ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

第6回の秋葉原ビールフェアでも神主ことZUNさんが書下ろしするらしい

Tweetvite :: 『第6回 秋葉原ビールフェア』開催!

ネット世代の雑評論 神主の絵の仕事ってこれか。 第3回秋葉原ビールフェアについて。
ネット世代の雑評論 虫籠のガンプラ。第四十一回動画紹介回 第4回秋葉原ビールフェアについて触れている。
ネット世代の雑評論 神主の描いたビール娘がやたら上手い件について 第五回ビールフェアについて。

まあ厳密に言えば違うけど、神主がらみならジャンルとテーマは東方で。
なるほど、4月と10月にやる感じか。旬とかあるの?ビールは小麦とホップだっけ?まあよく知らんが春と秋なら普通か。春小麦冬小麦だっけ?中学辺りのアメリカの地理でやったような。

まだ神主のビール子の絵は上がっていないようだが、年々上手くなっていく傾向がみられるので今回にも期待したい。絵の変遷という意味でも。
というか今年もビール子描くのかな?


一応重要そうなとこ転載。

今回は2013年4月26日~5月5日の10日間、参加店舗が少し変わって「A-Button」「Bar 秋葉原 Garten」「Honey Honey 秋葉原」の3店舗合同で開催いたします!


ふむ。秋葉原の店とかあんま知らんけど、前回も「A-Button」はあったっけ。

期間中は、各店が選び抜いた世界のビールをたくさんゲストに用意して、皆様のご来店をお待ちしております。
また、各店舗で指定のビールを飲んでスタンプを集めると『ZUN氏書き下ろし特製コースター』が貰えるスタンプラリーもいつも通り同時開催となります。


世界のビール。まあ楽しげである。
で、書下ろし特製コースター。良くわからんけどこの場合描き下ろしじゃないの?絵だし。まあ上代日本語では「かく」は「欠く」、土を削って印をつけるぐらいの意味合いで「書く」も「描く」も、ついでにいうと「掻く」も同語源らしいけど。どうでもいい豆知識。
指定のビールを飲んでスタンプラリー。欲しい人は飲めということ。

※開催にあたって

本イベントは世界のビールをテーマにしたイベントです。
したがって、法的に飲酒を禁じられております未成年者の参加は出来ません。
『Game Bar A-Button』『Bar 秋葉原 Garten』におきましては入店時に、『Honey Honey 秋葉原』におきましては酒類のご注文の際に、身分証にて年齢を確認いたします。
20歳以上の方でも、年齢の確認が出来ない場合、入店やご注文をお断りさせて頂く事があります。
未成年者の飲酒防止のため、ご協力の程、宜しくお願いいたします。

なお『Game Bar A-Button』及び『Bar 秋葉原 Garten』は、常時未成年者の入店をお断りしております。あらかじめご了承ください。

注意書き。要するにガキは来んなって話。
子供がアルコール飲んだら脳味噌の発達に良くないんだっけ?でも20歳でデジタルに解禁というのも実際に合ってない気も。まあわかりやすさの問題だろうが。

協力・協賛

(株)きんき
ホブゴブリンジャパン(株)
(株)モトハラ
(株)榎本商店

ホブゴブリン……
茨歌仙に出てきたね。鈴奈庵にもモブで。ホフゴブリンだけど。アレって発音の問題なんかね?それともマイナーチェンジ?


こんなところか。まあこういうお祭り騒ぎにお酒は良く合うよね。
興味のある方はどうぞ。


※追記
某所より第六回版ビール子の画像を入手したので転載。
ソース
第6回ビール子
また上手くなってね?安定している。ゲームの仕事の中の絵じゃなくて絵の仕事だから気合が入ってるのか。
舞い散る葉っぱはホップの葉っぱか。
こういう小ネタが神主らしい。



近況報告。
ウディタおもしれー。
バグもいっぱい出て、なんかシュレーディンバグめいたものとか出たけど、バグ取りもまた面白い。
プログラム的なのは嫌いじゃない。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/04/03(水) 13:49:19|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ウディタでランダムダンジョンなゲーム作ってみた | ホーム | ブッピガン!第26回動画紹介回>>

コメント

No title

ZUN作とはにわかには信じがたいですねw
  1. 2013/04/06(土) 01:11:23 |
  2. URL |
  3. トラ吉 #JkFXavhQ
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> ZUN作とはにわかには信じがたいですねw

絵は枚数描くと上手くなると言いますからね。
旧作の初期の頃の絵も味があって好きだともいえるのですが、最近は独自の境地を編み出されたようで。

デザインとかは昔から凄いという話ですが、どうなんですかね。
それが二次創作が多くなった一因とも聞きますが。

まあ絵がめちゃくちゃうまくて流行に乗ってる作品の二次創作は人気の割には少ないとも聞きますが。
やはり二次創作者の独創の余地がある方が捗るということなのかもしれませんね。
  1. 2013/04/06(土) 01:44:09 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1267-caaaf9b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)