ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

奇妙な味の飲み物を飲む。第七十五回動画紹介回

それこそが現代人の幸せなのかもしれない。

木曜恒例ヤングジャンプ連載ねじまきカギュー感想。
あらすじから。

小鹿の素顔、口に酷い傷が。激怒?その頃、富江も激怒していた。走が先輩として説教しているかららしい。
富江が本ばかり読んでいるのが気に食わないらしい。富江は走がうるさいと言う。曰く、聖人に程遠い。
走は生徒会長を盲信し、富江たちの友情をフィクションと言う。富江は酷く激怒した。


引き続きバトル回。中々インパクトがあるカギューらしい回。思想のぶつかり合いに豹変。流石と感じさせてくれた。

小鹿と朱羽。小鹿には口に結構酷い傷が。覆面はこれを隠していたらしい。なるほどキレるわな。そこに付け入る隙があるか?
小鹿の傷、どういった理由でついたんだろう。正直こういう傷だって現代医療なら形成外科だか整形外科だかなんだかで治せる気もする。あえて治してない?生徒会長に付けられた傷とか。
あるいは、忍者の家系の掟みたいなアレとか。
なんにせよ、珍しく頭脳派みたいなマネをしている朱羽。そこでどのように勝つか、あるいは負けるか。注目である。

走。圧倒的な身体能力。反復横跳びが分身で、シャトルランが攻撃となる。動体反射もまともなレベルじゃない。弾幕も避ける回避性能。
ピーチクパーチクうるさい体育会系。文科系である富江のいちばん嫌いなタイプ(朱羽に近い)。脳みそが飾りなくせに口うるさいという害悪タイプである。
命令はすべて与えられる。それはそれで幸せだという事か。それをノンフィクションと表現する辺りなかなか。

富江。豹変、夜叉顔!味方側も結構決めてくるから油断ならない。
富江がいつも読んでる小説の作家、太宰治は人間の弱さを知る作家。だからこそ、走のような強い人間には反発される、好き嫌いの大きい小説家である。
太宰治の小説はフィクションでありながら、ノンフィクションよりも現実に迫ったところがある。富江は感情を力に、弱さを力に変え、走を倒せるか。
いきなり出てきた「聖人」と言う概念。なるほど太宰とか読みまくってる奴ならいきなり言いかね無い気もする。耳が大きくて口が小さく、話すよりも聴く人間、だとか何とか。
ふむ。イマイチよくわからないが、走は文武両道の天才である生徒会長・衿沙を思い浮かべる。富江がさす人物は誰か。カギュー?カモセンセ?オルフェ?紫乃?
友情をフィクション、空想のものだと馬鹿にされ、激怒し豹変する。朱羽が頭脳バトルをするなら富江は感情でバトルする。結果に注目である。

二箇所で展開されるバトル。早ければ来週に決着が付くだろうか?妥当なところとして2~3週間、遅くて4~5週間だろうか。二箇所に分断されている訳だが再び2対2に戻る事はありうるか、カギュー辺りの乱入もあるか。
高度なバトルに期待である。富江の技の名前は太宰先生の作品名なので、その辺にも期待。「聖人」とはなんなのか。マブルゥ達はどう関与するのか。生徒会側の思惑は、学校全体はどういう状況か。
そろそろカギューちゃんにビシッと決めて欲しい感もある。期待。生徒会長の戦闘にも。



ああ、進撃の巨人とかも読んだけど、サシャかっけーな。結構主役キャラでも理不尽に死亡フラグ立ちそうなこの漫画で巨人相手に生身で突っ込む辺り凄みがあった。あと、あのそばかすの名前ユミルかよ。名前だけで重要人物に。なんかユミルがどうこう巨人がほざいてたっけ?名前の由来は北欧神話あたりの巨人の祖だっけ?
単行本も買ったが、やはり進撃の巨人は凄い。けど、広げた風呂敷畳み切れるのかな?やはり進撃の巨人には誰にも文句の付けようのない完結が望まれているように思える。
もっともそうなるとどこで終わりにすればいいのかとなるが。


コミケ(C82) 同人ゲームまとめ動画 Part1/4

テキストリンク
同人、と言う言葉のニュアンスに商業と劣るという意味合いを感じる、それは必ずしも現実に沿っていない。
まあ、あるいは完成度で劣っても、同人でしか得られないものは多い。商業作品のみが文化ではないのだ。
様々な同人ゲームのPV。というか流石に東方二次創作多いね。単純にPV自体が面白い。
勿論、コミケの同人ゲームはこれだけではないので、その辺は留意してほしい。


