ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「このマンガがすごい!2013」感想考察

キルミーベイベーは無かった。一言も言及されていなかった。


ネット世代の雑評論 「このマンガがすごい!2012」感想考察

「このマンガがすごい!2013」の感想とか。
要するにまあ今年熱かった漫画を色々ごちゃごちゃ集計してランキングにしたもの。2013なのは来年見ても今年の何だと思って買う奴がいるから?

適当に見ていく。わかる奴とか気になった奴だけ言及していく。全体のランキングとかはググるなり買うなりして確かめてね。
作品名はめんどくせーから正式名称使ったり使わなかったりするかもだけど察してね。
ではスタート。

男編一位
テラフォーマーズ

まあどうせ一位だと思ってたら案の定一位だった。個人的には普通に面白い程度なのだが、それは私が現実のゴキブリをたいしてどうとも思ってないからかな。
バンバン死ぬ漫画。火星植民とかSFな辺りも評価できる。能力ものじみた変身も結構面白い。
ゴキブリとかバンバン出てバンバン人が死ぬ割にはスゲー人気だよね。アクが無い?よくわからん。
やはり絵もあるのだろうか。ゴキブリな火星人は凄みがある。その辺の意味で戦闘服染みた宇宙服は少し単純だが、まあ世界観的にそういうもんだわな。


男編二位
ハイスコアガール

タイトル名は聞いたことがあったが、なんとなくスルーしてたが結構面白そうである。たぶんそのうち買う。
ゲーム文化。ちゃんと版権もの使ってる辺りが熱い。
今はゲーム産業も斜陽だもんね。ソーシャルゲームはともかく。


男編三位
人間仮免中

おお。結構こういうのは嫌いじゃない。陰鬱な感じが時代背景とあっているのだろうか。そういう感じでもないのか。
まあ絵が上手けりゃいいってもんじゃないわな。逆に下手だからこそという時もある。


男編四位
ハイキュー!!

週刊少年ジャンプ勢で最高。これ四位か。まあスポーツ漫画として誠実なんだよね。
ジャンプでもNPGとかなんとか言って推されている組。来年はNPG組無双?いや暗殺以外すでに50位以内に入ってるけども。その中でも斉木以外20位以内だし。暗殺も期待の新作欄に入ってるし。


男編五位
銀の匙

流石である。えーと、週刊少年サンデー勢最高か。鋼の錬金術師の人。
作者が農家だからリアル。農業学校の話なんかあんま知ってる読者いないもんね。だからこその需要。


男編六位
黒子のバスケ

アニメで一気に注目が集まった。まあもう20巻だけども。2期に期待がかかる。
ジャンプスポーツ枠だがこちらは結構無茶苦茶やってる。ほとんどチートレベルの能力のキャラ。その戦いがギリギリで熱い。
やはりキャラがいいよね。なんというか、キャラというのはやはり設定も含むもの。であるからしてトンデモ能力はキャラの魅力であると思う。
読者の想像の上を行く展開も好印象。いくらなんでもということをやってくれる。オールコート3Pとか0点とか全部の技使えるとか。
オススメ。


男編七位
キン肉マン

なんと、ジャンプ黄金期の作品を38巻から再開という形で連載。担当が前作の2世から変わったからか、全盛期のファン向けの非常に濃度の濃い展開が面白い。
キン肉マンで放置されていた伏線がガンガン解消される。ステカセキングやブラックホールなどのニッチなキャラの活躍も心躍る。
Web連載なのもありがたいところ。なんか連載では凄い展開で次週が気になっている。


