ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ねじまきカギュー8巻感想

一巻感想記事
二巻感想記事
三巻とか感想記事
四巻感想記事
五巻感想記事
六巻とか感想記事
七巻感想記事

3か月連続刊行の三冊目。だいぶ遅れたが感想。

窈の激昂から生徒会出陣、マブルゥ対衿沙で吊し上げからのカギュー登場まで。
本当に濃い漫画である。

表紙は宇木辺リアと鬼塚ムームー。そして機甲児童。リアの背後に機甲児童が曼荼羅のようにいる。機甲児童ってムームーとは仕様が違うよね?全部ムームー級となると相当やばい。
リア、スニーカーはいてたりなんとなく恰好がギーグっぽいよね。よく知らんけど。
さてそうなると、次の表紙はだれか。マチルダと丸恵、エグは表紙もらい損ねてるけどもうどうしようもない(これからか大きな活躍があるなら別だが)、安吉良とラムはもうやられてる。衿沙が妥当だが、衿沙はもっと後でもいけるか。
難しいところ。森センセとかアリスとか理事長という線もあるが……あとカモセンセも。

表折り返しは作者の自画像のカタツムリが轢かれてる。それでいて人生最高らしい。うむ。
裏折り返しはいつかのカラーの再録?結構中山先生のカラーも凄いもんね。

裏表紙はカギューをそれぞれ想う窈、カモセンセ、マブルゥ。そしてヘリコプターの中のアリスと理事長。

カバー裏は富江、走、朱羽、小鹿の印象的な表情のカット。ぶっとんでるよね。


で、内容。毎週木曜か通り過ぎて金曜の動画紹介回にねじまきカギューの感想は書いているのでもっと大枠で。
出来るだけ簡潔に。

カモセンセ
主人公だけあって、他人とは一線を画す説得能力。マブルゥには無効だがなんだかんだなんとかなる。
話を聞かない相手にはどうしようもないか。しかしさすがに主人公らしかった。まあ男だけどヒロイン。


マジギレ。まあ暴れたところでどうしようもないが暴れたくなるのはわかる。そしてマブルゥルートへのフラグ……?

マブルゥ
相変わらずかっこいい。強いんだけど直接的な勝ちがないよね。いやまあ雑魚は瞬殺だけど。
衿沙は格闘家以外の何かか。となるとマブルゥは格闘家を極めたものという向きもあるのかな?

富江
結局聖人の話はまだよくわからないが、新技(超共感)がかっこいいうえに応用が効きそう。
本の世界は確かにあるのか。


単なる身体能力がものすごい。結構リアリスト?熱い言葉に反して冷たい感情も垣間見える。
結構好きなキャラかも。

朱羽
頭脳派に。スタントンファーも改良。というか普通に成績TOP?マジでか。

小鹿
忍者というか手裏剣使い?冷静そうに見えて感情的な隙が多い。
結局決着はつかなかったようだ。

オルフェ
エヴァ初号機暴走?まあ衿沙にはかなわない。
機械を食うって辺りがなんかいいよね。噛みつき攻撃ってだけだけど。

衿沙
謎が謎を呼ぶ生徒会長。マブルゥさえも手玉に取る。
その正体やいかに。

カギュー
ヒーローは遅れてやってくる。つよくてかっこよくてかわいい。無敵である。
その活躍は次巻から。修業回を挟んだその実力は。



書下ろし漫画もネタまみれで笑える。
本編の怒涛の展開もそうだが、中山先生のスピード感は非常に好みである。

雑誌連載での続きも気になる。メディアミックスはないのだろうか。
今後のねじまきカギューに大々期待である。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/11/22(木) 02:35:08|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
<<磯辺焼きの醤油はいつまでも澄んでいる。第百五回動画紹介回 | ホーム | 前衛芸術のような敵キャラ。第百四回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1134-780e1185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ねじまきカギュー8巻】

一巻感想記事二巻感想記事三巻とか感想記事四巻感想記事五巻感想記事六巻とか感想記事七巻感想記事3か月連
  1. 2012/11/23(金) 20:12:04 |
  2. まっとめBLOG速報