ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

クソゲーまとめ、名作・良作まとめ、ゲームカタログがwiki統合する件について

ゲームカタログ - トップページ
ゲームカタログ - wiki統合に関するお知らせ
ゲームカタログ - このWikiで扱う作品
ggmatome@したらば

なんか、元々凡ゲーを扱うゲームカタログwikiに、クソゲーを扱うクソゲーまとめwikiと良ゲー以上を扱う名作・良作まとめwikiが統合するらしい。
つまり、コンシュマーゲームのほとんどはゲームカタログwikiで扱われるという訳だ。
現時点で作業中でクソゲーまとめwikiの記事がどんどん移行している。


元々、クソゲーオブザイヤースレ(KOTYスレ)から隔離される形でクソゲーまとめwikiが作られた。
年に一度のクソゲーを決めるという目的のスレで、昔のクソゲーはどうとかKOTYでないにしろクソゲーがどうとかいう議論は邪魔だったからだ。
比較等のためにKOTYスレ住民もクソゲーまとめwikiは閲覧されている形跡もある。wikiからリンクも張られている。

そこで、何をもってクソゲーとするか、と言う問題も出てくる。クソゲーの境界線の問題だ。
ただでさえゲームの評価と言うのは総合的なもので客観的に定めることは不可能に近い。その中でクソゲーとそうでないゲームを決めるというのは困難極まる。

とはいえ、良作とクソゲーの差はわかりやすい。まず名作・良作まとめwikiが分裂して作られた。
そしてそうするとその間を扱うゲームwikiが欲しいという話になり、ゲームカタログwikiが作られた。


で、結局ごちゃごちゃwikiがあるのはややこしいし実用上めんどくさい。
結局統合してほぼすべてのゲームを扱うという風になったようだ。
…… ほぼすべて、である。

引用
扱える作品

原則として、コンピューターゲームを対象とする(商品であれば、パッケージソフト・ダウンロードコンテンツは問わない)。
発売から三ヶ月経っている家庭用及びPC用ゲーム 海外専売作品可
アダルトゲームは、条件付で認める(後段の「アダルトゲームについて」を参照)

稼動されてから三ヶ月経っているアーケードゲーム
(中略)
扱えない作品

この他にも、管理人が不適切と判断したものは、取扱い不可となる可能性がある。
発売・稼動から三ヶ月経っていないゲーム 理由…基礎ルール違反 記事が荒れる事態を避けるため、評価が定まるまでの一定期間を設ける事とする


同人ゲーム(一般的な流通を通さずに出たPCゲーム。シェアウェア、フリーウェアを含む) 理由 同人ジャンルの特徴上、一部特殊なゲーマー層しかプレイしない為に客観性が保てない
同ジャンルは熱烈なファンが多いことでも有名であり、編集合戦になりやすい
一般企業から出されている商業作品をメインに取り扱っている本Wikiにそぐわない
著作権侵害の可能性がある二次創作・不謹慎なゲームも存在している
無名・有名を問わず同人サークル等の宣伝目的に記事が作られかねない


携帯ゲーム・ブラウザゲーム・ソーシャルゲーム 理由…商用ゲームと同人ゲームとの区別があいまいであるため

TV接続タイプの玩具製品・ソフト一体型携帯ゲーム・カードゲーム・ボードゲーム 理由…ゲームではなくあくまでも玩具とみなしているため

無料体験版ソフト 理由…製品版の一部しか収録されず、仕様も異なるため

Xbox LIVE インディーズゲーム
エレメカ・メダルゲーム

この分類にはやはりゲームファンの層と言うのが想われる。
つまり、扱わない作品というのは「違う」のだ。文化として。
しかし、それは本当に妥当なのか。私は一片の疑問も無くは無い。

もちろん、実用的に難しいものは別だが。
また新しいwiki作るのも馬鹿らしいが……

引用
統合手順
1) 下準備 分類ごとの五十音一覧を用意する この時点では、リンクなしの素テキスト

記事仮置場の更新停止(保護)
左メニューを統合後仕様に変更

2) クソゲーwikiサブカテゴリの記事を先行移転 ※クソゲーwiki左メニュー掲載順 バカゲー ※済
黒歴史ゲー ※済
劣化移植ゲー ※済
不安定ゲー ※済
賛否両論ゲー ※済
その他(改善、スルメ等) ※済

3) クソゲーwikiクソゲー判定記事を移転 < 現在はここを移転 >
4) 名作良作wiki記事を移転

今はこんな段階。
完成すればそれはゲーム文化の一翼を担うサイトとなるかもしれない。もちろんただ統合しただけと言えばそれまでだが。

KOTYスレなどとは直接関係が無い物の2ch文化圏のサイトである。
こういう匿名文化だからこそ、クソゲーと断定することが可能であり、また一つの評価ができるのだろう。
もちろんこれらの評価はドロドロの議論のもとに成り立つものだと忘れてはいけない。
匿名での評価というのは実に微妙で価値あるものであると思う。正論の塊でないと正しいとされないのだから。