男編第八位
アイアムアヒーロー

あんまよく知らんけど、ゾンビもの?そろそろ流行も…… いやなんでもない。
なんか、いかにも最近の漫画って感じ?いや、陰鬱なところが。


男編第十位
ULTRAMAN

ウルトラマンを色々ごちゃごちゃした話だったような。
ウルトラマンって設定がふわふわしてるしこういうの作るのは向いてるのかも。世代も大人になっただろうし。


男編第十一位
ぼくらのフンカ祭り

ちょっと面白そうだけど、実際どうなんだ。
気にはなる。


男編第十二位
ジョジョリオン

おお、高順位。まあ基本新しい作品というか、目新しい作品が選ばれるんだけど、ジョジョは部で分けてて8部ジョジョリオンはまだ3巻だもんね。ジョジョ全体では100巻超えてるけど。
25周年だかの影響も大きいのかも。実際謎を探る展開はジョジョとして新しい感覚もあるし、面白い。
一巡した世界という設定をうまく使っているのかも。アニメも好調だし、ジョジョに注目である。
荒木先生は別格だよね。


男編第十三位
惡の華

なんかちょっと苦手なので単行本は買ってないが、凄いよね。
精神にガンガンくる。濃密。まさに現代人が読むべきものという印象。
若さ、青春、痛さ。


男編第十四位
進撃の巨人

別冊少年マガジン勢二連続。このマン2011男編第一位。流石としか言いようがない。
謎が謎を呼び、壮絶なバトルはキャラの死を呼ぶ。
非常に完成度が高い漫画であると思っている。絵は粗削りだがバトル時の躍動感はピカイチ。
2013年春にアニメ化。PVも凄まじい出来だし期待がかかる。
オススメ。マガジン勢でかなり推されている印象。


男編第十五位
ワンピース

一番売れてる漫画。特に動きもない68巻目なのにこの順位。別次元の存在である。
もはや私が書くことなど何もないが、やはりワンピースも現代的な感性を持った漫画だよね。
キャラとか読者に与える感触とか。総合的にね。


男編第十六位
マギ

週刊少年サンデー勢二個目?アニメ化した。
中東RPG的世界観で王道少年漫画、と見せかけてなんかエグイ展開多いよね。そういうところは嫌いじゃない。


男編第十六位
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

ラノベみたいなタイトルだよね。まあ同じような狙いなのだろう。
結局まだ買ってないけど、割とそこかしこで話題になってるし買おうかな。


男編第十八位
ニセコイ

ほう。ここまで来るか。ジャンプ勢やっぱ多いな。
王道ラブコメ。正統派の魅力。そういうのが強いのか。
バランスがいい?何か言葉にしにくいが、いい作品。


男編第十九位
空が灰色だから

週刊少年チャンピオン連載では一番上か。もっと上でもいいくらいである。
後味の悪さが売り。心ざわつく短編集。狂気…… 現代人必携の書である。いや言い過ぎだが、驚かされることばかりである。
そして中々予想できないオチも素晴らしい。絵の表面的なかわいさが壮絶な結末への落差となっている。
読んでいて色々考えさせられて良い。妙なリアリティというか。
オススメ。


男編21位
となりの関くん

ギャグ漫画としてハイクオリティ。主人公が全然しゃべらないのも凄いよね。


男編22位
アルキヘンロズカン

全然知らんけどタイトルが楽しげだな。


男編22位
鬼灯の冷徹

ギャグ漫画としても宗教薀蓄漫画としても面白い。キャラの再構築も高評価できる。
主人公の鬼灯の完璧超人っぷりは好きじゃないが。


男編25位
大相撲SF超伝奇五大湖フルバースト

全然知らんかったけど設定が凄まじいな。気になる。


男編25位
大砲とスタンプ

官僚漫画?面白そうなところがある。


男編25位
ドリフターズ

作者もTRPGのやりすぎだよね。歴史キャラが大集合、ファンタジーなキャラもいるよ!
平野先生の味がよく出ているし、設定も良くできている。


男編29位
サルチネス

なんか書店でインパクトある表紙だなと思ってたけど、人気があったらしい。


男編31位
さよなら絶望先生

やはり物語の終わり方には定評がある久米田先生。


男編31位
ねじまきカギュー

毎週感想書いてるけど、最高に面白い。このマンガがすごい2012年版では16位だっけ?
一番好き。いい加減私は何回も書いてるからあまり詳しくは書かないけど、展開の早さに大ゴマの使い方、「めくり」の上手さ。バトルの濃密さに愛のテーマ。キャラの個性。究極。
超オススメ。


