ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

週刊少年ジャンプ、2012年年末の打ち切り及び新連載バレを見る

バレ情報なので2chのどこソースとか一々書かないけど、まあぶっちゃけググればわかる。

319 名前: ◆Kaze/dDnrcMd [sage] 投稿日:2012/10/30(火) 12:23:33.42 ID:zM1URU7b
49
ニセコイ
トリコ
ワンピ
暗殺
べるぜ
黒子
ハイキュー C
斉木
銀魂
家庭教師

めだか C
スケット

メカペン先生 C 24P
クロガネ
クロス
伊達
恋染
タカマガ END

50
表紙巻頭 第1弾 Hungry Joker 54P/田畠裕基
C 黒子、家庭教師

51
第2弾 新米婦警キルコさん/平方昌宏

52
第3弾 食戟のソーマ/原作:附田祐斗 作画:佐伯俊


2 名前:Classical名無しさん[sage] 投稿日:2012/10/28(日) 20:09:07.17 ID:VeAv8mlV
108 名無しさんの次レスにご期待下さい sage 2012/10/04(木) 23:01:28.54 ID:Wd50v4lN0
in
附田&佐伯、平方、田畠

out
タカマガハラ、紅葉、リボーン

タカマガハラと紅葉はアンケが伸びずに救いよう無くて終了
リボーンは円満
クロガネはセーフ、伊達は初回で小中学生票取れて突き抜けは無し
マネジもアンケ安定しており突き抜け無し
だそうだ

下の情報は確定ではないが、掲載順バレの前だったので恐らく正しい。

50号新連載の田畠裕基は2001年に「墓守 HAKAMORI」で天下一漫画賞8月期の特別賞、2004年上半期の手塚賞で「XXX WITH NO NAME」が佳作、2003年に「Blue Steady」が十二傑新人漫画賞で最終候補、2005年の赤マルジャンプ冬で「ガランス」が読み切り、2011年金未来杯で連載と同じようなタイトルの読み切り「HUNGRY JOKER」で金未来杯受賞。つまり新人漫画家。
イマイチ印象はないが、結構好評だったようだ。まあ期待しておく。

51号新連載の平方昌宏は2005年に十二傑新人漫画賞で「刀無」が受賞し、2006年冬の赤マルジャンプに載った。2006年に読み切り「TEAM MADE」、2008年に金未来杯で「クロガネ」(今ジャンプで連載されてる同名のタイトルとは関係ない)がノミネート、2012年に週刊少年ジャンプで読み切り「DOUBLE BULLET」といった感じ。こちらもジャンプ生え抜きの新人漫画家。読み切りの数々とは違うタイトル。
「DOUBLE BULLET」は結構楽しい感じだったイメージ。さて。タイトルが期待できないのだが。

52号新連載の原作者、附田祐斗は2006年十二傑新人漫画賞で「牙になる」で十二傑賞受賞、2006年赤マルジャンプ夏で「牙になる」が読み切り掲載、2008年赤マルジャンプ冬で「57th -フィフティセブンス」、2010年週刊少年ジャンプで「少年疾駆」が連載、全2巻で打ち切り、といった具合。まあ一度連載で早期打ち切りくらった組である。
52号新連載の作画は成年漫画家tosh(という噂)こと佐伯俊。
はてなキーワードによると、

引用
「コミック快楽天」「コミックメガストア」で活躍中。

らしい。
2012年にジャンプNEXTで岡田祐斗×佐伯俊で「食激のソーマ」 が読み切り掲載されていた。連載のタイトルと似ている。岡田祐斗=附田祐斗?
上二人と比べると経験豊か?グルメ漫画枠というと、トリコと……被らないか。


で、打ち切り情報。
タカマガハラは来週らしい。うん、まあドベをずっと這ってた漫画だしまあ仕方がない。スタートダッシュが致命的な遅さだったということだろう。
私的には嫌いじゃなかったが、どうもジャンプ向きではないか。能力バトル漫画はジョジョが基本。
週刊連載というものがどういうものか作者も理解しただろうし次回作に期待がかかる。ポテンシャルはあると思う。

恋染紅葉。まあこれもアンケダメだったし、仕方ない。恋愛漫画多すぎ。
恋愛漫画蠱毒に勝利したのはニセコイだが、最近の展開が怪しいともっぱらの評判。私はよくわからんけど。
絵はいいみたいだし、まあ復活もありうるだろうか。

リボーンが円満終了。本当に人気があったら編集部は引き延ばす……とかそういうのはいい。まあ終わるべきところで終わったのだろう。
独特な絵柄もあり実力派。近いうちにまた見ることになりそう。


クロガネは所謂ノルマン現象。ギリギリの線でぷかぷか浮いている形。なのかな?今週もドベ5だし。まあ来季もなんだかんだいっていけそう?スポーツ漫画三枠はどうなのかね。
伊達もクロスも突き抜けは無しとのこと。突き抜け、短期間打ち切り。まあ最近じゃよっぽどじゃなけりゃならないけど。初回だけの情報なら、単行本一巻というのは無くなったというだけと考えるのがいいかも。2巻もない?となると何を落とすのさ。まあ今回落ちないという話かな。


49号の掲載順。
カラーとか看板とか読み切りは無視してみていくと、暗殺、べるぜ、黒子、斉木(、銀魂)(、リボーン)(、こち亀)、スケット(、ブリーチ)、クロガネ、クロスマネジ、伊達(、恋染)といった具合。
結構中堅以下の命運が分かれている印象。
最近は強力な新連載が多い?暗殺教室の脅威の人気。斉木もすごい。クロガネ以下のクロスマネジと伊達は新連載補正切れたのか?大丈夫か?という印象。

次の改編期はクロガネ、クロスマネジ、伊達が厳しい?一週の掲載順で見ても仕方ないが。


こんな情報も。

25 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/26(金) 18:26:47.39 ID:DtkBY6zG0

企画=NPGキャンペーン・・・暗殺、斉木、ニセコイ、ハイキュー、黒子の人気急上昇5作品による
特別大コラボ企画が次号ついに始動!! 

NGP=ニューパワージェネレーション


ほほう。


ジャンプの堅牢な連載陣にもついに大きな動きの波が。
打ち切りサバイバルレースはもとより上位陣に食い込む作品も出てくるやもしれない。
ジャンプ漫画のアニメ化も多くなった昨今。様々な視点から注目していきたい。
スポンサーサイト



テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/10/30(火) 21:46:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<2012年10月末、「クソゲーオブザイヤー」、KOTYの候補、現状 | ホーム | マスメディアの覇道と王道。第九十八回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1111-41a2db67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)