ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

歴代総理大臣のアスキーアートを見て時代の移り変わりを感じる

アスキーアート - Wikipedia
実在人物AA集
内閣総理大臣の一覧 - Wikipedia
内閣総理大臣とは (ナイカクソウリダイジンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科


アスキーアート。Wikipediaによると、

コンピュータ上においてのアスキーアート(ASCII Art)とは、プレーンテキストによる視覚的表現技法をいう。テキストアートや、文字絵などとも呼ばれる。AAと略される。

欧米で、アスキー (ASCII) コードの図形文字領域0x20-0x7eに含まれる文字・記号を用いたことからこの名があるが、他のキャラクタを含むものについても、あまり区別せずアスキーアートと呼ばれている。そもそも、現在ではラテン文字圏でもアスキー以外の文字コードを利用することはごく一般的である。

らしい。
AAはネット上のコミュニティで発達してきた。
特に日本では複数行のプロポーショナルフォントのAAが2ちゃんねるなどのネット掲示板で発達している。

アスキーアートの技術も時代が下るにつれて急速に進化している。また趣向も変化しているし、他にも変化は多い。
日本の時代を代表する内閣総理大臣のAAを見ていくことで、日本、日本政治、2ch、AAの変遷を感じ取ってみよう。


ではスタート。AAは環境依存だったりするので画像で。政治に関してはこのブログでは発言しないことにしているが、一般論と思っていることは書くかもしれない。

小渕恵三
1998年7月30日
- 2000年4月5日
小渕恵三AA
1999年5月に2ちゃんねるは開設された。これはあめぞう時代のAAかもしれない。
平成という元号をカメラに見せている有名な場面のパロディ。この時代は「逝ってよし」とか流行ってたね。
*で囲んでたり、直線を多用していたり、手が丸っこく表現されていたり、AAの技術もまだまだ黎明期といったところ。ズレも気になる。
しかしそれなりによくできてはいるか。もっと時代を下れることもできるが、まあここらあたりから。
小渕さんは印象の薄い総理大臣だったとも言われる。AAが少ないのはネットが黎明期だったからというだけではないのかも。


森喜朗
2000年4月5日
- 2001年4月26日
森喜朗AA1
2000年から2001年。この時期に2chをやっていた人間は古参といっていいのではないか。
モナーの初投稿に西鉄バスジャック事件、Team2ch……2chの発展初期。ようやく2chが世の中に知られてきた、という時期か。
直線ばかりで構成されるこのAAは単純ながら大型で、吹き出しまでついている。顔文字板は1999年10月25日に新設された。私にはわかる。これは顔文字板のAAだ。この手のAAが大量生産された時期なのだ。
ようやくAAの制作が2ch内で一般的になったということか。

森喜朗AA2
こちらは更にこなれている。様々な字を操って色々な線を書いている。
しかし今のAAと比べるとまだまだ単純か。
森喜朗というと失言のイメージが多いか。正直なところ実際どうなのかは知らんが。


小泉純一郎
2001年4月26日
- 2006年9月26日
小泉純一郎AA1
かなり長い間総理大臣を務めた小泉純一郎。2chでも人気があったかAAも多い。
この長い間2chでもいろいろなことがあった。この辺りが2ch最盛期かもしれない。多種多様な社会問題・事件を引き起こした。
AA板の最盛期はそうだと言って良いだろうか。モナー板、AA長編板、AAサロン板、そしてニダー板。
このAAは小泉純一郎の独特な髪型の複雑な表現や、大幅な改変など、現在のAAと遜色ないものである。
しかし、あえていうなら少し白いか。まだ書き込める。

小泉純一郎AA2
こちらも髪の表現に注目。線で描いているが、中々に複雑である。
結構真面目な表情。基本的に2chでは小泉純一郎は好かれていた(と思う)。であるからして真面目な表情も必要だということか?

小泉純一郎AA3
モナーサイズで小泉内閣……モナー系のAAと親和する大きさのAAをモナーサイズAAとたまに言ってるけど全然流行らない。当たり前だが。
小さいから簡単だと思うなかれ。AAのデフォルメは高度なセンスが求められる。
モナーAAは2chを席巻したが、今はモナー達も脇役か。2chのトップページもやる夫とかだしねえ。八頭身のモナーはいるけど。煽りとかに使っているAAに登場するAAキャラの名前を知らないというケースも。しかしなんだかんだ言ってモナー、モララー、ギコ、しぃ辺りは生き残ってるか。ニコニコでも人気動画で一つほど使ってるとこが……
モナーサイズのAAは改変が容易。その骨格を利用したAAは今でも盛ん、というほどでもないが作られる。AA板なら過疎化はしているがちゃんと機能してるしね。

小泉純一郎AA4
オートトレース。写真画像をパソコンで自動的にAA化したもの。
まあ遠くから見ればそれっぽいが、あまり汎用性は無い。
ドット化して濃さで文字を割り当てたといったところか。横幅を漢字に合わせている。


安倍晋三
2006年9月26日
- 2007年9月26日
安倍晋三AA1
安倍さん。2chではこの時点で麻生さんが人気で、それほど歓迎はされてなかった印象。
この時期は2ちゃんねるに対する社会圧力の強まりを感じる。元(?)管理人ひろゆきへの訴訟も多い。
かなり単純だが特徴をうまくとらえているAA。複雑で繊細なAAが人気が出るという訳ではないのがわかる。デフォルメが効いているのだ。

