ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

狂気は生活必需品。第3回動画紹介回

狂気こそが社会の本質。


Pokémon Direct​ 2013.1.8 新作PV部分

テキストリンク
おお!ポケットモンスターX・Y!3Dで完全新作!
ルビサファのリメイクかと思っていたが、このゲームのエンジンでルビサファのリメイクするのかな?となるとルビサファリメイクは2015年くらいになるかな?
3DでXY軸でマイナーチェンジでZ軸とみせかけて、ロゴの「ン」部分にDNAらしき二重螺旋。XY染色体の事を指すのか?ポケモンなら別にZ染色体とか言い出しても別にいいけど。
よく教育関係者を悩ませるポケモンの「進化」の誤用。その辺に踏み込んでくるか。生命としてのポケモンというテーマに期待したい。生命の神秘。自己複製は宇宙最強の力。
アルセウスがポケモンの神というか唯一神というか創造神というかなんかそういう雰囲気だけど、ミュウは生物学的なポケモン全ての祖先とかなんとかなのよね。その辺の説明もほしいところ。
あと、期待してないけど「けつばん」さんが出たらいいな。ポリゴンZ辺りが進化したらアレになるんじゃね?ちょうどXとかYとか言ってるし。


TASさんは自分のI.Qが気になるようです(前編)

テキストリンク
このゲームの雰囲気が好き。ストーリーもへったくれもないパズルゲームだけれども、だからこそというべきか、得体のしれない恐怖感が楽しげだ。
基本的にパズルゲーム好きなのよね。まあ時間制限ないピクロスみたいなのが一番好きかもだけど。PS初期のアイデア勝負な感じのゲームは高く評価しているけど、あんま続編の話聞かないね。ちょっと外れるがアストロノーカとか。なんかMMOはあったけど。
TASさんにかかるとこういう類のゲームはもはや。まあIQっつってもそういうアレじゃないけど。


AVGN : ATARI スポーツ (EP109)

テキストリンク
アタリ。コンピューターゲーム史においてとてもとても重要な会社。商業ゲームの概念を創りだし、そしてその落とし穴も見せた。
ライセンス契約とか無かったし黎明期だしでどうしようもないクソゲーも多いが、まあその時代はそういうものだった。今の基準でモノを見ない方が良い。
AVGN、ETまだなのかな?まあAVGNが解説すべきクソゲーでは究極のそれなので仕方ないか。
ETはゲームの面白さというよりも、商業的に完全に失敗したという意味でクソゲーの王なのだろう。


新陳代謝するマシン

テキストリンク
生命の一つの本質的な概念を表している。
ルンバも充電させたらお礼言うらしいし、生命としてのロボットというのはそう遠くないうちに見られるかもしれない。
自分自身を組み立てる。指数関数的に増える。点が線となり面となり立体となる。それが生命の強さ。



こんなところか。4動画でゲーム4つ。
進撃の巨人の今月号。驚くべきことかもしれないが主要人物全然死んでない。まあ一気に殺すために溜めてるのかな?コニーはそろそろ死にそう。で、ユミル確保。物語の謎が一気に明らかになるかな?
あと、空灰とその人の短編集とイカ娘買った。
空灰はやっぱ凄い。読んでてこれほど疲れる漫画もない。最初の話は空灰のコメディ回の中では一番の名作。おしっこ我慢する話も好き。で、短編集のカラメ、アレ何?神経に来る。
イカ娘でうまい具合に中和された。空灰の登場人物、キョロ充率が半端なく高い。まあ現実もそんなものかもしれないが。非常に鬱屈としている。率が高いというかキョロ充が主人公の場合が多いというか、そもそもキョロ充の話というか。まあリア充のほとんどはキョロ充という噂もあるし。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/01/09(水) 01:35:09|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「裏サンデー連載作家リレーマンガ」がヤバい | ホーム | アンサイクロペディア探訪「アジン(略)の国」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1179-6f36ad71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)