ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

2013年度週刊少年ジャンプ36号掲載順バレを見てジャンプの今後を占う

たまにやるジャンプ打ち切りサバイバルレース枠

2ch週刊少年漫画板、ジャンプ打ち切りサバイバルレースpart1544より

引用
117 名前:Cと終と磯部たして正しくはこうかな?[sage] 投稿日:2013/07/31(水) 12:07:40.63 ID:BMXzgkDN0 [3/4]
36
ひめドル
OP
ナルト
トリコ C
暗殺
食戟
クロクロク C
ジャコ
ニセコイ
斉木C
トリガー
黒子
ハイキュー
べるぜ
いぬまる 読切

SOUL
銀魂
BB
無刀(終)
磯部

休 ブリ

37・38
表紙巻頭 OP
C 暗殺、ひめドル、天野洋一読切 49P

驚愕と言ってしまっていいだろう。

まさかまさかの無刀ブラック打ち切り。
無刀ブラックは前の改編期で入ってきたばかりの新連載。つまり、専門用語でいうところの「突き抜け」である。
最近のジャンプの方針(編集長が変わってから?)では「突き抜け」は極力抑えられ、酷い漫画でも改編期を一回は抜けて、単行本も2巻まで出るのが普通であった。
一番最近ではねこわっぱと彼方セブンチェンジ(今は斉木描いてる人の)以来、3年以上前になる。

1クールでは作品の魅力が伝えきれずに打ち切りと言う残念な場合になることを恐れて、ダメそうなのも一応2クールやらせるという方針がここに来て、しかもスケット、クロスマネジ、エジソンの終了からさらに打ち切りでの4outというギリギリまで切ることにしたのか。
もちろん、ジャンプLIVEの開始(8/1から)や鳥山明の連載などに伴う紙面改革を目論んだ、といった影響もあるだろうが、一番の原因は、需要が無かったからだろう。端的に言うとクソ漫画だったからアンケートハガキも酷かったのだろう。

そもそもからして年齢層間違ってるし、高い年齢層向けにはクオリティが低すぎるし、カタルシスも何もない。
スタートダッシュにも失敗したし、そもそも今の掲載陣は強固過ぎて入り込む余地が無い。
もし無刀ブラックが突き抜けないのならば、突き抜けは現編集長下では無くなったと判断しただろうが、正義は示されたようだ。


同期のスモーキーB.Bも実質ドベ2だが、この改編期では切られないだろうと予測される。
5outは昨今の前例に無いし、そもそも今は切られる量より新連載が少なく読切りで補っている状態。
漫画界の王者であるジャンプは一々そういった軽挙妄動は避けるだろう。
しかし、次の改編期を考えると気が重い。割と好きな作品なのだが。クズ描写とかが。

もう一つの前新連載であるソウルキャッチャーズも決していい位置とは言えない。危険域。
このままでは次の改編期でスモーキーと一緒に打ち切りで終わりという展開もありうる。
こっちも個人的に期待掛けてはいるのだが。


最近読切りとして、好評なのか磯部磯兵衛物語、浮世絵絵柄でのニートギャグ漫画が良く掲載されている。いつだったかのワンピースの代原だが、それからこれで4回目ぐらいの読切りだろうか。斉木のように読切りで単行本が出かねない。
まあ一発ネタと言えばそうだが、連載陣に加わる可能性も見てもいいだろう。


掲載順平均なども見ていこう。打ち切りサバイバルレーススレより

引用
124 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい[sage] 投稿日:2013/07/31(水) 12:14:21.14 ID:ab12lebHO [1/2]
Kazeさん乙です

読み切り抜き掲載順8週平均(休載含むのは掲載週のみでの平均)
左の矢印は順位変動、右の矢印は数値変動を表す

→ワンピ…2.167↓
(*2 休 *2 *2 *2 *3 休 *2)

→暗殺…3.000↓
(*3 *2 *3 *1 *3 *2 *5 *5)

