ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

五月に買った本の感想と六月に買う本の紹介

4月~5月のはこちら

いつもどおり漫画ラノベの新刊感想紹介記事。読んだのは感想書きたくなったのだけ書く。買う予定なのは買うかどうかわからないのも書いたり。買うかどうかわからない、とか気になってるだけなのは()付きで。
結局なんだかんだ言って買えなかった本とかあったりするけど気にしないでね。
買うの確認してなかったけど新刊で買ったのは覚えていれば書く。最近書いてねえけど。

一応新刊本は、漫画はまんが王倶楽部から、ライトノベルはラノベの杜から確認している。
漫画ラノベ以外は基本的に新刊確認してないのでここには書かない。まあなんかの拍子で買いたくなって新刊確認したら買うけど、あんまそういうのは新刊で買わないし。むしろジャケ買いする。ラノベはジャケ買いあんましない。
でもラノベの杜に載ってるラノベじゃない小説は書いたり?ラノベの定義は気にしない。

私は本の買い方では作者買いが多い。ジャケ買いも試し読み買いも評判買いも広告買いも分野買い資料買いジャンル買い元ネタ買いもするけど。

アマゾンリンクとかは無いから気になったらググッてね。
ああ、そうそう、ネタバレは余裕であるから。
ここまでテンプレ。地味に変わってるけど。ちょくちょく弄る。

ではスタート。
5/2
JUMP j-BOOKS 斉木楠雄のΨ難 Extra Story of Psychics ひなたしょう 原作:麻生周一 麻生周一 683 978-4-08-703289-5
集英社 斉木楠雄のΨ難(4) 麻生周一 ¥420
集英社 黒子のバスケ(22) 藤巻忠俊 ¥420
集英社 暗殺教室(4) 松井優征 ¥420

斉木小説版。まあ正直ギャグ小説としての出来が悪くて面白くなかったんだけど、作者の過去作のキャラが出てくるのは賑やかで悪く無かった。
斉木。ギャグ漫画として安定してきている。でも勢いはどうかな?斉木自身は最強キャラ臭くていいのだが。
黒子。黄瀬戦最後まで。ギリギリの攻防が凄まじい。最初に倒した敵でありながらここまで盛り上げてくる、そのキャラを大事に使っているところがこの漫画ならでは。黄瀬も化けもんだよね。怪我してここまで追いつめてくる。まあ火神もゾーンに入らなかったけどそれを言うなら黄瀬もだし。
暗殺。なんだかんだ言ってこの漫画、教師漫画なんだよね。暗殺とか超生物とかそういう要素はそれをよりはっきりさせるための物。毒のための漫画じゃないのよね。

5/8
秋田書店 名探偵マーニー(3) 木々津克久 ¥440

マーニーは逆に毒を味あわせる漫画。でもフランみたいなのはチャンピオン本誌だときついから、という感じか。
私はこっちのが好きだが。マーニーかわいいし。
なんかマーニーと暗殺教室発売月リンクしてるし漫画の経緯(というかなんというか)が似てるからか比較してしまう。

5/10
電撃文庫 一つの大陸の物語 〈下〉 ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ 時雨沢恵一 黒星紅白 620 978-4-04-891600-4
電撃文庫 僕と彼女のゲーム戦争5 師走トオル 八宝備仁 641 978-4-04-891422-2

まあ個別に紹介記事書いてるけど、どっちもスゲーよかった。
ジャガイモ大陸もの、もっと色々出してもいいよねえ。トレイズはヘタレのまま終わったし、新聞部との絡みが十分ではなかったとも思う。世界設定がきっちりしているからどこまでも読みたくなる。
ゲーム戦争。みんゴルとぷよぷよと東方花映塚。結構個別のゲームへのリスペクトが高く、攻略もしっかりしているのが良かった。東方効果で売れてたりしてるのかな?知らんけど。

5/17
集英社 ジョジョリオン(4) 荒木飛呂彦 ¥420
集英社 ねじまきカギュー(10) 中山敦史 ¥540
集英社 わたしはキャワワワ!! 大亜門 ¥590

ジョジョリオン。八部は結構ホラーというかミステリー入ってるよね。ジョジョであることは間違いないが七部までとは違う。スタンド戦も流石の面白さ。ルールを見つけていく闘い。
カギュー。うむ。個別に感想書いたけどほんとやべーよね。生徒会編のラスボス衿沙の不幸。どうしようもない救われなさ。対極を描くことで愛を際立たせる。
キャワワワ。うむ。酷いな。まあ打ち切られるのはわかるが、それでも面白い。まあヤングジャンプでやるべき漫画ではなかったという事だが、どこでやったらいいという訳でもないか。

