ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

身代金というと何か認められた行為のような気がしてくる。第24回動画紹介回

なんとなく、法律用語でもあるし実際に犯罪者にも使われる用語という感じが違和感というか。わかりにくいか。


毎週木曜恒例ヤングジャンプ連載ねじまきカギュー感想。
まずあらすじから。

カギューの約束とは「1日だけ家族になって欲しい」。カギューの住む神社にカモが赴くとマブルゥと窈もいる。
カギューは料理を作りもてなそうとしていた。共に食事をしたカモ達は肩の力が抜け、これが「家族」と実感。
元風紀委員メンバーも加わる。カモはいつか衿沙さんも、と思う。次号新章。新キャラが出るようだ。


こんなところ。生徒会編終了でみんなで揃ってホームパーティといったところ。良い終わり方である。衿沙達生徒会が本格的に仲間になるとは今後衿沙が復活してからか。
マブルゥの飼い猫であるテンプラが功夫を積んでいる。書下ろしでは出ていたが本編では初登場か。
神社の爺はマブルゥの事を知っている。北家。カギューが南家螺子巻拳だっけ?南が拳で北が脚?
マブルゥは全般的に子供っぽいところや狂気をはらんだところがおりまざさっていていいキャラである。特に日常回では。
マブルゥ、カモに無理やり酒勧めてたけど、マブルゥ自体は何歳なんだ?まあギリギリ成年でもおかしくないか?
窈はまだカギューをあきらめた感じではないが。マブルゥと同棲というのがフラグでねえ。
カラーの扉絵も中々良い。デフォルメが効いたキャラ達。理事長だけほとんどモンスターな描かれ方。
カギュー達や元風紀委員たちとのつながりを家族と表現した。ふむ。どうなっていくことやら。

安心感のある終わり方。章ごとにきっちりと終わるのは好印象である。
次号新章はいかなる展開となるのか。森センセはどう動くか、理事長は何をするのか、カモセンセはどういう立場になるのか、そこでカギュー達は、衿沙は。
様々なことが想像されるねじまきカギュー新章。そろそろ単行本も出るらしいし大期待である。


【阿澄佳奈 加藤英美里】ファミ通文庫プレ15周年企画 #5 (1/2)

テキストリンク
ニコニコ生放送の番組を勝手に録画したものだけど、まあどのみち宣伝番組みたいなものだし大丈夫だよね?
ファミ通文庫の15周年に備えて色々やってるらしくて、そのための番組なんだけど、なんかファミ通文庫の大御所ライトノベルである「バカとテストと召喚獣」とニンジャスレイヤーのコラボCMがあったので。5:40~10:52まで。
そういえばファミ通文庫出してるエンターブレインが書籍版ニンジャスレイヤー出してるんだった。
なんと、ニンジャスレイヤー=サンが登場する…… まあザ・ヴァーティゴ=サンの変装という裏設定らしいけど。詳しくはザ・ヴァーティゴ=サンのツイッターアカウントより。
ニンジャスレイヤーの声はアレで決定なのかな?いい感じだとは思う。アイエエエ!とかイヤー!の発音とかもドラマCD作ってるしアレで決定か。
結構面白かった。これは前編で後編がまた来週の放送であるらしい。ヘッズ風に言うならば「備えよう」。


国語の教科書で一番強い奴決めようぜ

テキストリンク
うむ。まあ出オチ。エキプロである。
まあメロスは定番中の定番か。太宰治。ああいうのってどういう基準で選ばれるんだろうね。
使ってる教科書とか選ぶのは学校だしなあ。初等教育というのは今思われているよりも重要だと思うのだがどうか。まあ無理にエリート教育するのがいいって言ってるわけじゃないけど。影響が大きいけどどの方向性が良いのかは知らないし、方向性とかそういうのが間違いなのか。それにしても…… まあいいか。結局は子供次第か?ふーむ。

【GUNDAM MAD】 -One Year War- U.C.0079.ZEON 【死んでいった者達のために】

テキストリンク
ガンダム一年戦争まとめMAD。ジオン目線。MADというけど音MADではなく、集めた映像で振り返る感じの。
敗者の美学というのもあるよね。最近イグルーとかいうのが出てて、案外人気だったようだが、放送当時はあんま気にしなかったなあ。CGなのがGセイバーと被った印象を与えたか。
まあよくよく考えると一年って設定はきつかった気もする。設定というのはどうしようもないものもあるが。

【再うp】50音ごとのガンダム名セリフ集

テキストリンク
非常に面白い。納得の名台詞もあれば、これかよってのもあって純粋にニコニコで見るのに適している。
結構作品バラバラなのも好印象。割とガノタって作品選ぶ傾向にあるから。かくいう私も少しそういうところがある。
今になって考えるとAGEもいいところ結構あったなあ。というか異常に叩かれすぎだった気もするが、それは今だから言えるのか?
小説版買おうかなあ。

マリオシリーズで感動したシーン集

テキストリンク
マリオで感動というとRPG系は結構あるようだ。マリオ本編は基本的にストーリー性薄いからね。
任天堂はストーリー性を軽視する傾向がある気もするのだが、ストーリーの扱いもまた難しいものだ。
まあゲームによって分けるのは正しい選択かも知れないが……



こんなところで。5動画出血大サービス回。わりとジャンルもばらけている気もしたが、どうか。
そろそろニンジャスレイヤー4巻か。結構色々特典とかあるし、どれ買うか迷う。
他のメディア展開情報はまだかな?
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/03/22(金) 02:20:44|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<JOJOVELLER(ジョジョベラー)、なんかまた凄い設定資料集が出るみたい | ホーム | クソゲーオブザイヤー2012携帯ゲーム版、大賞決定「ヘビーファイア ザ・チョーズン・フュー」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1252-c3eec804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)