点やはりジョジョASBはクソゲーというよりがっかりゲーな感じですかね
ソシャゲ紛いのキャンペーンモードには呆れましたが、課金するにしてもキャラにしか使わんでしょうし
声優の演技と荒木絵で動くキャラまでは否定したくないという微妙な心境です

いっそダメジャーくらいぶっ飛んでればまだ笑えたんでしょうかね
  1. 2013/09/22(日) 23:36:50 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> KOTYはいかに苦痛を強いられるかという点が基準になるのかな
> その点やはりジョジョASBはクソゲーというよりがっかりゲーな感じですかね
> ソシャゲ紛いのキャンペーンモードには呆れましたが、課金するにしてもキャラにしか使わんでしょうし
> 声優の演技と荒木絵で動くキャラまでは否定したくないという微妙な心境です
>
> いっそダメジャーくらいぶっ飛んでればまだ笑えたんでしょうかね


まあ、課金は別にしない選択肢もありますからねえ。
ジョジョファンとゲーマーは余り被ってないですが、ガンダムファンなどはこの手の課金はどうとも思わないとも聞きます。
要するに、層を誤ったという点もあるかもしれませんね。
DLCにしても最初から全部入れてもコーエー価格レベルですが、それはコーエーファンからすると普通です。
ジョジョのゲームは少ないですし、もっと常識的な形で売るのがベストだったのかもしれませんね。

KOTYレベルのゲームはタダでもプレイしたくないというレベルもあるのが困りものです。
ASBは良いところも多いゲームですから、KOTYには選ばれ得ないというのがありますね。
クソゲーでも音楽は良いという場合もよくありますが、KOTYレベルだと音楽すらもクソだったりもままありますし。

総評が笑えるのは傍から見ているから、というのもあります。実際にプレイすると概ねキツいです。それをメタレベルで笑いに昇華するのがKOTYスレ、ということかもしれません。
  1. 2013/09/23(月) 02:02:16 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

とても長い記事ですが楽しく読ませていただきました。
クソゲーについて深く考えたことがないため、
なかなか的確な文章で感心してしまいました。
  1. 2013/12/09(月) 17:15:36 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

No title

笑えるクソゲーと笑えないクソゲー...
その最高峰での前者はダメジャーで、後者は誤当地人生
(個人的な意見です

まさしくあそこまでぶっ飛んでないと論外でしょうねw

ASBは後のパッチで戦闘面は向上して良ゲー、という位置に落ち着いたみたいですね
課金面やストーリーモードとかあまり気にならない友人は普通に楽しんでいましたし、バランスがわからない人(自分も含む)にとっては『なんで皆こんなに怒っているの?』というような感想でした
  1. 2013/12/09(月) 21:36:17 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> とても長い記事ですが楽しく読ませていただきました。
> クソゲーについて深く考えたことがないため、
> なかなか的確な文章で感心してしまいました。

ありがとうございます。
あらためて自分で読んでみると尋常ではない長さですね。まあそれだけ読みがいがあるってことで。
クソゲーについて深く考察されるようになったのはファミコン後期からでしょうか。ゲーム雑誌媒体でそういうものが行われていましたが、やはり商業媒体でクソゲークソゲーいうのもメーカーとの関係を悪くするので、ネット、匿名ネット掲示板である2chでクソゲーの企画をするというのは然るべき位置に収まったという所なのでしょうか。

人が何をクソかと思うのは人それぞれですが、やはりクソゲーそれぞれにクソゲーとしてのレベルと言うものがあります。
何がクソゲーとして重要なのか、分解してみればクソゲーとは何なのかを愚考したというのがこの記事の中盤ですね。
  1. 2013/12/10(火) 08:08:10 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 笑えるクソゲーと笑えないクソゲー...
> その最高峰での前者はダメジャーで、後者は誤当地人生
> (個人的な意見です
>
> まさしくあそこまでぶっ飛んでないと論外でしょうねw
>
> ASBは後のパッチで戦闘面は向上して良ゲー、という位置に落ち着いたみたいですね
> 課金面やストーリーモードとかあまり気にならない友人は普通に楽しんでいましたし、バランスがわからない人(自分も含む)にとっては『なんで皆こんなに怒っているの?』というような感想でした

クソゲーマニアをも屈服させるクソゲーと言うのも時にはありますからね。
概ねどのクソゲーも辛いものですが、傍から見るとまた違うという場合もあります。

ASBはやはり期待させ過ぎたという所があるのでしょうか。基準として近年の格闘ゲームはスト4やブレイブルーと高レベルなものばかりだったというのも拍車をかけたのかもしれませんね。
キャラゲーという分類はあっても、キャラゲーと言うゲームジャンルは無い、そこが難しいところです。
  1. 2013/12/10(火) 08:12:42 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

