ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

二月に買った本の感想と三月に買う本の紹介

1月~2月のはこちら

いつもどおり漫画ラノベの新刊感想紹介記事。読んだのは感想書きたくなったのだけ書く。買う予定なのは買うかどうかわからないのも書いたり。買うかどうかわからない、とか気になってるだけなのは()付きで。
結局なんだかんだ言って買えなかった本とかあったりするけど気にしないでね。

一応新刊本は、漫画はまんが王倶楽部から、ライトノベルはラノベの杜から確認している。
漫画ラノベ以外は基本的に新刊確認してないのでここには書かない。まあなんかの拍子で買いたくなって新刊確認したら買うけど、あんまそういうのは新刊で買わないし。むしろジャケ買いする。ラノベはジャケ買いあんましない。
でもラノベの杜に載ってるラノベじゃない小説は書いたり?ラノベの定義は気にしない。

アマゾンリンクとかは無いから気になったらググッてね。
ああ、そうそう、ネタバレは余裕であるから。
ここまでテンプレ。地味に変わってるけど。ちょくちょく弄る。

ではスタート。
2/4
集英社 黒子のバスケ TVアニメキャラクターブック アニバス Vol.3 桐皇&others編 500円(本体476円)
集英社 黒子のバスケ(21) 藤巻忠俊 420円(本体400円)

アニバス本はまあ物理的に薄いうえに高いけど、ファンなら買ってもいいか。それにしても薄いのに本編より高い。二期でもこんなん出すのかな。一応未知の情報もあるのが憎い。カラーだし。まあ設定資料集の一種。3巻はまだ面白かったイメージ。
で、黒子21巻。赤司無双に黄瀬無双。キセキの世代。本当に凄まじいキャラ群である。普通四天王とか最初の一人が一番目立つんだけど、そういう括りを作品の最大設定にして、そこを軸に物語を作っているからこその面白さ。ジャンプではちょうど黄瀬戦終わったけど、ほんとギリギリのギリギリまで状況を迫らせるのが凄い。ニューロンが焼切れるほどの熱狂。
ジャンプの準看板級にまで位置するのもわかるというもの。

2/8
講談社 じょしらく(5) ヤス 714円(本体680円)

アニメ終わったけどまあ何が変わったという話でもない。
久米田先生は、絵柄はすぐに変わるけどネタは変わらんからね。で、絵を他の人に任せるとなると大御所的な感覚すらある安定感。まあもう大御所か普通に。大御所とまではいかんか。

2/10
(電撃文庫 アリス・リローデッド ハロー、ミスターマグナム[第19回電撃小説大賞<大賞>] 茜屋まつり 蒲焼鰻 620 978-4-04-891332-4)
(電撃文庫 明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。[第19回電撃小説大賞<金賞>] 藤まる H2SO4 620 978-4-04-891329-4)
(電撃文庫 エーコと【トオル】と部活の時間。[第19回電撃小説大賞<金賞>] 柳田狐狗狸 MACCO 620 978-4-04-891340-9)
(電撃文庫 塔京ソウルウィザーズ[第19回電撃小説大賞<銀賞>] 愛染猫太郎 小幡怜央 641 978-4-04-891331-7)
電撃文庫 楽聖少女3 杉井光 岸田メル 641 978-4-04-891375-1

結局電撃大賞作品は買わなかった。エーコは時雨沢先生推してたけど、なんかタイトルがあんま買う気しなかったし、塔京ソウルウィザーズは好評みたいだけど、実際どうなんかねと尻込みしてしまった。まあもうちょっと評判待つか。
楽聖少女。歴史とのリンクと複雑なタイムトラベルのルール。うーん。もうちょい派手に進んでほしいところではあった。

2/12
芳文社 一年生になっちゃったら(9) 大井昌和 620円(本体590円)