男編34位
87CLOCKERS

オーバークロックか。今でもそういうのあるのか。
ニッチさが面白そう。


男編34位
斉木楠雄のΨ難

ジャンプのギャグ漫画。主人公のチート加減とキャラの馬鹿らしい動きが魅力。
何でもできる超能力者って最近の漫画じゃ少ないよね。だからギャグになる?
きっちりギャグ漫画しているのが好印象。


男編37位
山賊ダイアリー

猟師漫画らしい。一応気になる。


男編37位
軍靴のバルツァー

小国の軍事改革の話らしい。面白そう。


男編37位
外天楼

たまに話を聞くけど結局買ってないな。短編集は好印象。


男編37位
我妻さんは俺のヨメ

設定が楽しそう。


男編41位
宇宙兄弟

宇宙飛行士。最近では現実離れしたような仕事という印象があるけどやはり人類が先に進むために必要で偉大な仕事だよね。
最近展開が遅い気もするが、さて。


男編31位
血潜り林檎と金魚鉢男

圧倒的描写。奇妙さと恐怖、どこか滑稽でそれがまた違和感を生み、読ませる漫画である。
金魚って確かに日常離れしたところがあるよね。スク水とかそういうのも何かアレで雰囲気づくりに貢献している。


男編41位
KEYMAN

アメコミ風世界観。結構そういうの多くなってる?気になる。


男編41位
罪と罰

漫画太郎。読んでないけどまあ大体わかるが、それ以上に評判らしい。


男編46位
東京グール

ヤングジャンプ勢が強い。一応これもゾンビ物の一種なのだろうか。いやグールだけど。
ポストゾンビ?


男編46位
ナルト

うむ。そりゃナルトは面白いわな。


男編46位
ハンター×ハンター

今年連載してたっけ?いやまあしてたか。



女編第一位
俺物語!!

読んだことないけどどっかのサイトで紹介されてたな。
流石に一位。面白そうである。恋愛漫画の定石を踏み外すことで新たな道が。まあ顔は顔でしかないからね。


女編第八位
ちはやふる

スポーツ部活物のノリってかスポーツ部活物である。かるた。
恋愛要素も細やかでいいんだけれど。


女編第十三位
ウツボラ

知らんけどなんか絵がいいな。


女編第十九位
脳内ポイズンベリー

設定が楽しそう。


女編23位
ライアー×ライアー

知らんかったけどハレグゥの人か。設定も面白そう。


女編29位
青春離婚

これ、紅玉いづき先生のなのか。ライトノベルの名手。


女編29位
夏目友人帳

やたらアニメ化してたっけ。最近地味に妖怪ものが流行ってる?


女編32位
百姓貴族

鋼の錬金術師の人。いや読んでねえけど。面白そうではある。


女編34位
ファンタジー

犯罪レベルなのがいいんだっけ?いや読んでねえけど。


女編34位
ぼおるぺん古事記

もうそろそろWEB連載完結。古事記を非常に丁寧になぞって描いている。ボールペンで描いているというのも面白い。神々のデザインが秀逸。
オススメ。


女編36位
暁のヨナ

なんか面白そうな設定である。


女編36位
ガラスの仮面

まだやってたのか。そろそろ完結するかな?


女編36位
7SEEDS

設定にセンスオブワンダーを感じた。



まあランキングはこんなものか。
現代を象徴したような陰鬱さが見え隠れする作品が目立った。
結構「すごい」という基準があいまいだが、それでもなんだかんだ言ってバランスよく作品が散らばっている感もある。
「王道」な作品が多い気もする。一周したか。
前ランキングでの競合が引き続き高順位に着けているのも多い。それは実力だということなのかもしれない。
ジャンプ勢の強さ。新連載の強さもあるが、ヤングジャンプ勢も結構強かった。集英社大勝利?

