ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

一月に買った本の感想と二月に買う本の紹介

12月~1月のはこちら

いつもどおり漫画ラノベの新刊感想紹介記事。読んだのは感想書きたくなったのだけ書く。買う予定なのは買うかどうかわからないのも書いたり。買うかどうかわからない、とか気になってるだけなのは()付きで。
結局なんだかんだ言って買えなかった本とかあったりするけど気にしないでね。

一応新刊本は、漫画はまんが王倶楽部から、ライトノベルはラノベの杜から確認している。
漫画ラノベ以外は基本的に新刊確認してないのでここには書かない。まあなんかの拍子で買いたくなって新刊確認したら買うけど、あんまそういうのは新刊で買わないし。むしろジャケ買いする。ラノベはジャケ買いあんましない。

アマゾンリンクとかは無いから気になったらググッてね。
ああ、そうそう、ネタバレは余裕であるから。
ここまでテンプレ。地味に変わってるけど。ちょくちょく弄る。

ではスタート。
12/27
エンターブレイン 福満しげゆきのほのぼのゲームエッセイマンガ 福満しげゆき 819円(本体780円)

12月に探したときは無かったけど、あんまり行かない本屋の棚眺めてるとあったので。
どうしようもなくゲーマー目線のゲームエッセイ。あえて幼稚にも思えるような、思ったことをそのまま書いている感じがいい。流石。
しかしすげーゲームばっかやってるなあ。最近私あんまりゲームしてねえなあ。スマホの怒首領蜂大往生の体験版一昨日やったけど、やっぱSTG系のゲーム好きだな。いや、なんでも本腰入れれば嵌る気もするけど、なんかその本腰入れてゲームするような機会がない。
ここ最近のゲームの状況はスマホゲーム対コンシュマーゲームといった構図か。むしろライトゲーマー対コアゲーマー?対立構図を作ること自体誤りなのかも。
福満先生はゲームハードの対立構図を考えるようなタイプだけど結局なんでもやっている。素直なのか意図的にそうしているのか。色々考えさせられた。

1/4
集英社 黒子のバスケ TVアニメキャラクターブック アニバス Vol.2 海常&秀徳編 500円(本体476円)
集英社 烈!!!伊達先パイ(1) 近藤信輔 420円(本体400円)
集英社 斉木楠雄のΨ難(3) 麻生周一 420円(本体400円)

アニバス。まあ正直薄いし大した内容ないし買っても仕方ない気がしたけど買った。キセキの世代はやはり特別に作られているのだなと実感した。
伊達。なんだかんだで今日買った。というか来週打ち切りらしいね。だから買ったともいう。打ち切りも完結の一つの形。ギャグ漫画ならどこで終わっても問題ないし。粗削りだが無駄なマッチョとか色々光るところはあり、瞬間風速はなかなかだった。しかし作者、あーみん作品読んでるのね。
斉木。こちらは安定してきた印象。主人公最強系。ギャグ漫画なのでうまく働いている。読み手に不快感を与えない作りなど流石。

1/8
秋田書店 侵略!イカ娘(13) 安部真弘 440円(本体419円)
秋田書店 空が灰色だから(4) 阿部共実 440円(本体419円)
秋田書店 大好きが虫はタダシくんの 阿部共実作品集 阿部共実 440円(本体419円)

イカ娘。チャンピオンの日常枠。チャンピオンってこれ以外読んでると疲れるタイプの作品が多いような…… なんにせよ貫禄。ド安定。ギャグも安定。
空灰。ってかチャンピオン今日読んだらなんか空灰最終巻だったんだけど?!まあ、短編集だし、ネタ切れという事だろうか。4巻も相も変わらずキッツイが、コメディ(グッドエンド)回の傑作も。
安倍先生の短編集だが、結局の話空灰も短編集なのでいうほど変わらない。カラー使ってる作品とかなんか大丈夫なのかって感じの「カラメ」とかいつもの空灰じゃない話もある。空灰は成功だろうし次回作に期待。

1/10
電撃文庫 ゴールデンタイム番外 百年後の夏もあたしたちは笑ってる 竹宮ゆゆこ 駒都えーじ 557 978-4-04-891324-9

ゴンタ外伝。ゴンタは大学生の恋愛の話なので色々キツい面も多い。だがだからこそという話も多い。今回は短編集的な。正直本編が鬱々しい展開過ぎてきついのでいいアクセントなのかも。

1/15
(星海社FICTIONS 大日本サムライガール4 至道流星 まごまご 1418 978-4-06-138852-9)

買ってない。一巻買った。意外に真面目に書いているなという印象だったが、真の右翼というフレーズが笑えてよかった。主人公のキャラがものすごくて、そこで持つ作品なのだなという感じ。


ここまで感想。
ここから紹介。


2/1
(角川スニーカー文庫 ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・リポート2 鈴木貴昭 原作:島田フミカネ、Projekt Kagonish 島田フミカネ 650 978-4-04-100634-4)

