ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

論理的非倫理、非論理的倫理。第九十五回動画紹介回

結局のところ血によって解決される。

毎週木曜恒例のヤングジャンプ連載漫画「ねじまきカギュー」感想。
まずあらすじから。

生徒会副会長の後上貞鳥、亜鳥は生徒達にとって恐怖の対象である。過剰な専守防衛で知られているようだ。
特別性の鎖はカギューでも千切れない。空中で回転し鎖を巻き込むカギュー。
巻き込まれる際に一撃を入れる貞鳥達だがそのまま地面に叩きつけられる。起き上がるが強烈な攻撃を喰らう。


貞鳥亜鳥一話で終了。いつも通りスピーディな展開。しかし貞鳥亜鳥も格を見せての退場。血まみれで表情を崩さず立ち上がり戦闘を続けようとする貞鳥亜鳥の見開きはおおっ!て思った。

カギューちゃん相変わらず無双ね。でもまあ貞鳥亜鳥は一蹴とは行かなかった模様。となると生徒会長は?まだまだ未知数だけど。
一撃必沈とかなんとかいってるけど、まあこの漫画では中々そうはいかんわな。いやでも実力離れてたら割と瞬殺劇も多いか。でも実力伯仲だと耐える耐える。
生徒会長は紫乃と同じく防御薄い系なイメージもあるけど、なんかそうでも無い気もするんだよなあ。キャラ変えるんでしょ?うーむ。

貞鳥亜鳥。今週は貞鳥亜鳥週だった。いやまあ負けたけど。
生徒会長が狙われたらフルボッコにされて鎖でまとめられるらしい。てーかやっぱこの学園ロクな奴いないな。まあ母数が大きいにしろ。
鎖が回転により手繰り寄せられるのに対応して同じタイミングで一撃(二撃か)。強引にカギューに地面に叩き落されてもKOせずに機械的に起き上がる。負けたは負けたけどすっげーかっこよかった。やはりページをめくると、という表現を上手く使っている。強さの表現が成功している。
で、カギューに吹っ飛ばされて今度は自分達が鎖でグルグル巻きKO。因果応報みたいな?すっきりとした結末。

で来週、衿沙戦か。まあ簡単には勝てないだろう。いやまあ中山先生のことだから圧倒してすぐにマブルゥ戦という可能性もなくは無いが、生徒会長にはまだ謎が多いしじっくりと描いて欲しいところ。
今週はバトル描写が非常にかっこよかった。良回である。やはりバトル描写では相当な次元に達している。来週もバトル続きだろうか、大期待である。


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q ニコニコ動画版予告

テキストリンク
予告。まあカヲルがなんかピアノ弾いてたり、他の面々が色々してたりとエヴァとか使徒とかの映像はないけど。
エヴァは期待だよねえ。11月だっけ?もうすぐじゃん。
金曜ロードショーの終わりにまたなんか予告あるんだっけ?また違うのかな?


SimCity _ Disaster Trailer

テキストリンク
シムシティの2013のトレイラーだとかなんとか。
シムアースの最新作とかでないの?というかどうせ要求スペックきついんだろ?そこら辺にほっぽってるパソコンで出来るぐらいのゲームじゃいかんのかな。
まあそれじゃ作っても仕方ないのだろうが。


【字幕解説】 やる夫のelonaプレイ動画Ⅱ part34

テキストリンク
エローナなあ。まあローグライクゲームとしてはスゲー完成度高いし世界観も良いんだけど、やっぱゴチャゴチャ面倒なシステム多いからなあ。
もうちょっと単純なのがいい。自由度もまあいいんだけど。
世界観というのはやっぱり重要だよね。なくても動くけどあれば大きな魅力になる。


肺活力カービィ 実況プレイ編 part1

テキストリンク
カービィの大変さが良くわかる動画。
そりゃもう吸って吐いてで冒険するってカービィの体力どんだけなんだよって話。いや値は6だけど。
こういう無茶なのは割と好き。



4動画でアニメゲームゲームゲーム。うんいいけど。
今の時代ただって言葉が多いけど、実際にただなのは少ない。しかしなくはないか。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/10/18(木) 20:36:33|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ねじまきカギュー7巻感想 | ホーム | 「第6回 みんなで決めるゲーム音楽ベスト100」の結果を眺める>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1096-dc77bee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)