それでも、この辺りに挙げられている漫画だけがスゴイということは全然ないと思う。
あくまで投票された作品に過ぎない。注目度ランキング?信用しすぎるのは良くない。
結構マイナー誌のマイナーな連載がすごく面白かったりするもんね。
上位陣はこれから伸びる可能性がある作品群ではあるかもしれない。




その他気になったの色々。
漫画雑誌がすごい
ジャンプ、ヤングジャンプが一位二位。大正義である。
クロガネに投票した奴いるんだ。いやいいけど。
3位モーニング6位コミック@バンチ7位別マガ8位週刊少年マガジン9位イブニング10位アフタヌーンと講談社バランスよく強い。
小学館は4位5位、スクエニ10位といった具合。
女編は別マぐらいしか知らんなあ。

キャラ
勇次郎が料理キャラに。


あとは…… まあいいや。ジャンプ勢はやっぱ子供に強いとか?
中山先生がアンケートに答えてたのが良かった。
誰もすべての漫画を読んで比較することはできないのだ。



このマンガがすごい2013。500円の価値はちゃんとあったと思う。
せっかくだから個人的このマンガがすごい2013でも書いておこうか。
好きな漫画ランキングではなく、あくまで今年の勢いという観点から。しかし世間でどうとか社会的影響は考えない。基準は「凄さ」ね。

個人的この漫画が凄い2013
1位ねじまきカギュー
2位空が灰色だから
3位黒子のバスケ
4位進撃の巨人
5位キルミーベイベー
6位ジョジョリオン
7位ぼおるぺん古事記
8位血潜り林檎と金魚鉢男
9位斉木楠雄のΨ難
10位東方茨歌仙
11位ハトよめ
12位暗殺教室
13位ドリフターズ
14位モブサイコ100
14.5位ドロヘドロ
15位へうげもの
16位まりあ†ほりっく
17位東方鈴奈庵
18位日常
19位這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム
20位じょしらく

以下次点

けいおん!college
けいおん!highschool
めだかボックス
フランケン・ふらん
あかねこの悪魔
となりの関君
ながるるるるるこ
現存!古代生物史パッキー
怪物王女
テルマエ・ロマエ
咲 Saki
べるぜバブ
ちはやふる
BLEACH
ゴクジョッ。~極楽院女子高寮物語~
魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ
勤しめ!仁岡先生
とめはねっ!鈴里高校書道部
学園キノ
みつどもえ



自分で見るとなんとも思わないが、他人から見ると結構面白いかもしれない。
順位付けとはそういうものである。どの辺にアンテナがあるかとかもわかるかも?
私には結構バラバラに見えるが、見る人が見れば偏りがわかる?
※追記
ドロヘドロ入れるの忘れてたので無理やり追加。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/12/12(水) 04:36:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<この漫画が凄い2013を読んで気になった漫画を適当に買って読んだので感想 | ホーム | 東方茨歌仙 第十四話 人間に好かれる妖怪 感想・考察・その他の確認等>>

コメント

No title

しょっぱなの哀愁が一番面白かったっす
  1. 2012/12/14(金) 17:39:06 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> しょっぱなの哀愁が一番面白かったっす

ですよね。一人ぐらい入れてても良かったものを。この世に情けはないのか。

キルミーベイベー。
たぶん、なんJ民だけでランキング投票すれば少なくとも5位には入ると思うのですが。
売り上げは悲惨でしたが、妙にネットで騒がれているんですよね。
そういう評価に惑わされてか、私自身この作品が面白いのかどうなのか判断がつけられません。
しかし好きな作品であることは間違いありません。
  1. 2012/12/14(金) 22:12:23 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

キルミーベイベーなんて入るわけないだろニワカ
  1. 2013/01/03(木) 07:54:28 |
  2. URL |
  3. #GvNc4kfc
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> キルミーベイベーなんて入るわけないだろニワカ
当たり前のことが当たり前のように生じる悲しさ。
  1. 2013/01/03(木) 13:52:50 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1151-ffb6b02b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)