ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「カニステル」

カニステル - Wikipedia

これ、どっかで紹介したような気になってたけど検索しても出てこなかったので。


Wikipediaでは、物事のネガティブな面を語らない場合がある。
特に現在の政治や、経済、何らかの商品の類、つまり利害関係者がある項目では概ね事を荒立てない書き方となる。
よっぽどれっきとした事実ならば書かないでもないが、例えば芸能人に関する醜聞などはあまり目立たない。たまに誰かが書いてもすぐに修正される。


今回はその例外を紹介する。
カニステル。マイナーなフルーツである。
まあWikipediaを引用してみよう。

引用
果実はエッグフルーツ、クダモノタマゴとも呼ばれる。果実は甘く、粉質で水分が少なく、ゆで卵の黄身や蒸し芋のようなほくほくした食感がある。

かなり特殊な果物であることがわかる。

で、問題はここからである。太字は私が勝手に強調した。

引用
一般的なフルーツの芳香や酸味、ジューシーさがなく、食べると口の中の水分を吸うため喉が渇く。食べ頃を判別するのが難しく、完熟にならないと非常に不味である当たりの果実が数個に1個、または数十個に1個しかないといわれるほど味にバラつきがある果実である。完熟状態になるとマダラ模様の黒いシミが浮き上がり、果皮が弾ける。

カニステルは栽培されている台湾や沖縄でもほとんど市場に並ばないマイナーな果実である。近年まで栽培しても売り物にならなかったことから、「蟹捨てる」、「金捨てる」など沖縄の農家の間で揶揄を込めた駄洒落で呼ばれることがあった。

あんまりではなかろうか。


まあ、Wikipediaのカニステルはスタブ項目であり、執筆者の暴走があった可能性も否定できないが、嘘を書いているわけでもないようだ。
それでもなお栽培されているということはやはりその特殊な性質、ゆで卵のようなフルーツと言う特色が独自の、唯一無二の価値となっているのだろう。
乾燥に強く(元々水分余り無いか)、耐寒性も強い。良いところを見ていくことが重要なのだなと思う話であった。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/08/26(月) 01:33:11|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2ちゃんねる、●を買った人のクレカ情報など大流出 | ホーム | 黒子のバスケ、来週の226話が凄すぎたので感想、考察など>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1410-eb093b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)