ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

フリーゲーム紹介「パラメータ:Parameters」

NEKOGAMES
NEKOGAMES パラメータ:Parameters


ちょっと朝目新聞(朝ね)のニュースから、カオスちゃんねるの記事でフリーゲームの紹介してて、面白そうなのがあったのでプレイしたところ、単純にプレイしても面白かった訳だが、そのゲームの意味を考えるともっと面白そうだったので記事を書く事にした。

パラメータ:Parameters
「パラメータ」初期状態

NEKOGAMESというと結構古くからブラウザゲームを作っているサイト。ずっと前にシューティングゲーム「将棋シューティング 裸王」をやって、何か異様な感じが楽しいなと思った記憶がある。

TOPページを見ていくと、様々なゲームがジャンル分けされて並んでいる訳だが、一つだけポツンとRPGゲームがある。それが「パラメータ:Parameters」である。
パラメータ、値。この場合、RPGの主人公や敵の強さを表す、HPや攻撃力防御力といったパラメーターをさすのだろう。

私はいつだったかこのブログで、RPGの本質はストーリーやキャラクターであり、システムは重要ではないとかなんとか書いた覚えがある。
しかし、RPGには、それも古典RPG、あるいはJRPGと呼ばれるジャンルには実はかなり統一されたシステムがある。
未知の場所を探索し、敵と戦いレベルを上げて、稼いだ金銭で武器防具を買い……というアレである。

つまりこのゲームは、RPGのシステムのみを抽出したゲーム、という訳なのだろう。それも出来るだけシンプルに抽出されている。

操作方法はクリックのみ。初期に空白の箇所はミッションを表し、黄色い場所は敵を表す。それらをこなす事で、経験値、金銭、そしてロック解除の二種類の鍵に「NEKOGAMES」のアルファベットを得ることが出来る。
そういったものを獲得し成長、また金銭で主人公のパラメーターを上げ、更に強い敵と戦う。それを繰り返す。
敵は大きさによりパラメーターが違い、大きければ大きいほど強い傾向にある。最下段の敵がラスボスといったところだが、隠しボスも存在する。倒せばゲームクリアだが、それを倒すと更におまけボスも。
ミッションをこなしたり敵を倒す事、武器や能力値アップのマスを使うなどしてマスを埋める事で開くマスもある。
ご丁寧に、RPGに付き物の期待値が正のカジノまである。

「パラメータ」完全クリア?
完全クリア?何故か右上のマスが空かない。最初にやった時は開いた記憶があるのだが。体力2倍だっけ?
あんまり早くにラスボスを倒すと良くないのかもしれない。

お金が無くなれば埋めたミッションをクリックする事で金銭を徴収できる。経験値や金銭などはマウスカーソルを当てる事で回収できる。
レベルを上げたりすると伸ばすパラメーターを選べる。初期は回復力が重要だと思うが、最善手はまだ見つけていない。
カジノが開けばそれで稼ぐと早いだろう。目押しは出来るのかもしれないが、難しいので連打しても良い。
武器防具は9個まで買える。

基本的に詰むとかそういうのはなく、1時間もあればクリアできるが、時間は計られている。
ストーリーなどといった要素は完全に切り捨てられているので、一種のパズルゲーム的な感覚もある。
パラメーターを上げるだけ上げて、ラスボスに挑むのは実際のRPGでも良く見られる光景である。


クリアすれば、このゲームがいかに見事にRPGのパラメーターを中心とするシステムを一般化し純粋に表現しているかがわかる。
なるほど、パラメーターの管理もまたゲーム性があり、面白さがある。
RPGの本質についての前言を撤回する気はないが、こういったゲーム性があるからこそタイムアタックなどの二周目三周目のゲームプレイが成り立つのだろう。

「パラメータ:Parameters」で示されたRPGのゲームシステムは、プレイヤーの行為が正の方向に積み上がっていく事に特徴があるとおもう。
要するに、敵と戦ったりして経験値やゴールドを得、探索によってアイテムを得、未知の場所がドンドン行ける様になる、つまりドンドン状況は良くなっていく、という点である。
ボス敵と戦って負けたのならば、そこら辺を徘徊して雑魚敵を倒してレベルを上げて挑む。それがパラメータ:Parametersのシステムの本質なのだ。

