ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方心綺楼の冬コミ体験版がマスターアップされたようで。画像とか考察。

黄昏大根Blog(試験運用中) マスターアップ2012 黄昏フロンティアのブログ

心綺楼マスターアップ縮小
クリックすると拡大。
マスターアップだからマスタースパークという事なのだろうか。

画像を見ていこう。
ちゃんと今回もスペルカードはある。ブログによると

・スペカ、デッキはありますか?
Aデッキではありませんが必殺技やスペカをチョイスして
 キャラ構築するシステムは健在です
 スペカは今回単なる大技で無い恩恵が有るので悩ましいネタに

らしい。
恐らく恩恵とは人気ゲージの事だろう。マスタースパークのようなド派手な技なら人気が上がり、オーレリーズソーラーシステムみたいな地味なの使ってると人気が上がりにくいみたいな?でも使いやすさとかは別だから悩ましいと。

ちゃんと今回はスタンの数字もある。
100%って確実にスタンするってこと?よくわからんけど、必殺技喰らって更にスタンってやばくね?

あきやまうにさんか誰かスタッフのツイッタ―情報によると、9割時間切れするシステムだったようだが、修正されたらしい。でも結構時間切れ近い。やはり時間切れになると人気の高い方が勝ちみたいな?

魔理沙が一ラウンドとっている。人気ゲージも魔理沙が随分高い。もしかしたら人気ゲージはラウンド間で継続したり?まあ必殺技ゲージが継続するんだから不思議でもないが。

・人気って何ですか?
A「観客の評価」で稼ぐと良い事が有ります
 プロレスゲームと言う人も居ますねぇ

ふむ。でもまあヒールが勝つこともあるわけだ。半官びいきもあるのかな?

伝統と言えば伝統だが、スペルカード時には背景演出もあるようで。文様の詳細まではわからないが。


いい加減どこ見てんだよって言われそうなのでステージ背景に言及する。
基本は、PVでも見た博麗神社のようだ。

しかし、紅魔館のキャラや八雲関連のキャラが見えている!
試合を観戦しているのだろうか?

一応詳しく背景のキャラを見ていくと、
パチュリー・ノーレッジ 椅子で読書している。試合は見ているようであるが。
レミリア・スカーレット 日傘無しでいいのか?一応木陰であるが。
十六夜咲夜 東方projectの主要キャラ。顔がマスパで隠れてて確実ではないが。
その他、妖精メイド? 赤と青の二人?
八雲紫 扇を持って神社の屋根から試合を見ている。
八雲蘭 顔は見えないが間違いない。妖々夢の立絵みたいなポーズで突っ立ってる。
橙 こちらも立絵と同じようなポーズ。より隠れているが、藍の横という事は間違いあるまい。

ふむむ。背景にキャラ。これをどう捉えるか。

まず、PVの時点ではいなかったという事。まあPVの時点では未実装だった可能性も高いが。
これは各々の人気ゲージが溜まった段階から出現するという事だろうか?
あるいはラウンドが進むにつれて増えていくのかも。非想天則ではラウンドとっても暗転はなかったが、心綺楼では暗転があって暗転の瞬間に背景にキャラが増えるとか。
あるいは極々単純に、「博麗神社・観客無し」と「博麗神社・観客あり」と二ステージあるのかもしれない。観客置くだけなら特に開発も疲れないだろうし。

そして、これはただの演出なのか?ということ。
まあ私は人気ゲージの指標みたいなものだと思っているし、あるいは背景や操作キャラによって出てくるキャラが偏るとかで雰囲気を出すとかあるかもと考えているのだが、もしかしたら出てくるキャラの種類によってシステム的に利益不利益があったりして。人気ゲージはそのためのものという可能性すらある。
あまりに不人気になると背景から攻撃が来たりして。


で、最後の最後に最も重要な事、背景に登場したキャラのプレイアブルキャラ選出の可能性。
要するに、操作キャラじゃねーから背景で観戦してんじゃね?ってこと。

確かに、今まで発表されたストーリーを鑑みると、紅魔館勢や八雲一家は特に関係はない。
関係が無いからこそ、新しく白紙から作った東方心綺楼における少ない操作キャラ枠に入れることはできず、そうであるのでその代わりに背景で出演ということでバランスを取ったと考えることも可能である。

しかし、背景に出たからと言って操作キャラでないと決めつけるのは早計ではないか。単純に背景キャラが操作キャラとして使われる時は背景に出さなければいいのだ。というか、そもそも同キャラ対戦だってあるじゃないか。

もし、心綺楼のシステムで続編が出たとき、背景に出したキャラは操作キャラとして使えないとなったら面倒だ。そう考えると背景に出た出ないはあまり関係が無いようにも思える。

むしろ、背景キャラのグラフィックが操作キャラのグラフィックと似たような感じで描かれていることから、操作キャラ出演の可能性が上がるとすら考えられないことはない。

と、いうわけで、背景に出演したしないで出演キャラの可能性がどうとか考えることはあまり意味がない。もっと情報が出れば話は別だが。


そのほかFAQ情報。

・地面無いの?
A床はあります。と行っても床バウンドやられ程度しか
 ゲームには影響しないので演出的な物ですね

・ネット対戦ありますか?
A体験版では未実装となりますが、最終的には搭載する予定です

・上下に動けるんですか?
A上下が急上昇急降下のコマンドになっていて、自由に上下に行けます
 ただ軸をずらして留まり続ける事はシステム的に難しくなってます


地面はまあそうだろう。天地で対照ではないという事。横STGで重要な事でもあるらしい。
ネット対戦。今時の対戦ゲームには必須だろう。
上下移動。アストラである。ただアストラよりは軸に戻るスピードは緩いようだが。


新たな東方心綺楼の情報に非常にテンションが上がった。
やはり東方心綺楼は期待されている。しかしまだまだ分からないことが多い。
こういう時が一番ドキドキする。情報の価値がうなぎ上りする。
そこがまた面白い。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/12/19(水) 20:55:08|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最近のニュース的なの三つほど | ホーム | フリーゲーム紹介「ストリートファイター X ロックマン」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1159-096cc814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)