古明地さとりの情操教育 デモムービー

テキストリンク
黄昏フロンティアのコミケ82での新作。上のPV集にはなかった。
なんかマリオとワリオみたいなところがあって面白そう。パズルゲームは好物。
地霊組にスポットというのが良い。たくさんいる東方のキャラの中でも多くのキャラが主役を張れる。地霊組はなんかコアなファンに人気なイメージもあるなあ。というか、人気投票の出口調査では幻想板の住民はさとりこいしに偏るんだよね。なんか。


満福神社×幽閉サテライト 『幻想万華鏡「泡沫、哀のまほろば」PV』予告

テキストリンク
いつもの。今回は永夜抄舞台。アニメと同人の相性はどうなんだろう。結構ガイドラインで厳しく制限されているのだが。
かぐや姫、竹取物語って初期の小説なのに色々盛りすぎだよね。ファンタジーなのかSFなのか、冒険活劇なのかラブコメなのか、風刺なのか諧謔なのか……
妖々夢永夜抄辺りから和風路線だけど、地霊殿も割と本拠地は洋館だからね。神霊廟は中国風だし。


マリオブラザーズ3 TASさんが敵を全て倒してクリアするようです~W6~

テキストリンク
殲滅TAS。
下向きと左向きのバーナーは消せなくて、右向きと上向きのバーナーは消せる。一見すると不思議と言うか、バグっぽいというか、それぞれで何か技術的な都合で処理変えてるんだろうなあとか想われるけど、私の説では、下向きのバーナーは戦艦を浮かせるため、左向きのバーナーは推進のために使っていて、右向きと上向きのバーナーは火型の生物であるという考えである。
え?8面では逆方向に来る飛行船あるって?それはあれだよ。8面はクッパのいる地獄というか、異空間で、物理法則とか逆転しているんだ。狂った魔法で作られた特別仕様なんだ。あるいは幻覚……


大学生がNewスーパーマリオブラザーズ2を実況プレイ part1

テキストリンク
結構面白そうね。まあマリオだし当然といえば当然だが。いい加減ピーチ攫われすぎだろ、なんとかしろよ。
このゲームはとにかくコインについてフューチャーされている。たしかにコインを取るというのは、そのシステム的な意味合いよりもうれしい物があるもんね。世の中ゼニ。
ゴールドマリオの強さに驚愕。いつだったか、あの大きさの金貨を集めているマリオは実は大富豪なのでは戸言う話があったが、やばいよね。あの大きさの金貨100枚ならそりゃ命も買えるわ。


[TAS]Google Doodles : Hurdles 2012 any% run (00:00:02)

テキストリンク
うん。まあそりゃあね。
昔から思ってたけど、やっぱり人間が走るよりチーターのほうが早いし、自転車使ったほうが早いという事実がある。
このTASはそういう事実を突き付けるところがある。やはり人間のいちばんの強さは頭脳だし、マインドスポーツのオリンピックがどうしたとか言う話題結局どうなってるのかね?マインドスポーツの王者チェスはコンピューターが最強なんだけれども。


キノの旅 the Beautiful world -full Ver.-

テキストリンク
10月にキノ新刊発売されるみたいなので、昔やってたアニメの曲。
時雨沢先生の作品のアニメ化って大体失敗みたいに語られるけど、キノはそこまでではなかったと思う。
ラノベアニメ化の黎明期であったから商業的に上手い感じではなかったけど、結構良かったと思う。
時雨沢先生の文章も、黒星先生の挿絵もどちらもアニメ化しにくいという疑惑。



こんなところ。書いてる途中で寝オチしてた。7動画コミケ前大幅増量。
コミケ・東方関連3個、マリオ関連二個、グーグル関連一個、キノ関連一個。バランスとしては散らばっていても大してよくない?まあいいけど。
もうコミケか。今年はどんなドラマがあるだろうか。それはそれとして委託されたら買うものとか調べておきたいな。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/08/10(金) 02:46:16|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東方projectのスペルカード、ネーミングセンス個人的ランキング111 | ホーム | フリーゲーム紹介「パラメータ:Parameters」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1021-1672d13d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)