ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方茨歌仙 第十七話 梅雨の奇石 感想・考察・その他の確認等

東方茨歌仙 Wild and horned hermit. 第17話「梅雨の奇石」の感想や考察など。

第一話「片腕有角の仙人」感想
第二話「意図的に捨てられた技術と地獄」感想
第三話「罪人の金鉱床」感想
第四話「信仰の人工湖」感想
第五話「仙人の本分」感想
↑ここまで単行本一巻に収録
第六話 「雷の持つ見えない毒」感想
第七話 「本物の福の神」感想
第八話 「狐の奸計」感想
第九話 「新旧の妖怪」感想
第十話 「帚木の別天地」感想
↑ここまで単行本二巻に収録
第十一話 「運松庵の太公望」感想
第十二話 「死神のお迎え」感想
第十三話 「河を捨てた河童」感想
第十四話 「人間に好かれる妖怪」感想
第十五話 「人の寄り付かない神社」感想
第十六話 「鬼の酒器」感想

単行本第一巻の雑誌収録してないところとかの感想。
単行本第一巻の総合的感想・考察

単行本第二巻の総合的感想・考察


例大祭も終わり、心綺楼の製品版が出て、輝針城も体験版が出た。鈴奈庵もかなり進んで、そして7月27日には茨歌仙単行本第三巻。
今年は東方の年である。それもまだ序章に過ぎない。

小鈴や香霖、三妖精は心綺楼の人里背景にいたけど、華仙は出なかった。
やはり他の書籍作品とは違うのかもしれない。

ではあらすじから。
合羽を着る魔理沙と、魔理沙の家付近のガラクタを手にする霊夢と華仙?霊夢は通行禁止の看板、華仙はライトセーバーのおもちゃ。

魔理沙邸。季節は梅雨でジメジメしてしている。本がびしゃびしゃに濡れている。
しかし雨漏りではない。

そんな中、霊夢は神社で梅酒を作っている。華仙もいる。
御神木の梅も少し使っているらしい。
霊夢の酒薀蓄が始まる。神様はお酒が好きだとか。

霊夢、梅酒を漬物のように石で蓋すると言いだす。
ちょうど魔理沙が合羽を着て石を携えて登場。
霊夢がその石を漬物石にしようとするが、それはいくら拭いても湿り気の取れない石であった。

魔理沙曰く、家の中でずっと水分を出していた、綺麗な丸い石だから拾っただけで何の石かわからない、神社で拾ったから霊夢に見せようと思った、とのこと。
霊夢は知らない。華仙は天気石と正体を言い当てる。中から湿気を出す石の事で季節の変わり目に稀に見つかるとのこと。
中に何らかの生き物が棲んでおり、湿気はその生き物の呼吸だとか。

霊夢は割って確認しようとするが、勿体ないと魔理沙が阻止。
華仙曰く、ものの本では中に龍が入っていたとのこと。

別の日。博麗神社に天気石を祀った龍石堂が作られる。
魔理沙の家は湿気に弱い物ばかりだから譲ったらしい。煽りあう二人。

石が信仰の対象となることは多い。
中に生き物が入っているなら儀式で魂を込める必要もない。
しかし龍石だとすると、大きくなるので小さなお堂ではだめと華仙は言う。

数日後霊夢はでかいお堂を建てた。「大きくなるよ!」という看板もある。
最初の頃は賑わっていたが、石が大きくならないのですぐに参拝客が離れている。

石が大きくならない事に話が違うと華仙に突っかかる霊夢。魔理沙は笑っている。
中に住むのは龍でなく魚かも知れないとの事。魚石。
龍石はいずれ割れて天に昇りその時災害を引き起こすが、魚石は限界まで削ると透き通って二匹の金魚が遊びまわる姿が見れて美術的価値があるという。

早速削り出す霊夢たち。霊夢が鑿で大胆に削り、魔理沙がやすりで細かく削る。
魔理沙が華仙に付いて訝しがる。この石について詳しく、その上で手に入れようともしない。
コレクターの魔理沙曰く、無闇に貴重さを煽りそれでいて現物には執着しないのはすでに同じものを持っている時の話しぶりだという。
興奮して魔理沙は手に力を入れすぎる。石は割れた。

