ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

フリーゲーム紹介「ProgressQuest」

Progress Quest 公式サイト。英語注意。
泳ぐやる夫シアター できる夫がいろんなフリーゲームを紹介するようです 第一回 Progress Quest ここで知った。アフィブログ注意。



世の中には色々なゲームがある。ジャンルで言えばアクション、パズル、サウンドノベル、シミュレーション……
ジャンルも色々だが背景世界も色々ある。ファンタジーに現代ものにSF、歴史もの……
サウンドノベルなどは現代ものが多い印象、シミュレーションの花形といえば歴史ものという印象もある。
これにはそのジャンル最初のゲームが何であったかとか歴史的な要素を多く含む。

RPGといえばまずファンタジー系世界観という印象が強い。
我々日本人がRPGとしてまず思い浮かべるのはドラゴンクエストだろうか。
コンピューターRPGの三祖はウルティマ、ウィザードリー、ローグ。
これらはコンピューターでないRPG、TRPGであるダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)に影響されて作られたものだ
D&Dはというとやはりトールキンの小説「指輪物語」の影響なくしては出来なかった。「指輪物語」は現代におけるファンタジー作品の祖である。

という訳で、典型的なRPGはD&Dや指輪物語の子孫であり、似たような世界観設定を持っている。
設定もそうだが、システムを抜き出しても似通っていたりする
敵を倒して経験値を得て武器や防具を強いのに換えて、アイテムを集め、強い敵に挑み……この繰り返しである。


TRPGではゲームを進行させたり、物語を作りNPCを動かし戦闘判定をするのはゲームマスター、人間が行う。
コンピューターRPGではそういうゲームマスターが行っていた判定部分をコンピューターにやらせているわけだ。
ならば、もっとコンピューターにやらせることはないか。例えば……プレイヤーとか。
ProgressQuest縮小
クリックしたら若干大きくなる。

このProgress Questでは、煩わしいプレイングもコンピューターが勝手に行ってくれる。
ちなみに文字だけのゲームでグラフィックは無し(ロゴとかはあるけど)
容量は330KB。メモリ使用量も物凄く抑えられるので放置してるとあっという間にクエストをこなし成長していく。

ProgressQuest開始画面

非常に簡素なスタート画面。軽いので多分多重起動も苦労にならない。やったこと無いけど。
マルチプレイヤーはオンラインでなんかするらしい。生意気な機能である。
初めてならばNew Game[single player]を選ぶ。セーブデータがあればLoad Gameでデータを選択する。

ProgressQuest新規キャラ画面

プレイ画面でもわかったかもしれないが、非常にふざけた固有名詞の数々。基本的に典型的なRPGのパロディである。

種族にハーフエルフがいるからといってハーフマンだとかダブルホビットだとか、喋るポニー、ハイエルフじゃなくてローエルフ、Dark ElfではなくDung(ふん、こやしの意) Elf。
小人なはずのノームがグレーター。パンダマンやら陸イカやらとどこかおかしい。
職業もヴゥードゥープリンセスやらロボットモンクなど馬鹿馬鹿しい。

ステータスはロールである程度好きな値を選べる訳だが、そもそもこの主人公死ぬ気配が無いし、意味があるのかどうか不明である。
そしてクリアという概念があるかどうかもまた不明である。恐らくない。


という訳で主人公のデータを作り終えると一番上の画像のように冒険に出る。
何もしなくてもホイホイ冒険をこなしてくれる。大体10時間か20時間ぐらいで画像ぐらいまで成長する。
プレイヤーは一切冒険に触れることは出来ない。ただウインドウを消せばセーブされるというだけである。
非常に斬新で、純粋で、前衛的なゲームである。


何が面白いのか、と思う人もいるだろうが、このぐらいになると面白さは二の次であろう。
しかしそれでも、ずっと放置していて、思い出したときに見るとやたらと成長しているのは結構楽しい。やはり「自分のキャラクター」なのだ。
ここに至ってゲームというものの極限に近づいたような気もする。

ヒトはなぜデータの塊に執着するのか。
そこがゲームというものに重要な意味を与えているのだと思う。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2012/10/20(土) 21:25:52|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドワンゴの電子書籍配信サービス「ニコニコ静画(電子書籍)」の話 | ホーム | ねじまきカギュー7巻感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1098-d4057be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)