ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

上海アリス幻樂団、C82新作「伊弉諾物質」。神主ブログから色々考察する。

C82 頒布物情報 : 博麗幻想書譜

いつの間にか情報が出てる!
というわけで引用。

C82 頒布物情報

 暑くなったり涼しくなったりしていますが、どちらにしてもビールが美味しいです。

 で、例年通り今年もコミックマーケット82に参加します。
 8月11日(土) 東シー28a「上海アリス幻樂団」です。

 今年は公私共々色々あってゲームを創る余裕は無かったですが、その分、音楽活動と飲酒活動に力を入れました。
 そんなC82の頒布物はこちら!

夏コミは参加。夏のほうが疲れそうなのに大変だよね。

主に結婚?それとは別にコミ1で音楽CD出したもんね。
東方のゲームは創れなかったが、音楽活動に力を入れた。つまり……

伊弉諾物質yoko500

ZUN's Music Collection Vol.7
「伊弉諾物質(いざなぎぶっしつ) ~ Neo-traditionalism of Japan.」

です。

今年二度目の秘封倶楽部!!!!!
秘封倶楽部も再始動?というか穴埋めという気もしなくは無いけど、それでもファンは嬉しいもの。

まず最初はタイトル。イザナギというと日本神話でも有名な神。まあ最高神でも最初の神でもないけど、少なくとも地上を形作った。イザナミと一緒に。
ナルトで万華鏡写輪眼の技であったよね。ふたばとか2chでは「イザナミだ」で無限ループやってたりするね。どうでもいいけど。
で、物質?ふむ。最初に地上を形作った神的物質?ふーむイマイチよくわからんが、曲名とかから考えるとなんかケガレとかその辺の概念?イザナミ物質ならそれで良いかもだけど。
イザナギもやたらめったら神とか産んでるし、その辺か?神の祖、あるいは生物の祖。ウボサスラ?
……秘封倶楽部の世界観と照らし合わせて考えると、ヒッグス粒子とか?

サブタイトル。Neo-traditionalism of Japan.。日本の新しい伝統文化、でいいよね?新しい伝統文化というのがミソか。伝統文化が新しくなるのか、新しく伝統文化となるのか。まあ前者かなあ。イザナギの話が。後日本のって幻想郷じゃなくて「外の世界」、秘封倶楽部の世界だよね?それとも?
そして、秘封倶楽部作品では珍しくピリオド付き。まあ蓮台野夜行のジャケットのには付いてるらしいけど、それはミスっぽいし。つまり、秘封倶楽部シリーズもピリオド……いやいや。

画像を見てみよう。いつもどうりメリーと蓮子だが、どことなく暗い雰囲気。
メリーの後ろの線は……スキマ?紫能力に目覚めちゃう?
背景と同化しそうだが、葡萄、桃、そして筍がある。これの解釈はまあ難しくない。イザナギが、死んで黄泉の国に行ったイザナミに会いに言ったけど見るなのタブー破ったらグロ画像で逃げた時に、追いかけてきたイザナミ達に投げた果実である。
つまりこの作品でのイザナギはその時のイザナギのイメージでいいのかな?結構自分勝手だなぁという印象なんだけど。
あと、この辺の神話の意味がいまいちわからないんだけど、まあわからないもんだよね?

一応東方でも三貴神はアマテラスとツクヨミは名前だけ儚月抄出てたけど、イザナミたちはどうなんだろう。高天原って東方の世界観では実在するのかな?月じゃなくて?天国とかは普通にあるみたいだけど。

続けて引用する。

曲目は
 1.緑のサナトリウム (オリジナル)
 2.牛に引かれて善光寺参り (オリジナル)
 3.ハートフェルトファンシー (東方地霊殿より)
 4.六十年目の東方裁判 ~ Fate of Sixty Years (東方花映塚より)
 5.アガルタの風 (オリジナル)
 6.イザナギオブジェクト (オリジナル)
 7.妖怪裏参道 (東方神霊廟より)
 8.アンノウンX ~ Unfound Adventure (東方非想天則より)
 9.日本中の不思議を集めて (オリジナル)
10.素敵な墓場で暮しましょ (東方神霊廟より)

 となっております。
 頒布価格は500円を予定しております。ちょっと時代遅れ感のある懐かしいスタイルのサントラという、まあいつも通りの内容です。

ほほう。オリジナルも気になるが、アレンジも……

 1.緑のサナトリウム (オリジナル)
サナトリウムとは療養所。しかも長期的な療養が必要な人向けの療養所らしい(Wikipediaより)。
緑の、というのは現状ではなんともいえないが、療養所だし、日当たりの良い高原などにサナトリウムは建てられたりする。つまり環境がいい場所のサナトリウムか?秘封倶楽部の世界にそんな場所残ってるのか?ペンキの緑じゃなかろうな。
で、何でサナトリウム?どっちか酷い病気やった?鳥船遺跡のラストでメリー病院行きだっけ?その続き?