完結。なんにせよ問題をすべて解決して完結というのは喜ばしい。子供の姿になると、単純にロリでショタで暴徒化でゾンビウイルスみたいなのと同じではなく、子供時代どのような子供であったかわかるというトリックは良かった。子供結女が特に良かった。

2/18
小学館 モブサイコ100(2) ONE 580円(本体552円)

裏サンデー筆頭。流石であった。しかしバトルシーンに尺取りすぎとも思ったが。
バンプアップ100%には爆笑した。

2/19
ガガガ文庫 とある飛空士への誓約2 犬村小六 森沢晴行 620 978-4-09-451396-7
集英社 ゴクジョッ。~極楽院女子高寮物語~(7) 宮崎摩耶 630円(本体600円)

誓約。バルタザールが傲慢すぎで笑える。しかも有能でせこいし、誓約のキャラの中では一番好きだ。特にコーヒーメーカーの件は爆笑もの。若干シリアスな場面であの有様なのが本当にいいキャラ。
ゴクジョ。まあいつも通り底辺系女子高生。ほぼ全員、ではなくて全員脳味噌が腐れ切ってる。まともそうな奴もなんかエロ本とかばっかでロクな話無いし。ここまでアホだとエロでもエロくない。まあエロいけど、笑いながらセックスは出来ない。いやできるか知らんけど。

2/22
メディアワークス文庫 ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ 三上延 599 978-4-04-891427-7
講談社 へうげもの(16) 山田芳裕 580円(本体552円)

ビブリア。結局ドラマ視聴率は悪く無いっぽいね。あんま知らんけど。今回は短編集ではなく長編で江戸川乱歩についてに絞っている。主人公の母親も登場してかき回す。なるほど、短編数個詰めて、その中で興味あるの一つはあるだろうからそれでファンを引き付けて、そして作品世界設定を広げるために長編を書く。上手い手法である。
へうげ。16巻から関ヶ原終わって、織部が名実ともに数寄の天下人となってからの話。あの有名な扇形の織部焼も出てくる。この漫画歴史漫画にしては創作大目なんだけど、それでもあったら面白いなと思わせる何かがある。で、今度の企みは、歴史的に考えると失敗するわけなのだが……

2/23
メディアファクトリー まりあ†ほりっく(11) 小冊子付き特装版 遠藤海成 798円(本体760円)
メディアファクトリー まりあ†ほりっく(11) 遠藤海成 500円(本体476円)

通常版だけ買った。特装版になって表紙変わるのはあんまり好きじゃないのよね。ついでに小冊子大したことないし。
いつもながら流石の出来。ギャグ漫画界でも屈指。主人公であるかなこのダメさ加減と周りのあしらい方が面白さの核か?変態描写の勢いも相当か。鼎教諭も相変わらず。

2/26
平凡社 ぼおるぺん古事記(3) 海の巻 こうの史代 1,050円(本体1,000円)

地味に延期してた。古事記の神代が終わり一応の完結との事。人代は作者が描けるようになってかららしい。
なるほどと思ったのがあとがき。サイレント漫画みたいな手法もあるのだから、古文のみを使って古事記を漫画化しても良いではないかという件。その点でうまく行っている。古事記の情景が上手くあらわされている。
この古事記のいいところは、まあ古事記にはスゲー数の神が、大して意味も無く出たりするんだけどそれを逐一イラスト化しているのが良い。絵自体の迫力もある。
付録の、古事記に出た神の系譜がインターネットで探したどれよりも詳しくて素晴らしかった。複雑な名前もイラスト化すれば直観的。本当に素晴らしい作品であった。


ここまで感想。
ここから紹介。


3/1
(講談社ラノベ文庫 瓶詰魔法少女地獄 安藤白悧 kyo 672 978-4-06-375282-3)