割れた魚石と金魚鉢。二匹の金魚がいる。
放心状態の霊夢と魔理沙。華仙曰くもう価値は無い。それでもその金魚はかなり長生きするという。
しかし石の中に住んでいる限り不老不死だったとか。
それで魔理沙は詳しいのかと聞く。華仙は頷く。そして魔理沙は、華仙は龍石、魚石両方持っていることを看破する。

後日。華仙は魚石を持ってくる。……削っていない原石のまま。
霊夢たちに伝説のように透けるまで削れるか試させたらしい。霊夢は金魚に餌をやっている。
魔理沙は龍石についても尋ねる。龍石は孵ったからもう無いとのこと。
ずいぶん昔に孵り、お陰でかけがえのない素敵なものが手に入った、華仙はそう言う。
魔理沙が目を輝かせている。霊夢によると魔理沙の盗人センサーがロックオンしたらしい。
魔理沙が弁解する。華仙は笑っている。

Febri Vol.18へ続く。


あらすじ終わり。龍石とか魚石とかガジェットによったオカルト系のお話と見せかけて、茨歌仙全体のストーリーから見ると、霊夢たち(というか今回は魔理沙だが)が華仙を疑うという一つのターニングポイントではないかとも思う。まあ別の方向で納得してるが、これが続くと……
博麗神社の信仰問題という点でも面白いものがあった。心綺楼では特に決着したわけではないしね。



登場キャラ紹介。登場順ね。
茨華仙(茨木華扇)
東方茨歌仙の主人公。仙人?鬼?色々な知識を持っている。

今回はコレクター的上から目線&人に試させるという主にクズ行為をやっていた。
結構色々知ってる割に神道の知識は霊夢には劣る?罰当たりという概念もあまり詳しくない?

今月の名台詞。
「これは貴重な資料ですからね」
華仙の一筋縄ではいかない性格がよく表れている。


博麗霊夢
東方projectの主人公。博麗神社の巫女。

偶然手に入れた天気石を巡って右往左往。欲に塗れている割にさっぱりしている?
今回ペットとして寿命が長い金魚二匹ゲット。
しかしでかいお堂まで立てて努力の方向性がアレ。

今月の名台詞。
「お酒は良いのよ 神社的には」
幻想郷的には仏教と神道の差はお酒を飲んでもいいかどうからしい。まあ命蓮寺の妖怪も飲むんだけど。


霧雨魔理沙
東方projectの副主人公。コレクターである。女性に収集家は少ないという話も聞くが。

いつも通り傍観者スタイルとみせかけて、いろいろやらかす。
神社で天気石を見つけ、家では湿気るから神社に持ち込む。ふむ。
霊夢は鑿で大胆に削ってたが、結局割ったのは魔理沙という。

今月の名台詞。
「ほんと 湿らせたただの石ころを価値のあるものに見せかけようと必死になってる様にしか見えなかったぜ」
魔理沙らしい失礼なものぐさ。

あとは人間のモブと魚と龍のイメージぐらいか。
登場人物が少なく密な回。華仙の正体が割れるのはいつか。
やはり霊夢と魔理沙だけでは疑いはしても秘密は暴けないと思うのよね。神霊廟組とでも合わないと。芳香とかねえ。


細かい点も含めた確認考察など。
季節は梅雨。現実世界では梅雨入りはだいぶ遅れているのだが、幻想郷では容赦がない梅雨。なんか現実世界で幻想になったものが入ってくるから気候とかも逆になるんだっけ?でもまあ同じような気候の時もあるよね。
書籍というのはその季節に入る前に描く物だから、現実世界の気候がどうあろうと言い訳できる設定なのかもしれない。

お酒の語源が奇で奇跡云々はネットを探しても無かった説だけど、明石先生あたりの説だろうか。

本田式鎮魂法。なんかうさんくせーけど、神道の術らしい。石上神宮の石上鎮魂法よりマニュアルとか出回っててお手軽なので一般に普及してるとかなんとか。

しかし茨歌仙では神社のご本尊多いな。

二日に一度雨が降っている。梅雨である。

龍石の危険性を教えられて「早く言えよー」とハモッている霊夢魔理沙がかわいい。

孵った龍はいつだったか霊夢を修業場に連れてく時に呼び出したアレだろう。
ずいぶん昔。まあ茨木童子と考えるとだいぶ前から生きてるわけだしなあ。

濡れた本は魔導書かなんか?

