ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

流されゆく世界。第61回動画紹介回

やがて滝壺に。

ジャンプ感想は動画紹介の後ね。


週刊マンガ雑誌の歴史 1958~64年 週刊少年誌の誕生 【修正版】

テキストリンク
いつだったか掲載したけど、完結したので再掲。
週刊少年誌の誕生から2013年の最初ぐらいまでの流れをわかりやすく面白く紹介。こういう文化史は大好物である。
漫画作品一つ一つにまで言及して語る細やかさが興味深い。最近ではジャンプのNPG勢、黒子、暗殺、斉木、ニセコイ、ハイキューとか凄いよね。今後もジャンプはしばらく安泰な感じがする。


【字幕】Clarkson Powered Up③ 日産 GT-R編

テキストリンク
タイヤに窒素。割と重い車なのに、色々物理法則を無視したような走りができるGT-R。
こういう番組が日本でもやってたら車に興味持つ人もまだまだいただろうとも思う。
レース場に行くと自動でリミッターが解除されるとか。まあ公道で時速何百キロとか出されても困るが。


【TASさんの休日】 マックスウェルのフリーラン

テキストリンク
このゲームあんま知らんかったけど、自由度すげー高いな。
TASだと無とドニと冷凍銃と、あと姪とか排気口ばっかり使いまわしてたけど。
こういうインチキができるようなゲームは嫌いじゃない。


こんなところ。うん。文化史、自動車、TASとバランスはいい気がする。
良い動画が揃ってる気もするし。

2013年度週刊少年ジャンプ36号感想
ひめドル(新連載)
ほう。個人的には嫌いじゃない。好みと言うほどでもないが。
なんであんな不良してる奴がアイドル目指さなきゃいけないんだよと言う話。
巨大学園もの。蓬莱学園以降結構ある設定で、例えば禁書の学園都市、エイケンの私立ザッショノ学園、CLAMP学園、竹本泉先生の聖林檎楽園学園、私がいつもイチオシしてるヤングジャンプで連載してるねじまきカギューの花は桜木学園もその部類。ああそうそう、ネギまの麻帆良学園もそうか。私がパッと思いつく限りでもこんなにあるし定番と言えば定番。それをどう扱うか。
一応ラブコメなのでニセコイと枠を争うことに?なんとなく構造が(学園もの、ダブルヒロイン、金髪と黒髪とか)色々似ているのが気になるところだが。

ONE PIECE
まあジャケジャケとか剣投げてくる人とか面白いっちゃあ面白いけど、さっさと進めろとも思ってしまう。
チンジャオもまあ強いけど、ストーリーにそんな関わるのかな?巨万の富とかいろいろ言ってたが。

ナルト
ああ、なんか四代目のエドテン体ぶっ壊れたままだけど説明は無いのね。要するに攻撃が強すぎて治るとか治らないとかじゃないという話?雑だなあ。
2代目がかっこいい。散々卑劣卑劣言われてたけど、真面目に戦ってるからそんなこと言われるんだな。瞬間移動はチート臭いよね。悟空とかも使ってたが。
それはそれとして、飛雷神回し?イマイチなにやってるかわからん。作者自身はわかってるんだろうけど、漫画で分かりやすく描こうという意思が見られない。基本映像として考えてる人だからなあ。
そして、どうせ大したダメージないんだろうなあ。

トリコ
まあフローゼの死体でも色々弄ったりするなりなんなりしてるのかね。
なんというかインフレが凄すぎてパワーバランスがよくわからんなあ。ジジイとかババアばっかり強いし。

暗殺教室
テスト結果発表。まあE組守るものないから一教科に専念できるもんね。
天才達の挫折。折れて強くなる云々はネウロにもあったっけか。
ぶっちゃけ七本切られたところでどうって感じもしないなあ。なんかまだあるんかね。まあここで普通に死んだら笑うしかないが。

ソーマ
設定回。そろそろソーマも落ち着いて風呂敷を広げていく準備ができたか。
だいぶ人気だもんね。ここからどうするかが重要。

クロクロク
良く考えると、北斗の拳の核戦争後の世紀末、砂漠染みた廃墟でモヒカンが群れを成して略奪を働くってちょっと狂気じみた設定だよね。まあそのころ問題となってた不良共を殺しまくってカタルシスって意味合いがあったんだけど。