そしてそれは、ストーリーやキャラクターを本質とするRPGに似合ったシステムである。
最低の状況から這い上がり、ドンドンやれることが増えていく。ストーリーを展開する上で、プレイヤーに役割を果たさせる上ではまっている。
ストーリーが進むにつれてキャラクターは強くなり、また仲間も増え、ストーリーの舞台は進み、行ける場所出来る事は増えていく。
まさに冒険活劇、剣と魔法のファンタジーを表現するにうってつけというわけだ。
……もっとも、実際にRPGにてストーリーを展開するとなるといつもこう行くとは限らないが。全般的な傾向として、である。


とはいえ、RPGのシステムの上で、「パラメータ:Parameters」が多く省略している部分がある。
それは戦闘システム。単純化する際にその内容はほとんどゲーム性が失われている。もっとも、それは仕方のない事で、RPGのシステムの上で本質ではないと判断したからであろうが。レベルを上げる事、アイテムを探す事がRPGのシステムの重要点であり、実際の戦闘はそこまでの結果によってほとんど決まるというのは嘘ではないし、システムとして正しい。しかし、戦闘自体にもゲーム性、面白さがあることは事実である。

今の商業RPGで戦闘システムの発達した作品は「ポケットモンスター」シリーズだろう。あれはその戦闘システムによる対戦が盛んである事からもわかるとおり、複雑な相性やキャラの制限、読み合いに絶妙な運の絡み方でかなり完成されている。

「ポケットモンスター」は戦闘システムも名高いが、その上位にあたる育成、パラメーターの管理や探索システムも良く出来ており、ストーリーに関しても少なくとも最近の作品は非常に練られており深く考えさせるものすらある。

他の名作とされるRPGを考えると、少なくともストーリーやキャラ、システムのどこかに長所がある。
それはもちろんどこかに良いところがないと売れないわけだが、逆に考えるとどこかが良ければ良いということかもしれない。


ゲーム、その本質は面白さである。つまり、面白ければ、RPGとして破綻していようが、システムが崩壊していようが、戦闘システムが雲散霧消していようが、なんでもいいのである。

RPGやSTG、格闘ゲームにパズルゲーム、そういったジャンルは形式の違いでしかないということである。
ジャンルに捕らわれずに面白いものが求められる。ゲームが作られた後にジャンルが当て嵌められるのであってその逆はナンセンスなのかもしれない。






……しかし、やはり遊びなれたジャンルを好むゲームプレイヤーもいる訳で。
この辺りの問題はまだまだ深いものがある。今後も考察していこう。
ゲームの問題、ゲームのジャンルの問題、ゲームのジャンルの個々の問題……
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2012/08/08(水) 22:44:09|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<奇妙な味の飲み物を飲む。第七十五回動画紹介回 | ホーム | 表面張力の悪夢。第七十四回動画紹介回>>

コメント

No title

右上のマス、「$200xLv.」で、現在のレベル分の$200が出てきました。
  1. 2015/07/10(金) 13:22:38 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 右上のマス、「$200xLv.」で、現在のレベル分の$200が出てきました。

情報ありがとうございます。
結構古い記事ですが読む人もいるものですね。
  1. 2015/07/11(土) 02:55:28 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

右上

あれは、マップとステータスの間に実はゲージがありまして、徴収などで手に入るお金などを、合間を空けずに連続で入手すると開放されます。
  1. 2015/12/01(火) 19:14:56 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

右上:追記

ゲージというのは、そのお金などを手に入れていくと増えていき、少しでも間を空けるとすぐ0になります
  1. 2015/12/01(火) 19:16:44 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: 右上

> あれは、マップとステータスの間に実はゲージがありまして、徴収などで手に入るお金などを、合間を空けずに連続で入手すると開放されます。

> ゲージというのは、そのお金などを手に入れていくと増えていき、少しでも間を空けるとすぐ0になります

マジですか。そんな隠し要素があったとは。隠し要素もなにやらRPG風味ですね。
  1. 2015/12/01(火) 20:30:15 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1020-15037ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)