乾燥の魔法。除湿機を買おう。
河童なら加湿器は作れそう。

いくら拭いても湿るって、無限に水が出るってこと?質量保存の法則とか……空気中の水分吸い込む系?そう考えると魔理沙の部屋がジメジメしてたのは……どうしようもないほどジメジメしてたのかな?
まあ幻想物質だしそんなもんだろうが。

中に生物がいるなら割ってみようとすぐ提案する霊夢。物の価値とかがわからないというのはこの辺か?

龍石堂みたいなものができると流石に博麗神社にも普通の人間が集まる。博麗神社といってもまあ行こうと思えば苦労するにせよ到達はたやすいぐらいか?人里から何キロ?

華仙が不老不死と言われて一瞬だまる。華仙は不老不死を目指す仙人ではないようだ。やはり腕?



まあこんなところか。
無難な話と言えばそうだが、華仙の正体という点では着実に進んでいるか。
華仙は不老不死を目指す仙人ではない。色々と登場人物も華仙について考え始めてきたか?
そろそろ一気に解決があるだろうか。

茨歌仙何巻までやるの?5巻?もっと?
何にせよ期待。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/06/15(土) 03:48:46|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2013年夏アニメのPV集動画を見ていく | ホーム | 暴力性の発現としての裁判。第46回動画紹介回>>

コメント

No title

毎回分かりやすいあらすじありがとうございます。
華扇は性格的には抜けてるところが多かったですが、知識も偏ってますよね。初めは賢いキャラだと思ってたんですが、今は大食いキャラの印象が強いです。
アリスも蒐集家なんですよね。まあ妖怪版魔理沙だからといえばそれまでなんですが。
石が割れた件は、天才の霊夢は適当にやっても上手くいき、普通な魔理沙は慎重にやってもダメなこともあるという対比でしょうか。そうはいっても霊夢も神社関係のことになると何をやっても失敗するんですよね。魔理沙も慎重な描写がけっこう多くて、昔のパワータイプな印象は小さくなった気がします。雪山に突撃したりもしてますけど。大胆小心って、心理描写がないと分かり辛いです。
  1. 2013/06/15(土) 14:47:04 |
  2. URL |
  3. si #xXK6A1Eo
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 毎回分かりやすいあらすじありがとうございます。

いえいえ。あらすじでも書かないと誰も見ないかなと思ってるので。


> 華扇は性格的には抜けてるところが多かったですが、知識も偏ってますよね。初めは賢いキャラだと思ってたんですが、今は大食いキャラの印象が強いです。

結構隙多いですよね。その辺りも謎と言えば謎ですかね。


> アリスも蒐集家なんですよね。まあ妖怪版魔理沙だからといえばそれまでなんですが。

幻想郷はレアアイテム多いですからね。本のコレクターならパチュリーや小鈴が凄そうですが。
鈴奈庵にはパチュリーの大図書館に無い本も多いのでしょうか。図書館には魔導書は多そうですが。ネクロノミコンは無いのですかね。
そういえば輝夜も色々もってますし、香霖も結構商品コレクトしてますね。幻想郷にはコレクター気質多いのかも?


> 石が割れた件は、天才の霊夢は適当にやっても上手くいき、普通な魔理沙は慎重にやってもダメなこともあるという対比でしょうか。そうはいっても霊夢も神社関係のことになると何をやっても失敗するんですよね。魔理沙も慎重な描写がけっこう多くて、昔のパワータイプな印象は小さくなった気がします。雪山に突撃したりもしてますけど。大胆小心って、心理描写がないと分かり辛いです。

石の件はやはり霊夢と魔理沙の差と思いましたね。まあそもそも透けるまで削れるものなのかという問題も多いですが。
神社は霊夢が何をしようとダメな状況だったり?立地が悪いですからね。
魔理沙は結構ビビりなとこありますが、人間だし普通はこれぐらい慎重でないと生き残れないのかもしれませんね。
  1. 2013/06/15(土) 15:38:28 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1342-cb5360f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)