ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

インターネット探訪「老害」

老害 - Wikipedia
老害 - アンサイクロペディア
老害とは (ロウガイとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
ろうがい【老害】の意味 - 国語辞書 - goo辞書
大老害時代を生き抜くための天下三分のTIPS - よそ行きの妄想
老益 - なんでも実況J Wiki*


老害。この場合「老人による害」の略だろう。「老いる事による害」というわけではなく、「老人による若者に対する害」というところか。
水害や公害と同列の言葉となっている。

普通の意味、というかテレビとかで使われる意味では、冒頭のWikipediaの記事にあるとおり、老人が力を持ち、若者が活躍できない状態、企業や政治の世代交代が行われず、老人ばかりになる状態と言う風に、「状態」をさした言葉である。

これは、まあ権力構造がどうとか若者の政治参加がどうとか医療の発展に伴う平均寿命の向上がどうとか社会不安による少子高齢化がどうとかそれらの悪循環がどうとかで説明される、現象についての言葉である。


ネット界では単純に個人にも適応される。つまり「害をもたらす老人」というべきか。

一々個人名を挙げて晒し上げるようなマネはしないが、その長い人生で権力を手に入れたが、老いた頭脳、それまでの経験の方向性や判断力の低下、現状の無視により権力を持て余し、若者、ひいては同年代にも悪影響を及ぼす人間のことをさすのだろう。

日本は歴史的に、中国から来た儒教の影響もあり、老人への尊重は強く年功序列制など、年を喰えば喰うほど権力が増す傾向にある。
それ自体は(儒教の目的どおり?)社会の安定性をもたらす所もあるかも知れないが、問題点も多々ある訳である。
それ故、そのような老人を、インターネット住民は「老害」と揶揄するのである。


まあ、なんにでも蔑称はあるものである。今の20代はゆとり教育により「ゆとり」とあだ名されて軽視されている。団塊の世代はそのまま団塊と呼ばれるがそこに蔑みの意図が含まれていることは否定できない。



とはいえ、成功すれば別である。
なんJ用語に老益というものがある。
大体において野球選手は40代ともなると能力が衰えるもので、しかし選手の記録がかかっていた場合無理矢理出場させて(聖域と呼ばれる)酷い事になる場合がある。
しかし、40代というスポーツ選手としての老境にあり素晴らしい活躍をした選手もいる。そういう選手を老害転じて老益と呼んでいるのだ。


結局、老いる事や年により罵られるのではない。
悪影響があるのが問題なのだ。
全ての人が老化を押しのけて活躍する事は難しいだろうが、そうでなくとも他の方法を探す事は出来る。
固執を捨て、工夫をし、常に走り続けて成果を得る。
困難だが、それこそが人生なのかもしれない。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/08/29(水) 07:57:15|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<思ってたよりニコニコで配信されてるアニメって多いのな | ホーム | 流行の地層。第八十回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1039-7ca58b46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)