ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「特異なバグ」

特異なバグ - Wikipedia

バグ。直訳すると虫だが、ここではコンピュータープログラムの欠陥や誤りのバグである。
バグは思わぬところで思わぬ形で出るもので、様々な形がある。

中でも特殊なバグには名前がついているのだが、という話。


ハイゼンバグ
調査しようとすると消えたりするバグ。

ボーアバグ
特定の条件下でのみ発生するバグ。

マンデルバグ
複雑すぎるバグ。

シュレーディンバグ
調べてみると動いている方がおかしいように思えるバグ。

アリストテレス
プログラムにバグは無いが入力に誤りがあった場合。

月の相バグ
超自然的バグ?


色々と学者の名前を使っている。
学者の発見を思わせるバグという訳だが、内容的には勘違いも多く、それこそバグっている。
こういう変なところから名前を取る文化もギーグ文化の一つなのだろう。



何にしても、名前は付けなければならない。
その規則をどう決めるかというのは色々な面白い話があるということ。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/03/06(水) 23:19:36|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<胡蝶の夢の羊。第二十回動画紹介回 | ホーム | 太鼓の達人Wii2のテスト曲(?)「1STPAI」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1238-6b2618c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)