ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

施川ユウキ「バーナード嬢曰く。」5巻を読んだので施川先生の作品をふりかえってみたり

施川ユウキ - Wikipedia


ド嬢5巻、最近出たので読んだが、まあかなり面白いんだが1巻とだいぶ変わってるよね。さわ子普通に読書家になってるし。
そう思うと、2~3巻ぐらいで読書漫画として作者も割と読書家なのでうまくいってる感のある漫画として定着して、もはや今となると施川先生は「バーナード嬢曰く。」を描いてる人、という認識のされ方になってきている。

ちょっと前だと「銀河の死なない子供たちへ」の人ってイメージだっただろうか?
やはり「サナギさん」の人、というイメージが強いだろうか?「鬱ごはん」の人、と思ってる人も少なくはないかもしれない。
個人的には「ツモっ子の森」でほぼダジャレだけで麻雀漫画を描きとおしたのが印象深いが。
一応「がんばれ酢めし疑獄!!」の時代から好きだったが。
ここまで代表作というモノが定まらない漫画家も珍しい?いやそこそこいるか。まあワンピースの尾田先生とかドラゴンボールの鳥山先生とかみたいなこれしかないと言えるような感じではないのは確かだが。


酢めし疑獄の頃から哲学的というか思弁的というか、色々物を考えてるよね。
ド嬢読んでてやっぱ読書量がモノをいってるんだなあとも思えてくる。いやまあツモっ子の森ではあんまりそういう事思わないけどまあアレだけダジャレ連発するのも教養が必要な気もしなくはない。
色々と話題がたくさんある割に衒学的にならないのも上手いというか。
単純に知識が好きというか?



ド嬢五巻。エログロな小説の話とか「三体」出てくる話とか読書家が本を処分できないとか面白い話が多い。
ミステリでトリックがわかった後のさわ子の狂った反応とかも笑える。
panpanya先生とかもそうだが色々考えている作家の作品はこっちも色々考えられるというかで非常に好きである。6巻以降にも期待して注目したい。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/04/30(木) 19:50:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