安倍晋三AA2
こちらは超リアル。おそらく、画像を下に敷いて人力でトレースする手法だろう。最近では一般的か。動画での解説もあったような。
髪、輪郭線、濃淡、複雑な形状。AAの写実化ここに極まったか?AAエディタも定番があるもんね。
選挙で敗北した直後の画像だったか。やはり小泉純一郎のようにはいかない。


福田康夫
2007年9月26日
- 2008年9月24日
福田康夫AA1
やはり2chではあまり好かれていなかった印象。後から考えると良かったという類のコピペもあったが。
2chはこの辺で緩やかな衰退の道を辿ったイメージがある。少なくとも拡大は止まったか?
中々よくできているAA。シンプルでリアル。てらいが無い。

福田康夫AA2
改変。この位のAAの改変も当たり前になってきた。
銃を持っているのは眼鏡とスーツなどの類似からマトリックスのエージェントスミスの連想か?
やはり政治家にネタは尽きない。

福田康夫AA3
更にリアルなの。国会答弁だろうか?スーツのしわの表現に眼鏡から透ける目。
目が邪悪に見えるが、政治家は大体邪悪だと思われているしそんなもんだろう。


麻生太郎
2008年9月24日
- 2009年9月16日
麻生太郎AA1
麻生太郎。2ちゃんねらー(というか所謂オタク層?もしくは若者?)には人気があったようだが、この人で政権が変わったのは事実である。政治というのはそういうものである。
パケットモンスター社やサーバーのダウン、激動の時代である。
AAのこういう毒舌がマスコミを刺激したのだろうか。
細かい皺や口角の上げ方など特徴をとらえている。

麻生太郎AA2
非常にリアル。何かの写真をトレースしている。AAでの線の角度というのは大きな問題だが、自由自在に解決している。

麻生太郎AA3
改変。有名AAに乗せて。やはり人気だったということか?このAAだけではなんともいえんか。
ローゼンメイデンを空港で読んでいたとかでローゼン麻生とか言われてたんだっけ。右下のはローゼンメイデンに出てくるキャラクター、真紅のモナーサイズAA。ローゼンメイデンというとVIP板で長い間人気だった印象。

麻生太郎AA4
こういうどうでも良さそうな食事(マイク?)場面をこうまでリアルに再現。
リアルすぎてイマイチよくわからない気もするが。


鳩山由紀夫
2009年9月16日
- 2010年6月8日
鳩山由紀夫AA1
鳩山由紀夫。2chでは、というか末期ではマスコミにもアホ扱いされてた気がする。
2chでは大規模規制やDDoS攻撃などで本格的に衰退が見えてきた印象。
このAAは総理になる前からあったAAかも。割と単純。地味に首が無いから生首だけど、まあそういうものだ。
特徴的な目が表現されている。
これ以降はなんか実在人物AA集更新されてなかったから適当に探したものね。

鳩山由紀夫AA2
やる夫の改変。鳩山由紀夫のAAではこれが最も一般的か。やる夫のAAを流用できるのでかなり自由度が高い。デフォルメとしても高く評価できる。
目線が左右に分かれており、なんとなく2ch住民の言いたいことがわかる。その行動を風刺されるのは政治家の世の常だが……

鳩山由紀夫AA3
なんか変なAAばかりなのは、実在人物AA集が2009年に更新終わってるからで他意はない。探すのが難しいのだ。
まあ狂気が描かれているわけだが、右の顔AAの技術力はちゃんと高い。
リアルな絵で笑わせる時代?いやなんでもいいや。


菅直人
2010年6月8日
- 2011年9月2日
菅直人AA1
菅直人。管理人という単語に似ているからどうとかいうネタが昔あったか。3.11時点での首相。まあそんな状況ではどうにもならんか。
2chはこのころから迷走していた印象。忍法帳とかなんとかができたのもこのころか。
特徴的なほくろですぐわかる。逆に考えるとほくろでわかるならなんでもいいわけだ。

菅直人AA2
やらない夫の改変。やる夫が鳩山由紀夫なら、ということ。大体嫌われている政治家の目はこんな感じで、額のほくろで鑑別できる。
やる夫ネタの流用ができるので使いやすいのだ。

菅直人AA3
いつだったかの写真。やらない夫風のもあった。
政治家とか有名人は大変ね。ちょっと油断すると変な顔の写真撮られて、それがAAにまでされてしまう。
顔は崩れているが、誰だかわからないという事態は起こらない。


野田佳彦
2011年9月2日
- 現在
野田佳彦AA1
今の総理。はてさてどうなることやら。それほど個性がない印象もあるが。
ステマ騒動もあったが、2chもこれからどうなることやら。安定期に向かいつつある気もするが、さて。
シンプルなAA。小型だし使いやすいということか。
人物AAの描き方というものも統一されてきた印象もある。

野田佳彦AA2
ムーミン風。やる夫互換にもできるようだ。
目は菅直人と同じ。日本人の目はそんな個性無いからね。

野田佳彦AA3
ややリアルで、何か邪悪な感じ。
正直AA探すの少し大変だったが、知名度というかそういうのもAAの制作に影響するのかも。




初期ははっきりAAが変化していっているのがわかるが、後半はそれほど技術的な面では変化は薄いか。
志向的にはモナー風、デフォルメ風、リアル風、やる夫風と結構まだまだ変遷があるのがわかる。
AAの歴史。2chの歴史。個別の歴史はより大きな全体の歴史に繋がっている。
歴史を学ぶのはやはり面白いものだ。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/11/14(水) 04:04:09|
  2. 2ch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人間の愚昧さへの賛歌。第百三回動画紹介回 | ホーム | 悪夢のマッチョ信仰。第百二回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1128-3c8c9997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)