→トリコ…3.250↓
(*1 *3 *6 *3 *6 *1 *2 *4)

→ナルト…5.625↑
(*9 *6 *4 *8 *4 *5 *6 *3)

→ソーマ…5.875↑
(*4 *8 *7 *4 *7 *7 *4 *6)

→斉木…6.675↑
(*5 *1 *5 *5 11 13 *3 10)

→黒子…8.875↓
(*7 *5 *8 *7 10 11 *9 12)

→ニセコイ…9.250→
(13 10 11 *6 *5 10 10 *9)

→ハイキュー…10.375→
(*6 14 *9 13 *9 *8 11 13)

→トリガー…10.500↑
(14 *7 14 12 *8 *6 12 11)

↑べるぜ…11.875↑
(18 12 13 10 12 *9 *7 14)

↓銀魂…12.000↓
(15 *4 *1 15 15 16 13 17)

→こち亀…16.625↑
(17 16 18 16 16 15 14 15)






こち亀の下が無くなりました
ブリーチは休載期間が長い為、一旦表から外しています



ワールドトリガーや食戟のソーマは意外なことに好調に見える。
特にソーマは上位陣に食い込んでいる。これは相当なものである。今後のジャンプの中核メンバーとなりうるかもしれない。料理漫画だが色々と噛み合っている印象。
ワールドトリガーも意外に人気なようで。バトル漫画としてわかりやすさがあるものね。中堅に入ってきている。

所謂NPG、ニューパワージェネレーションの5作品も見ていこう。
暗殺教室はもはや看板級に近い扱い、掲載順も単行本売り上げも相当なものなのだろう。
黒子は陰鬱な帝光編で掲載順を落としているが、アニメ2期とかあるし、単行本売り上げで初版80万部とかあるらしいしプロテクト掛かってるようなのであまり気にすることではない。帝光編は作品としてどうしても必要であるし。
ニセコイは学年も変わった。相変わらず恋愛を進行させる気は皆無だが、だからこそラブコメとして機能している。展開とかも理不尽だったりするが、ラブコメにそういうのはいいんだよね。まあ学園ものだし高校行くまでに結論は出るだろう。
斉木はギャグ漫画として安定してきている印象。ジャンプのギャグ漫画と言うと茨の道なイメージもあるが、ジャガーさんなんか20巻とかいってたし。やはり需要はある。
ハイキュー。たしか最近負けて再出発だっけか。まあスポーツ漫画でよくある手法。掲載順も安定しており、新連載を阻む層を作る。


長期連載組、というとなんだが、まあそれも見ていくと、
銀魂、正直ヤバくね?映画はいいんだが、掲載順が死んでいる。平均で見るとこち亀よりは上のようだが、後は新連載しかない。
新連載が好調ならば…… まあ流石に疑似円満は貰えるだろうが。
まあこち亀の上ってことは今すぐにどうのこうのって話でもないが。

べるぜばぶはその一個上。この漫画は打ち切りの可能性がある掲載順の一個上ぐらいに位置するのが得意である。長期にわたる展開も男鹿がワンパンで終わらせるし。
掲載順の見た目よりも長く続きそうな印象がある。

これら二作品は、この前円満終了(でいいんだよね?)したスケットダンスと似たような形式のコメディ。コメディと言うなら暗殺教室も同じ部類。そういうところが影響するのかも。
時代は変わりつつあるか。


ナルトとかワンピはいいや。ナルトは最終章近くで惜しまれつつ円満終了するだろうし、ワンピが終わるのは遠すぎて話す気にもなれない。看板級とは言えないがこち亀は作者が描ける限り続くのだろう。
ブリーチはなんか何週か休載しているが最終章のためのネタ作り(何も考えてなかったからであろう)の休載。という事は最終章なので、ブリーチの進行速度で考えると2020年までには終わるのではないか。ならば心配することは無い。