 2.牛に引かれて善光寺参り (オリジナル)
思いがけない事が縁で偶然によい方向に導かれると言う意味。一般的にはね。
この場合どういうことかわからないが、命蓮寺には行くのかな?
まあとりあえずこの曲で動き出しそう。

 3.ハートフェルトファンシー (東方地霊殿より)
東方地霊殿4面道中。さとりの住む地底の洋館「地霊殿」を行くテーマだ。
ハートフェルト、心に触れた・心からの。ファンシー、心象・夢・幻想・ファンタシー。
総じてさとりを暗示する。
イマイチ状況が読めないが、二人はまた変なところに迷い込んだのだろうか。

 4.六十年目の東方裁判 ~ Fate of Sixty Years (東方花映塚より)
東方花映塚のラスボス、四季映姫ヤマザナドゥのテーマ曲。
花映塚は対戦STGで、それ故曲にメリハリが付けにくいところがあるので音楽CDの曲となった場合どうなるのか大きく期待できる。
ラスボスの映姫は本当に強い。二人もロクな目にあってい無い事が想像できる。というか、死んだ?死んでエイキッキに裁かれてる?

 5.アガルタの風 (オリジナル)
Wikipediaよりアガルタの項。要するに、地球空洞仮説とかの、高度な技術を持つ理想郷みたいな?
うん。地獄は地底だよね……まあ地獄が理想郷と言うのもありえなくはないか。あるいは天国?
科学の発達した秘封倶楽部の世界の理想郷がやはり高度な文明社会であるアガルタというのは面白い。牧歌的な場所は求められないか。
地底なのに風が吹くってことは相当広い空洞らしいね。ヴェルヌの地底旅行?

 6.イザナギオブジェクト (オリジナル)
そんな場所で、タイトルと相同な、やばそうなものを発見?オブジェクト?イザナギの投げた果実の事じゃあないよね?
うーむ。地獄なのか天国なのか。東方のその辺の世界観の解説があるかもしれない。

 7.妖怪裏参道 (東方神霊廟より)
東方神霊廟Ex道中曲。命蓮寺参道の曲。そしてそこでの中ボスはぬえ。……またぬえ?鳥船遺跡でも出たのに。
妖怪的な裏参道からアガルタを抜けてきたみたいな?メリーの能力が開花して隙間で裏参道みたいな可能性も。でも危険そうだなあ。

 8.アンノウンX ~ Unfound Adventure (東方非想天則より)
東方非想天則の大ボス曲。諏訪子、アリス(ゴリアテ人形所持)、大ナマズのテーマといえばそう。
まあ秘封倶楽部がロクな目にあってない事はわかる。基本的に友好的な何かが現れたときの曲じゃない。ろくでもないハプニング曲みたいな印象。

 9.日本中の不思議を集めて (オリジナル)
ほう。なんにせよ日本に帰ってこれたらしい。
とりあえずここで劇終だろうか。オリジナル曲の最後だし、次のはおまけ的な。
不思議、幻想。残っているのか?科学の発展は不思議を消すか。

10.素敵な墓場で暮しましょ (東方神霊廟より)
東方神霊廟3面道中曲。命蓮寺の墓場で会うのは唐傘お化けにキョンシー。
ほう。なかなか素晴らしい曲を選んでくる。道中曲でも結構好きな曲。命蓮寺にようこそのが好きだけど。
ピリオドとかから考えると、「秘封倶楽部BADEND!二人とも死んだ。」というオチも考えられるけど、神主はそういうことはしないだろう。結構陽気な曲だし葬式のテーマには向かない?逆に向く?
まあ「しょ」だし、二人で何かするんだろうねえ。墓場で?墓場でパーティー?桜桃忌的な?
生前葬とかしたらば幻想板でみかけたけどどうなんだろ。


全体を俯瞰すると、結構暗い印象?少なくとも死と言うイメージはありそう。
地獄ルートから生還みたいな?地獄は監獄みたいだけど中々脱獄は難しい。蜘蛛の糸でもダメだったし。
秘封倶楽部の運命も気になる。ピリオド……
しかし最後の曲は墓場の曲でありながら相当明るい。その辺のバランスというか雰囲気にも期待したい。

 頒布価格は500円を予定しております。ちょっと時代遅れ感のある懐かしいスタイルのサントラという、まあいつも通りの内容です。

 今回、同人ソフトが西ホールでと東方が東ホールなんですよね。東方にも同人ゲームを作っている人がチラホラいるので、同人ゲーム好きは何とも往来が大変そうな。

 ま、のんべんだらりと売ってますので、カバンに余裕がありましたら是非手にとって頂きたいです。

ふむ。委託されたら買おうかな。ちょっとコミケにはいけないが。

東方は流行に乗らない。というか古臭いものとわざわざ前置きしたりする。
流行に乗らない姿勢が逆に流行を生むのかもしれない。

そろそろキャラメルFebriの発売日。茨歌仙の感想もやるよ。
東方界隈はやはりイベントで大きく動く。注目していきたい。
スポンサーサイト



テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/07/24(火) 02:39:38|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ニーチェの「この人を見よ」読んだから感想 | ホーム | そろそろコミケ。第七十回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/1004-64170fef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)