なにこれ面白そう。
まどマギの影響か、最近の魔法少女はロクな扱いされてないよね。昔からかもだけど。
とりあえずタイトルは目を引いた。情報はこれから集めていく。

3/4
集英社 ジャンプコミックス 烈!!!伊達先パイ(2) 近藤信輔 ¥420
集英社 ジャンプコミックス 暗殺教室(3) 松井優征 ¥420

伊達先輩完結。いや打ち切りだけど、いい感じにきちんと綺麗に終われた打ち切り。粗削りであったが見るべき点は多かった。作者の次回作にも期待したい。
暗殺教室。ネウロよりもパンピー向けという話だが、松井先生はどう考えているのか。なんにせよ、単行本が死ぬほど売れて掲載順が死ぬほどいいのは確か。3巻にしてここまで上り詰めるとは。これからどうなるやら。

3/8
秋田書店 少年チャンピオンコミックス 空が灰色だから(5) 阿部共実 ¥440
秋田書店 少年チャンピオンコミックス 名探偵マーニー(2) 木々津克久 ¥440

空灰。完結。ネタ切れ?精神にどっしりくる近年の漫画の傑作であったのだが。次回作は決まっているはずなのでそちらに期待したい。
マーニー。これもネウロと暗殺教室の関係のようにややマイルドになっている感がある。でも作者の味はしっかりと出ていて考えさせる話は多い。

3/9
アスキー・メディアワークス 電撃コミックス よつばと!(12) あずまきよひこ ¥630

を、よつばと出るのか。休載が死ぬほど多くて全然進んでないという話だが、作者周りどういう状況なのかな?なんにせよ、作品の内容について悪い噂はあまり聞かないので期待。

3/10
電撃文庫 一つの大陸の物語 〈上〉 ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ 時雨沢恵一 黒星紅白 599 978-4-04-891438-3
電撃文庫 簡単なモニターです 鎌池和馬 葛西心 725 978-4-04-891419-2
電撃文庫 きわめて忍極 (2) 阿智太郎 赤りんご 599 978-4-04-891429-1

電撃文庫今月三冊買う。しかし、2chの電撃文庫スレの住民は毎月8冊とか買う人がいて若干引く。漫画みたいに基本立ち読みできないから?それとも、単純にマニアが集まっているのか。感覚としては後者かな。
一つの大陸。アリソンシリーズ最終章上巻。上巻下巻で中巻は無いらしい。これにはものすごく期待している。どのような結末になるのか、どのように話が進むのか、上級学校でトレイズはどのように振る舞うのか。注目している。一つの大陸、ジャガイモ大陸惑星の世界観自体の秘密とかあったらうれしいかも。なさそだけど。再登場するキャラにも期待。今時点で一番気になるのは、結構厚いって聞いたけど何ページなんだろってとこ。
モニター。鎌池先生の短編集。短編集は読みやすいよね。短編集ってかショートショート集?読みやすいよね。
忍極。忍殺じゃない。まあ何が面白いって訳でもなかったけど読みやすいし設定が気に入ったので。

3/13
講談社 BELOVEKC ちはやふる(20) 末次由紀 ¥450

ちはや出るのか。競技かるた。少女漫画の心情描写と少年漫画の熱さを兼ね備える。
キャラが良いキャラ多いよね。そこは重要。

3/18
(小学館 裏少年サンデーコミックス 世界鬼(2) 岡部閏 ¥580)

2巻買おうかなあ。正直WEBでいいような気もしないではない。書下ろしとか無いんかね。まあWEBで見るより本で読んだ方が読みやすいし好きだけど。

3/21
角川書店 カドカワコミックスA 涼宮ハルヒの憂鬱(18) ツガノガク ¥588

周防九曜が出る巻は買う。割と妙なキャラが好きな傾向があるのかもしれない。周防九曜は大好き。朝倉とバトルとかでしょ?期待。

3/22
ハヤカワ文庫JA 星界の戦旗 V 宿命の調べ 森岡浩之 651 978-4-15-031106-3

え!?星界でんの!?マジでか!
何年出てないんだ?ラノベレーベルじゃないけど割とラノベ扱いされる小説の一つ。スターウォーズ系のスペースオペラは結構好物なのだ。設定はちょっとイラっとするところもあるけど、名作。期待。

