ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

世界のビデオゲーム殿堂を見て考える

https://www.worldvideogamehalloffame.org/

世界ビデオゲームの殿堂。 World Video Game Hall of Fame。
アメリカの国立おもちゃ博物館であるザ・ストロング・ミュージアムが2015年から始めたビデオゲームの殿堂は様々な基準で歴代のビデオゲームを評価し表彰するものである。
毎年6~4個程度のビデオゲームを選んでいる。

2015年は

DOOM
Pac-Man
Pong
Super Mario Bros.
Tetris
World of Warcraft



2016年

Grand Theft Auto III
Sonic the Hedgehog
Space Invaders
The Legend of Zelda
The Oregon Trail
The Sims



2017年

Donkey Kong
Halo: Combat Evolved
Pokémon Red and Green
Street Fighter II



2018年

Final Fantasy VII
John Madden Football
Spacewar!
Tomb Raider



2019年

Colossal Cave Adventure
Microsoft Solitaire
Mortal Kombat
Super Mario Kart



2020年のはまだ決まってないが
GoldenEye 007やGuitar Hero、Minecraft、スマブラDX、Uncharted 2: Among Thievesなどがファイナリストにノミネートされている。


どれも非常に有名な作品でありほぼほぼ知っている。唯一The Oregon Trailは知らなかったがアメリカ初の教育用ビデオゲームであり原型はあのポンよりも古いとのこと(参考)。
Windowsプレインストールのソリティアなども含まれたり面白い。

売上というよりも歴史的な重みを重要視していることがSpacewar!やColossal Cave Adventureをチョイスしていることでわかる。
しかし任天堂作品の頻出さよ。ゲームの歴史における任天堂はやはりどうかしている比重を持つ。


こういったものを見ると、ビデオゲームもやはり歴史があり地盤を持った文化となっているんだなあと感じる。
そのうち初代ローグも殿堂入りするかな?まあ影響力は限定的な気もするが……

新しい文化であるが既に歴史も蓄えつつあるコンピューターゲーム。今年にはソニーとマイクロソフトの新世代機も出るようだが今後のゲームの歴史はどういった形となっていくのか。歴史を変え得る傑作は今後どのようなタイミングで登場するのか。
注目である。
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2020/05/28(木) 22:50:20|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