ストウィ三期ってもう決定してるんだっけ?まだだよね?知らんけど。
まあ結構好きな作品だったので次に期待。歴史に引っかけたのとか基本的に好きだなあ。戦国物は昔から人気だけど。

2/4
集英社 黒子のバスケ TVアニメキャラクターブック アニバス Vol.3 桐皇&others編 500円(本体476円)
集英社 黒子のバスケ(21) 藤巻忠俊 420円(本体400円)

アニバス。毒を食らわば皿まで。まあせっかくだから全部買ってみる。
黒子21巻。黒子も看板級の人気になった。ここまで来るとはだれが予想したか。この巻も赤司無双になるんだっけ?目をえぐるとか言い出すのここだよね。赤司の凄味と狂気は流石キセキの世代のラスボスといった感じ。そういえば公式で毎日一キャラ壁紙配布してるけど、誰が来るか読めないところが楽しいらしい。

2/8
講談社 じょしらく(5) ヤス 714円(本体680円)

アニメも終わったしどこまで伸ばせるか。特装版は基本的に買わない。まあギャグ漫画?久米田漫画。

2/10
(電撃文庫 アリス・リローデッド ハロー、ミスターマグナム[第19回電撃小説大賞<大賞>] 茜屋まつり 蒲焼鰻 620 978-4-04-891332-4)
(電撃文庫 明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。[第19回電撃小説大賞<金賞>] 藤まる H2SO4 620 978-4-04-891329-4)
(電撃文庫 エーコと【トオル】と部活の時間。[第19回電撃小説大賞<金賞>] 柳田狐狗狸 MACCO 620 978-4-04-891340-9)
(電撃文庫 塔京ソウルウィザーズ[第19回電撃小説大賞<銀賞>] 愛染猫太郎 小幡怜央 641 978-4-04-891331-7)
電撃文庫 楽聖少女3 杉井光 岸田メル 641 978-4-04-891375-1

電撃。小説大賞のどれか買ってもいいと思ってるけど買わなくていいかなとも思ってる。
楽聖少女。クラシック音楽でタイムスリップでファンタジーな感じ?なんにせよ薀蓄とか面白い。歴史物はみんな好きだよね。音楽史となるか。難聴ねえ。

2/12
芳文社 一年生になっちゃったら(9) 大井昌和 620円(本体590円)

なんか前巻でガラッと変わったけど大丈夫なのか。そういうテコ入れが必要だったのか。

2/18
小学館 モブサイコ100(2) ONE 580円(本体552円)

裏サンデーでは絵はともかくとして一個抜けてるなあ。カタルシスというものを理解している。心理描写もうまい。

2/19
ガガガ文庫 とある飛空士への誓約2 犬村小六 森沢晴行 620 978-4-09-451396-7
集英社 ゴクジョッ。~極楽院女子高寮物語~(7) 宮崎摩耶 630円(本体600円)

誓約。恋歌系の何巻も続くタイプなんだろうけど、ミステリ的要素も含まれている。この巻で方向性が見えてくるだろうか。注目。
ゴクジョ。クズな底辺系女子高生な話。狂気とも思えるアホさ加減。ギャグ漫画はこうでないと。ギャグ漫画として正統派?

2/22
メディアワークス文庫 ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ 三上延 599 978-4-04-891427-7
講談社 へうげもの(16) 山田芳裕 580円(本体552円)
平凡社 ぼおるぺん古事記(3) 海の巻 こうの史代 1,050円(本体1,000円)

ビブリア。メッチャ売れてるよね。ドラマ、始まる前までは2chでアホみたいに批判あったけど、始まった後は話題を聞かない。思った感じでもなかったという話?私は見てないが。
へうげ。織部がなんか企んでいるが、歴史的に見て成功しないのがわかっているのが悲しいところ。その中でどう言うドラマがあるか。注目。
古事記。まあ公式サイトで載ってるとこ全部読んだけど、それでも買う価値ある。古代の感性というのが上手く描けているような気がする。古事記らしい古事記というかなんというか。おすすめ。

2/23
メディアファクトリー まりあ†ほりっく(11) 小冊子付き特装版 遠藤海成 798円(本体760円)
メディアファクトリー まりあ†ほりっく(11) 遠藤海成 500円(本体476円)

特装版か通常版かどっちか買う。小冊子というのがどの程度のものかわからないし、特装版でカバーが変わったりするの嫌なんだよね。まああんまり値段買わないし、特装版買うと思う。まりあほりっくは今連載されているギャグ漫画の中でも最高峰だと思うし。




こんなところか。黒子、飛空士、ゴクジョ、ビブリア、ぼおるぺん古事記、まりほり…… 等。
中々粒ぞろい。豊作と言っていいだろうか。
なんか、今月32動画無理臭いってか無理だなあ。まあ動画紹介記事は書くけど。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/01/31(木) 14:57:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<締め切りの三日前。第10回動画紹介回 | ホーム | Windows8スタートボタンビジネス。第9回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1198-853f2f8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)