ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

しょうがないにゃあ・・。第6回動画紹介回

タイトルの参考
なんかやけに流行ってるよね。汎用性か。

毎週木曜のヤングジャンプ、ねじまきカギュー感想。
あらすじから。

窈が起きる。カギューと衿沙が戦っている。衿沙急変。リミッター解除の限界。カギューが螺子巻拳を構える。
衿沙がカギューに飛付き歌を歌う。… 螺子巻拳が決まり衿沙に勝利、生徒会は廃止、そして時は流れる。
カギューが高校を卒業した後、カモは他の人と結婚し、カギューは… 衿沙の歌の幻術にカギューは捉われている。


おお!スゲービビったじゃねーか!必ずしも「ねじまきカギュー」ヤングジャンプで掲載順良いわけじゃないから打ち切りENDかと一瞬思った。いやまあ幻術オチだとは薄々感じていたが。
中村先生なら何かやりかねないというのを逆さに取った上手い演出。一話でちゃんと幻術オチだと見せているのも好感。扉絵が終わりの方にあるというのもトラウマイスタの「アクム」の回を思い出すってか、セルフオマージュとでもいうのか?

衿沙。自己暗示によるリミッター解除の限界が訪れ不利になる、もしくは負けると思いきやすぐさま新技を出す。切り替えの早さ。リミッターが切れることは想定済み?
歌を聞かせることで発動する幻術的な?ドリアン、鳳凰幻魔拳、幻朧魔皇拳、ゲットバッカーズ……
偽の未来を体験させる?悲しい未来?上げて落とす。感情に寄った精神攻撃。「感情の無い」理事長はこれを予測していたのだろうか。あるいは興味を示すかも。
幻術の内容は衿沙が操作しているのか、それともカギューの中で生まれたイメージか。歌というのがまた気になるところ。カギュー以外にも効果を表しているのだろうか。
体力的にはギリギリのはず。破られたら最後か?しかし伏線はまだありそうだが……
親子愛を求める。親である理事長には感情・愛がない。そこをどう展開するか注目である。

カギュー。螺子巻卍拳を最初に撃ってから以外基本受け身。持ち前の異常なタフさで凌いだ末に衿沙が疲弊。その隙に必殺の螺子巻卍拳を叩き込もうとしたときに幻術にかかってしまう。生徒会に勝利し、学生生活を楽しみ、卒業したが、カモセンセと添い遂げることはできず、悲しみを背負ってカモセンセと同じく教師として生きるという未来走馬灯。カギューが悲しみの涙を流すのは前代未聞か?強烈に効いているようだ。
幻術を破るには。NARUTOでは仲間に起こされるというのが一般的だがこれは決闘であるので無理?激励とかで起きるというのもありがちだが、さて。カモセンセが鍵を握るか、カギュー自身が根性で破るか。
決着のつき方も予想しがたいところだよね。幻術みたいに単純に勝って終わりではなさそう。
たぶん次の章への導入も描かれそう。修学旅行編とか体育祭編は諦めた方がいいかもね。

窈。なんか冒頭で起きてたけど、どういう役割を果たすか。マブルゥが最初に気付いた辺りもマブルゥルートフラグが思われるが、逆に無いかも?マブルゥ死亡ルートもある。

バトルも衿沙が最後の大技を出し終盤に入った。
衿沙を中心として描かれている感。結末が読めないのはこの辺にあるか。
カギューがそこでどういう役割をするか、周りも、カモセンセも、マブルゥも。
先が読めないからこそ興味深く面白い。来週も大注目である。
今回は大当たり回だった。最近当たりが続いてる気もするが。



あと、サンデーのマギ、魔法相手に火薬で戦ったりしててなんか良かった。
科学対魔法。このテーマは根本的に難しいところがあるのだけれどもだからこそ価値があるのだと思う。


【スーパーマリオワールド】ステージ別でTASとRTAを比較してみた

テキストリンク
比較してできるレベルであるという事実。ほとんどシンクロしてる場所もあるし。
TASは最終入力まで。実際そういうのってどうなんだろう。それで統一しないとわかりにくいのがあるって話だろうけど。
RTAはゲームごとに違う。THEENDの表示までとかラスボス倒すまでとか。それもそれでややこしいのかも。


ジョジョの奇妙なCM集(1~14)

テキストリンク
ジョジョは名台詞多いからただ流すだけでよく引き締まる。改変して宣伝することも容易。素材がいいという事。
CM集というのもニコニコでたまにあるけど需要あるよね。短くまとまったCMは時として短編動画として良い出来である。
見たら宣伝されている分、損をしている気もしてくるのだが。


星型エンジンを作ってみた【電動】

テキストリンク
実用性は無いにしろ中々楽しい。
電気だけで飛ぶ有人飛行機はあまり効かないよね。電気というものは基本的に保存に向かない。
空中で充電するのも簡単じゃないし。



こんなところか。3動画ゲームアニメ実写のバランス。
ヤングジャンプが発売されようやくいつものサイクルに戻った印象。
ようやく正月気分が抜けてきた?
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/01/17(木) 22:52:44|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ポケモンX・Yの伝説ポケモン二匹のタイプを予想してみる | ホーム | 来週(2013年8号)の週刊少年ジャンプ掲載順を見る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1187-eba78ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)