ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

磯辺焼きの醤油はいつまでも澄んでいる。第百五回動画紹介回

うむ。いやまあ醤油ごと焼くとアレだけど。

毎週木曜ヤングジャンプ連載ねじまきカギュー感想。なんか土曜日になってるけど。
あらすじから。

一人のために戦える。カギューのその思想を危険だという衿沙。瓦礫を蹴り上げる。
カギューはカウンターを受けながら更に反撃、螺子巻円頂肘。しかし衿沙は立ち上がる。観客大盛り上がり。
衿沙はカギューを危険なロマンチストと言う。耳を塞いでも声の支配は効く。しかしカギューは立ち上がる。


おお!円頂肘!ムエタイで肘とか膝とか多用するのは単純にそれが強いからなのよね。リーチは短いが強力。それを受けて難なく立ち上がる会長もすさまじい。そして「声」。実は「声」、音じゃないらしい。ハイレベルな戦いだがまだ序章。思想のぶつかり合いも。

衿沙。一人のために、というのは美しく聞こえるが危険だ、万人のために、という方が重いという。一つの正論だが、もちろん本心ではないだろう。どれだけペルソナを被っているのか、真の本心、キャラ、個性はなんなのか。
衿沙の正体、理事長や貞鳥亜鳥の正体も含めての謎解き的な要素も含まれている。能力の本質は声ではないようだ。その割には特殊吹き出しをよく使うが。声が何らかの起点となる、というか全体的に自己暗示の能力が発展したもの?ふむむ。多重人格かとも考えられるようなキャラの使い分け、能力による命令効果、身体能力の向上?わからないことだらけだ。しかし、強い。謎が強さを生むのかそれとも実力化。衿沙には大きく期待したい。

カギュー。瓦礫を掻い潜って(当たってるけど)、カウンターを喰らっても止まらずに反撃。パワーアップしたカギューの円頂肘。効果は絶大だろうが、さて。
お前に勝って証明する。中々男らしい言葉。女だけど。演説家の衿沙にはよく効くか。個性を折った方が勝ち。格闘戦でありながら論戦でもありうる。ねじまきカギューはそういう漫画。だからこそ面白い。
マブルゥと同じように衿沙の支配を破った。強さとしてはマブルゥ並みにはなっているということか。

バトル。ねじまきカギューの醍醐味だと思う。静かに様子を探りあっている感じである。バトルが進むにつれて衿沙の謎も明らかになるか。単純にカギューが戦うことで探り出せるか。衿沙はどう変化するのか。注目。


【2ch】第6回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100(+900) Part7

テキストリンク
結構STGの曲、このランキングに多い?同人STGも少なくない。東方も結構あるし、そうじゃないのもいくつか。
あとカービィはやはり強い。世界観とかもあるのかな?何やってもいい雰囲気だけど。
ゲームによってはBGMも制限される場合もあるからねえ。ホラーとか。まあ制限は芸術を生むというが。

バグを取得し音速を越えたゴエモンが5秒で富士山のてっぺんに着いTAS

テキストリンク
3Dアクション初期はこういうバグ多くて、なんかいいよね。ポリゴンの隙間に落ちたりとかさ。マリオカートとか普通にプレイしててもたまに落ちるし。
まあTAS制作者には大変であり、腕の見せどころではあるのだが、見せる前にまた発見されるのが悩みどころ。
ゴエモン。最近見なくなった印象だが。

マッチョリーの少女

テキストリンク
うむ。……うむ。
マッチョ信仰。うむ。
まあ大体筋肉あった方が強いのは確か。ボディビルダー並だとおかしくなってくるが、まあその手前なら?



3動画更新。急遽マッチョリー増やした。増やしてどうすんだって感じだけど、まあ面白かったし。
結構東方界隈は懐深いよね。何やっても割と許される。というかまあ二次創作だしそういうもんか。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/11/24(土) 00:51:06|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<六花の勇者3巻 感想と考察 | ホーム | ねじまきカギュー8巻感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1135-40886969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)