正しい評価かどうかは言えないにしろ、何らかの価値を持つ。
匿名文化の一つの成果ではないか、私はこのwiki群を見てそう思っている。
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2013/08/31(土) 02:44:18|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<八月に買った本の感想と九月に買う本の紹介 | ホーム | ジョジョオールスターバトル、DLCに出そうなキャラを予想する。>>

コメント

クソゲーwikiの荒れようを思うと、個々人の感想って本当wikiって媒体に向いてないなと思う
声でかいのが一人居るだけでボロボロ
  1. 2013/09/09(月) 09:10:18 |
  2. URL |
  3. 名無し #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> クソゲーwikiの荒れようを思うと、個々人の感想って本当wikiって媒体に向いてないなと思う
> 声でかいのが一人居るだけでボロボロ

何かを評価する、というものにwikiは難しいところがありますね。wikiの編集者は変哲の無いページならば議論無く全て書きかえることもできますし。
一応、ゲームカタログ系wikiは付属する掲示板があってそこで評価の審議が行われているようですが、やはりページの数が多すぎて遅々として進みませんね。
wikipediaなんかではノートとかありますが、十分機能してるんですかね。

アマゾンみたいな投票評価でもまた問題がありますし、一人の主観で決めるのも、ある一つの軸に関しては正しいとしても主観的意見でしかないですからねぇ。一人で全てを知るわけにはいきませんし。
KOTYみたいな匿名掲示板での評価は、工作が怖いですがソース至上主義になり、論理が重要視されるようになる辺りで良いんですよね。受け売りですが、これに関しては明白な匿名性の利点だと考えています。どこそこの権威がいう事が正しいという事が無くなりますので。コテハン付ければ同じかもですが。

まあ、声がでかい人というのは議論や評価の上で面倒な存在ですね。議論の場で力押しで決める、議論自体を冒涜する存在とも言えます。
ノイジーマイノリティと言う話ですね。もちろん少数派の意見もある程度の汲むべきでありますが、それは議論、話し合いの中で評価するべきです。
  1. 2013/09/09(月) 11:35:13 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

クソゲーまとめウィキは私怨で書かれてるとしか思えないページが多々あるからずっと隔離されててほしい
  1. 2013/10/05(土) 00:46:26 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> クソゲーまとめウィキは私怨で書かれてるとしか思えないページが多々あるからずっと隔離されててほしい

まあクソゲーまとめウィキは元々KOTYスレから隔離されてできたものですし、クソゲーというネガティブなモノを扱う以上どうしてもネガティブな感情が入らざるを得ません。
たしかに無茶苦茶書かれてるゲームも多々存在します。

とはいえ、ウィキという構造なので自浄作用が見込めるとも思っています。
匿名だからこそ負の話題も平気で出来るというのもありますし、どの道クソゲーを語る場として必要だと思っています。


ここであえて統合したのは、3つウィキがあって一々不便だというのも大きいですが、前提として良ゲーウィキに書き込むステマか何かもあり、わざわざ分けるのが馬鹿馬鹿しい感じになったというのもありそうですね。

クソゲーを語るにはゲーム全てから語らなければならない。
クソゲーまとめウィキ的なヒドい状況からの改善も見込めるかもしれません。


まだ統合中ですし、その結果がどうこうというのは避けておきましょう。
恐らく利用者にとっては便利になるでしょう。その結果についても今後注目ですね。
  1. 2013/10/05(土) 05:17:16 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

WIKIだから自作自演ができる
WIKIだから多数派工作ができる

匿名かつ決まった人間しか編集しないわけだから、ほぼ何の価値もないだろうね。
  1. 2013/11/14(木) 18:47:57 |
  2. URL |
  3. A #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> WIKIだから自作自演ができる
> WIKIだから多数派工作ができる
>
> 匿名かつ決まった人間しか編集しないわけだから、ほぼ何の価値もないだろうね。

まあゲーム作品の評価と言う点では当てにはなりませんが、ちょっとした紹介としてはかなりのタイトルが揃っているということだけでも価値があると私は考えています。
やっぱりこれだけのタイトルを網羅するには数の力が必要です。

結局のところ、実名でも、個人でもゲームと言うものに万人が納得する評価と言うのは不可能だと思っています。
それぞれ好き嫌いがありますし、ゲーム一作品について全てを知る事さえ難しいものです。
匿名性は実名制と比べ、肩書が無いという点など良い点悪い点がありますが、こういうのがあってもいいと思わせるようなものが私には感じさせられます。

一番致命的な問題は、企業などによる営利目的のステマなどで評価が変遷されることですかね。
個人的好悪ならまだしもそういうのはやっかいです。
匿名コミュニティにおけるステマの排除と言うのは今後の課題になってきそうですね。

  1. 2013/11/14(木) 18:59:14 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1417-2422a373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)