5/30
小学館 とめはねっ! 鈴里高校書道部(11) 河合克敏 ¥580

書道薀蓄漫画。書道やらなきゃわからないような世界をきっちり描いているのが印象的。木簡とか篆書とか色々あるのね。


ここまで感想。
ここから紹介。


6/7
秋田書店 侵略!イカ娘(14) 安部真弘 ¥440

いい加減この漫画もチャンピオンの重鎮染みてきたよね。
安定したギャグ漫画。三馬鹿がやらかす辺りはかなり好き。

6/12
小学館 アオイホノオ(10) 島本和彦 ¥580

いい加減展開が遅いが、まあきっちりと自伝を書いている感じ?
でもまあ遅いわな。

6/18
小学館 モブサイコ100(3) ONE ¥580

この人絵は荒いけど上手いよね。なんというか。
弱そうに見えて強いというわかりやすい仕組みだが、きっちり面白い。
最近色々展開が複雑になっているが。

6/22
角川書店 涼宮ハルヒの憂鬱(19) ツガノガク ¥588

お気に入りなキャラである周防九曜目当てで買ってるけど、この人の九曜の書き方あんま好きじゃないのよね。買うけど。
原作も新しいの出る気配がないし、どうなるんかね。

6/24
角川書店 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト(4) 長谷川裕一 ¥588

クロスボーンだけどVガンダムの時間軸。クロスボーンガンダム描いてた人の続編なんだよね。そもそもクロスボーンガンダム漫画原作だけど人気あるよね。映像化しないのかな?
最近買い始めたけど、サーカスの賑やかさが楽しげで良い。しかし、Vガンの時代は色々MSもロクでもないなあ。戦艦も。

6/25
エンターブレイン テルマエ・ロマエ Ⅵ ヤマザキマリ ¥714
スクウェア・エニックス ハイスコアガール(4) 押切蓮介 ¥610
スクウェア・エニックス ハイスコアガール 公式ファンブック KAJIMEST ¥900
(スクウェア・エニックス ハイスコアガール(4) 初回限定特装版 押切蓮介 ¥1,500)

テルマエ。風呂漫画だけど最近はちょっとズレてきてる?
ハイスコアガール。ラブコメだけどアーケードゲームの香りを混ぜている事で凄く読みやすい。ラブコメ恋愛はアレとしてゲームはみんなしてるから?世代直撃?
ファンブックは買う。設定資料集の類は大好物。
で、初回限定特装ってどう違うのよ。基本通常版買うんだけど、本の類が付くなら別なんだが。フィギュアかなんか?

6/28
小学館 ドロヘドロ(18) 林田球 ¥920
(朝日新聞出版 小説・落第忍者乱太郎 裏切りの土井半助の段 阪口和久 原作:尼子騒兵衛 尼子騒兵衛 880 978-4-02-275105-8)

ドロヘドロ。去年に送った読者限定サービスがまだ届かないんですがそれは。延期してるんだっけ?まあ雑誌の法でも休載気味だけど、今年か来年中には終わる感じかな?再来年?能力バトルの中でも血生臭さは随一。ギャグとシリアスの分量というか、良い作品だよほんと。
で、え?落乱小説でんの?買おうかなあ。

6/29
少年画報社 アリョーシャ!(5) 近藤るるる ¥600
日本文芸社 ミナミの帝王 ヤング編 利権空港(3) 郷力也 ¥620
エンターブレイン ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲! 【ドラマCD付特装版】 ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ 訳:本兌有、杉ライカ 1995 978-4-04-728946-8
エンターブレイン ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲! ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ 訳:本兌有、杉ライカ 1260 978-4-04-728945-1

アリョーシャ。これで最終巻?スパイもの。るるる先生らしくかわいい絵柄だけどエグい。そこがいい。
ミナミの帝王。ぶっちゃけ本編は121巻とかアホほど出てるし、集めてもきりないし(バラバラに30巻ぐらい集めたけど)、そもそもやってること時事ネタ抜きにしたら演出の派手さとコマのでかさぐらいしか変わらない気がしたのでヤング編を集めている。まあなんだかんだいって色々無茶だけどそれがいい。読んでて楽しい娯楽漫画。水戸黄門的な感じ。
忍殺。結構ネット彷徨ってると関係ない場所で忍殺語流れてるよね。ネットでは広まっているか。で、二部の第一巻。ドラマCDどうしようかなあ。基本そういうのは買わないんだけど、面白そうだしなあ。漫画化とかしたら別に買うだろうけど。
書籍になるとハードモードなってるからまた楽しめる。そもそもWEBで読むのと本で読むのとはやはり違うと思ってる。わらいなくさんの挿絵もあるし。期待。



こんなところかな。
6月はドロヘドロと忍殺とかあるけど、まあ並作?ラノベ買うもんないなあ。なんか新しく買おうかなあ。
作者買いばかりしていると新しいものになかなか手が出ない。
いうてラノベ小説だから漫画より読むの時間かかるのよね。まあラノベだから読むのに時間少ないという事も無いか。

記事数この時点で31記事か。動画紹介回で締めかな。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/05/30(木) 19:12:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<我々は幾つの世界を救ってきたのか。第42回動画紹介回 | ホーム | 骨髄まで休眠。第41回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1329-85f78c83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)