ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

将棋の羽生二冠が最近またアホみたいに勝ってる件について

752 名前:名無し名人[sage] 投稿日:2012/09/29(土) 17:05:46.00 ID:DkzYCk/y [3/3]
羽生の直近3ヶ月成績
7月
○01(日)       第60期最強戦 2回戦  糸谷哲郎六段
○02(月)       第20回達人戦 準決勝 谷川浩司九段 (非公式)
○05(木)       第83期棋聖戦  第3局  中村太地六段
○10・11(火・水)  第53期王位戦  第1局  藤井 猛九段
○13(金)       第60期王座戦 準決勝 木村一基八段
○16(月)         第71期順位戦  A級1回戦  深浦康市九段
○20(金)        第60期王座戦・決勝  対 中村太地六段
○21(土)       代20期銀河戦        対阿久津七段
●24・25(火・水)   第53期王位戦  第2局  藤井 猛九段
●29(日)       第6回ネット最強戦    対郷田真隆九段
8月
○01・02(水・木)   第53期王位戦   第3局     藤井 猛 九段
○04(土)        第20期銀河戦   準決勝    屋敷伸之 九段
○08・09(水・木)   第53期王位戦   第4局     藤井 猛 九段
○14(火)        第71期順位戦  A級2回戦   郷田 真隆 棋王
○17(金)        第20期銀河戦   決勝     阿久津 主税 七段
○22・23(水・木)   第53期王位戦   第5局     藤井 猛 九段
●29(水)        第60期王座戦   第1局     渡辺 明 竜王・王座
9月
○01(土) 達人戦決勝             vs 森内俊之 名人
○05(水) 王座戦 第2局            vs 渡辺明 竜王・王座
○14(金) 順位戦 A級3回戦         vs 谷川浩司 九段
○19(水) 王座戦 第3局            vs 渡辺 明 竜王・王座
○24(月) 某棋戦                 vs 某八段
○27(木) 棋王戦挑決トーナメント準決勝  vs 木村一基 八段
○29(土) 日本シリーズ 2回戦          vs 深浦康市 九段

21勝3敗 勝率.875
9月は月末の呪いを打ち破った
相手はほぼトップ棋士ばかり

まあ羽生義治二冠は42歳にもなるのに全然衰えずにいつもクソ強くてトップ棋士とばかり対局してるのに勝率七割を超えるとか言う化け物なんだけど、最近は更におかしな成績。

ほとんどタイトルホルダーか順位戦A級、そうでなくともタイトル戦や全棋士参加棋戦で惜しいところまで良くいく兵ばかり。
例えば糸谷哲郎六段はNHK杯戦で2009年度、2010年度と二連続準優勝(優勝はどちらとも羽生)で2011年には銀河戦で準優勝(優勝は渡辺明、2012年度は羽生が優勝)と若手の実力者で早指しの名手である。なんか知らんけどMTGを嗜んでいて公式サイトのカバレージに出てたりしてビビッた。
木村一基八段も棋戦優勝経験があり、タイトル挑戦も4回という実力者。最近A級から降級したが、まあ強くてもその辺りの流動は激しいものだ。
中村太地六段も若手の中では強く、戦っているのが王座のタイトル戦ということからもわかる。
阿久津主税も若手の強豪。2回の棋戦優勝(朝日、銀河)で、順位戦でもA級に次ぐB級1組に属するこれからの棋士。
某八段とは、何故隠しているかというと、テレビ対局の某棋戦でまだ放送していないからであるが、将棋連盟の記録は何故かそんなことお構い無しに勝数を更新するのでちょっと調べればわかるのだ。一応ここでも伏せるが、どうやらあの順位戦でA級の棋士らしい。


9月にいたっては全勝をしている。
やはり将棋において羽生世代は最強。中でも羽生は伝説なのだろう。

とはいえ、やはり年をとれば脳の働きも弱くなる。
培った経験による大局観が支えるとしても、これは仕方のない事である。
ここ10年で将棋のトッププロは大きく変わるのではないか?激動の時代となる。


やはり将棋のプロの戦いはみていて面白い。
大して将棋について私も理解してる訳でもないが、まあプロ野球見てる人がみんな将棋やってるわけでもなし、別にいいのではないか。
人間の限界への挑戦。


ちなみに早指し戦だけだと……

867 名前:名無し名人[sage] 投稿日:2012/09/29(土) 17:21:39.02 ID:W9FD756w [24/24]
>>829
大和証券杯を除けば、去年の銀河戦準決勝で糸谷に負けたのが最後。

2011年
*7月15日 ● 後 糸谷哲郎 第19期銀河戦 決勝T 準決勝
*8月27日 ○ 先 三浦弘行 第32回日本シリーズ 本戦 2回戦
10月*1日 ○ 後 久保利明 第32回日本シリーズ 本戦 準決勝
10月24日 ○ 先 戸辺  誠 第61期NHK杯戦 本戦 2回戦
11月20日 ○ 後 渡辺  明 第32回日本シリーズ 本戦 決勝
12月19日 ○ 先 阿久津主税 第61期NHK杯戦 本戦 3回戦
12月27日 ○ 先 深浦康市 第5回朝日杯 本戦 1回戦
12月27日 ○ 先 阿部光瑠 第5回朝日杯 本戦 2回戦

2012年
*1月16日 ○ 先 郷田真隆 第61期NHK杯戦 本戦 準々決勝
*2月11日 ○ 先 菅井竜也 第5回朝日杯 本戦 準決勝
*2月11日 ○ 後 広瀬章人 第5回朝日杯 本戦 決勝
*2月13日 ○ 後 畠山  鎮 第61期NHK杯戦 本戦 準決勝 対戦成績
*2月27日 ○ 先 渡辺  明 第61期NHK杯戦 本戦 決勝
*5月13日 ◯ 先 中村太地 第6回大和証券杯 1回戦
*5月17日 ◯ 後 阿久津主税 第20期銀河戦 本戦Dブロック11回戦
*6月15日 ◯ 後 大石直嗣 第20期銀河戦 決勝T 1回戦
*6月27日 ◯ 後 金井恒太 第20期銀河戦 決勝T 2回戦
*7月*1日 ◯ 後 糸谷哲郎 第6回大和証券杯 2回戦
*7月29日 ● 後 郷田真隆 第6回大和証券杯 準決勝
*8月04日 ◯ 先 屋敷伸之 第20期銀河戦 決勝T 準決勝
*8月17日 ◯ 後 阿久津主税 第20期銀河戦 決勝T 決勝
*9月24日     某棋士  謎の棋戦
*9月29日 ◯ 後 深浦康市 第33回日本シリーズ 本戦 2回戦

ちなみに大和証券戦の負けはネット将棋特有のミス。
年取ったら早指しとか弱くなりそうなものを……大局観だろうか。
現在の羽生は早指しでは満場一致で最強といわれる。二日制のタイトル戦の対局ではまだ隙があるようだが……それでもやはり最強かもしれない。
渡辺や森内から賞金額1位2位の竜王、名人のタイトルを占有されているところがケチをつけられるところではあるけれども。
今後の動きにも注目したい。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/09/29(土) 18:17:20|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月に買った本の感想と10月に買う本の紹介 | ホーム | 先天的アナキズム。第八十九回動画紹介回。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1077-379ba28d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)