じゃあ看板級の扱いをされている中でトリコの話をしようか。
薄々ジャンプ編集部のゴリ押しではないかと思っている。まあ私としてはそのド派手なバトル描写は嫌いではないのだが、最近の展開でインフレも極まった気もする。もちろんアレは作中最高実力者の一人の手によるものであるからこれ以上は無く破綻はしないと考えることもできるが、どうにも訳が分からなくなってきている。
ジャンプ編集部のゴリ押しがあるとするならば、それはこれがジャンプの、ドラゴンボールからの伝統の「王道バトル漫画」であることが理由であろう。その分野での成功した漫画は確かにトリコが最後か。まあ連載最初期からゴリ押しがあった気もするが、それは編集部の作者にかける期待だろう。
まあ掲載順とかは弄ってないとして悪く無いが、単行本売り上げはこの掲載順にしては低いという特徴も。アンケ至上主義だもんなあ。
さっさとグルメ界行けっていつも思うが、そこでどのような変化があるか。展開も遅い方なのよね。



話によると、読切りなどを見る限り目ぼしい新人は少ないとか。
しかし、結局新陳代謝はせねばなるまい。

新連載の2作品、ひめドルは来週なので私は読んでいないが、クロクロクはあるいは連載が続いていく可能性も感じられた。
新連載が残るならば、他を切らなければならないだろう。今は連載陣少ないのであるいはなんとでもなるかもだが、いずれは。

終わりが見える連載を上げていこう。
前期新連載のスモーキーとソウル。どちらも厳しい掲載順。

黒子。いやアニメ化プロテクトも単行本プロテクトもかかってるし掲載順だってちょっと減っただけだがそういう問題ではなく、これはスポーツ部活物という事を思い出せば、WCのトーナメント最終戦の洛山、つまり赤司戦が終わればこの漫画は終わるのが作品としては綺麗だ。
引き伸ばしはありうるが、その時点での単行本売り上げなど状況にもよるだろう。アニメ2期の成功度合とか。脅迫の具合とか。掲載順も。

暗殺。まあ無いとは思うが、作中で、地球を壊すまでの期限というものがある。それをどう乗り越えるか。
そういう期限と言うと学園モノ部活モノは全てあるにはあるか。まあサンデーのハヤテみたいに極端に進行を遅くしたりサザエさん時空したり、高校行っても大学編行くぜとかいいだしたら終わらないんだが。
そういう意味では斉木はサザエさん時空を採用し、ハイキューやニセコイ、ソーマ、べるぜばぶなどはまだまだ猶予はあるにしろそういった終焉が見える訳だ。そこまで続けばもちろん本望だろうが。

銀魂。単純に掲載順がヤバい。疑似円満は貰えるだろうが。
まだまだやり残したことは多いが、コメディなので伏線回収を放棄させられる可能性も。

ナルトにブリーチ。ブリーチはラストダンジョンに向けて休載中だし、ナルトに至ってはラスボス戦闘も進行中である。ナルトは今年中とは言わないが来年中には終わるか。
結局ストーリーがある漫画には終焉もあるべきなのだ。ああ、ブリーチはなんか霊王とかいたか…… 先は長そうだ。


考えてみると終わる可能性のある漫画は多い。
あるいは新連載残っても単純に押し出しとはいかないか?
それにしても新陳代謝は進むだろう。どうあっても。

ワンピースという大黒柱こそあるものの、その先を見つけるのがジャンプ編集部の仕事、永遠の課題か。
そう考えると最近は成功しつつあるとも言えるか。ジャンプを担える連載、暗殺教室を含むNPGやソーマ、あるいはワールドトリーガーなど、が集まったからこそ長期連載を打ち切れるのだ。
週刊少年ジャンプもようやく変革の時ということだろう。今後のジャンプの動きに注目を続けたい。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/08/01(木) 12:18:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<声にならないほどの美しさ。第60回動画紹介回 | ホーム | 七月に買った本の感想と八月に買う本の紹介>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1391-cfbc16fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)