ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ガンダムAGEの主人公の一人のフリット・アスノが凄い事になってる件について

機動戦士ガンダムAGEとは (キドウセンシガンダムエイジとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
フリット・アスノとは (フリットアスノとは) [単語記事] - ニコニコ大百科


【ガンダムAGE】44話家族会議シーン

テキストリンク
ほとんどマジキチなレベル。


ガンダムAGE。まあ私は最初からは内容を追っていなくて、2chでは不評なレスが多いなあとか同時にアニメ化してるガンダムユニコーンは人気があるのに大丈夫なのかなあと思っていたら、ここ最近かなりの盛り上がりがあったようだ。
まあ嫌儲板でその話題があって知ったんだけど。

ガンダムAGEは親子孫の三世代にわたる戦争を描く作品である。
一部、フリット編の主人公はフリット・アスノ。
二部、アセム編の主人公はフリットの子であるアセム・アセノ。
三部であり今やっているキオ編の主人公はフリットの孫であろアセムの子であるキオ・アセノである。


極々簡単に物語を説明すると、UEとかヴェイガンとか呼ばれる火星への棄民が地球に戦争しかけてきたからさてどうしようって感じである。
キオ編の現在では、フリットとアセムとキオで三者三様に意見が分かれてしまう。
フリットが徹底抗戦でキオが対話を目指す。アセムはその中間である。


まあフリットがタカ派となる訳だが、その徹底差が凄まじい。
「ヴェイガンは殲滅する!」と口癖のように言うのは良いとしても、捕虜を全員殺せだの大量破壊兵器を使おうとしていたりヴェイガンは人間でないと公言したりとやりたい放題。
しまいには地球を脅かす悪魔の討伐だの奴らを倒して救世主になるだの滅茶苦茶言い出す。

キオ編では年齢が63歳という高齢でありながらパイロットとしてもかなり活躍する。普通に超人設定である。
有能であるのに老害扱いされるキャラも珍しい。まあブリーチの山本元柳斎とかもそうだけど、アレとはまた違う。
2chやその周辺でも完全にネタキャラ扱いである。



しかし一部の頃から親や親友、恋人をヴェイガンに殺されてきたということを考えるとその態度は妥当である。
むしろブレていないと評価すらされている。

右翼と左翼。戦争と平和。どちらが正しいと一概に言えるものではない。
しかし、やはり信念が固い人間にはそれ相応の理由があるのだ。
フリットのその滑稽に写るほどの強い信念・執着が物語を動かすのだろう。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/08/30(木) 23:24:30|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8月に買った本の感想と9月に買う本の紹介 | ホーム | 9/1の朝。第八十一回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1043-e1539d73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)