横から失礼。
そうですよね、実際私はROM専であるのであまり大きなことは言えないですが、これまでのKOTYの動向見ててジョジョはやはり甘いと感じざるを得ないですね。

「支障をきたす」致命的バグもなく、「原作を蔑ろにした」別作品感もない、「遊ぶのが不快である」という変な仕様もない、「改善のパッチがある」決して改悪じゃない。

これら要素を含んでる時点で大甘だとずっと感じていました。

実際「KOTYの知名度がゲーマー内で広まった」「自分がつまらないゲームをつかまされて悔しい」「逆にクソゲーが手の中にあるんだからこのゲームの名前を出したい」といった原因があるように思います。
何かこれってネットリテラシー低下を憂うわけじゃないですが、すごく子供っぽいと感じてなりません。KOTYの1ファンとしてこの現状を何とかしてほしいものです。聞いたこともない名前のゲームが聞くもおぞましい仕様でわかせてくれることを切に願ってなりませんw
  1. 2014/01/04(土) 17:22:23 |
  2. URL |
  3. ななし #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 横から失礼。
> そうですよね、実際私はROM専であるのであまり大きなことは言えないですが、これまでのKOTYの動向見ててジョジョはやはり甘いと感じざるを得ないですね。

コメントありがとうございます。
確かにジョジョはKOTY足りえませんね。


> 「支障をきたす」致命的バグもなく、「原作を蔑ろにした」別作品感もない、「遊ぶのが不快である」という変な仕様もない、「改善のパッチがある」決して改悪じゃない。
>
> これら要素を含んでる時点で大甘だとずっと感じていました。

ジョジョASBの問題点として挙げられることは(元々からしてKOTYレベルではないと考えられますが)、格ゲーとしての問題点が多く、それも(少なくともKOTYレベルで考えれば)パッチによって修正されています。
ソシャゲ要素やDLC商法も、それ自体が悪だとは言えません。
単純に期待がかかりすぎたというのが大きいですね。


> 実際「KOTYの知名度がゲーマー内で広まった」「自分がつまらないゲームをつかまされて悔しい」「逆にクソゲーが手の中にあるんだからこのゲームの名前を出したい」といった原因があるように思います。
> 何かこれってネットリテラシー低下を憂うわけじゃないですが、すごく子供っぽいと感じてなりません。KOTYの1ファンとしてこの現状を何とかしてほしいものです。聞いたこともない名前のゲームが聞くもおぞましい仕様でわかせてくれることを切に願ってなりませんw

売れたゲームは分母も多く、そういう衝動も大きくなりますね。
しかし、KOTYの名ばかり売れて実情、内容が知られていない、そういう感がありますね。
クソゲーオブザイヤーという非常にわかりやすいネーミングが仇となっているのでしょうか。まあ事実一年間に発売されたゲーム全てを評価できる人はいないので、やや仕方ないところもあるのですが、それでもスレにまで迷惑をかけるのは荒らし以外の何物でもないです。

ある種ネガティブな話題ではありますが、だからこそ面白いというものがあります。
あまりKOTYスレ住民が動画などで外に名を出してほしくなくなるのもわかります。あくまで内輪のネタなのです。
ゲハでやっているような糾弾ではなく、あくまでクソゲーを笑うような、そういう余裕を持った姿勢が重要ですね。
  1. 2014/01/05(日) 11:05:47 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

KOTYは最近知りました
すごく納得できるお話で笑わせていただきました。
  1. 2014/03/03(月) 23:06:31 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> KOTYは最近知りました
> すごく納得できるお話で笑わせていただきました。

コメントありがとうございます。
私の記事で少しでもKOTYに対しての知識が発信できていれば幸いです。
  1. 2014/03/04(火) 00:01:46 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

最近は、新しいゲームのタイトルでググったら、もう1ページ目の時点で変なのがぞろぞろと出てくる。
もうbingに乗り換えようかな・・・
  1. 2014/12/15(月) 10:49:20 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 最近は、新しいゲームのタイトルでググったら、もう1ページ目の時点で変なのがぞろぞろと出てくる。
> もうbingに乗り換えようかな・・・

検索結果の汚染は近年凄いことになってますね。こうして検索エンジンは時がたつにつれて悪くなっていくと。

そういえばKOTY記事最近書いてませんでした。年の瀬ですしそろそろですかね。
  1. 2014/12/15(月) 22:16:58 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1426-ec934eda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)