ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「宇宙英雄ペリー・ローダン」シリーズが長すぎるのでいろいろ計算してみた

宇宙英雄ペリー・ローダン - Wikipedia
宇宙英雄ペリー・ローダンとは (ウチュウエイユウペリーローダンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科


ペリー・ローダン。売り上げ世界一の小説シリーズである。売り上げなんと10億冊。

というのも2009年7月17日(ドイツ現地時間)に本編シリーズの第2500巻、2011年6月には第2600巻が刊行、今では週刊1冊出ているお化け小説であり、要するに巻数でてるので総売り上げ数も多いのだ。
一巻辺り40万ぐらい?
どうしてこんなことができるかと言うと大量の作家によって書かれているからである。
1961年9月に第一巻。

日本でも翻訳されており、440巻を超えている。月二回だが、ドイツ語版二冊分が日本版一冊分なので同じペースで刊行されている形になる。


これだけ多いと色々馬鹿馬鹿しいことになる。
今からドイツ語版を一日一巻読み始めると今2700巻として一週間に一巻刊行されるので3150日、8年半掛かる。

日本版が2700巻にまでいくのは33年後、2046年ぐらいになる。


そして、ペリー・ローダンは宇宙年代記であり、2700巻で3087年ほど進んでいる。もちろん作中一年に何十巻も進む場合もあるし、飛ばす場合も多いが一冊一年ほどというのが恐ろしい。
ちなみに初刊刊行から42年なので現実の一年で作中73.5年という計算。

日本版は最近では一冊630円。
440巻買うとすると27万7千円。現在ドイツ語版が刊行されている分まで買うとすると85万円ほどになる。
まあ実際本は車とは違うという事だが。
一冊300gとすると440巻で132kg、ドイツ語版の現在付近で600kgに届くほどになる。家がつぶれる。
一冊の幅が1.5cmとすると、本棚は一段で6m60cmとる。本棚の横幅が50cmだとすると13棚以上とる。
ドイツ語版の現在付近まで刊行されたものを収めると、20m25cm本棚40段以上という計算。小さな部屋が埋まる。




突出した数字を冷静に考えてみると恐ろしいものである。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/06/26(水) 23:09:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<本の魔力は間違いなく魅了だ。第五十回動画紹介回 | ホーム | 幼児=囚人。第49回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1352-d9541715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)