3/23
角川書店 単行本コミックス 東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(1) 春河もえ ¥798

ああ、鈴奈庵もう単行本出るらしいね。書下ろしもあるとかなんとか。それはうれしい。
東方project公式漫画、その中でも幻想郷、人里について深く描いた作品。妖魔本とは。ビブリオマニアの話はいいよね。
東方にしては非人型妖怪が多い作品かも。もえ先生の画力は凄まじい。これで未成年だというから末恐ろしい。角川が引っ張ってきた新人なのか?
鈴奈庵は東方界隈でも大きな旋風を引き起こすだろう。どのような位置を占めるか。期待。

3/25
エンターブレイン ビームコミックス あかねこの悪魔(6) 竹本泉 ¥756

なんか完結らしいね。聖林檎楽園学園シリーズまた新しいの出ればよいのだが。今度はもっと妙な感じの。
最後の方になって大学部の話が。謎に包まれているが、それにしても広い学園である。
恋愛も進んでいるよう。竹本先生はほんとブレないよね。

3/27
芳文社 まんがタイムKRコミックス キルミーベイベー(5) カヅホ ¥860

ん、キルミーベイベー出るのか!まあ4コマなら大体1年に1~2回出るか。現実時間と同期したあずまんが大王とかけいおんが4冊なんだし。
なんというか安心できる漫画だよね。安心できるギャグ漫画。キャラ数は3名。新キャラは出ない。ボツキャラ、今回は単行本に出れるかな?
アニメの2期でないかなあ。でないわな。未だに嫌儲板やなんJやふたばではスレが立つけど。あいつらDVD買わねえから。でも単行本はどうなんだろう。

3/29
白泉社 ジェッツコミックス ベルセルク(37) 三浦建太郎 ¥550

ベルセルクも(やっと)出るのか。特装本はいらん。
いい加減妖精島についても良さそうなのに、休載休載アンド休載。書き込みが濃いから大変なのはわかるけど、このままでは完結も怪しい。どうにか連載を続けてほしいところ。

3/30
エンターブレイン ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上4 ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ 訳:本兌有、杉ライカ 1260 978-4-04-728690-0
エンターブレイン ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上4 ネット限定版 ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ 訳:本兌有、杉ライカ 1785 978-4-04-728858-6

忍殺。最近ニンジャスレイヤーの話ばっかりブログに書いてる気分。まあそれだけ凄まじい作品で、将来性があり、気になるということ。
4巻で第一部、ネオサイタマ炎上編が完結する。書下ろしとか絵とかいろいろ豪華だよね。ネットで公開されているものが基本ながら金を掛ける価値がある。ハードモードだし。
特典ねえ。どうしたものか。基本本屋で買いたいんだけど。特典付きも色々あるんだよね。まあ情報をかき集めておこう。

3/下
(復刊ドットコム おきらく忍伝ハンゾーR(弐) 山中あきら ¥1,470)

ん、売れなかったら2巻無いとか言われてたけど売れたのか。結局買ってないけど。
復刊ドットコムで新刊というややこしい事態。ここの本たけえんだよなあ。ハンゾーも、まずボンボンに載ってたやつ買いたいところだし。さてどうしたものか。



こんなところか。
目ぼしいものを挙げていくと、空灰、マーニー、よつばと、一つの大陸、ちはや、星界、鈴奈庵、あかねこ、キルミー、ベルセルク、ニンジャスレイヤー。
大豊作。大々豊作。決算前だから?関係ないか。
4月には鬱ごはんとかあったっけ?なんにせよ期待していきたい。




今月32記事無理かなあ。割と忙しいし。
まあ足掻いてみる。
スポンサーサイト



テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/02/27(水) 11:50:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<Excelのような空。第18回動画紹介回 | ホーム | 不謹慎B級ゾンビ映画「FIST OF JESUS」の紹介>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1232-5954378a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)