ジャコ
やはり鳥山先生上手い。淡々としたギャグが安定した面白さ。すごく面白いとか腹を抱えて笑うという感じでもないが読みやすい良い漫画。

斉木
終焉社って何か中二病臭いな。ワンピース持ってきてってなんか進撃の巨人のジャンプ持込み時のエピソードのパロディ?誰かが落としたから誰かに二本描かせるって、作者の実体験か?結構危ういネタ多いな。しかし、ジャンプでもマガジンとかサンデーとかチャンピオンとか書いていいのね。
頑としてコニャックを読まない斉木に笑えた。

黒子
やはり、連載初期のキセキの世代の雰囲気が良く出ている。バスケへのリスペクトとか無くて、スポーツマンとしてどうなのかと言うレベルであり、全然楽しんでないにもかかわらず、どう足掻いても勝てない。理不尽な強さ。強すぎて不幸。
強いことに咎は無い筈なのに、みんなが不幸になっている。そしてすでに楽しむとかは諦めている。
黒子もそりゃ目が死ぬ。どう考えても優勝するという意味不明な状態。
そんな中で誠凜の話を持ってきたのは、伏線回収の意味もあり、本編を思い出させる意味でも価値があり、何より黒子にとっての誠凜、バスケに対する考え方、この漫画におけるバスケと言うものが感じられて良かった。
この後どうなるかなあ。このままだとマジで三連覇楽勝と言うか、アレなんだけど。灰崎あたりが出てキセキメンバー怪我させたりして?そうすれば本編であんな蛇蝎のように嫌われてたのが回収できる。で、萩原だったかとの試合、たぶん決勝になるんだろうが、どうなることやら。
本編での三位決定戦は多分黄瀬の足の怪我を鑑みて欠場で緑間楽勝、で決勝だが、なんとなく洛山には勝てない気もしてきた。色々伏線残りまくりだし、赤司の勝利能力も簡単に破れそうにない。誓いの内容にもよるが。
負けてから、そっからまた何かで再戦して勝つ感じ?キセキとかまとめまくった紅白戦とか総力戦とか……
何にせよ期待。

べるぜ
ふむ。姫川の真意は。神崎なんかに役立てるのか。また男鹿がワンパンで終わらせるのではないか。
まあ期待はしないで見守ろう。

いぬまる
そういやジャンプスクエアでギャグ漫画日和の人が同じようにタイ旅行レポ書いてたけど、まあ真面目ではないがそっちのが面白かった。融合ってなんだよ。
実際タイも面白そうだよね。異質な文化。

こち亀
そういやチェスがオリンピックって話はどうなったんだろう。

スモーキー
なんとなく台詞回しは嫌いじゃない。
一応主人公とかキャラが好き。基本クズでもなんかかっこいいというか?

無刀ブラック
突き抜け打ち切り12週。
まあ、絵は悪く無かったんだが、話が致命的に向いてなかった。漫画としてはクソだけど作者次回作には期待できるかな?まあ凄く期待できると言う話でもないけど。

磯部
最近定番の浮世絵風読切り。クズ描写好き。侍が刀を売る。まあ現実にも良くあった話ではあるが、スマホ買うためとは。まあジャンプ的にはそういうことなんだろうが。
その内連載貰えるかな?基本一発ネタな気もするが。


こんなところか。
相変わらず黒子のキセキ3年時の鬱積具合が素晴らしい。あとナルトで2代目が活躍してたのも良かったし、新連載も見るべき点があった。暗殺とか斉木もいい感じだったし、この時代に鳥山先生の連載が読めるジャコも良い。磯部とかも楽しいし、総合評価は上の中かなあ。
ジャンプLIVEは成功してるのかな、わりかしそこいらで聞くが。私は課金はまだしてないのよね。一週間以内だとちょっと割引だっけか。どうしたものか。
ジャンプも変革の時が来たと言うこと?これからのジャンプには注目。
スポンサーサイト



テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/08/06(火) 04:50:40|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<週刊少年ジャンプ、最近の打ち切り漫画を振り返ってみる。 | ホーム | 最近のニンジャスレイヤーのエピソードごとの感想を書いてく>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1394-3983ff43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)